高校野球を見ていて思ったこと ~ 瞼を閉じない世界新記録 ~ しげる色のチョコレート人形

高校野球を見ていてふと思いついたことがあって、高校野球の優勝校って地方予選の試合も含めて全部の試合に勝って始めて優勝の栄冠を勝ち取りますよね。頂点に立つまでにどれくらいの数の試合をしてくるのか知らないけど、優勝校はとにかく全ての試合に勝ってくる。普通に試合をやってるとこれだけ連続で勝つのはちょっと不自然という数を勝ち抜いて決勝まで登ってくるんですが、これを可能にしてるのがトーナメントって云う形式なわけで、考えてみるとトーナメントって随分と変な現象を起こすんだなって、まぁ高校野球を見ながら何となくそんなことを思ってしまったわけです。

高校野球の夏の甲子園の優勝校が勝ち取ってくる勝利数の連続記録くらい普通に試合をこなしていても可能だというなら、話をもっと極端にすればその奇妙さが際立ってきます。
たとえば10000回連続勝利で頂点に立てるようなトーナメントがあったとします。常軌を逸するほどでかいトーナメント表になろうとも、とにかく10000回の連続勝利を要求するトーナメントがあると。
どんなスポーツでも良いんですけど、ただ試合をこなしてるだけで10000回の連続勝利を勝ち取るなんてまず不可能でしょう。10000連勝なんて聞いたこともないし言葉としても違和感有りまくりです。
でもこのトーナメントを実施すると必ず1チームだけは、その驚異的な記録を自動的に達成してしまうことになるんですよね。トーナメントはシステムとして10000連勝というあり得ない現象をたった一つのチームにだけという限定はあるけれども、完全に保障することになります。

もうちょっと考えを拡げて、たとえば集まったチームがすべて、自分たちは絶対に連続で勝ったりはしないと心に誓ってるチーム、連続で勝ちそうになるとどんなに卑劣な手段を使ってでも絶対に負けてやるという決意を持ったチームだったとしても、事情は全く同じ。
トーナメントに組み込まれてしまうことで、そのトーナメントの強固なシステムの力で、必ず1チームだけは不本意かもしれないけれど10000回連続勝利を達成してしまいます。
これ、考えてみると物凄く奇妙だと思いませんか。わたしは凄い変!って思いました。

もちろん実力があって始めて頂点に上り詰めることが出来るということに変わりはないんですけど、このあり得ない連勝数を保障してるある部分は、視点を変えれば、優勝するはずのチーム以外の参加チームの総数という完全な外因によってるんだというのが、さらに奇妙な感じを付け加えてるようです。

☆ ☆ ☆

とまぁ、他の記事を書いてる最中だったんだけど、高校野球をみていてこんなことが頭を過ぎったら、ブログにどうしても書き残したくなってきたので書いてみました。

ついでにいつかこれをブログに載せてみようと思っていたものの,どういう形の記事にしたらいいのかさっぱり思いつかずに、切っ掛けを失いっぱなしで載せられなかった動画をいくつか、残暑見舞い代わりに。
夏バテ気味のところなら、肩が凝らなくていいかもしれません。

☆ ☆ ☆

あり得ない記録繋がりということで、瞼を閉じない世界新記録に挑戦

これは森永のチョコレートのCMらしいんですけど、海外で放送されたものなのかな。わたしはTVで見た記憶がないです。もっともほとんどTV見てないので、わたしが見なかったからといって日本で放映してなかったとは云えないんですけど。


しげる色のチョコレート人形

これ男性用化粧品ブランドAXEのキャラクター「チョコマン」とのコラボPVです。このチョコレート人形の扱いがとってもシュール。
松崎しげるっていうのは顔色から云ってもチョコレートのコマーシャルにはピッタリのキャラクターだと思うのに、この曲は最初はチョコレートのCMに使われていたものとはいえ、その後松崎しげる=チョコレートって云う強烈な図式にはあまりなりませんでしたね。
それにしてもこのPVの松崎しげるはなんだか病的にやつれてるんですが、どうしたのかな。


もう一つの「愛のメモリー」

これを本人が歌ってしまうのが吃驚です。本人が被り物をしてたらまず歌わなかったでしょうね。
この内容でさえも相変わらずの驚異的な歌唱力で完全に歌いきってしまうのが、なんとも凄いというか(^^;

☆ ☆ ☆

まだまだ暑い日が続いてますが、皆様健康にはくれぐれもお気を付けくださいね。

☆ ☆ ☆


最後まで読んでくださってありがとう御座いました。

ランキングに参加中!良かったら応援ポチッとお願いします〈(_ _*)〉"ペコッ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

No title

10000回トーナメントって考えるだけで凄いですね。
地球住人全員で対戦しても地球人の頂点に立つには33連勝でOKだから、宇宙規模の戦いになりそうだわ…。それでも勝つ人がいるんだろうな~。
チョコのCM、私も見覚えがありませんが、面白いですね。最後目をつぶったのをごまかそうとする所と、遺影のおじいちゃんもがっくりしてるのが可笑しいです。
wikiで見たのですが、松崎しげるは元高校球児で「愛のメモリー」が行進曲になった時「(甲子園のグラウンドに立つという)ガキの頃からの夢がかなった」と感無量だったそうですよ~。

No title

こんばんはv-85

ちょっと、ちょっと~!薄荷ちゃんたら、暑さのせいでサルティンバンコぉ~?(笑)

うふふ・・・トーナメント方式の神秘ね♪
まぁ、10000勝利を挙げられるのは、数ある野球チームの中でも「タッチの明星学園」だけでしょうね!(笑)
そりゃ、和也の死を乗り越えたチームじゃなくちゃ達成できない連勝記録だわ!
ふふっ・・・でも「敗者復活」で勝ち上がって優勝という、9999勝1敗の神話もありえるけどね(笑)

瞼を閉じない世界新記録は、朝、顔を洗った時点で失格しそうね。
かろうじて水中で我慢できたとしても、タオルで拭く時にうっかり気を抜いてアウト・・・みたいな(笑)
コレ、入院中の坊やがひたすら気の毒な映像だわ・・・

そして、「しげる松崎」!
まず、以前に比べて「色白」になってるのが気になったんだけど・・・(笑)
あの自宅で所有している「日焼けマッシーン」は売っぱらってしまったのかしら?
どう見ても、毎日マッシーンに入っている肌色ではないもの。

「この胸の胸毛を頭に~♪」(爆

No title

こんばんは、お邪魔致します。

4,000以上の高校の頂点になるには早朝から深夜まで連日の練習、更に練習試合などをこなした上で地方予選・本戦とその試合数は膨大な数となるでしょうね。
何であるにしろ、頂点を極める為には血のにじむような努力が必要ですが、ただ高校生はまだ体の発達する過程の途中ですから極度の体の酷使の為、社会人やプロに進んだもののすでに体がボロボロの状態で全く活躍出来ない選手も多く見て来ました。

松崎しげるはあの歌を歌うのに躊躇しなかったのかちょっと疑問を感じるのですが確か還暦を迎えたと思ったのですがいまだ歌唱力に衰えを見せないのが凄いですね。

瞼を閉じない新記録はよくこういう事を思いつくものだと感心してしまいました。しかし街中でこういう人を遭遇したら怖いです・・・。

トーナメント

トーナメント、何か凄そうだけど難しくてわかりません。

では、今日もいいことがありますように…。


No title

おはようございます

そうこられましたか!
トーナメントなので優勝した者が全勝したんだ
凄い事だと漠然に思っていましたが
確率で考えるとまさしく奇跡としか言いようが無いですね。

それにしても朝から大笑いさせていただきました。
チョコのCMは実にシュールで良いですね!
世界中の人たちが、このくだらない出来事に次第に期待を寄せ
その時々のリアクションがとても可笑しかったです。

松崎しげるの激やせですが
私も、久しぶりに会う知人が皆「なんかやつれている大丈夫?」と言われます
なので私同様おそらく炭水化物ダイエットをされているのでしょう(笑)

この替え歌の内容は、私には耳が痛いと同時に心に響きます・・・w

lifeonmarsさんへ

lifeonmarsさん、こんにちは!

数が少ないと、わたしが感じた奇妙な感触が伝わりにくいので、ここは大サービスで10000にしたんですけど、宇宙規模になってしまうんですか!\(◎o◎)
書いた本人が云うのもなんですけど、これは凄い(^^;

チョコのCMは日本人らしい人が一杯出てるのでひょっとしたらと思わないこともなかったんですけど、ナレーターが全部英語喋ってるし、ぎりぎりセーフ!の文字も英語なのできっと日本じゃ放映されなかったんだろうなって思ってました。おじいちゃんのは結構なポイントですよね(^^

松崎しげるが元高校球児、そんな雰囲気、どことなく残ってますよ!
でもわたしのところに「松崎しげる、高校野球」で検索して辿り着く人がいたら、まず100パーセント失望するでしょうね(^^

コメント有難うございました☆

ともさんへ

ともさん、こんにちはv-278

暑さの加減…、確かにあったかも(笑)
頭の中、他に書いてる記事の断片が舞い散るサーカス状態でもあるし。

トーナメントは必ず全勝を一つだけ作り出すっていうの、これちょっと神秘でしょ。その向かう先にちょっとだけ歪な世界があるような感じがして。

でも9999勝1敗っていうのもどことなく斜に構えてるような感じが加わって、ひねくれ者っぽくてなかなか良いですね。
わたしはどちらが感覚的に馴染むかといえば、10000連勝の完全な世界よりも1敗が加わった不完全な世界の方が面白そうな気がします。

瞼を閉じないは、わたしは犬で確実にアウトかな。あんな一心不乱に舐められたら我慢するのって絶対に無理だと思います。
入院中の坊やが気の毒…、確かに!でもわたしはそういう気の回り方はしなかったですね…。
ところでこの結末のつけ方は予想できましたか?

「日焼けマッシーン」は最近健康に悪いって云うデータが出てたから松崎しげるも止めたんじゃないですか?
でもやっぱりやつれてるんですよね。やつれてるように見える割りに歌唱力が全然衰えてないのは凄いんですけどね。

もう一つの「愛のメモリー」は問答無用で面白かったでしょ(^^
わたしもそこの部分の歌詞が上手いなぁって思いました。

コメント有難うございました☆

チャリさんへ

チャリさん、こんばんは!

高校野球ってまずあの炎天下であれだけの試合をやってるのも信じがたいところがあるんですけど、練習量なんかも半端じゃないんでしょうね。
体が出来上がる途上での過酷な訓練が悪影響を与えてるって云うのは十分に分かるし、それでプロになってから活躍できないような状態になる場合も多々あるのが分かってるなら、プロ野球側とかが何らかの対応策でも出した方が良いように思うんですが、そういうことはなかなか出来ないんでしょうかね。

松崎しげるは最後のあの笑い顔で、ああいうことをやるのが基本的に好きな人なんじゃないかと思います。
実際にはおそらく声も衰えてると思うんですけど、あまりそういうことを感じさせないですよね。思いっきり声が出てるように聴こえます。人一倍発声練習でもしてるのかな。もう一つの「愛のメモリー」も歌詞はともかくとして歌そのものはきっちりと聴かせますもの。

あの記録挑戦の女の人、目の見開き具合でオーディション突破したんでしょうね。わたしもふと横を向いてあの人が並んでたりしたら怖いです(^^;

コメント有難うございました☆

茶々さんへ

茶々さん、こんばんは!

トーナメント戦は必ず1チームだけ全勝を約束してるから、試合数を非常識に多くすれば非常識な連勝をするチームが必ず1つ出てくるっていう話で、まぁはっきり云って単なる思い付きです(^^;

そんなことよりも、チョコのCMはいかがでした?面白くなかったですか?

>今日もいいことがありますように…。

有難うございます。今のところ普段の一日となんら変わったことのない日を過ごしてますが、
こういうのも安泰で良い一日なんでしょうね(*^^*)

ではわたしからも、茶々さんに明日もいいことがありますように…。

コメント有難うございました☆

No title

こんばんは!

今日は涼しかった気もするのですが、
京都はどうでした?
なんて、どうでも良いですね^^;

高校野球のトーナメントは、どうなんでしょう?
昔からと言う良くあるパターンで運営されてますからね...
僕等も、もうこれで馴らされてる感じもしますね(><)
薄荷グリーンさんの意見は、
なかなかすごい!
近年まれに見る一石を投じたのではないでしょうか(笑)

しかし、瞬きしないCMの女性の顔怖いです^^;
でも、上手く出来てますよね♪
感心しましたよ。

松崎しげるは歌上手い!
ですけど...
とことん、やっちゃうところが良いですね!
替え歌からCMまで(笑)
歌唱力と同じで、サービス精神もてんこ盛りですね^^

No title

こんばんは。

トーナメント…ん~、考えると不思議なもんですけど、まあ、高校野球だったらリーグ戦でもあり得る連勝数で優勝できるかも、かな…(笑)でも、例えば、オンラインゲームとかが発達して、じゃんけんトーナメントみたいな感じで、あらゆる人が参加できるようにして、宝くじみたいなことやったら面白いかなあ、なんて考えてみました。

瞼を閉じない人は、チョコレートのコマーシャルというのが予め分かってるとオチも自ずと分かってしまうのが辛いところですが、最後まで引っ張れるのは、女性の顔の奇妙さというか、迫力ですね(笑)犬のシーンがハラハラでした、目まで舐められてしまうのではないかと…(笑)

ヒット曲といえば、これしかない松崎しげるなのにね。よくやるもんです(笑)

桃太郎さんへ

桃太郎さん、こんばんは!

いや、全勝したのはやっぱり凄いし、それはそのチームの実力で勝ち取ったものなんですけどね、見方をちょっと捻じ曲げてみると妙な具合に見えてくる部分もあるってことで。
ちょっとした考え方の遊びです(^^;

チョコのCM面白かったですか!
よくこんな馬鹿馬鹿しいことを考えついたなって思いませんでしたか。最後にチョコと結び付けるのでも、こういう結びつけ方ってなかなか思いつかないと思います。

松崎しげるはダイエットなんでしょうかね。あまり太ってた印象の時ってなかったんですけど、予防的にダイエット始めたのかな。
炭水化物ダイエットってやつれて見えるんですか?
これは、炭水化物を取らないでおくって云うようなやり方なんでしょうか。
でも炭水化物、美味しいんですよね(^^;

最後のは…、どんな歌でも手を抜かない松崎しげるに拍手です(笑)

コメント有難うございました☆

No title

トーナメントの話からいったいどう転んでいくんだろうと
期待していたら、いつのまにか薄荷ワールドに引き込まれていきました(笑)

松崎しげるの激やせCMって知りませんでしたが
これって最近のものなんですか?
松崎しげるは時代性を全く超越したところがすごいと思います

しかし「愛のメモリー」って日本のソウルバラードの名曲だと思うな(笑)

せばすてぃあんさんへ

こんばんは!

京都はですね、毎年9月の中頃くらいまでははっきり云って暑いです。
でも今年は気がつくとまだ8月なのに朝晩は結構涼しくなってるんですよね。
今頃でたとえ朝晩だけだったとしても汗かかないで帰宅できたりするってあまりないんじゃないかなと思います。

それで、わたしの文章力の無さで今一つ上手く伝わらなかったような気がするんですけど、
トーナメントで最後まで勝ち残ったチームはチーム内の視点から見ると完全に実力なんですよね。これは間違いなく他のチームよりも強いんです。トーナメントのシステムが勝たせてるわけじゃない。
でも優勝チームから離れたちょっと外から見ると、連勝を支えてるのはトーナメントのシステムであるようにも見えるっていう、二重にぶれて見えるような感じがして、それがちょっと面白いと思ったわけです。
だから、一石を投じたわけでもなんでもないですよ(^^;

(本文の方に文章をちょっと付け足しました。せばすてぃあんさんから頂いたコメントとそぐわないような部分が出てきてるかもしれないですが、その辺はご容赦ください)

☆ ☆ ☆

チョコのCMの女性の顔が怖いっていうのは意外と感じてる人がいそうですよね。面白CMというだけじゃなくてそういうところも狙ってたのかな。

松崎しげる、徹底して手を抜かないところがいいですよね。もう一つの「愛のメモリー」馬鹿げた歌だからといって手を抜いたら絶対に面白くなくなってたと思います。驚異的な歌唱力をどんな歌にでも全力で注ぎ込んでくるという、この姿勢が良いんでしょうね。
結構面白かったですか?

コメント有難うございました☆

過酷な戦い

薄荷グリーンさん こんにちは(^_^)/

昨日は、白熱した最終回でした!
名古屋在住の私はもちろん、中京を応援していたのですが、
最後は相手の諦めない精神というか、熱い思いが伝わってきましたね。

私も毎年、高校野球は本当に過酷なものだと思っていました。
トーナメントは、地方大会から始まっているので、たった一度負けても、
甲子園に行けないし・・・
まずは、甲子園に行くことに夢を抱いて選手は戦い勝ち続けなくては
行けないですね。

甲子園に行って、勝ち続ければ試合の間隔は短くなり
相手は、強豪チームになることを考えると投げ続けるピッチャーも
仕切るキャッチャーも守り続ける野手も疲労も半端なく、
故障していく選手もいておかしくないですね。

プロは、中5日なんてあるし連投なんて、クローザーぐらいですから^^;
そう思うと、高校野球にかけた1~3年生まで、
本当にお疲れ様という思いでいっぱいです(*^_^*)

しかし、瞼を閉じない世界記録!面白い(笑)
この記事で、こう来たか!そう感心しました^^
いつも応援ありがとうございます(*^_^*)
また、お邪魔しますね(^_^)/

ジオヤーさんへ

ジオヤーさん、こんにちは!

勝たなければならない数を極端に大きくしてみるような考え方の遊びをやってみると、
結構歪な何かがあるような世界に見えてきたんですよね。実現は無理そうですけど。

ジオヤーさんはあのCMの結末は予測できましたか。わたしはどう着地させるか最後まで見当つかなかったです。
あの目見開き顔はやっぱり特異でしょうね。あの顔を見せるのがやっぱり一番の目的だったのかなぁ。
犬のシーンが印象的だったのはわたしと同じですね(^^;
あんな風にここぞとばかりに集中して舐められまくったら、わたしなら一発で陥落してしまいます。
でもあの女の人、実際に犬に舐められて目を閉じなかったんだから、これは結構大したことじゃなかったかと思ったりします。

松崎しげるはあの歌を延々と歌い続けてるから歌うこと自体が結構惰性的になってるんじゃないかと。だからたまにこういうことをやって「愛のメモリー」をリフレッシュしてるのかも(^^;

コメント有難うございました☆

赤坂王子さんへ

赤坂王子さん、こんばんは!

思いついたので、記事にしてみたんですけどね…柄にも無いことやってるって思われてそうです(^^;
やっぱり映画や音楽の記事のほうがこの場所には馴染むのかなぁ。
ちょっと不思議に思って面白かったので文章にしてみたんですけど、思考実験のようなのは結構好きではあるけど、こういうのは文章に書くのって思った以上に難しいんだとあらためて思いました。

松崎しげるのはタイトル見たらどうも去年のもののようです。
時代性を超越!-つまり、何時見ても同じ歌を歌ってる?(笑)
この人そういえば他の歌を歌ってるイメージってほとんど無いですよね。

日本のソウルバラードの名曲って云うのは云いえてますね(笑)
ただ松崎しげると密着しすぎて、他の歌手が歌っても違和感の方が先にたってしまいそうで、曲としてはちょっと不幸なところがあるかもです。

コメント有難うございました☆

Lifeさんへ

Lifeさん、こんにちは!

決勝戦は、地元の高校が闘うとなれば燃えたでしょう(*^^*)
相手側の高校も大健闘したので決勝戦は両方の学校と応援する人全員が気持ちのいい終わり方をしたようですね。

わたしも高校野球の選手たちが、こんな暑い時にあんな過酷な行程で試合して大丈夫なのかって思います。
わたしだったら炎天下で立ってるだけでもふらふらになってるかもしれないです。
終盤は特にほぼ毎日に近いペースで試合をすることになりますものね。
間何日か明けて飛び飛びで試合っていうのも、大会といったイベント的な側面からは間延びしてしまって駄目なんでしょうけど、
それでも子供たちのことはもうちょっと考えて試合を組んで欲しいように思いますね。

チョコのCM面白かったですか(^^
普段載せないようなものを気分で載せたから、あまりいい反応はないかもしれないなぁという不安が結構ありました。
だから面白かったといってもらえるとなんだかとても嬉しいです。

これからもよろしくお願いします。
コメント有難うございました☆

No title

高校野球やトーナメントをこんな風に考えたことはなかったですが、何か不思議な気がしますね。

ふくさんさんへ

ふくさんさん、でいいんでしょうか(^^;、こんにちは!

不思議な感じがするでしょ(^^
屁理屈といえば屁理屈なんでしょうけどね。

ところで、この記事、タイトルに高校野球って入れてますけど、
中身はなにひとつ高校野球そのものには触れてないんですよね(^^;

コメント有難うございました☆

こんにちわ^^

遅いコメントですみません^^;

高校野球は時間的制約があるからトーナメントなのでしょうが
これが、リーグ戦の総当たりになったら、確かにほんとに強い
チームが勝つのかも???
その前に、みんな倒れちゃうと思いますけどね^^;

どっちにしても、高校球児じゃ無くて良かったと思います。
あの甲子園で試合を続けられるだけでも、凄い体力。
インフルの子が出てましたけど・・・

松崎しげるのこんなバージョンがあったのですね^^
楽しませてもらいました、どうも有難う~☆

たえさんへ

たえさん、こんばんは!

高校野球の総当たり戦ですか!
何か見てみたい気もしますけど、選手はこれはもう大変ですね!
わたしも絶対に倒れちゃうと思います(^^;

わたしも終盤に入ってきて連日出場なんて形になって来る頃から
本当によく体が持つなぁっていつも思います。
日頃とんでもない訓練してるんでしょうけど。

わたしはあの炎天下で何時間か立ってるというだけでも耐えられないだろうと思うのに、
さらに思いっきりハードな運動してるんですものね。
インフルエンザにかかっても鍛えてると症状は軽いんでしょうか?
やっぱり高熱とか出て、普通の人と同じかな。

松崎しげるのは10年位前のものらしいです。
基本的にこういう遊びが好きそうな人ですから、何だか本人も楽しんで歌ってるようです。
楽しんで貰えて、良かったです。

またこういうの探してきますね(^^

コメント有難うございました☆

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

こんにちは!ご無沙汰しております^^
だいぶ遅れての書き込みですが、お邪魔しますね。

今回は楽しい企画ですね。思わず笑ってしまいました(笑)。

私はスポーツはやるどころか観戦も殆どしませんので、よくわからない世界なんですが、トーナメントで10000回連続勝利というのは確かに不思議に感じます。全ての高校がどんな思惑を持ってたとしても必ず連勝し優勝する高校が出てくる。こういう話って、前にもあった気がするのですが。。。なんかのパラドックスの話だったかな・・・ちょっと違うかなあ(笑;)。さすが薄荷グリーン様、考えどころが一味違いますね。いいネタ教えてもらいました♪

瞬きしないCMは、目の剥き具合がなんとも(笑;)。あと遺影のおじいちゃん。これ実際にやったら絶対に無理だろうなあ。「時計じかけのオレンジ」に出てくるアイオープナー(勝手命名)を装着すればバッチリですけどね!!←当り前だし失明間違いなし

続いてのチョコマンですが、目の剥き具合からして先のCM続きかと思ってしまいました(笑;)。これって日本用のCMなんですかね。私もテレビは観ませんので、この辺よくわからないところですが。全世界で流したら松崎しげる自体シュールに見られそう。
本人による替え歌も凄いですね。これバラエティ番組かなんかでしょうか?最後にこっち見て笑うな!!ですよね(笑)。

また面白い動画ありましたら紹介して下さいね。
映画記事は「クローバーフィールド」ですか。読み応えありそう!後ほどじっくり読ませて頂いて、改めてお邪魔しま~す♪

ガツンと応援ー♪♪凸

umetramanさんへ

umetramanさん、こんばんは!

こちらこそご無沙汰してます。お元気でしたか?

ちょっと映画とか音楽とか頭から離れ気味になることがたびたびあって、そういう時に書いてみました(^^;

おそらくこういう話ってわたしが最初に気づいたなんてことでは全然無くて、今までに思ってる人も多かったと思います。
思考実験のような話は結構好きなんですよね。だからといって物珍しい話が次から次に頭に浮かぶっていうことはまるでないんですけど。
おそらくこんな類の話を書くのはこれ一回きりになるんじゃないかと思います。

瞼を閉じない新記録はあの見開く表情が出来る女優さんを見つけられたのが勝因だったかと。爺さんも結構なポイントになってました。
日本人一杯出てるから日本でも放映したらよかったのに…。わたしはよく知らないんですけど日本でも放送したのかな?

松崎しげるのチョコレートのはどうやら日本用のCMだったみたいですよ。わたしはかなりシュールな印象で観て面白かったです。
外国の人が観たらさらに分け分からなさが大爆発してるでしょうね。

この替え歌はYoutubeで発見した時大笑いしたので何らかの形で記事にして見たいなぁって思ってたものでした。音楽記事でどうやって絡めるか考えて、絡めようが無いって思って断念してたものです。
どうも10年位前にTVで放映されたものらしいんですが、どういう経緯でこんな歌が出来て本人が歌うようになったのかは、わたしには分からないです。
あの最後の笑顔が締めとして効いてるというか。良いですね(笑)

「クローバーフィールド」のほう、極端に長くなってますけどよろしくお願いしますね♪

コメントと応援、有難うございました☆
非公開コメント