【洋楽】我が耳に残るクリスマスソング

前回の記事も京都駅のクリスマスツリーで終わってることだし、繋がりも良いということで今の季節にぴったりなクリスマスソングの話題です。
去年もちょうど今くらいの時期にクリスマスソングの記事を一つ書いてます。それで今回もまた同じように、クリスマスソングの記事でも書こうかなと思いたちました。
そう思い立ってから今年はどういう曲が良いだろうと曲集めに思いを巡らせ始めたんですが、集め始めて程なくしてから、ちょっと困惑することに直面することになりました。
実は去年記事にしたクリスマスの曲はわたしが今まで耳にした曲の中では一番のお気に入りとそれに近いものばかりを集めていたんですが、この時に後先考えずにわたしにとってのベスト1級のものばかりを集めて記事にしたものだから、今年のこの記事にどんな曲を入れてみようかと思っていろいろ考えてみたら、去年のと重複しないような選択にすると、一番のお気に入りが何一つ入ってないクリスマス・ソング集になりかねないって云うことに気づいたんですよね。クリスマスソングなんてそうそう毎年大量に新曲が出てくるわけでもないから、年毎にお気に入りが変わる可能性もまずないと。
お気に入りの入ってないクリスマスソング集を記事にしても面白くないなぁって思って、それでしばらく考えてました。
結局、お気に入りはお気に入りとしてまた記事に入れてしまうしか方法はないと開き直って、今回の記事にも去年の選曲の一部を組み入れることに決定。一応アレンジ違いのものを選んだものの、去年わたしの記事を読んでくれた人には同じ曲がいくつか並んでしまうことになりました。

どんな曲が良いか選んでいて思ったのは、これもまた去年に同じようなことを書いてるんですけど、「ホワイトクリスマス」だとか「ジングルベル」だとか「サンタが町にやってくる」だとか、ポピュラー的なクリスマスソングよりも、やっぱりどちらかというと賛美歌、あるいは賛美歌のような響きを持ってる曲のほうが好みに合ってるかなということ。だからといって別に教会に足繁く通ってるわけでもないんですけどね。でもなぜかこういう響きに心惹かれるところがあります。


☆ ☆ ☆

☆ El noi de la mare ☆





ということでトップバッターは去年と同じ、去年はセゴビアのギター演奏バージョンをアップした「聖母の御子」です。今回の最初のほうはJean-Felix LalanneとMuriel Andersonのデュエットによる同じくギター演奏。下のほうはこの曲のコーラスバージョンがあったのでアップしてみました。
Jean-Felix LalanneとMuriel Andersonのギターのほうはウディ・アレンの2008年の映画「Vicky Cristina Barcelona(邦題 それでも恋するバルセロナ)」の挿入曲としても使われてます。

スペインのカタロニア地方に伝わる古い歌で一般的にはカタロニアのギタリスト、ミゲル・リョベートがギター演奏用に編曲したカタロニア民謡集の中の一曲として知られてます。そしてこの曲はクリスマスキャロルとして良く歌われる曲の一つでもあります。
素朴なんだけどそのシンプルな旋律が含み持ってる和声の動きがことのほか綺麗な曲という印象で、わたしはこの曲のそういうところが大好き。
コーラスのものは他にもいくつか聴いてみたんですが、後半の下降していく旋律部分はなぜか歌の旋律の中には含まれてないんですよね。どうしてなのか分からないけど、この後半部分の旋律が結構好きなので、それを欠いたコーラスバージョンは若干物足りないところがあります。


一応探せるものはCDの情報も置いておきます。

DuetDuet
(1999/04/06)
Muriel Anderson & Lalanne

商品詳細を見る


それでも恋するバルセロナ オリジナル・サウンドトラックそれでも恋するバルセロナ オリジナル・サウンドトラック
(2009/05/27)
サントラビエル・バレスター・トリオ

商品詳細を見る




☆ It Came Upon The Midnight Clear ☆



賛美歌114番「あめなる神には」という邦題がついてるクリスマスキャロル。
アメリカ産の賛美歌で1850年に音楽家Richard Storrs Willisの手によって作曲されてます。この曲は一風変わった特徴があって、同じタイトルではあってもイギリスで歌われてるものはメロディが異なってるんですね。アメリカのクリスマスキャロルなんかに負けていられるかというような対抗意識でもあったのか、イギリスのこの曲はイギリス本国にある昔からのクリスマスキャロルを作曲家Arthur S. Sullivanが編曲した旋律に乗せて歌われてます。ちなみにこの人は劇作家William S. Gilbertと組んで数々のオペレッタを世に送り出したことで有名な人。ギルバート・アンド・サリヴァンのサリヴァンさんです。
だからこの曲に関しては同じタイトルだからと聴いてみればぜんぜん違う讃美歌が出てくることがあって、おそらくそれがイギリスバージョンなんでしょうけど、わたしの聴く限りでは曲の出来はアメリカ版のこの旋律のほうが圧倒的に良いです。
去年はイーディ・ゴーメが歌ってるものを取り上げました。イーディ・ゴーメらしい非常に伸びやかでつやのある気持ちのいい声で歌われていて、いつもながらの歌の上手さが際立ってるような仕上がりのものでした。この曲はわたしにとってはイーディ・ゴーメのものがベストという扱いになってます。ちなみに「~That glorious song of old」の部分のEm→A7→Am7→D7っていう和声の動き(おそらくこれで間違ってないと思うけど)に乗って伸びていくゴーメの歌声がわたしにとってのツボをつかれたちょっとしたポイントだったりします。
今回アップしたのはイーディ・ゴーメのものとは完全に曲調を変えて、マヘリア・ジャクソンのゴスペル・バージョンです。心に直接切り込んでくるように歌われる、こういうソウルフルな形もまた聴き応えがあっていい感じです。
ちなみに1991年の映画「A Midnight Clear 邦題:真夜中の戦場」でかなり印象を違える編曲を施されてこの曲が使われてます。わたしはこれも聴いたことがあるんですけど、編曲者が映画の意図に合わせすぎてるようであまり好きな感じではなかったです。


Christmas with MahaliaChristmas with Mahalia
(1990/07/16)
Mahalia Jackson

商品詳細を見る


このCDは今のところ入手不可。同タイトルのジャケット違いのものがあるんですが、トラックリストが無かったために同じ内容なのか確認できませんでした。



☆ Christmas Time is Here ☆



「PENUTS」の1965年の初アニメ映画「A CHARLIE BROWN CHRISTMAS (邦題 スヌーピーのメリー・クリスマス)」に出てくる曲です。このアニメが成功したおかげで「PENUTS」はTVシリーズ化されることになって、スヌーピーなどのキャラクターが広く知られるきっかけになったそうです。作曲と演奏をしてるのはジャズ・ピアニストVince Guaraldi。
この子供の歌声を使ったボーカル・バージョンはアニメに使われてたものです。後にスタンダード曲になっていろんなミュージシャンがカバーすることになるんですけど、この子供の奇をてらわない素朴な歌声が何だかこの曲には一番あってるような気がします。
わたしはこの曲を聴くと静かに降り積もる雪の光景を思い浮かべたりします。内省的な雰囲気も少しあるような曲ですが、歌詞の内容は意外にもクリスマスの楽しさ、幸福感について歌ってるんですよね。



A Charlie Brown ChristmasA Charlie Brown Christmas
(2006/10/10)
Vince Guaraldi

商品詳細を見る




☆ In the Bleak Midwinter ☆



邦題は讃美歌468番 「木枯らしの風 ほえたけり」
先にも書いたようにキリスト教徒でもなんでもないわたしの胸の奥にまで、どうしてこれほど迫ってくるものがあるのかと思うくらいに清廉で美しく、教会という空間で歌われることがこれほどふさわしいものもあまりないのではないかと思わせるような曲。
波乱万丈の展開でこちらの感覚を翻弄するでもなく、どちらかといえば訥々と語りかけるような曲調なんですが、むしろそういうシンプルさを持ち合わせてることが胸に迫るような感情を徐々に引き出してくる要因になってる気がします。
桂冠詩人Christina G. Rossettiが書いた詩に、後になってイギリスを代表する作曲家のひとりGustav Holstが曲を作るという形で成立したイギリスの賛美歌。作曲年は1905年というから、現代の賛美歌という扱いになるんでしょうね。
ちなみにこのGustav Holstはあの「惑星」の作曲家のホルストでもあります。「惑星」のなかの一曲「木星」を何年か前に平原綾香が歌にしてました。これも優れて美しい旋律を持った曲でした。

こういう旋律をもってる曲だからなのか、他にもクロスオーバー系の歌手、サラ・ブライトマン、とかケルティっク・ウーマンとか、IL DIVOとか、けっこう大勢のミュージシャンが取り上げたりしてるようです。わたしはシセルが客演して歌ったアルバム「Spirit of the Season」に入っていたバージョンも結構お気に入り。ただアルバム自体はクリスマスアルバムではあるんですけどかなり宗教よりの感じで、単なるクリスマスソング集として聴こうとすると結構違和感があるものでした。良かったのはこれと「Lux Aurumque」くらいかな。

この曲は映画のほうでは1995年の映画「 In the Bleak Midwinter (邦題 世にも憂鬱なハムレットたち)」というのに使われたことがあります。映画のタイトルは曲のタイトルそのままですね。


Gloucester Cathedral Choir(グロスター大聖堂聖歌隊)の「Christmas Carols」というCDが以前にリリースされてましたが、現在は入手不可。



☆ All I want for Christmas is you ☆



趣向を変えてボッサ・アレンジのクリスマスソング。曲はマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」のカバーです。
2006年ごろに発売された「Christmas In Bossa」というコンピレーションCDに収録されてました。リオのレーベル「ALBATROZ MUSIC」から「~ In Bossa」って云うタイトルの、ジャンルを決めてそのジャンルの曲を全部ボサノヴァにしてしまうCDがいくつかリリースされていて、これはその中の1枚。
全曲本場ブラジルのミュージシャンが演奏していて、この曲を歌ってるのはマルセラ・マンガベイラ (Marcela Mangabeira)という人。実はこの歌手のことはわたしは良く知りません。どうやらボサノヴァの創世期に重要な役割を果たし、のちにプロデューサーになったロベルト・メネスカル(Roberto Menescal)の娘らしいって云うことくらい。アルバトロスというレーベルがメネスカルのレーベルだから、マンガベイラはこのレーベルの歌姫的な扱いのようです。


クリスマス・イン・ボッサクリスマス・イン・ボッサ
(2006/11/15)
オムニバスセシリア・デイル

商品詳細を見る




☆ White Christmas ☆



もう一曲ボッサ・アレンジのクリスマスソング、こちらは歌ってるのは小野リサです。
曲のほうはもう誰もが知ってるクリスマスの代表的な曲ですね。
一応補足的に書いておくと、ジョージ・ガーシュイン(George Gershwin)にアメリカのシューベルトと云わしめた作曲家アーヴィング・バーリン(Irving Berlin)の作。
曲の初出は1942年公開の映画「スイング・ホテル」で、ビング・クロスビーが歌ったもの。これが大ヒットしてのちにクリスマスソングのスタンダードになっていくわけです。1954年に「ホワイトクリスマス」っていうそのままのタイトルで映画はリメイクされて、この映画の主題歌としても使われました。
アーヴィング・バーリンといえばアメリカのポピュラーソングの創始者のような人です。「God Bless America」の作者でもあるから、アメリカ人でこの人を知らない人はいないんじゃないかと思います。アーヴィング・バーリンの曲だとわたしは「All Alone」なんかが好きかな。セロニアス・モンクが「セロニアス・ヒムセルフ」で弾いてたリリカルなソロ・ピアノ版を良く聴いてました。

マンガベイラの曲もこちらも冬の曲なのにボッサ・アレンジはほとんど違和感が無いです。むしろ冬のイメージの曲に南の国の温かい風が吹き込んで、気候的にちょうど良くなってるような感じさえします。
暖かくした部屋でリラックスして過ごすクリスマスって云うイメージになるのかな。ゆったりと流れる時間に耳をゆだねるのは、なかなか心地良いです。小野リサは声質もハートウォームな印象で、こういうアレンジには良く合ってると思います。


BOAS FESTASBOAS FESTAS
(2000/11/16)
小野リサ

商品詳細を見る


小野リサのクリスマス・アルバム。現在はamazonでは入手不可。
同じ内容のCDは別ジャケットで再販されていてそちらで利用できるんですけど、再販されたのはただの白っぽいだけのジャケットでつまらないです。



☆  Lux Aurumque ☆



去年のクリスマスソングのなかに、現代音楽の作曲家パトリック・ホーズ(Patrick Hawes)の「Quanta Qualia」って云う曲を入れておいたんですが、今回も同じような枠組みで一曲入れておきます。

エリック・ウィテカー(Eric Whitacre)作曲の合唱曲「Lux Aurumque」。

原題はラテン語で「黄金の光(Light of Gold)」という意味だそうです。「In the Bleak Midwinter」のことを書いてる中にシセルの客演アルバムで良かったとあげたもう一つの曲がこれです。
エリック・ウィテカーは70年の生まれというからまさに同時代をともに生きてる作曲家と云えるでしょう。現在は主に吹奏楽と合唱曲の作曲家として名前を知られています。
現代音楽の作曲家だしラテン語のタイトルがついた曲なんていうのもあるところから、若干面倒くさそうな印象も持つんですけど、ウィテカーは元々ロック好きだったらしくて、現代音楽的な範疇に入りそうにも無い「ラスベガスを喰い尽くすゴジラ (Godzilla Eats Las Vegas!)」っていうような妙なタイトルの曲も書いてます。

この曲の全体の印象は静謐でただひたすら美しい祈りの音楽といったようなものだと思いますけど、わたしがこの曲を聴いた時にさらに思ったのはそういう美しさと同時に、随分と音響的な作り方をしてる合唱曲だなということでした。時間に沿って展開していく旋律というような通時的な要素と同じくらい、その場で同時に鳴り響いてる音の層といった共時的な要素のほうをかなり重点的に考えて作られてるとでもいうか。こういう部分が凄く面白いものとして印象に残りました。最後のほうで途切れ途切れに音の塊が現れては消えていくようなところ。この辺は聴いていて、かっこいいなぁなんて思ったりしました。
共時的な音作りという点では、この曲がどれだけの声部パートに分けられてるかは詳しくは知らないんですけど、大体ウィテカーの作る合唱曲は構造がきわめて細かく分割されていて、多い時では16声部くらいにもなる曲もあるらしいです。隣接した音を細かく重ねるトーン・クラスター(ある音からもう一つ別の音の間にあるすべての音を同時に鳴らすこと)技法を使って、そういう時の響きは斬新というかかなり異様な印象を与えてくるようになります。

トーン・クラスターを使った緊張感のある音と多層にわたるパートが作る飽和状態になったような音空間、こういうのが美しい祈りの音楽と撚り合わされてウィテカーのかなり特異な音楽が姿を現すことになるんだと思いますが、こういう音楽って、その充満する音の海に聴感覚をゆだねてしまえば簡単にトリップできそうな感じがしますね。あるいはウィテカーの音楽を聴くことでトリップ感覚の擬似的な体験に近いようなものを感じ取れるっていうか。
もしも60年代後半にこの音楽が存在してたなら、キューブリックは確実に「2001年」で使ってたんじゃないかっていうことも思ったりしました。宇宙空間の絶対的な孤独とか、ボーマン船長が潜り抜けていくスターゲイトコリドーのシーンとかものすごく親和性がありそうです。


Eric Whitacre: The Complete A Cappella Works, 1991-2001Eric Whitacre: The Complete A Cappella Works, 1991-2001
(2003/04/29)
不明

商品詳細を見る


わたしが聴いてるのはこのアルバムなんですけど、amazonではどうやらこれも廃盤のようです。
マーケットプレイスのほうで出てるのは、2009年のこの時期、かなりのプレミアがついてますね。



☆ Auld Lang Syne ☆



この曲はたまにクリスマスソング集に入ってるのをみかけるものの、ほとんどクリスマスソングって云う印象はないです。
どちらかといえば聴いてしまうとクリスマスどころか一気に年末まで時間が飛んでしまうような曲です。でもYoutubeを漁っていてシセルが歌ってるのを見つけたものだから、クリスマスソングを探すという目的をそっちのけにして聴きほれてしまいました。その結実として、まぁわたしが好きな曲というだけの理由でここに入れてみたわけです。あえて日本語の題名は出しませんけど、赤ん坊、幼児を除いておそらく日本中の人が必ず耳にした事のある曲のはずです。
元々はスコットランドの古い歌、内容は古い友達と再会して、過ぎ去った懐かしい日々にともに乾杯するっていうような内容だったと思います。ここでは2番以降、シセルはおそらく母国のノルウェー語?だと思うんですが、自分の存在根拠を託してる言葉で歌ってます。そういう言葉で歌うのがふさわしい曲でもあります。

ということで、最後は年末に飛んでいってしまいましたが、2009年のクリスマス・ソング集でした。楽しめました?

では、メリー・クリスマス!です。



最後まで読んでくださってありがとう御座いました。
ランキングに参加中!良かったら応援お願いします〈(_ _*)〉"ペコッ

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんはv-85

うふふ・・・薄荷ちゃん、讃美歌好きだものね♪
わたくし、上の讃美歌グループなら、やはりマヘリア・ジャクソンのゴスペル・バージョンかしらね^^
聖なる夜の神聖さを醸し出しながらもソウルフルな感じが性に合うというか・・・(笑)
でも、今回はボザノヴァで攻めて来ているので、そちらで行こうと思います。

何度も言ってると思うけど(笑)、わたくし「女性シンガー」のアルバムってほとんど聴かないのよね。
でも、小野リサさんは所有しております^^
とはいえ、ずいぶん前のアルバム「ミニーナ」だけなんだけどね!
彼女の歌声は何とも言えぬ優しさがあるでしょ? 聴いてて心地いいのよね。
コレは、今回アップされてるマルセラ・マンガベイラにも言える事だわね。
ちょっとフィルターがかかってるようなハスキー声というか・・・
ボサノヴァってさ、基本バックの演奏の音が素朴な事が多いから、あんまりキーンとした前に出る声だと雰囲気が台無しになるのかしらね?(笑)
こんな感じの声の人が多いように思います。

それから・・・マルセラさんの曲のギターの感じが何となく「シュガー・ベイブ」っぽくていいなぁ~・・・と思いました^^

チョット早いけど・・・メリー・クリスマス♪

No title

お久しぶりです orz
毎度のことながら、情報量がすごいです!
感心してしまいます。
小野リサファンですが、クリスマス・アルバムを出していたのは知りませんでした ^o^;
ここ数年は特にCDよりもっぱらラジオ!
クリスマスソングもラジオ任せ、でも、これがたまに聞いたことのないものも流れるので面白いです。

ゴスペル♪

ゴスペルは、四年ほど前のクリスマスにお友達にさそわれて教会でのコンサートを聴きにいきました。
100人位の人たちが自由に楽しそうに歌っている様子に感動して鳥肌がたったことを覚えています。
思わず涙もあふれてきました。

その後、ゴスペルの一日体験レッスンに行ったんですよ。
英語の歌を歌えるのか不安でしたが、意外と歌にすると覚えられるものなんですね^^
レッスンの最後にみんなで歌い終わったあとは、自分達で喜びの拍手をして盛り上がりました(^^)

薄荷グリーンさんが紹介してくださったゴスペルはこのブログに遊びに来るたびに何曲か聴かせていただきます♪
先ほど、一番最初の曲を聴きながらコーヒーをゆっくりと飲みました。

薄荷グリーンさんありがとう♪
少し早めだけど、メリー・クリスマスv-255

No title

不景気なローカル地方
街に出てもクリスマスソングは聞こえてこない
寂しいね
どんだけ~
ってくらい吹雪いているので
雪かきやめた
耳に残ってるクリスマスソングは
さ~いれんと~な~い♪だし~爆

ともさんへ

ともさん、こんばんは!

賛美歌、妙に好きなんですよね♪
子供の時に住んでた場所の近くに教会があって、そこの子供と仲良しだったんです。
それが好きになるきっかけとは云わないですけど、どこか身近になるものがあったんじゃないかと思ってます。
マヘリア・ジャクソンが気に入るだろうなって思ってました。ソウルっぽい歌の話しをいつも結構してますものね。

「ミニーナ」は結構古いアルバムですね。10年位前かな?サンバとか入って結構元気な印象のCDじゃなかったかと思います。
記事にも書いたけどハート・ウォームというかベルベットみたいな感触の声で心地いいですね。
ボサノヴァにはぴったりの声だし、マンガベイラが似たタイプの声質とするなら、ひょっとしたらブラジルで生活してるとこういう声になってきたりするのかもしれませんよ。
それとブラジルのこういう類の歌手の場合は歌が上手いとかどうとかいうよりも遥か以前に、声質を気に入ってしまうかどうかで価値が決まってしまうようなところがありそうに思えませんか?

云われてみれば確かに「シュガー・ベイブ」っぽいです(^^;
どこがどうだから似てるってとっさには云えないんですけど。
おしゃれっぽいっていうような感覚で共通してるみたいですね。

コメント有難うございました☆ 

No title

In the Bleak Midwinter
って初めて聞きましたけど、薄荷グリーンさんのおっしゃるように神々しい感じですね。
浮かれたクリスマス気分ではない、クリスマスソングで
「こういうのも悪くないなぁ」
って思いました。
熱心なクリスチャンの人たちにとっては、大切な日ですものね!

最後の曲が一番耳に馴染んでいて、くつろいで聞けましたけど・・・(笑)
この曲の日本語の歌詞が大好きです。

No title

こんばんは。

ん~、静粛な気分になりました。
普段、俗世間にどっぷり漬かったような音楽ばかりに固執している私は心が洗われるようです^^
まあ、ゴスペルのやつくらいですかね、私のところの範疇かなと思えるのは(笑)
ただ、一番気を引かれたのは、「PENUTS」のアニメで使われたという曲。
このメロディーは秀逸、素晴らしいと思いました。
こういう曲を子供に聞かせる向こうの文化って・・・奥深いものを感じます。

AquaSunネットサービス ブログさんへ

AquaSunネットサービス ブログさん、こんばんは!

ご無沙汰してます。お元気でしたか?

何だかこういうことも書いておいたほうが良いかなとか思って付け足したりしてるうちにこんな形になってしまいます。
データ的なものよりも読んで面白いようなものが書きたいんですけど、なかなか難しいですね。情報で煙に巻いてるところがあるかもしれないって思うこともあります。

小野リサの歌、お好きなんですか?じゃぁボサノヴァも嫌いじゃないってことですよね。
クリスマスアルバムはこれともう一枚続編のようなのがリリースされてますよ。

ラジオ良いですね。CDだけだと自分の聴いてるものが本当に狭くなってくるのが分かるし、聴いたことないような曲を聴けるのは凄い魅力的ですね。
実際のCDショップでいろいろ試聴したりして範囲を広げようとするんですけど、結構な限界があるし、いろんな思いもかけない音楽を知ることができるラジオって結構魅力的なアイテムなんじゃないかと思います。

コメント有難うございました☆

りい子☆さんへ

りい子☆さん、こんばんは!

実際に、しかもコンサート会場ではなくて、一番ふさわしい教会で生のゴスペルをお聴きになったんですか!?
100人っていったら凄い迫力だったでしょう。

実際に自分で歌ってみるところまで進んでみるというのも、たとえ歌に感動したとはいえ、そこまで積極的に出られる人は、やっぱり多くないだろうと思います。わたしは楽器は弾いた事はあるので、一緒になって音楽をやる楽しさのようなものは良く分かるつもりです。

今回は静かにリラックスしてクリスマスを過ごせるような曲を集めた形になってますけど、こういうのは音楽の好みに入ってましたか?
派手な曲は選んでないし、ちょっと物足りないかも知れないって思ってたんですが、楽しんで聴いてもらえたら凄くうれしいです♪

コメント有難うございました☆

みゆきママちゃんさんへ

みゆきママちゃんさん、おはようございます!

ブログにアップしてあった写真を見ましたけど、凄い雪が降ってるんですね。
雪かきしてるその足元に雪が積もっていったら、きっと徒労感に襲われるだろうから止めてしまってわたしも正解だと思いますよ。

そういえばクリスマスソングはこの記事書くのに嫌って云うほど聴いた以外は、わたしも今年はあまり聴いてないかも。やっぱり不況のせいでしょうか。
活気を出すためにこういう時にこそ大音響で鳴らしてもいいと思うんですけど、そういうことをやってみる気力さも減退してる状況なのかもしれませんね。
12月にはきっちりとクリスマス音楽があふれてるような街にいつか戻ってくれれば良いですね。

タイトルの「我が耳に残るクリスマスソング」って、実はクリスティーナ・リッチ主演の映画「耳に残るは君の歌声」って云うのを拝借してかっこよく作ろうと思いながら、全然形にならなかったタイトルでした。
「サイレントナイト」はちょっと聴いただけでクリスマスの光景が一気に頭に広がるような凄くいい曲だと思いますよ。

コメント有難うございました☆

No title

もー、クリスマスなんですね。
年を重ねるごとに、時間の感覚が加速していくような気がします。

それにしても、綺麗な曲ばかりですね。
ポップミュージックしか聴かない私にはとても新鮮でした。
ついつい長居をしてしまいました。。

こちくんさんへ

こんにちは!

「In the Bleak Midwinter」良かったですか。
実はこの曲、今回の記事の賛美歌では一押しの曲扱いだったんですよね。
何だか祈りそのものという感情が呼び起こされるような感じで、わたしも凄い好きな曲です。
お祭り的なクリスマスも良いんですけど、こういうのに接するのもちょっと新鮮な気分になるんじゃないかと思います。

最後の曲は、あえて曲名を書かなかったんですけど、あの説明だけで曲の想像ができましたか(^^
実際に再生した時に意外なものが出てきたような効果があったら目論見どおりだったんですけどね。
わたしはこの曲大好きです。使われ方のせいで歌う場面が若干決まってしまったような印象があったとしても、いつでも聴いていたいという曲です。
わたしも日本語の歌詞好きですよ。

コメント有難うございました☆

No title

こんばんは

久々に聴く賛美歌に昔の事を思い出しました。
小学校はカトリック系の学校に通っておりまして、宗教の時間や事あるごとに賛美歌を歌ってました。
今では歌う事も聴く事も全く無いのでどんな曲を歌っていたか記憶はありませんが、荘厳な音楽を聴き改めて心が洗われます。

小野リサのやさしくもあり、おだやかな歌声はボサノヴァ自体がそうであるとはいえ、ゆったりとした気持ちになれました。

とはいえ今回の中で1曲目のJean-Felix LalanneとMuriel Andersonのギターの音色にはかなり惹かれますね!

師走で何かと忙しく殺伐とした雰囲気のなか、とってもゆっくりした時間をすごせてよかったです。

有難う御座いました。

ジオヤーさんへ

ジオヤーさん、こんばんは!

たまにはこういうのも気分が変わっていいでしょ。
マヘリア・ジャクソンはソウルとゴスペルで若干違いはあるにしても、ジオヤーさんのところに一番近いとは思ってました。

「PENUTS」はこれ本当に全編、ジャズのピアノ・トリオの演奏なんですよね。
アルバムのほうはしゃれたピアノ・トリオのクリスマスソング集としても聴けるようになってます。
アニメでこういう曲を使えるっていう感覚はしゃれてますね。登場キャラクターの子供たちに大人の社会を観察するどこかスレたような、大人びた感じがあるから、アニメのほうでもこういう曲を受け入れられる余地があったんだと思うんですけど、本当に全然違和感ないです。
日本のものはまた別に音楽的にはそれほど酷いとも思わないんですけど、全部のアニメを見たわけでは当然ないにしても、こんな形でジャズが合うような子供のキャラクターが出てきたことはおそらくないんじゃないかと思います。
日本でもジャズが似合うアニメができて普通に子供たちが楽しめたら面白いことになるかもしれませんね。

コメント有難うございました☆

westさんへ

westさん、こんばんは!

わたしも時間が経つのは早くなってます。クリスマスの後も今年の終わりまできっと凄く早く経っていくと思います。
意図して入れたわけではないんですけど、最後に入れた曲が何だかそういう感慨を背負ってるような感じに見えてきますね。

ポップミュージックも良いんですけど、たまにはこういうのもある意味新鮮で良いでしょ。
わたしは綺麗な旋律っていうのも、ラテン・パーカッションなんかとと同じくらい好きなんですよね。
年末の気忙しい時にちょっと休憩いれるようなひと時になったでしょうか。

コメント有難うございました☆

No title

もうすぐクリスマスねーーーーーv-238

みんな素敵な音楽ですねーーー。

なな的にはマライヤキャリーの曲がやっぱり好きですぅぅ。v-238

桃太郎さんへ

桃太郎さん、こんにちは!

カトリック系の学校に通っていらっしゃったんですか。ひょっとしたらこの曲も歌ってたかもしれませんね。
クリスマスを一々宗教的に考える日本人はあまりいないと思うんですが、わたしも含めてそういうスタンスであっても賛美歌は荘厳な雰囲気とか敬虔な気分とかを上手く伝えてきますよね。

わたしの中ではクリスマスって騒ぎまくるというイメージじゃなくてどちらかというと静かにすごすイメージのほうが強いので、ボサノヴァはクリスマスソングとは意外とよく合うって云う感じです。結構リズミカルに演奏しても寛ぎ感は失われないんじゃないかと思うし、そういう意味では不思議な音楽って云えるかもしれないです。

ギターの音色良かったですか!
ギター2本だけのデュエットなのに結構豊かな音空間を作っていたのが良かったです。後半のようなアレンジでこの曲を聴いたのはわたしはこれが初めてでそういう意味でも興味深い演奏でした。でも片方のギターの音は生ギターの音なのかなぁ?

年末いろいろと気忙しいと思いますけど、お互い何とか乗り切っていきましょう♪

コメント有難うございました☆

ななさんへ

ななさん、こんにちは!

もうすぐクリスマスですね♪
何か楽しい予定でも既に組んであるんでしょうか。

賛美歌とか違和感なかったですか?
わたしはクリスマスって思い浮かべるとこういう音楽のほうが先に出てくるので、そういうのを並べてみたんですけど、楽しんでもらえたなら良かったです。

マライア・キャリー良いですよね。元の曲はもっと勢いがあってカラフルな歌ですけど、意外とボサノヴァアレンジが決まってるというか。
こういうスムーズなのもまた別の味わいがあって楽しいです。

コメント有難うございました☆

我が耳に残るクリスマスソング

なるほど、クリスマスソングについて、こんな切り口もあったんですね。
興味深く読ませていただきました。

私は、月並みですが「ホワイトクリスマス」が好きです。
小野リサ、ブラジル生まれだけあって、ボサノバのリズムへの
ノリが身についていてすてきです。

茶々さんへ

茶々さん、こんばんは!

記事のタイトルがある映画の題をもじってつけようとしてあまり上手くいかなかったものだから、実際にはそれほどしっかりしたコンセプトでもなかったんですけどね(^^;
自分のブログなんだから、誰に遠慮する必要もなく、自分が気に入ったものを取り上げればいいっていう感じで曲を選んでみました。

ボサノヴァ良かったですか。小野リサはブラジルに住んでたことで、こういうノリも体で覚えてしまってるようなところがあるかもしれませんね。
この歌は英語ですけど、こういうノリの良さに関しては小野リサがポルトガル語を喋れるっていうのが最大の強みじゃないかと思います。ポルトガル語の響きやイントネーションやリズムはボサノヴァの中にもボサノヴァを特徴付けるようなものとして絶対に刻み込まれてると思いますから。

それにしてもクリスマスの音楽なのにボサノヴァが良く合うのは結構意外じゃなかったですか?

コメント有難うございました☆

No title

メリークリスマス!
私は特別にクリスマスソングって聞かないんだけど
(エンヤとかは聴きたくなるけど)
素敵な曲が沢山あるんですね。
紹介頂いた数々、聞いたことのないものばかりで・・・
でもとても気に入りました(笑)

素敵なクリスマスをお過ごし下さいね~v-238

ROUGEさんへ

ROUGEさん、こんばんは!

そして、メリークリスマス!

わたしもそれほどクリスマスソングに拘って聴いたことはないです。だから普通のクリスマスソングにほとんど思い入れがなくて、ここに集めたような曲のほうに関心が行ってしまうのかもしれないです。
わりと旋律感があるもの、微妙に移ろっていくような和音の色彩感といったものが結構好きなんですよね。それかラテンものみたいに狂騒的なパーカッションで煽り立てるようなもの。クリスマスソングは旋律感のほうの好みがよく出てきてるようです。
気に入ってもらえてよかったです♪

ROUGEさんも素敵なイヴをお過ごしくださいね♪

コメント有難うございました☆

No title

うふふふふ。
きもいと思うけど。賛美歌歌えます(爆)
それもなぜかラテン語。(あ、日本語以外は話せないですw)

凸ヘ(・´`U

一花さんへ

一花さん、こんばんは!

ラテン語で賛美歌ですか!?それは凄い(」゚ロ゚)」オオォォ!!
きもくは無いですけど、普通に考えてそういううことができる人って日常生活の中ではまず出会わないから、意表をつかれる特技ではありますよね。
本格的な聖歌隊に入ってたとか、そういうことなんでしょうか。
何だか一花さんがものすごくミステリアスな人のように思えてきました(^^

コメント有難うございました☆

No title

あはは。簡単な理由でございまして・・・
学校がキリスト教の学校だったので賛美歌とかが
ラテン語なんですわ。

銀座のママやらライターやら賛美歌やら・・・
私ってなんか人生間違えてるかも(爆)

凸ヘ(・´`U

一花さんへ

こんばんは!

それにしてもやっぱりラテン語は強烈かな(^^;
わたしはキリスト教の学校には行ったこと無いので分からないんですけど
たとえ学校であっても、賛美歌はラテン語で歌うのが基本っていうことですか。

ラテン語で賛美歌が歌えることが役に立つかどうかはとりあえず別の場所においておくとして、
いろんなことを経験されて人として多面的であるのは絶対に良い事だと思いますよ。

とはいうものの、ラテン語で賛美歌を歌う銀座のママ!
イメージとしてはインパクトがあるでしょうね。

コメントと応援、有難うございました☆

No title

えへへ。私、よく「何をしてきたかわからん人間」(いや・・・良い意味ではないな)
と言われておりますm(_ _)m

年内は30日まで相方が仕事なんで、ずるずると・・・
あ~・・・でもうちの実家には帰るかもです。

薄荷グリーンさんはどうするのかしらん?


凸ヘ(・´`U

一花さんへ

こんばんは!

「何をしてきたか分からん人間」!しかもいい意味じゃない(笑)
でも何だかミステリアスで、どんな人なんだろうって興味をそそりますよ♪

年末年始は遠くに旅行に行くなんていうこともなくて、おそらく家に篭ってますから、31日頃でも割といつもと同じようにネットの中をうろうろしてるかもしれないです。
でもみんな出かけて休業してるとあまり面白くないかな。
ブログも大層な記事をアップするような予定は全然ないですけど、特にお休みにする気もないです。

No title

薄荷グリーンさん こんにちは(*^_^*)
薄荷グリーンさんは、音楽を紹介されると
いつも芸術的というか、文芸的に捉えているようで
さすがだな~って思います。
ジングルベルとか定番なのでしょうが、
讃美歌などの方が、本来の意味を持つと思います。

私は、高校がキリスト教だったので、毎年2日に渡り
クリスマス会があったのですが、ひたすら讃美歌を
三唱したり、聖書を読むと言ったクリスマス会^^;

あの頃は、とても眠くなる思いで過ごした2日間でした(笑)

今では、ポップアーティストからロックバンド・R&B
たくさんのアーティストがクリスマス・ソングを歌っています。

それは、聴き心地の良いクリスマス・ソングもありますし
ワクワクするようなクリスマス・ソングもありますね。

邦楽では、もっぱらクリスマス・ラブソングが多いなか
こうして聴くと、クリスマスの原点を感じます^^

ちょっと前、PC故障中でしたがクリスマスキャロルの映画も
観てきました。
幻想的で素晴らしい映画でしたが、深い意味を持つ
ファミリーでも楽しめるものでした^^

最近は、ハードワークでクリスマスも今年ほど、あっさり
過ごしてしまった年は無かったですが、こうして
もう一度、クリスマスを味わうことができました(^^)

今年も残りわずかになりましたね^^
いつも応援してくださり、時には素敵なコメントも残して
頂き本当にありがとうございました。

また来年も宜しくお願いします^^
では良い年をお迎えください(^_^)/

Lifeさんへ

Lifeさん、こんにちは!

実は正直に云うと、あまり大層なことを考えて選曲したわけではなかったです。
ポピュラー的なクリスマスソングは他のブログでも一杯アップされるだろうし、あまり他では聴けないと思ったものを単純に選んだだけだったりします。
基本的に賛美歌、と云うか賛美歌的な響きが好きだということもあって、去年もなんかこんな感じになってたんですが、クリスマスにかこつけて好きな曲を並べてるだけって云う風に見えない事もないです。

Lifeさんはキリスト教系の学校に通っていらしたんですか。わたしもミッション系ですがその系列の学校の出身なんですよ。
宗教的な行事を強要されたことはほとんどなかったので、賛美歌もあまり宗教の一環としてはわたしのなかでは定着しなかったようで、あくまでも響きとしての存在であり続けてるようです。

ポップソング的な意味合いではボサノヴァ・アレンジのものを入れてみたんですけど、後になってあれもあったこれもあったと思い出したものも多く、もうちょっと選びようがあったかなと思ってます。クリスマスソングって穏やかなものからうきうきするようなものまでポップソングでは意外とヴァラエティに富んでいて面白いですよね。

映画の「クリスマス・キャロル」!今回ちょっと調べ物をしようとネットでこの言葉で検索をかけたら、やたらとこの映画が引っかかってきて閉口しました(^^;
これは確かディケンズのものが原作なんですよね。この時期ファミリーで楽しめる映画っていうのは良いですね。

今年はこちらこそ本当にお世話になりました。いつもコメントを残していただいて感謝してます。
また来年もよろしくお願いします。
Lifeさんも良いお年をお迎えくださいね♪

よいお年を!

お気に入りのクリスマスソングが被る。。
確かにそうですよね。。

なにはともあれ、今年1年、お世話になりました。
薄荷さんにとって、2010年が良き年でありますように祈ってます。
来年もよろしくおねがいします。

No title

今年最後の訪問です(^^)

今年は本当にお世話になりました(^^)

来年もよろしくお願いいたします<(_ _)>

それでは、良いお年を!

No title

こんにちは!ご無沙汰しております。

すっかりクリスマス過ぎてのお邪魔となりました~。
でも今回紹介頂いた音楽はこの年末しかも大晦日に聴いてもいい感じですね。季節感のない自分だからかもしれませんが(笑;)。

今年もいろいろとお世話になりました。来年も楽しい年になるといいですね。

それでは良い新年をお迎え下さい♪

今年最後のガツンと応援♪

修一さんへ

修一さん、こんばんは!

音楽の趣味的に一致する部分が多かったですか。
ポピュラーなクリスマスソングもいいですけど、こういうのも良いですよね。

わたしのほうも今年はいろいろとお世話になって、有難うございました。
来年もまたよろしくお願いします。
来年がいい年になると良いですね(^ω^)

桃次郎さんへ

桃次郎さん、こんばんは!

こちらこそ今年一年お世話になって、とても感謝してます。有難うございました。
来年も今年同様よろしくお願いしますね。

桃次郎さんも良いお年を~☆

umetramanさんへ

umetramanさん、こんばんは!お久しぶりです。

結構クリスマスにかこつけて好きな曲を選んでるところもあるので、案外クリスマス以外の時に聴いても思ったほど違和感がないかもしれないですよ。
大晦日用の曲もひそかに仕込んでありますし、今日にぴったりなところも用意してあります(^^;

こちらこそいろいろお世話になって感謝してます。本当に有難うございました。
来年もまたよろしくお願いします。
umetramanさんも良いお年をお迎えください♪
来年も楽しいブログを展開できたら良いですね。

No title

小野リサの「ホワイトクリスマス」★
ステキですね~~。
賛美歌もこころ安らぎます。

今年ももうすぐ終わりを告げようとしていますね。
心穏やかに来る年を迎えられる、そんな気持ちです。

今年いろいろありがとう。
感謝です。

よいお年を♪

さくらさんへ

さくらさん、こんばんは!

最後の曲がここに来て効いてきたと、そんな感じがしませんか。
年末に讃美歌を聴くっていうのは穏やかに年を越せて、これはこれでいい感じかもしれませんね。

本当にもうすぐ今年が終わってしまいます。
わたしの方こそいろいろと有難うございました。
来年もまた今年同様によろしくお願いしますね。

さくらさんも良いお年を~☆。
非公開コメント