そこには何もない、かも知れない

川の畔で
PENTAX K100D SUPER + SMC PENTAX-A 50mm f1.7




腐臭を放つほどに艶かしい花
PENTAX K100D SUPER + SMC PENTAX-A 50mm f1.7


先月の中ごろからどういうものなんだろうと、色々と体感する目的で持ち出していた古臭いペンタックスのデジイチで撮った写真から。最初はマニュアルフォーカスの50mm一本で、その後年末に35-80mmっていうオートフォーカスの望遠を追加して、追加したのが自分の意図で手を出すのは珍しいオートフォーカスのレンズだったのは、中古で買ったボディが本当にオートフォーカスで動くか確認したかったから。結果年明けをはさんだ期間はマニュアルとオートフォーカスのこの二本体制で撮り始めることになった。
今回の写真にズームで撮ったのは入ってないけど、このズーム、SMC PENTAX-Fという種類のもので、ジャンク扱いでもなく、普通に保障のある怪しげでもない中古屋で、なんと1000円で売ってたレンズだった。送料が1000円くらいしたから、出費の半分がレンズ以外の費用となった代物だ。どうも元はボディとセットのキットレンズとして売られていたものらしい。どちらにしろこのFだとかFAだとかの符号がつくシリーズの安ズームはこの程度の価格帯のものが多く、その割りに写りはまともという評価を得ているようだった。オートフォーカスのフィルムカメラの時代のレンズで、APS-Cセンサーで使った場合、画角は35mm換算で標準域から望遠のとば口くらいの範囲となり、常用するには使いやすい領域だと思う。

☆ ☆ ☆

最初の写真は東九条の鴨川沿いの公園から京都駅の方向に入っていった辺り。再開発のために更地にした空き地がフェンスに囲まれてゴミだらけで放置されてるような場所なんだけど、意外と妙に雰囲気があるように撮れてる。東福寺の近くなのに、鴨川を挟んで反対側のこの辺りは雰囲気も一変するのでまず観光客もこない。
二枚目の枯れた花。これも同じく鴨川縁を七条の辺りから少し下っていった廃屋近くにあった。何の花なのかは知らない。フェンスに囲まれた放置された小さな庭のようなところに立っていた花で、撮影位置をほとんど選べない状況で、隣の枯れ木が邪魔!と思いつつカメラを向けていた。どうあがいても枯れ木を排除できなかったのでいっそのこと一緒に入れた絵にしてみようと思って撮った写真だった。
赤い花の部分が異様だったのでこういう撮り方を無意識にしてたけど、胴体部分だけを細分化して撮ってみても面白かったかもしれないなぁ。でもこの植物を見て赤い花の部分を無視できるなら、相当な直感の持ち主だとは思う。

☆ ☆ ☆

暫く使ってみて、デジタル一眼も撮影することは楽しいと思った。でもデジタルはフィルムカメラの持ってる、シャッターを押し込むことで目の前にある何かを特別なものとしてフィルムに封じ込める、儀式というほど大層なものでもないけど、ちょっとそういうことを自覚するような感覚がフィルムカメラよりも希薄になってるという感じもする。要するに手ごたえが希薄な楽しさとでもいうのかな。
これは人によってはまるで違うと思うけど、すくなくともわたしの場合、その手ごたえのなさに導かれてるのか、この時期撮ってみた写真は、拠り所のない撮り方で撮ってしまってる写真が多くなっていたように思う。撮った写真の数はフィルムを使ってる時よりも確実に多くはなるんだけど、撮った日の夜にPCで確認していても、撮った本人なのにまるでピンとこない、今日のことなのに昼間ファインダー越しに見えたと思ったものがどこかへ消えてしまったような写真ばかりがモニターに現れることになる。
モニタを前にして、どれがよく撮れたのか自分でもよく分からないなぁ、ひきつける強度も、何か足りないと言う不足感もみんな同じように見えるとひとしきり悩んだあと、個別に特徴を出すためのフォトショップタイムになったりする。

単焦点で撮ってた今回の写真のようなのはまだそれでも幾分ましで、ピンとこない度合いはズームで撮ったのが本当に酷い。元々ズームとか横着なレンズで、フィルムで撮ってる時も一応何本か持ってるズームはほとんど使ったことがないんだけど、その横着さがデジタルに乗せるとなんだかここぞとばかりに大手を振るうようで、撮ってる時の感覚そのものが弛緩していく。写真を撮るという行為そのものが、あれ?写真撮るっていうのはこんな感じの行為だったか?なんていう風に、身に沿わなくなってきてるというか、いけないなぁ、こういう傾向。
やってることはフィルムカメラに似てるように思うけど、内実はやっぱりまったく別のものという印象だ。使ってみて基本撮る事そのものは楽しかったんだから、フィルムカメラとはまったく別方向からのアプローチのほうが扱いやすそうだ。

ということで、ペンタックスのデジイチを持ち出し始めてから、オリンパス35DCはずっと持ち歩いてたけど、フィルムを入れたままの状態で中断していたペンFとナチュラクラシカとサーディンカメラ(全部10数枚くらいは撮影済み)にまた比重を移し変えるつもり。

クラフト作家さんからの派生でペンタックスのデジを使ってみてるけど、デジイチといえば、それまでにマニュアルを読んでいたデジペンE-P5も手元にある。これ、去年の中頃にそろそろ型落ちしそうというので安くなっていたのを入手したんだけど、忘れてるわけじゃないとはいうものの、デジはもうこのペンタックスのでいいやと思ってしまうと、使い始めるタイミングを逸してしまいそうだ。

デジタルに関してはもうちょっと思うこともあるんだけど、それはまた別の機会にということで、今回はこれで閉めです。









デジタル用のレンズで使うとまた全然違う結果になるのかもしれないけど、少なくともわたしが使ったフィルム時代のレンズだと、全体にアンダー寄りでコントラストが強く、アンバーにシフトしたような絵になる。アンバー寄りはもうちょっとニュートラルになって欲しいと思う時もあるけど、コントラストの強さとアンダーよりの絵は結構好みのイメージになる時がある。



スポンサーサイト