鉱石のまどろむ夢 + Sailors Tale - King Crimson

平城山の壁





湾曲灯





雪模様の壁



2017 / 01 / 平城山
2016 / 12 / 京都駅
2016 / 12 / 八条
写ルンです シンプルエース400 / Nikon Coolpix S9700




無機的で硬質の幻想、狙いどころはそんな感じ。元々あまり主観に拘泥するほうでもないし、ドロドロベタベタの粘液質の幻想はわたしの資質じゃない。
ちょっとね、最近は画像への加工に対するリミッターが外れ気味だ。フィルムで撮った写真への加工は気分的にかなりブレーキがかかっていたのに最近はそうでもない。今回のは一枚デジカメで撮ったのが混じっているんだけど、むしろ一番加工しなかったのがこのデジタルの一枚だったりする。
自分が思い描くようなものに近づけられるならば、フィルムであろうとなんであろうと加工してみる。フィルム使いがそういう行為を許容して、どう云う地平を眼にすることになるのかは今のところよく分からないんだけど、ただ今自分を捉えてる気分なら何か自分にとって意味があるんじゃないかと思うところもあって、あまりそういうことに抗わないほうがいいのかなと、そんなことを考えていたりする。
だったら元々ほとんどリミッターがかからないデジカメで撮ればという声も聞こえてきそうだけど、フィルムで撮るほうが次元が異なっているんじゃないかと思うくらい面白いんだよなぁ。

最後のが暗いアートアニメーションの背景にでも出てきそうだ。こういうのは常に既存の被写体を与えられる構造の写真ではなかなか難しい。演出写真は大嫌いだけれどそんな方向へ向かわなくても、こういう類のものを撮るならセットアップすることも考えたほうがいいのかもしれない。

モノクロのフィルムはずっと自分で現像しているけど、このところの寒さで水物を扱うのが億劫になって久しぶりにモノクロ現像をフォトハウスKに頼んできた。でも話によるとラボのほうが現像依頼のフィルムを回収に来る日を減らしてしまったために、仕上がるのが半月くらい先になるらしい。リバーサルやブローニーを頼んだ時とは違うラボの袋を取り出していたから、モノクロはまた別の現像所になっているようだった。
既に頼んでしまった後だからこれは仕方ないんだけど、半月先というのはちょっと酷いなぁ。やっぱりモノクロは億劫がらずに自分でやるべきだなと思った。自分でやると乾燥させる時間は必要だとしても、あれこれ薬液をとっかえひっかえしている現像作業そのものは30分もあれば終わってしまう。さらに使う薬品はほぼ考慮する必要もないほど極めて安価だ。
回収する日を減らしてしまうくらいモノクロ現像を頼む人が少なくなっているなら、ひょっとしたら現像代も爆上げになってる?なんて考えると仕上がりの日がちょっと恐ろしい。

☆ ☆ ☆

何だかまたPCのスイッチが入りにくくなっている。何回押せば電源が入るかで今日の運勢が占えそうだ。
一年くらい前に一度修理してもらってるのに、Dellのこの機種のスイッチには弱点のようなものがある感じだ。一応この記事、予約投稿の扱いにしているので、PCの状態がどうであろうと投稿はできるんだけど、その後音沙汰無しになっていたとしたら、まずこれが原因になっていると思う。
一応保守サービスは去年に一年延長して今年の5月くらいまでは期間内なので、あまりに酷い状態になってきたらまた修理を頼もうと思う。一回で通電する時はまるで問題なく動き出すわけで、こういう状態は修理が頼みにくいんだけど。
ちなみにDellのサポートの評判は、非日本人が出てきて日本語が微妙に通じないとか云われていて最悪だけど、プレミア版のサポートで契約しておくと日本人担当者が時間無制限で対応に出てくる。つまり対費用で扱いに恐ろしい差がある。でもサポート料金とか基本的には捨てる覚悟のお金になりがちだし、かなり考えて自分はプレミアのほうで契約してはいるけど、保障であまり高価なのは二の足を踏むことになるんだな。


☆ ☆ ☆


Sailors Tale - King Crimson


掛け声が入っていることでも分かるように、これはライブ音源だ。レコードの時は最後の「S」がなかったような記憶がある、アルバム「Islands」に入っていたスタジオ録音のとはそっくりなようで細部は随分と違う。元曲ではギターと絡み合いながら併走していくメル・コリンズのサックスがここでは無くなっているし、またメロトロンのオーケストラ的な陰影付けもない。多彩さが半ば姿を隠してしまっている分、攻撃的で不安定なギターの音が前面に出てきているせいなのか、どこか神経がむき出しのままになっているような、ヒリヒリする感じが伝わってくる。
ブルースなんか爪の先ほども影響を受けていないロバート・フリップのギターが、遠くへ旅立っていた船乗りの持ち帰った、聞いたこともない不思議な話を語りかけてくるようだ。


ちなみにこっちはアルバム「Islands」集録の初出バージョン。サックスとメロトロンが絡み合ってくる。














スポンサーサイト

斑猫

帳
2016 / 05 / 写ルンです シンプルエース





影溜
2016 / 05 / 写ルンです シンプルエース





斑壁
2016 / 05 / 写ルンです シンプルエース


道を指し示すが如く、何かがわたしの少し前に降り立つ。それが何であるのか知りたくて近づいてみても、近づくたびにそれは目の前から遠のいていき、いくら追いかけてもその正体は結局分からないままとなる。まるで斑猫だ。少し前方に舞い降り、近づくたびに道でも教えるように、また少し前に飛び去り舞い降りる、あの美しい斑猫。

とまぁ、怪しげな書き出して始めてみた今回のお話。要するに今回の写真は気配といったものを垣間見たような気がして撮ってはいるものの、それが何だったのかは撮った本人もよく分からないと、そういうことだったりする。それにしても撮った本人もその気配の正体をよく分からないと言い切ってしまっている写真を、どうですか?とでも云う感じで見せられるほうもたまったものじゃないかもしれない。
思うに、撮っているものからすれば、分かっているものを撮るよりも分からないものを撮るほうが面白いんだけどね。

まぁそうは云うものの、分からないだけでは話も進まないので、今回の写真を選んで載せている時に思ったのは、要するに光の表情を追っていたんだと、そんなことを思った。自分で撮っておいてこう云う言い方も妙な感じなんだけど、こんな風に何か分からないけどシャッターを切りたくなった時点で切っていることも結構ある。
でもこういう風に言い切ってしまうと、色々と他にも含んでいたものが全部滑り落ちてしまうような気もするなぁ。光の表情を追いかけたものではあるんだけれど、その時に見ていたものはもっともやもやとしたもので、そうだと思ってしまうと、分からないと云った気配はどこかに霧散してしまいそうだ。

被写体そのものに特殊な意味合いがあるわけでもないんだけれど、それでも好きな被写体といったものもある。最初の幕なんかがそういう感じのもの。こういうのを見ると結構撮りたくなってくる。表面に走るしわや折り重なる表情、風を含む様相、風の写真なんか撮る時に引き立つんじゃないかと思う。
幕といえば以前山科で撮った民家の日よけの幕の写真を載せたことがある。幕の写真としてはあっちのほうが好みで、これはちょっと表情がなさ過ぎる感じがする。

☆ ☆ ☆

ちなみに斑猫はハンミョウの漢字表記。中国での名前らしい。ハンミョウ、別名「道おしえ」という美しくも不思議な虫がいる。わたしはハンミョウといえば初夏の貴船というこれまた美しい響きの場所がセットになって頭の中に浮かんでくる。子供の頃に読んだどくとるマンボウの昆虫記にでも書かれていたような記憶があるんだけど、今となってははっきりと憶えているわけでもなく、結局どんな形で入ってきたのか、この結びつきのみが今も頭の中に残っている。







ということで、またまた写ルンですの登場だ。デジカメだと凍りつくような場所でも楽々と動くらしいカメラ。電池も要らないし雨に濡れてもたぶん平気、面倒な手順を踏まなくてもすぐに写真が撮れて、しかも撮れた写真は思いのほか風雅に良く写っている。これだけ揃っておまけに安いとなると、これはひょっとしたら最強のカメラなんじゃないかと思う。




矩形変奏曲

矩形変奏曲
2016 / 09 / 写ルンです シンプルエース





不揃いの矩形たち
2016 / 09 / 写ルンです シンプルエース





かかしの夏
2016 / 09 / 写ルンです シンプルエース


数日前、電車の吊り広告で知ったんだけど、彼岸花の英名はRed Spider Lilyなんだそうだ。ずっと何となく不気味な花だと思っていた理由の一つに思い至り、そうかこの世界の花じゃない存在感のほかにも蜘蛛に似てるところが不気味な印象を作っていたんだと、これは大いに納得するところだった。

今年の夏は最後になってからとんでもない締めくくりを用意していた。どんな締めくくりがやってきたかというと、それはアラクノフォビアなら悶絶必至の蜘蛛、アシダカグモが我が部屋に侵入してくるという形を取ってやってきた。
蜘蛛の写真は?写真のことを書いてるのに写真を撮らないでどうするという声が聞こえてきそうだけど、そんな余裕なんか簡単に吹っ飛ばしてしまうほどの蜘蛛で、何しろ日本では最大を誇る蜘蛛、ちょっと調べてみるとHuntsman spiderという名前で、実は日本だけじゃなく世界レベルでも最大級のものらしい。
たとえ写真に撮ってたとしても、こんなものの存在が我がブログを開くたびに現れるというのは、もう簡単に許容量を越えてしまってるから、載せることなんて絶対に出来ない。ということでどんな蜘蛛だったかはアシダカグモで検索してもらうと山のように写真が出てくるから、そっちのほうで確認して欲しい。2chだとアシダカ軍曹というニックネームがついてるほどある意味人気者の蜘蛛でもあったりする。
目の前に現れたのは今現在のところでは回数としては2回。最初の遭遇はPCのモニタを眺めながらブログ巡りをしていた時だったんだけど、ふと視線をモニタの斜め上の壁にやったら、自分では自覚はしてなかったけどおそらく何かの気配に反応してそっちに視線を向けたんだろう、その視線の先の壁に中程度のお皿ほどの大きさの蜘蛛が八本の足を目一杯広げてへばりついていた。
あのね、こんなものに不意をつかれると、思わず叫び声に近いものがでるぞ。我ながら映画なんかでこんなシーンが出てきたらベタな演出だなぁと思うに違いない反応を返してしまって、でもそんなことを考える余裕もなく、何しろ声を上げたことで向こうも吃驚したのか、壁から跳んで、下の棚においてあったフラットベッド・スキャナーの上に、八本の凶悪に長い足を振り乱し、音を立てて落ちてきた。落ちた時に音を立てるほどの質量がある蜘蛛とか想像できる?ちなみにアシダカグモはゴキブリの天敵で、巨大なわりにゴキブリに負けないくらいすばしっこいんだけど、こういう時は走り去るよりも逃げる速度が速いから壁から問答無用で離れ落ちてくる。
わたしは一瞬PCの前から離れようとしたけど、アシダカグモのほうはスキャナーの上に落ちたあと慌てふためいて棚の向こう側に入り込んでしまったので、PCの前から離れようとしたままちょっとの間その場で固まってしまった。


☆ ☆ ☆

蜘蛛との顛末を書こうと思って始めたけど、蜘蛛のことを書いた文章が記事内で大きな場所を取るのも何だか嫌気がさしてきたので、この辺で止め!

今回の写真はこの前の記事で云っていた、この夏中持ち歩いていた写ルンですから。
こういうカメラとかトイカメラを好んで使うのは、高級海外ブランド機材とかそのスペックだとか、レンズの味だとか解像度がどうのこうのとか、そういうことどもに何だか捉われてうんざりしてきた時の、ある種の毒消しみたいな意味合いがあるんじゃないかと自分では思ってるところもある。いつだってこれ以上にないほどシンプルに、写真を撮るとはこういうことだよと囁いてくれそうなところがあって、その囁きを耳にしながらシャッターを切るのは沈殿物でよどみそうになってる精神のある部分を確実にリセットしていってくれて、気分も軽くなるような気がする。

最初の二枚は祇園白川。青空をシュールに変える案山子は小椋の干拓池の通学路に並べられていたものの一体。これが一番目を引いた案山子だった。
真ん中の壁の写真はパターンになりそうでならない、纏まってそうでどこかちぐはぐな印象が楽しい。ちぐはぐな印象で纏まってるなんていう言い方をすると、イメージもどこかトリッキーなものに見えてきたりして。
祇園白川といえば靴下を履いた人懐っこい野良猫がいた。今年の夏も久しぶりに歩いてみてあの猫に会えるかと思ったものの結局会えず仕舞い。餌をやっていた料亭の路地裏空間に何時も置いてあった餌の容器も片付けられてたし、もうここにはいないのかな。猫って不意に目の前から姿を消してしまう印象があって、まだどこかの路地裏を歩き回ってるなら、もう一度出会ってみたいところだ。





いつも現像を頼んでるフォトハウスKの店先には、このところフィルムあります、写ルンですありますと書いた立て看板が入り口に置かれてる。仕入れたもののあまりにも売れなくて出てる看板なのか、よく売れるからもっと売るための看板なのかどちらかは分からない。でも夏の真っ盛りの時にヨドバシカメラで防水仕様の写ルンですを買ってた女性を見かけたことがあるし、それなりに使う人は増えてるのかもしれないなぁ。何にしろフィルムを使う人が増えるのは仲間が増えてるようで頼もしい。
音楽だとアコースティックと電子楽器は何の苦もなく混在しているのに、なぜ写真は一つの選択肢しか取ろうとしないんだろう。





河原町・墨染 シンプルエース。隅っこの大冒険

垂れ流し配線
2016 / 05 / Fuji 写ルンです シンプルエース





高架下
2016 / 05 / Fuji 写ルンです シンプルエース





窓
2016 / 05 / Fuji 写ルンです シンプルエース


最近ポケモンGOの話題をいくつか眺めていて、これ、異界への扉を探して、カメラ片手に路地裏へ分け入っていくのとよく似てるなぁと思った。でもカメラ片手の異界巡りのほうは、たまに顰蹙をかいながらも、どこかやばいかもと思いつつ街中、路地裏を彷徨してるところがあるのに反して、ポケモンGOのほうはどうやら、世界はポケモンGOのために存在してるといったような考えのもとで展開されてるようだ。カメラでいうならカメラを作ってる会社が取扱説明書で、さぁ他人の家に乗り込んで遠慮なく写真を撮ってみようと書いてるようなもので、独りよがりで傲慢さに満ちた世界が現実世界を侵食しようとしてる。隠しもしない集客狙いもちっともスマートじゃない。
任天堂は京都の企業だし家庭用コンピュータ・ゲームという未踏の地を開拓していったパイオニアで、人並み以上にゲームが好きだった者としては贔屓目に見てたけど、こんな浅慮でダサいことやって何だか評価が地に落ちてしまったというか、見損なってしまったなぁ。開発は任天堂じゃないという擁護もネットに見られたけど、頬被り出来るほど無関係でもないだろう。

ところで任天堂といえば創業のビルが今もあるのを知ってます?
昔の五条楽園の近くにあって、元遊郭の写真撮ろうとあの辺りをうろつきまわっていて偶然見つけたんだけど、意外とこじんまりした建物だった。ビルはまだ使われてるようだったけど、ゲーム関連のことをやってるような雰囲気でもなかったし、ひょっとしたら昔からの花札とかの関連なんだろうか。

☆ ☆ ☆

三月頃にフィルムを入れて、その後に関心が他のカメラに移ってしまったためにそのまま一枚も撮らずに投げっぱなしになっていた二眼レフのピジョンフレックス。
梅雨が明けてから、とにかく撮り終えてフィルムを取り出そうと思って持ち出してる。でも二眼レフの特徴のことごとくが自分の感覚にあまりフィットしなくなってるのを今さらのように確認してしまって全然進展していかない。最近は大阪のアメリカ村でよく撮ってるんだけど、ピジョンフレックスを持っていっても一日に一枚くらいしか撮れない。
まずウエストレベルのファインダーがしっくりこない。かなり視線が下がるので、たとえば目の前の穴の向こうに何かが見えるというような空間を撮ろうとしても、カメラの視線は下に下がってるから、穴の向こうに見えてたものがファインダー越しには見えなくなってるというような場合が非常に多い。わたしの好きな俯瞰も、構え方で撮れないこともないんだけど、非常に面倒だ。
さらにやっぱり四角いフレームは扱いにくいというのもある。どういう風に空間を切り取っても、それなりに様になるように見える。何でもそれなりに絵になるんだったらいいじゃないかと思うかもしれないけど、でもそれなりに様になるだけで、これしかないというような、とても様になる絵にはなかなかならない。逆にまるで様にならないという絵が出来てしまうほうが、実は使いやすいんじゃないかと思う。
もう一つはなにしろヤシカの前身になったカメラなんていう古い代物なので、ファインダーはただのすりガラス、覗き込んでも像はほとんど見えないというか、昼間に幻燈してるような見え方しかしないということ。最後はもうこんな風に写ってるんだろうなぁと想像しながらシャッターを切ることになって、何だかまるで手ごたえがない感じがする。
早く撮り終わりたいから一応外に出る時には持ち出してるんだけど、これあと残り10枚を撮り終えるのに一夏全部費やすことになるかもしれない。まぁがんばって撮ってみるけど。

☆ ☆ ☆

最近持ち出してるカメラ事情はこんな感じで進行中だけど、今回は写ルンですで撮っていた写真から。7月中ごろの今現在で三台目を消費中。オートハーフの試し撮りが介入してきてるので、あまり枚数はこなせてないんだけど、やっぱり面白い、このカメラ。意外なほどよく写るトイカメラっていうところ、相反する要素を飲み込んで、この矛盾の塊のようなところがいい。

最後のは隅っこの冒険というよりも、ただフレームの隅っこに置いただけっていう感じがしないでもない。これ民家の窓に、外に向けてアピールするように飾ってあったもので、何だろう?ちょっと異様だなぁと思って撮ってみたものだ。でもひょっとしたらわたしが知らないだけで、実は結構ありきたりなポスターとか、そういう可能性もありそう。
こういうのよくやるんだな。自分が知らないというだけで、ちっとも珍しくもないものを得意げに差し出してみたりすること。