【洋楽】 オーティスに捧げる歌 - ウイリアム・ベル

ブロガーともさんのブログ「月のため息」でオーティス・レディングの「ドック・オブ・ザ・ベイ」が紹介されていて、ちょっと懐かしかったので、オーティス・レディングはともさんのブログに任せるとして、オーティス・レディングと関連してる曲でわたしが好きだったもの、そういうのを2曲ほど取り上げてみました。

ウイリアム・ベルは1937年生まれでオーティス・レディングやクロッパーよりも確実に上の世代の歌手。オーティス・レディングと同じスタックスに在籍し、レーベルの初期から活躍してた地元メンフィスのソウル・シンガーです。
オーティスがスタックスに入ってきた時から、自分の方が先輩なのに、オーティス・レディングこそサザン・ソウルを代表するシンガーと見極めて脇に回るような位置でスタックスとオーティス・レディングをサポートしました。そういうサポートに回るような動き方をしても、オーティス・レディングが亡くなって以後、後継者と云われるほどの実力の持ち主でもあります。
この人はスタックスのシンガー以外に、スタックスの作曲家でもあって、この曲もブッカーT・ジョーンズとの競作になっています。

この曲はタイトルから推測できるように、オーティス・レディングがツアー中の1967年12月10日に20代の若さで飛行機事故でなくなってしまったのを悼んで歌われたものです。
わたしはウイリアム・ベルはソウル・バラードの名手っていうイメージがあって、そういう上手さが分かる曲でもあります。

もっともわたし自身はこの曲よりもB面に入ってたミディアムテンポのソウル・バラード「Every Man Oughta Have A Woman」の方がどちらかというと好きなんですが。
なぜかこの曲、情報がほとんど出てきません。なぜここまで無視されるのか理由がさっぱり分からない。良い曲なんだけどなぁ。

オーティスに捧げる歌

☆ ☆ ☆

A Tribute To A King - William Bell


Every Man Oughta Have A Woman - William Bell



応援ポチッとして頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ


スポンサーサイト

コメント

No title

うふふ・・・こんばんはv-85

ウィリアム・ベルのアップ、ありがとうございます!

やはり、ソウル・ミュージックは、のちのミュージック・シーンに大きく影響を与えておりますね!
「ソウル」とは、「魂」そのものでございます!

わたしも、個人的には「Every Man Oughta Have A Woman 」の方が好きですね!

ビバ! メンフィス! (笑)

ともさんへ

こんばんはv-484

探してみたらYoutubeにあったので、ともさんのブログ紹介も兼ねて記事にしてみました。
「Every Man Oughta Have A Woman 」の方が良いですよね、やはり。
でもこの曲情報が全然出てこないんです。

何かオーティス・レディングのをまとめて聴きたい気分にもなってますv-338

わたしも、ビバ! メンフィス! (笑)

コメント 有難うございました ☆

No title

こんにちはあ。(*^^)v

私でさえ聴いた事ありますよ、「Every Man Oughta Have A Woman 」。

そんなに情報がないんですか。この人の代表曲の一つだと思っていたけど、勘違いだったのかなあ。

ご訪問いつも、ありがとうございます。ポチポチ。

よーじっくさんへ

こんにちは(*´∀`*)ノ

情報出てこないです。日本で出たEPは和田誠(本人?)風の絵が描いてあるものだったんですが、そのジャケット画像も出てきません。
これはウィリアム・ベルのベスト盤に入ってるためにそちらのジャケットが優先的に出てくるためかもしれませんが。
ちなみに曲そのものはCDだと、このベスト盤か、スタックスのシングルばかり集めた全集物に入ってるくらいでした。
出てくるのはそういうCDのトラックリストで名前がひっかかる程度ですよ。
「Oughta」の部分が「ought to」の略語で、きちんとした表記じゃないから、そういうのですり抜けてる情報もあるのかなとは思うんですが。

目的は日本盤のEPジャケットだったんですが、結局見つからなかったです。

コメント、ポチポチ有難うございました ☆

No title

ちょっと脱線しますが、「黒いジャガー」って映画がありまして、このテーマ曲を書いたのが、「ニューヨーク1997」のデューク役のアイザック・ヘイズ。彼がめちゃかっこ良かったのが、「ワッツタックス」ってコンサート映画だったんですが、これにウィリアム・ベルさん出てたような・・・ 

オンライン視聴の方ですが、HULUも含め、全部無料なので、許せるかな?HULUはレンタルDVDがなかなか見当たらない意外な珍作もあるのでおもしろいかも?

「ファニーゲーム」は、カットや音はほとんど同じで、出演者が違うとどう変わるか?っていう実験とリメークブームへのハネケ監督らしい皮肉のようです。劇場の予告(日本版)は、軽すぎて嫌いです。知らない人は騙されて、劇場で嫌な思いをするような気がします。

No title

こんばんは!

オーティス・レディングはなんとなくわかりますが、ウィリアム・ベルは全くの初耳でした。勉強不足です(笑;)。
曲聴かせて頂きました。こういうミディアムテンポもいいものですね。偏りぎみの洋楽ばかり聴いてますので、薄荷グリーン様やよーじっく様のようにもっと幅広く聴くようにしたいものです。音楽っていいですよね♪
ところで、A面よりもB面の方がいいっていうのは、結構ありそうですね。私の場合、「沈黙の戦艦」と「パッセンジャー57」の2本立てを観に行った時、A級の「沈黙の戦艦」よりもB級の「パッセンジャー57」に惹かれるものがありました。地方の場合、昔は新作公開が2本立てという幸せな時代でありましたね。
例えがおかしいですね、失礼しました(笑;)

ガツンと応援いきますよ♪凸

Whitedogさんへ

こんばんは!

ウィリアム・ベルの実際に歌ってる映像はあまり観たことが無いので、教えてもらえると有り難いです。
「黒いジャガー」のほうはタイトルだけでも、いかにも黒人ばかりが出てきそうないかつい映画の匂いがしますね。

オンライン視聴、無料なら許せます(笑
意外な珍作があるというのも良いですね。
でも、オンラインのこういう映画を観る時、わたしの場合は最低PCモニタの大きさが限度だと思ってるんですが、携帯の液晶で観る人が居るというのは驚きです。携帯の画面で映画観て何が面白いんでしょうか。

「ファニー・ゲーム」は同じテイストの再現が目的じゃなくて、むしろ一部違えた場合に何が生じてくるかの実験のようなものになってるわけですね。ハネケ監督、ひねくれてますね。
騙しといえばこのタイトルも騙しみたいなもので、わたしはタイトルを観た時、実情を知るまではコメディなんだと思ってました(笑

いつもコメント有難うございます ☆

umetramanさんへ

こんばんは!

本当に音楽って良いですよね♪♪

ウィリアム・ベルはやはりソウル・ミュージックが好きという志向でもないとあまり出会わない歌手かもしれません。でもこの曲、いいでしょ?

わたし、耳に入ってきた音楽でどこかが気に入ってしまえばあまりジャンルには囚われない方だと思うんですが、気に入ったものを率先してピックアップしてるせいか、ジャンルを越えても似たような感じの音楽に偏ってしまう傾向がありそうです。
浪漫主義者なので、旋律、和声に工夫があるもの、連綿とした情緒が織り込まれてるようなのに手が伸びるかな。後は破壊主義的なのも好きです。
ラテンの狂騒的でメランコリックというのは、結構フィットします。
歌ものでもあくまでもサウンドで、歌詞に反応することはあまり無いかもしれません。

わたしもどこと無くB的な存在を愛でるっていう感覚は、映画に対する時と同じようにあるでしょうね。
わたしは新作で2本立てっていうと邦画の方が頭に浮かびます。あとは京都だと今は2本立て、昔は三本立てだった祇園会館。でもここは新作じゃなかったんですよね。比較的早くかかる場所ではあったんですが。

わたしも何かとりとめもないことを書いてしまいました(笑

いつも応援、コメント有難うございます ☆
非公開コメント