亡びてしまったのは、いったい何であったのだろう。 / Whispering a Prayer - Steve Vai

時計塔の煙突





風の気配





干上がった池の畔で





冬枯れの木


2016 / 11 平城山 (1)(2)(3)
2016 / 11 棚倉   (4)
Nikon F100 / 写ルンです シンプルエース
AgfaVistaPlus / フジ業務用

☆ ☆ ☆


束の間形となって現れ、虚空へ消えていくもの。
風の囁く声。
かつてそこにあった何か。
枯れ果て、そして再生していくものたち。


タイトルの元ネタは中原中也の詩の一節の、さらに一部から。かっこつけてみようと思ったけどあまり上手くいかなかった感じだ。
儚さ、揺らぎ、刹那、非在、喪失、異界、気配、変容、そういった眼に見えないものへの憧憬と偏愛。
一方でだだ眼に見えるだけの事物性への志向があり、この眼に見えないものへの偏愛とともに、渦を巻いてわたしのなかに混沌としてある。
そういうものの一端を掴み取りたいと思う。わたしの中で渦を巻くものを写真は掬い取れるのだろうかと思う。

ところで中原中也ってあの黒い帽子とマントの有名な写真しか現存していないんだと思っていたら、普通にスーツ着て写真館で撮ったような写真も残っている。これはね、これはちょっと興ざめ。あの有名な写真しか残っていないというほうが浪漫的だったなぁ。


☆ ☆ ☆


フィルム使いにとっては朗報となるものの情報を一つ。
コダックが今年の後半、リバーサルフィルム(ポジフィルム)を一種類復活させるそうだ。復活するフィルムはエクタクローム。
リバーサルフィルムに関しては、2012年にコダックが全廃してから、フジの感度100のものが二種類残っているだけだった。そういう選びようがなかったところに久しぶりに選択肢が一つ増えることとなった。
廃止したフィルムの復活をコダックに決断させたのは、再びフィルムを使う人が増えつつあるということだったらしい。
これは何だか心強い。
フジも見習ってモノクロの感度400のものと、リアラを復活させてくれないかなぁ。リアラは本当に気に入って使っていたから廃盤にされた時は途方にくれた。
それとさらに希望を云うなら、利用者が少なくなっているからという理由で急速に値上がりしていったのを多少は元に戻して欲しいところだ。でも値下げはちょっと無理かな。
とりあえず一度製造廃止になったフィルムが復活するのはほとんどないことだったから、これは単純に嬉しいし期待したいと思う。
コダックはもう見捨てて、フジに鞍替えすると云っていたんだけどね。またちょっと応援してみるか。


☆ ☆ ☆


Whispering a Prayer - Steve Vai


スティーヴ・ヴァイのこの類の曲は結構聴き惚れてしまうものが多い。後半はいつもの派手なギターパフォーマンスになるものの、どこかアジアの大草原を吹きぬけていく風を思い起こすような壮大で、愛らしい祈りの曲。
こういうのを聴きながら、祈りの写真とか撮れるのかなぁなんて空想は広がっていく。
先にあげた見えないものへの偏愛の項に祈りも加えておきたい。


☆ ☆ ☆






スポンサーサイト

お正月の過ごし方

2017お正月 八坂神社01





2017お正月 八坂神社02





2017お正月 八坂神社03





2017お正月 八坂神社04 参拝への途上で


毎年そうであるように、今年もまた三が日は瞬く間に過ぎていった。去年も同じことを書いたんだけど、子供の頃一日過ぎてはあと何日でお正月が終わるという淋しい気分に駆られていたのが大人になった今でも多少は残っていて、三日ともなるとどうにも祭りの後の寂寥感がやってくる予感に捉われてしまう。
特別な期間だという意識が強くて何か特別なことでもやったほうがいいのだろうかと思うんだけど、矢のように過ぎていくお正月の中で大してハレの期日に相応しいようなこともできずに、あぁなんだか今年も特別な日々がそのまま通り過ぎていったと振り返ることとなる。お正月とかこうやって無事に過ごせていることを神様に感謝しながら、ひたすら食って寝ての過ごしかたで正解だとは思うんだけど、何時も何だかお正月らしいすごし方をしたという気分にはなれないままに三が日を駆け抜けていくんだな。
写真もほとんど撮れなかった。一つはあまり天候がよくなかったこと。傘が必要なほどの雨はあまり降らなかったものの、昼前くらいから必ずといっていいほど曇り空となってたまに霧のような雨粒が疎らに落ちてくるといった日が続き、出掛けの晴れた空を見て写真撮れそうと思う気分を昼を過ぎる頃には台無しにされ続けた。
それにお正月っぽい写真とか定番をはずして撮ろうと思うと途方にくれる。神社とかはありきたり過ぎるなぁと街中に行きはするけれど、何もない空虚な空間の中でただひたすらに立ち尽くすのみ。この空虚さこそがお正月の空間だと思い至ってもそれを上手く写真に撮れる自信がない。
結局初詣に行った八坂神社で屋台の写真を数枚と神社に行く道すがらに祇園の外れで妙な置き方をしてあった自転車の写真等、まるでお正月と関係ない写真を撮っただけだった。

初詣といえば今年は珍しく元旦に初詣に行ってきた。元旦なんて人多すぎでとてもじゃないけどそんな中に踏み入れる気は起きないといつもは思っていたけど、二日だって相当に混んでいるし、ひょっとして大差ない?って思ったから。それに去年の元旦に向島の団地へ写真撮りに行って、まるで誰も居ない空間の中で、こんなところ元旦に来る場所じゃないなぁって思ったのもあった。
初詣の神社は去年と同じく八坂神社。贔屓筋の神社で、この数年ブログの記事にしやすいように毎年変えていたのを止めて、元の鞘に収まったような感じだ。
特に目新しいこともなくお参りを済ませ、さておみくじだと勢い込んで引いたものは、また去年と同じく読みにくい数字が書かれていて、これ「十四」?「それとも「四」?と迷うことしきり。数字の上にぽちっと点が打ってあって、これが四方に滲んで「十」に見える。他の人が引いているのをちょっと覗きこんでみると、どうも全部に点が打ってあるようだったので、「四」だと判断して引き換えに行った。
後ろの人も「四」だったと連れの人に話しているのを耳にしながら、おみくじをもらって開いてみると、これがなんと「凶」のおみくじとなっていた。
贔屓筋だといってるのに…。片思いなのかなぁ。
あぁ今年は「凶」なのかと、これはやっぱりあまり気分は良くない。後ろで「四」だったと云っていた人も凶を引いたのが道連れで多少は慰めにはなるか。他にも凶を引いた人、仲間はいるかと思っておみくじを眺めている人の手元をさりげなく覗き込みながら境内をうろついてみると、何人かは凶を引いてる人がいるようだった。こういうのをみると知らない人だけど妙な連帯意識があるなぁ。
ということで、何時もは持ち帰るおみくじも今年は神社に結んで帰ってきた。

帰りに祇園花月の前辺りで、そういえば去年はここで生きた西川のりおを見たんだと思い出した。この時はお正月に西川のりおを見たことは凶兆か否かとひとしきり考え込んだものの、だからといって去年がどうかなったということもなく、結果としては凶兆ではなかった。
だからまたみられるかと思ったものの今年はそんな風には行かなくて、これは残念だった。





謹賀新年 2017

2017 酉年 年賀


あけましておめでとうございます。
彗星絵具箱を今年もよろしくお願いします。

年があらたまったのに去年の記事がトップにあるのもいまひとつなので、ささやかに更新してみる。
この写真のモデルになってくれたのは以前エスニックの雑貨屋で出会って思わず買ってしまった鳥の素朴な人形。新年早々ということでお正月の写真が手元にあるわけでもなく、それでは何か鳥イメージのものが無いかと考えている時、机の目の前に飾ってあったこの人形が眼についた。何だ目の前にあるじゃないか。
それで急遽モデルになってもらうべく、かなり以前に手に入れて別の人形を腰掛けさせていたワイヤーの椅子に座ってもらった。
羽は膝の上に乗るようにポージングしてみたが、普通にたらしておいたほうが良かったか。

今年は本を読む習慣を取り戻したいな。昔は手元に何か読むものがないと苛つくくらい本が欠かせなかったのに、いつのまにやらまるで読まなくなってしまっていた。自分が知らない間に本を読まなくても平気でいられるようになったことに気づいて愕然とし、それでもこの習慣を取り戻したいと思い本は買ってはいたんだけど、読まずに積んでおくばかりで、今や未読の本が部屋のかなりの場所で小高い塔を作っている。今年はこの塔を切り崩してみたい。
写真はまぁ例年の如く。どちらかというと迷いまくれと思っている。迷ってシャッターを切れ、撮った写真を眺めて迷え、答えなんか簡単に出そうとするなと思っている。




始まりの場所、たどり着く場所 / 今年最後の更新です。

蛇行通路
2016 / 12 / FUJI CARDIA Travel mini DUAL-P / Kodak Super Gold 400





影格子
2016 / 12 / FUJI CARDIA Travel mini DUAL-P / Kodak Super Gold 400





光射す通路
2016 / 12 / 写ルンです シンプルエース400





三本の柱
2016 / 12 / Nikon Coolpix S9700





gate
2016 / 12 / 写ルンです シンプルエース400





夏の午後の駅
2016 / 08 / Howay Anny35 / Kodak Super Gold 400





というわけで、相も変わらず京都駅で撮っている写真から。もうなんて云うか、見慣れすぎた空間を無理やり目新しい印象に仕立てあげようと画策しているというか。それでもそこからちょっとでも気を引くものが出来上がってくれたらそれでいいんだけど、どうかなぁ。やっぱり無理やり絵にしようとしているのが薄々分かってしまうと興ざめかな。
並べてみて思いついたサブタイトルは「冬の光/夏の光」といったものだ。あれだけ暑くてカメラ持って出かける気も失せていた夏だったけど、こんなに寒くなってくると、あの輝く夏の光が懐かしい。最後の写真はそんな意味合いで入れてみた。今年の締めくくりの記事の最後の写真が明るい光に満ちているというのもいいんじゃないかと思う。たどり着きそして再び物事の始まる場所で今年の締めくくりというのも来年に繋がるようで収まりがいい。

☆ ☆ ☆

ということで今年もつたない写真に付き合ってもらって有難うございました。どこか気分が馴染むようなところでもあれば、来年もよろしくお願いします。
それでは皆様良いお年をお迎えください!





壁際のサンタたちとChristmas Bells

横並びのサンタ
2016 / 11 / Nikon Coolpix S9700




ランプ整列
2016 / 12 / 写ルンです シンプルエース400




季節的なイベントものはもう撮る気になれないと云いつつ、サンタさんの写真を撮ってしまったりして、他のかたちでは載せようもなさそうだから、小さな記事にしてこっそりと挟み込んでみる。本来的な記事は土曜日にアップ予定。

曲のほうも合わせてクリスマスソングだ。でも大好きな曲はほとんどここに載せてしまっているし、だからといって大して好きでもない曲を選ぶのも面白くない。ということで今回は今までにピックアップした好きなクリスマスソングの中から再掲載してみる。この曲、かなり前のクリスマスの時期にピックアップしたんだけど、その時はYoutubeからあっという間に削除されてしまった。
わたしの音楽体験の中ではパティ・ペイジの歌でしかほとんど耳にしたことがない曲だ。シンプルでチャーミングな曲だと思うんだけど、ホワイトクリスマス並みにとは云わないにしても、どうしてクリスマスのスタンダードとして広まらなかったのかなぁ。もっと広く知れ渡っていてもおかしくない曲だよ。

Christmas Bells - Patti Page



☆ ☆ ☆



どうもね、エスカレーターのステップの縁に叩きつけてから、手振れ補正が上手く働いていないような気がするんだなぁ。やたらとブレブレの写真を量産している。外見は堅牢で一見まともに動いてはいるけどそこはやっぱり精密機器、衝撃には弱いってことか。
アウトドアで使うのが主な機材なのに、雨には弱いぶつけることにも弱いって、道具としての設計の根本に大きな錯誤でもあるんじゃないかとも思えたりする。


その点これは凄いんだなぁ。ボディにひび割れでもできない限り、何が起ころうとまるで平然と写真を撮り続けるんだから。シンプル・イズ・ベストを絵に描いたような道具だ。