【本】 2009年度版「このミステリがすごい!」

先週本屋に立ち寄ったら、2009年度版の「このミステリがすごい!」が出てました。
わたしはこの本を見ると1年ももう直ぐ終わりだなぁと思ったりするんですよね。

この1年簡に出版された娯楽小説で評判がよかったものを投票形式でリストアップし、内容に関する解説をつけて纏めた本です。ランキングだけじゃなく、年間を振り返るような記事も載ってます。本のタイトルはミステリとなってますが今は多少ジャンルを逸脱した娯楽小説も含む形になってるようです。
わたしは年末になると出版されるこの本で、この1年間、評判になったけど読み残してしまった本のチェックをします。

最初の「このミステリがすごい!」が出版されてからもう20年近く経ってるようですが、最初は当時唯一だった文芸春秋の年間ベストテンの選考が気に入らない、納得できない、それでは自分たちで納得できるランキングを作ろうというところから始まった本と聞いてます。
この本が売れたために、今ではこれを真似た同様の本がこの時期になると何種類か出版されてるんですが、わたし個人の印象ではやはり最古参のこの本が一番的を射た選考をしてるんではないかと、そういう感想を持ってます。

ランキングの本なので、ここで海外ミステリのトップ20とか書き出すとほとんど営業妨害になってしまいそうで、内容については書きません。
先週この本を買った時、それと同時に、ランキングに入ってた本を一冊だけ買いました。

このミス2009

ジョー・ヒルってスティーヴン・キングの息子らしいですね。それで、キングの息子というので優遇されたりするのを嫌って、父親が超有名な作家だというのをずっと隠してたとか。そしてただの人としてスタートして結局作家として成功、しかも父親と同じモダン・ホラーの分野で成功したんだから、やはり血というのがあるんじゃないかって思いました。わたしは血筋とか血統とか、普段はあまりそういう風には考えない方なんですけどね。
ランキングに入った本はこういう「~位!」とか書いた帯がついた状態で店頭に並んでたりします。そして本屋の方でも専用のコーナーを作って、そこにベスト20に入った本を集め、手に取りやすい形にしてるところが多いです。だから実はわざわざこの本を買わなくても売り場に行けばベスト20に入った本は簡単に分かって、簡単に買えます。

今年の国内作家の本はトップ20に入ったのはほぼ全部単行本のようで、文庫は見当たらず。海外作家の方は文庫混じりで手が出しやすいトップ20になってました。

お正月に読む本を調達するのには格好のガイドブックになると思います。



スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんはv-85

あっ、こんなところに、わたくし用の記事が・・・(笑)

そういえば、「このミステリがすごい!」も、最近はトンとご無沙汰でございました。

ふ~む・・・ジョー・ヒルってスティーヴン・キングの息子だったんですね。
まるで、トライセラトップスの和田唱が、あのしゃべる料理研究家・平野レミの息子であるかのような驚きでございます(笑)

ハード・カバーって、場所とるんですよね~(泣)

ともさんへ

こんばんはv-484

せっかくの本の記事、見逃さないで(笑

ともさんやはりこれ買ってたんだ。
だんだんと扱う新本格の分量が減ってきたから関心なくなってきたんでしょう(^-^;)

親子2代しかも息子も自力勝負でのし上がってきた作家一家なんてやはり珍しいんじゃないかと思います。

ハードカバー、場所とるし結構重くなってくるからやっかいです。
国内作家のはまず間違いなく文庫になるし、単行本はパス。海外の作家は単行本でそのまま放置って云う形もあるので、たまに単行本を買ったりしますが、やはり置き場所に困ってしまいますね。

コメント有難うございました ☆

No title

「シャイニング」の男の子がジョー・ヒルなの?なんて思いながら読んでみるとまた一味違うかもしれませんね。血もあると思いますが、環境も大きいのかもしれませんね。あんな親父が薄気味悪い小説ばかり書いているのを日々見ていると、それだけでネタになりそうな(笑)。
今年は大変お世話になりました。なんで紅白にエンヤが出てるの?と思いながらコメント書いております。また来年もよろしくお願いします。

Whitedogさんへ

こんばんは!

「シャイニング」の子供が実際の息子をイメージ・ソースにしてるっていうのは本当に有りそうな感じですよね。
環境の影響はやっぱり大きいでしょうね。親父の周囲にホラーものを生み出すような環境も絶対に揃ってたと思いますし。

エンヤはひょっとしたら「How Can I Keep From Singing」歌うかなと思ってたけど、歌いませんでしたね(笑
歌ってくれてたらお客さんちょっと増えたかもしれないのに。

こちらこそ今年は本当にお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

コメント有難うございました ☆

後30分ほどで2009年です。
良いお年を!
非公開コメント