【京都】MORRIS CAFEでひと休み

12日の水曜日、BALのジュンク堂へ本を漁りに行った折、BAL8階にあるMORRIS CAFEで休憩がてらランチを食べてきました。
BALというのは河原町の三条を少し下ったところにあるファッションビルのこと。京都に出来たのはおそらく70年代の頃だと思います。以前に美術手帳の60年代から70年代にかけてのバックナンバーを古書で集めてたことがあって、その時にその頃に出た美術手帳のニュース欄で京都にBALという新しいファッションビルが出来たという記事を読んだような記憶があるんですね。
80年代中期頃にデザイナーズブランドが興隆を極めていた時はここも全館デザイナーズブランドで占められてるような状態でした。でもデザイナーズブランドが下火になるにつれ色々と様相を変化させながら、今は少数のファッションブランドや雑貨店以外はジュンク堂書店と無印良品が各フロアの大半を占めるようなビルになってます。
わたしは本を買う時は大型書店だと京都駅前の百貨店プラッツに旭屋書店が入った頃からそこで買うことが多かったので、しばらく河原町辺りで本を買うことは無かったんですが、2007年にプラッツが閉店して以降、BALにジュンク堂が入ってからは本を買うのはほとんどここになってしまってます。河原町周辺は古書店も含めて駸々堂書店、京都書院、オーム社、海南堂など昔は結構本屋が多かったのに、今ではどこもかしこも潰れてしまって全滅状態、残ってる大型書店はこのBALのジュンク堂と以前は松竹座で今はムービックス京都の別館に入ってる紀伊国屋書店くらいといってもいいような状況になってます。文化都市を名乗るにはいささか情けない状態ですね。

ウサギが誘う街角

BALのジュンク堂は5階から8階の4フロアに、最近になって地下一階に増設されたコミック専門フロアをあわせて、BALの中では5階分を占有しています。
BALに来た時に何か食事をする場合は以前は大抵地下2階のMuji Mealだったんですが、ここはちょっと飽きてきて食事自体をBALで済ますって云うことはこの何年かはやってませんでした。
それで12日の水曜日、本棚眺めすぎて疲れてきたからなのか、お腹も減ってきたしちょっと休憩したくなって久しぶりにBALで何か食べようという気になりました。Mujiは飽きてるので今回はパス。8階最上階のジュンク堂のフロアにMORRIS CAFEという食事も出来るところがあるのでそこで休憩することにしました。

8階は美術書やアート関連の書籍が置いてあるフロア。5階の文庫なんかが置いてあるフロアと違ってここはそれほどお客さんが上がってきません。MORRIS CAFEはこういう割と静かなフロアの一角にあります。大きなガラス窓でジュンク堂から仕切られていて、外から眺めてるとアンティーク風のテーブルが空間を置いてゆったりと配置されている、お洒落で本屋に相応しいような広い静かな空間の店という感じ。

MORRIS CAFE 01

外からも写真を撮ってくれば良かったんですけど、すっかり忘れてました。これは店内に入って中から見渡したもの。ガラス窓の向こうに見えるのがジュンク堂8階の美術書のフロアです。
外に面した窓からの採光も良く、アンティークのテーブルは広々としてなかなか居心地がいいです。本屋にあるせいなのか広いテーブルは本を置くにも適してるようで、ちょっと図書館風に見えないこともないかな。

MORRIS CAFE 02

アンティーク家具で同じのが揃えられなかったということなのか、置いてあるものは統一されてません。外から見てる分にはそうも思わなかったんですけど、中で座ってから見渡してみるとちょっと雑然としてます。

ランチメニューにはパスタが他のサンドイッチなんかよりもそれだけの場所を取って大きく書いてあったのでこれがメインのランチだと思って注文してみることにしました。本日のパスタとして書いてあった2種類のうち、高菜とベーコンの和風というのを選択。パンとサラダとドリンクがついてるセットと、さらにそこへスープが追加されてるセットの2種類があって、わたしが選んだのはスープもついてるほうです。スープはクラムチャウダーなど3種類から選べてわたしはこの日はミネストローネを選択しました。
ドリンクはジャスミンティーとかお茶の系統もあったけど本を目の前にするような場所ではコーヒーっていうイメージがわたしにはあるので、ここは嗜好に沿ってコーヒーを注文してます。ジャスミンティーってトイレの芳香剤を思い浮かべるんですけどそういうのってわたしだけかな。


パスタランチ 01

一度に全部運んでくるんじゃなくて、まずサラダとパンから持ってくるんですね。パンは胡麻が練りこんである香ばしいもの、サラダは、これは何のドレッシングなのかなぁ。黄色い粒子感のあるものがかかってました。

パスタランチ 02

こういうのってちびちび食べながら次の料理がやってくるのを待つのか、そんなことお構いなしに食べ終えて次のものを手持ち無沙汰に待つのがいいのか良く分からないです。
今回はとりあえずちびちびと食べてみました。しばらくしたらスープが到着です。

スープの後はこちらが食べてる進行状況を見ているのか、パンを食べ終えた頃にメインのパスタがやってきました。

パスタランチ 03

やってきたパスタは見た目あまり分量はなさそうでしたけど食べてみると実際はそれなりに量はありました。高菜とベーコンのパスタとは云うものの、しめじとベーコンが味の中心になってるような感じ。高菜は味のアクセント的なものだった印象です。ベーコンは京都産と云うことらしくて、厚手に切ったものが入ってます。あっさり目の和風味でも、基本はそれなりに脂気のある料理なので割りと満腹感はありました。
パスタを食べ終わると最後にドリンク、コーヒーが運ばれてきます。本当はアイスコーヒーを頼んだんだけど、運ばれてきたのはホット・コーヒーでした。まぁどちらでもいいといえばいいのでここは運ばれてきたホット・コーヒーを大人しくを受け入れることにします。

美味しいコーヒー


写真に撮るほどものでもなかったかな(笑)
見た目は唯のコーヒーです。
でもこのコーヒー、これがまたちょっと予想外に美味しかったんですね。味はしっかり出てるし香りはいいし、薄味のコーヒーがアメリカンなら、これはアフリカンと云ったところです。
さらに苦味系のコーヒーで、わたしは酸味がきついコーヒーは苦手なので、この選択でも好みに一致してました。

これで料金は1180円でした。スープがつかないセットだと980円で、値段的にはまずは妥当なところでしょうか。わたしはレギュラーで注文しましたけど、パスタの量は追加料金で大盛りに出来るようでした。カフェの食事ってなんか中途半端なものが出てきそうな気もするので、きっちりと食事した感じで終えられたのは割と満足感を覚えて良かったです。

店の中には画集とか本も結構置いてあったので、そういうのを見ながらコーヒーで散々粘った後、MORRIS CAFEを後にします。

☆ ☆ ☆

その後ジュンク堂のなかをうろついていて、洋書のコーナーでアリスの特集をしてるのを発見。特集コーナーでは外国で発売されてるアリスの本を集めてました。

アリス特集

この写真の一番上の棚の中央、明るい水色のアリスは不思議の国と鏡の国の2冊が箱に入ったもので、ページを開いてみるとテニエルの挿絵がカラーで入ってるというものでした。これははっきり云って欲しいです。わたしが持ってるのは金子國義の挿絵になってる新潮文庫版。テニエルのは昔持ってたけど今はどこに云ってしまったか分からないという状態です。この2冊セットの箱入りは、箱に入ってるというのも良いんですけど、大きくて色のついた挿絵というのが値打ちありそうに思えました。

BALを出てからいつも行く中古CD、DVDショップを覗いてこようと、六角通りを烏丸の方向に西へ歩いてると、とある場所でこちらを窺うウサギと遭遇。アリスの本を欲しいなぁと思いながら眺めていた直後だったので、何だかわたしの周囲で不思議の国に通じる回路でも開き始めてるんだろうかと、そんな期待感がちょっとだけ生まれました。ウサギさん、どこかに連れて行ってくれないかなぁ。

不思議の国への入り口

☆ ☆ ☆

この日ジュンク堂で買った本はこれです。「憂鬱と官能を教えた学校」

難しそうな本


所々拾い読みしてみると、コードネームとかそのまま出てきて、なんか小難しいことが一杯書いてあります。講演というか講義録をそのまま本にしたような形で、書いてある文章も講壇の上で講師が話してるような話し口調で書いてあります。おそらく講義の時には実際に楽器でコードを鳴らして講義を進めていったんだろうと思いますけど、これは家にあるキーボードで一々音を確かめながら読んでいく必要があるのかな。というより買っては見たものの最後まで読めるかどうか自信がなくなってきました。

なぜこの本に興味が出たかというとポップミュージックの分析じゃなくて、ポップミュージックを通して「バークリー・メソッド」の正体を明らかにしていくって言う、ちょっとひねくれた発想が面白そうだったこともあるんですが、講義を行った一人、菊池成孔のCD、「記憶喪失学」を持ってるというのも大きな理由でした。

デッサンが狂ってるジャケット

若干デッサンが狂ってるような気がしないでもないけどジャケットの絵が良いですね。内容の方はそのうちブログで取り上げてみようかな。

☆ ☆ ☆

ということで、実は今日はわたしの誕生日。また一つ歳をとってしまった。
京都では5月15日は葵祭の日なんですね。わたしはこのお祭りが来るたびに歳を重ねてしまうわけで、最近は葵祭に対してはちょっと複雑な感情を抱いてます。




京都BAL


☆ ☆ ☆

最後まで読んでいただき、有難うございました。


ランキングに参加中!良かったら応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

コメント

No title

誕生日おめでとうございます!

写真を見ながら
「図書館みたいだな~」
と思えば、そう書かれているし
「こういうお店はお腹いっぱいにならなそうだな~」
と思えば、ボリュームあったようだし。
先読みされてしまったようです。

本屋さんが減っていくのは寂しいですね。
残っている本屋さんって、マンガばっかりなんだもの・・・

No title

こんばんは~★

雰囲気の良いお店ですね。
自分なら迷わず大盛りを注文しちゃうな(笑)

アリス関連でしたらロンドンの本屋さんで沢山見かけましたよ。
挿絵の原画がけっこうグロかったりして楽しめました。

お誕生日おめでとうございます!
以外に自分と誕生日が近いのでビックリしました。

お互いに良い1年にしましょう!!!


おめでとうございます

お誕生日おめでとうございます!
5月15日、いい日ですよね(^^)

私もジュンク堂へよく行きますよ。
休日は本屋さんで何時間も過ごすことがあります。
最近はアリスのコーナーがありますよね。
何年も前からロバートサブダさんの飛び出す絵本の「アリス」が欲しい
な~と思っていました。高いので買っていませんが^^

「MORRIS CAFE」素敵ですね。
アンティーク風のテーブルが広々としていて、居心地が良さそうです。
私、このコーヒーの写真、見てすぐに気に入りましたよ^^
味がしっかりしている様子がわかります。
私は酸味の強いコーヒーより深い味が好きなので、この”アフリカン”気に入りました。
ミルクが入っているガラスの入れ物もいいですね。

今年1年もまた素敵な年でありますように。

こちくんへ

こんにちは!
誕生日のお祝いメッセージ有難うございました☆

割と考えることは一緒みたいですね。
本屋にあるカフェというので本屋の雰囲気がそのまま店内にも紛れ込んでるようなカフェでした。
見せの中にある椅子が全部違うというのは結構ユニークでしたよ。

料理の種類は凄くオーソドックスでこの店ならではというものはない感じですけど、料理自体は意外としっかりしてました。

京都の大きな繁華街といえば河原町になるんですけど、本屋は本当に全滅状態です。表通りに面してる本屋は今一軒もないんじゃないかな。
ついでに云うとCD、DVDショップも去年の初めに老舗のビーバーレコードって言う店が潰れて、大きなところは全滅しました。
代わりに出来てるのはパチンコ屋とカラオケと食べ物屋。こういうのが街の顔になってます。衰退著しいっていう感じですよ。

Bennyさんへ

こんにちは!
誕生日のお祝いメッセージ有難うございました☆

大盛りって注文したことないんです。食べられなかったら困るなぁとか思ってしまって。
どれだけ量が増えるか今度注文してみましょうか。

大きなテーブルが本当に良い感じで、本読んだりするのは意外と良い場所です。ただやっぱり休日とかは混んでるようで、開放的な空間は味わえないかもしれないです。大きなガラス窓から中が見えるので混んでたらすぐに分かるのは便利ですよ。

やっぱり本場のイギリスでは日本とは比べ物にならないくらいアリスもいろいろ出版されてるんですね。ジュンク堂のコーナーは、まぁ小さいものでしたけど、それでも結構色々趣向を凝らしたものがるんだなぁって、割と新鮮な感じでした。ちょっと立ち読みしてたんですけど、ジャバウォッキーのデザインなんか映画に出てきたものよりもオリジナルの方がサイケデリックで不気味で良い感じでした。

Bennyさんも似たような季節に誕生日を迎えられるんですか。
わたしは自分でものんびりした性格だと思うんですけど、ひょっとしたら5月という春真っ盛りの時期に生まれたことも影響してるのかなと思ったりします。

お互いにいい年にしたいですね(*^^*)

りい子☆さんへ

こんにちは!
誕生日のお祝いメッセージ有難うございました☆

5月15日って数字の並びも対称的で何だかスタイリッシュな感じがしますね。

京都は大型の書店がかなり少なくなってしまって、以前は旭屋書店がメインだったんですけど、ほんの調達はこの何年かはジュンク堂に頼り切ってしまってます。紀伊国屋も大阪の梅田に比べたら随分と小さい店であまり揃ってないし。
ネットで注文するのが一番確実で綺麗な本が手に入るんですけど、実際に手に持ってみたり中を拾い読みしてみたりというのも本選びの楽しみなので、これが出来ないのはかなり物足りないんですよね。

アリスの飛び出す絵本。わたしも欲しいです。
確か京都のジュンク堂でも扱ってたはずです。わたしも買うとなるとちょっと高すぎて手を出すまでにはいかないですね。でもやっぱり欲しいなぁ。

「アフリカン」素敵な呼び方でしょ(笑)
しっかりした味の美味しいコーヒーで締めくくれてこのランチは結構満足しました。
店内は実はそれほど大きいところでもないんですけど、このテーブルだからなのか空間的には余裕のある感じで寛げます。図書館風なので本を読むにも最適でした。置いてある椅子が同じものじゃないって云うような店内デザインはかなり大胆なものかも。

りい子☆さんのところはブログ開設一周年だし、お互いにこれからの一年をいい年にしていきましょうね(*^^*)

No title

誕生日おめでとうございます。 orz
私は真冬の誕生日なので、春の季節の誕生日とはうらやましいです。
良き歳になりますように。

AquaSunネットサービスさんへ

こんばんは!
誕生日のお祝いメッセージを有難うございました☆

AquaSunネットサービスさんは冬のお生まれなんですか。性格とか生まれた季節で変わってくるものなんでしょうかね。
わたしは自分の性格がいかにも春っぽいって思ってますよ。

まぁ毎年思うことなんですけど、これからの一年をいろいろと充実した一年にしたいです。

No title

こんばんはv-84

んまぁ!何て事なの!薄荷ちゃんのお誕生日だったというのに・・・
昨夜はあまりにも遅い時間の訪問になってしまったので、今日の訪問でゆっくり読みながらコメントしようなどと思ったわたくしがバカだったわ・・・
しかも、「今日は藤原竜也くんのお誕生日」なんて書いちゃってさ・・・(号泣!
真っ先に「薄荷ちゃんのお誕生日」と書くのが筋ってもんなのにね!(ごめりんこ♪

・・・という事で

薄荷ちゃん、お誕生日おめでと~♪(美川憲一と同じ日だなんて言わないわよ!笑

それにしても、美味しそうな「海苔&しめじパスタ」だわね!(笑)
・・・って、「高菜とベーコンの和風」?
ふふん・・・どっちも写ってないわさ!(爆
でも、何となく「和風」という事は伝わって来ました!^^

わたくしも、読書の時にはコーヒー派ですね^^
アメリカンなホットでいただく事の方が多いけど・・・

あ~、それにしても今回は失敗だったわ!ホント、昨日のうちにコメントしたかった・・・(泣

No title

こんばんは

遅ればせながら、誕生日おめでとうございます。

おそらく誕生日祝いということになるんだと思いますけど、それにしても難しそうな本を買われたもんですね。
ただ、常日頃ポップミュージックの魅力を分析していると自負する私としては、やすやすと見過ごすわけにはいかない本のようにも思えます。
でも、「バークリー・メソッド」ですか・・・ちょっとレベルが違いすぎるかな(汗)・・・本屋でパラパラとめくってみるくらいのことはしてみたいと思います^^

お誕生日おめでとうございます♪

1日遅れになってしまいましたが(^^;
私は誕生日は(気持ちの上で)歳は取らずに
生まれて来た事、そしてそれで出会えた方々に感謝する日にしてます(笑)
実際に何歳か?より、どう生きてきたかの方が大事ですから
幾つかはもう忘れる事にしました(笑)
(半分現実逃避。爆)

テニエルのカラーの挿絵のアリスの本
いいですね~
今はアリスの特集やっている所、沢山あるから
再販されているかしら?
してなかったら値打ちものですね(笑)

お店は雰囲気ありますね。
外国の歴史ある古い学校の図書室みたいな感じもします。

ともさんへ

こんにちはv-278
誕生日のお祝いメッセージ有難うございました☆

余計な気を使わせてしまって、申し訳なかったです。
凄い偶然が重なって藤原竜也の誕生日出現だったのは頭では分かってるんですけど、さすがに昨日はコメント残す気にはなれませんでした。
藤原竜也とわたしは同じ誕生日なんですか。ともさんは評価してるようですが、わたしはこの人、大袈裟すぎてちょっと引いてしまうんですよね。
でも同じ誕生日だったとは思いませんでした。
美川憲一のほうはもっと意外かな(^^;
なによりも美川憲一の誕生日を知ろうという発想自体が今までなかったです。
5月15日の誕生日といえば伊丹十三なんですけど、この人はメッキ剥がれた感じ。もう全然話題にも上らなくなってますよね。

パスタランチは割りと普通のメニューというか、特にここでしかやってない味付けといったものでもなかったんですけど、美味しかったですよ。ベーコンは海苔の陰に隠れてるんですが、実は結構大き目のが潜んでます。高菜は、これはちょっと迫力なかったです。

本読むときはコーヒーが合いますよね。わたしはアフリカンが好み。冬でもアイスの形で結構飲みますよ。おそらく関西の言い方だと思いますけど、冷たいコーヒーのことをコールコーヒーとかレーコーとか云ったりします。

ジオヤーさんへ

こんにちは!
誕生日のお祝いメッセージ有難うございました☆

この人のCDを持ってるっていうのが一番の動機で買いました。音楽活動以外にこういうことをしてると云うのはこの文庫をジュンク堂で見るまで知らなかったです。
確かに難解そうな本なんですけど、帯にテレビで放映って書いてあるんですよね。これも興味が出たポイントで、難しそうな印象なのにテレビで出来るような内容なんだろうかって思うとちょっと読んでみたくなりました。

試し読みしかしてないですけど、講義の口調は随分とくだけた感じで割りと読みやすそうでしたよ。テレビはおそらく講義をやってた時のものを同じ形で再現するんでしょうね。ちょっと見てみたいです。でもこれは関西でやってるのかな?

No title

お誕生日おめでとうございます。

ウサギがでてきて、さそわれたの??(笑)

本屋さんで、こんな、大きな処があるのですね!
一角に、お茶して食事が出来るというのも・・・

こちらでは、一寸、考えられないかな??

ROUGEさんへ

こんにちは!
誕生日のお祝いメッセージ有難うございました☆

わたしも年齢の実際の数字は、考えると精神衛生に悪そうなので、できるだけ考えないようにしてます(^^;
だから誕生日の扱いは、わたしがこの世界に初登場した記念の日、この日がなければわたしはこの世界に存在しなかった本当に特別の日と、そんな風に考えることにしてます。意味合い的には本来の誕生日に一番近いかもしれないです。

でも街中に葵祭のポスターが貼られだす頃になるとやっぱりちょっと複雑な気分になるのは変わらないですけどね。

テニエルの挿絵のカラー版はわたしはおそらく一部のものしか見てないはずなので、そういうのが数多く入ってたのをみて本当に欲しくなりました。挿絵とか絵画は大きさも大切だと考えるほうなので、文庫のように小さいものじゃなくある程度の大きさがあったのも良かったですよ。

このカフェ、隣接してる美術書のコーナーはあまり人も居ないし、静かで雰囲気はいいです。本当に図書館みたいです。混んでない時に来ると本なんか読みながら休憩するのには結構いい場所だと思います。

No title

お誕生日おめでとうございます。

こういう場所でユックリ読書できるのは、いいですね。
最近、電車の中でしか読めないのでうらやまし~ですv-273

No title

誕生日、おめでとうございます。
葵祭りと同じ日なんですね。

葵祭りは、季節が良くて好きな祭りでした。
よく御所で見ていました。

駸々堂書店つぶれたんですね。
昔あった書店は大概無くなっているようで、寂しい気がします。
きっと本を読む人が減ったんでしょうね。
京都がどんどん変わるのが残念です。

くろこ姫さんへ

こんばんは!
誕生日のお祝いメッセージ有難うございました☆

あの道、六角通りって云うんですけど、わたしは中古CDショップに行くのに良く通るんですよね。それで京都に何本の道があるのかは知りませんけど、たまたまわたしが通る道で、「アリス」の映画を観てさらに原作本を見た後で、犬でも猫でもない、よりによってウサギの像に出くわすと云う偶然。
しかもこのウサギ、あらぬ方向を見てるんじゃなくてこちらを見てます。それもまるでこちらを窺うかのようにして、視線だって合ってしまうくらいの見つめ方で。
もうこれは絶対にシンクロニシティが発動してるんだと思いました。でもこの日の出来事はそこまででした。ここまで揃ってるんだから誘って欲しかったんですけどね。

本屋の一角に休憩するところってそんなに無いんですか?わたしは結構あると思ってたんですけど。でもこれだけ本格的に食べさせるところはやっぱりあまり無いかもしれませんね。
本屋にこういう場所が隣接してると結構便利です。

westさんへ

こんばんは!
誕生日のお祝いメッセージ有難うございました☆

大きな本屋だと本見てるだけでも疲れてくるので、こういう場所があると凄く良いですよ。休憩しながら今買った本を拾い読みしてみたり、ここは図鑑のような本が置いてあって勝手に持ってきて読めるんですけど、休憩しながらそういうのを眺めてるのも楽しいです。
わたしは電車で本ってあまり読めないんですよね。なんか気分悪くなりそうで。バスの中で本読んでいて気持ち悪くなったことがあるから、電車はそれほどでもないと思うんですけど長い時間読むのはちょっと躊躇うところがあります。電車の中だと音楽聴いてる方が多いです。

パックさんへ

こんばんは!
誕生日のお祝いメッセージ有難うございました☆

葵祭と同じ日です。お祭りのポスターが貼られ始めると自動的に誕生日が近いと教えてもらえることになってます。
わたしは終点の上賀茂神社のほうかなぁ。木陰の中を進んでくる行列のイメージが好きです。

京都宝塚劇場とスカラ座が入ってたビルにあった駸々堂書店はかなり前に潰れてしまいました。その後ブックセンターっていうところが同じ場所で本屋を続けてたんですが、京都宝塚劇場とスカラ座が閉館した時ビル自体が取り壊されて本屋も消滅です。スカラ座や駸々堂書店があった場所は今はファッションビルになってます。ユニクロが入ってるので良く行きますけど、中を歩いてる時にここに昔は映画館があったとか大きな本屋があったとか記憶を重ねて眺めてる時があります。河原町通りに以前あった本屋は本当に全滅です。見事に一軒もなくなってしまいました。BALビルのジュンク堂と四条河原町に最近出来たコトクロスだったかな、そういう名前のビルに中規模の本屋が入ってるだけになってます。
昔のことになりますけど、わたしは京都書院が店を閉じた時はかなり痛手でした。あそこ毛色の変わった本とか結構置いてたから。
河原町通りって京都の代表的な繁華街ですけどパチンコとかカラオケばかりが目立って今は精彩を欠いてる印象です。

お誕生日おめでとうザマす。

今晩わんこ    薄荷グリーンさん

お誕生日のコメント、大変遅れてすみませんでした。
パスタと洋書に気がとられてしまい、一番下に書かれているのに、気付きませんでした。

私みたいな年になると、誕生日は悪夢ですね。着々と老人化になるのですから。
でも、薄荷さんは若い。洋書を手に取られるなんて、Σ(o゚д゚oノ)ノ凄ッ!

実は私、京都に行った事がないのです。高校の時の修学旅行蹴飛ばしたのです。
だから、京都の話題って実は気になるのです。又記事を楽しみにしています。    

No title

こんばんは

お誕生日おめでとうございます!

遅くなり申し訳御座いません。
ちなみに私の誕生日は薄荷グリーンさんから5日後です^^
葵祭りといえば警備のバイトの時の昼食で上賀茂神社で頂いた竹の子とふきの炊いた物を思い出します(笑)

4月にあの周辺をぶらついていたのですが、ずいぶんと様変わりしたなと感じてました。
BALの前もサッと通ったのですが、こんなにお店が変わっているとは驚きました!
如何せん私が覚えているのは、BALにまだHMVがあった頃ですから・・・
確かこんな名前やったと思うんですが、リバーサイドレコードってまだあるのですか?
BALから下がった雑居ビルの2Fにあったレコード屋ですが。

「バークリー・メソッド」の正体を明らかするって難しそうですが、興味が湧く内容ですね。
理解できるできないは別としてとりあえず読んでみる事にします。

Keithさんへ

こんばんは!
誕生日のお祝いメッセージ有難うございました☆

分かりにくい書きかたしてすみませんでした。なんか目立つような書き方したらちょっと面映くなって最後に付け加える形になってしまいました。

わたしも若くないですよ(^^;
重なっていく歳の数の事は極力考えないことにしてますから。でも5月になると嫌だといっても葵祭が思い出させるんですよね。
実はこの時は洋書を置いてる階にエスカレーターで降りてる時、目の前にアリスの特集してますって云う張り紙があったので見に行きました。洋書売り場って普段からそんなに近づく場所じゃないです。今までに洋書で買ったことあるのって絵本とか画集とかがほとんどです。

修学旅行での京都は体験されなかったんですか。今でも新京極なんか歩いてると修学旅行の生徒さんらしい人をしょっちゅう見ますけど、修学旅行の旅行先が京都っていうところはまだまだ多いんでしょうか。なんか修学旅行は海外へって云うような学校も多くなってるんじゃないかと思ったりします。
わたしの京都の記事ってはっきり云ってものすごく偏ってると思いますけど、そんなので良かったらまたよろしくお願いします。

桃太郎さんへ

こんばんは!
誕生日のお祝いメッセージ有難うございました☆

5日後って云うと20日、ですか。奇遇というかなんというか凄い近いですね。わたしはおうし座なんですけど、ぎりぎり同じ星座になるのかな?

上賀茂神社で警備のアルバイト!結構儲かるアルバイトでしたか?葵祭はどちらかというと、わたしはあの終点付近の木陰の中を行列してくるイメージが強いです。あの辺り行列が近づいてくる頃は凄い人でごった返すから警備は大変だったでしょうね。

わたしはBALのCDショップといえばヴァージンレコードが記憶に残ってるかな。リバーサイドは潰れてるはずです。新京極の詩小路ビルに同じ名前の店があったような気がするけどほとんど行ってないのでこれの動向は知らないです。ついでにあの近くというと河原町通りから蛸薬師通りに入って直ぐのところにあったビーバーレコードも潰れました。昔のビブレ今はロフトになってるビルに入ってるHMVも店じまいだったんじゃないかな。雑居ビルを上がっていくようなところにある小さな中古ショップとかは何軒かあるんですけど、大手のレコードショップももうほとんど残ってないです。わたしがあの辺りで利用してる大手の店だったら四条河原町少し上がったところにあるOPAビルの最上階のタワーレコードくらいです。そういえば京都を代表する音楽ものショップの十字屋はいつも健在ですけど、品揃えが一般的過ぎてわたしの場合は目的のものはほとんど手に入ったことがないです。あそこはCDじゃなくて楽器が商売のメインになってるのかな。
小さい店だと新京極のKIKUYA RECORDSっていうショップは潰れないですね。ここは映画「レット・イット・ビー」のブートレグ売ってます。
ちなみに記事に書いた六角通りの先にあるわたしが良く行く中古ショップってPOCO A POCOという名前の店です。そのうち記事にするつもりでいますけど、ものすごく小さい店の割りに意外なほど品揃えがいいときがあるんですよね。

あの本、わたしは面白そうと思って買ったんですけど、コードネームが一杯書いてあってそれをもとに講義が進んでいくような箇所は音を聴かないと理解できないんじゃないかって思います。テーマは面白そうなんだけど、ちょっと手ごわい本かもしれないですよ。
でも本の口調は講義といっても大学でやってるような堅苦しいものじゃなくて、雑談に近いような口調のところもあるのでそういう部分は面白く読めそうです。

No title

はじめまして。
こちくんさんや、りい子さんのブログからやってまいりました。

お誕生日おめでとうございますi-73
同じおうし座ですね☆

こういう本屋さん、いいですね。ゆっくり本選びが楽しめますね。
と言いつつ、お食事の写真にも釘付けになりました。
サラダが美味しそうです~。

また遊びに来させてください♪

No title

おはようございます

はい、ギリギリおうし座です^^

CDショップの情報ありがとうございました。
コメ見てあっ!と思ったのですが、私が記憶していたBALのCDショップってヴァージンレコードだったかなぁ?と勘違いしているかも・・・
CD屋も色々と変わったんですね。
今度、時間をつくって京都のCD屋めぐりに行ってみます。
ブートとか珍しい中古を探しに!

No title

これは本屋さんとは言いがたいですね。

れいじろーさんへ

始めまして、こんにちは!
誕生日のお祝いメッセージ有難うございました☆

こちくんさんやりい子さんのところでわたしもお名前拝見してます。
同じおうし座なんですか。おうし座の人ってなぜかわたしはあまり会ったことないんですよね。

ジュンク堂のなかにもちょっと腰掛けて本を吟味できるような場所があるんですが、ゆったりと休憩できる場所はやっぱりいいです。こういう場所が本屋さんの中にあると凄く便利。BALの最上階になるので窓から見える景色も広々としてますよ。

ランチメニューは特に凄い料理って云うわけでもなくて、普通っていえば普通。でもそれなりに美味しいです。このサラダ、ドレッシングの黄色いのは食べてながら、結局最後まで何だったのか分かりませんでした(^^;

それとわたしはあまり食べないですけど、ここはパフェの種類が多いです。パフェ・マニアにはちょっとした穴場かも。

これからもよろしくお願いします♪

桃太郎さんへ

こんにちは!
コメント有難うございました☆

やっぱりおうし座でしたか。星座がどうのこうのは良く分からないですけど、春に生まれたことは性格に多少は影響を及ぼしてるような気がしないでもないです。

大手のCDショップの話ばかりであまり役には立たなかったかもしれませんけど。それも潰れた店の話ばかり(^^;
記事にも書いてますけど、駅前のプラッツに関西で最大の無印良品が入ったり、同じくソフマップとか新星堂、旭屋書店なんかが出揃って、一定期間買い物の中心が駅周辺になってたことがあるんですよね。だからその間にBALにどういう店が入ってたのかちょっと良く分からないところがあって、そういう時にHMVも入ってたのかなぁって思いました。
ヴァージンのはヴァージンメガストアでしたっけ。BALの地下2フロア使ってかなり品揃えの多い展開してましたよね。あそこが撤退した時はちょっと吃驚しました。

わたしも暇見つけて新しい中古ショップの探索にでも行ってきましょうか。雑居ビルに入ってるような店ってちょっと入りにくいところがあるから、存在は知っていても入ったこと無いっていう店もありますから。

みさきさんへ

こんにちは!
コメント有難うございました☆

本屋さんにはやっぱり見えないですか(^^;
一応ガラスの仕切りの向こうに見えてるのがジュンク堂書店の売り場なんですよね。
本屋さんで本を探した後でちょっと休憩するのに便利なカフェとして、本屋の中にあるような形の店になってます。本屋の中にあるカフェとしては予想以上に本格的。本を読んだりする空間としてはすごくマッチしていて良いと思いますよ。
記事の中にもちょっと書きましたけど、何処となく図書室風に見えたりしないでしょうか。

No title

こんばんは~
今日はお兄ちゃんが京都へ出張なの。
京都と言っても宇治市の下辺りの工業団地にお仕事。
時間があれば京都のどこかにお泊りして、
六角通りのウサギさんを探したり、美味しいものを食べてくれば
なんて思ったりもしているのですが・・・

最近は本屋さんの側にカフェを配置するスタイルって流行っていますよね
お姉ちゃんも時間があれば薄荷さんのような優雅な時間を過ごしたいのですが
ボクたちが早く早くとせかすので、そういう優雅なお時間はまたまだ
すごせそうにありませんね(笑)

ロキ様へ

こんばんは!
コメント有難うございました☆

宇治の下というと、城陽の辺かな。
今日はわたしもまたBALの周辺付近にいました。ひょっとしたらお兄さんとどこかですれ違ってたかもしれませんね。
あの六角のうさぎ、実は結構目立つところに居ます。探し当てるのはそれほど困難なことじゃないと思いますよ。六角の辺りは料理屋さんも点在してるので、ウサギに誘ってもらえばひょっとしたら美味しいものにありつけるかもしれませんね。

本屋さんに休憩できるカフェがくっついてるって合理的だから、そういうスタイルをとるところが多くなってきてるんでしょうか。
なかなか寛げる場所であることは確かなので、ぜひ隙をみつけて優雅な時間を作り出してみてください。

こんにちわぁ

お祝いコメントアリガトゥ!!! ヾ(≧Д≦*)ゞ
これからも<(´・д・`)ノよろしくぅ~!

それにブログにコメントありがと~
こういうゆっくりできるところって良いですね
何時間でも居たい
お食事もおいしそうです~

(o・ω・o)♪

No title

おはようございます

お祝いメッセージありがとうございます^^
何か催促しちゃったみたいで恐縮です。

昨夜、誕生日とは全く関係なく野暮用で京都に行きました。
楽しみも無く何もしないで帰るのもしゃくに障るので「高安」でラーメン食べてきました♪
でも、若い頃と違って深夜に食べるラーメンはきついですね(笑)
そんな事で歳を感じるのもどうかと思いますが^^

ふみちょろさんへ

こんにちは!
コメント有難うございました☆

コメント入れてみたくなって、書いてみました♪
こちらこそ今後ともよろしくお願いしますね。

この記事書いてからもジュンク堂に寄った時またパスタランチ食べてきました。トマトソースベースでアンチョビーが入ってるものでした。記事書くつもりじゃなかったので名前は覚えてきませんでしたけど、なんか聞きなれない名前のパスタでした。これも美味しかったですよ。
本屋に立ち寄った延長で休憩するのには凄いリラックスできて良いところです。外を見ても基本は周囲のビルの屋上しか見えないんですけど、鴨川の方向に向いた窓からは一応東山も見えますし、外を眺めるのもまた一興です。
どこの本屋に行ってもこういう場所があったら便利だろうなぁって思います。

桃太郎さんへ

こんにちは!
コメント有難うございました☆

誕生日の話題で新しい記事がアップされるかなと思ってたんですけど、今の記事に書き込んでみました。

ラーメンですか。わたしはラーメンは結構好きなんですけど、スープが着てるものに飛んできたりするので、外食だとラーメンは極力避けてしまいます。だから京都のラーメン屋さんってどういうところがあるのかさっぱり知らないんですよね。高安って美味しかったですか?

きついというなら、ひょっとして脂っこいタイプのラーメンだったのかな。わたしはどうなんだろうって考えてみたけど、深夜にラーメンってずっと食べたことがないから、どういう感じになるか分かりません。でも食べてみて歳感じたらめげてしまいそうなので、深夜はやめておいたほうが無難でしょうね。

No title

こんにちは

一応会社のブログなので誕生日の事は控えました^^
といっても私しか記事をアップしませんが・・・

美味しかったですよ!
豚骨と鶏がらベースで醤油味の少し甘いまろやかなスープが美味しかったです。
お店の雰囲気もカフェっぽい感じで女性のお客さんも多かったですね。
住所は京都府京都市左京区一乗寺高槻町10です。
カラアゲも頼んだのですが大きすぎて食べきれず、お持ち帰りしました。

次の朝、胃がもたれて苦しかったんですよ。
深夜に飲食はもうしない方がいいですね。

桃太郎さんへ

こんばんは!
コメント有難うございました☆

おそらくそういう事情だとは思いました。いつだったか別の人が一度だけ記事を書かれてた時に「あ、ここは会社のブログだったんだ」って改めて思い至ったことがあります。

豚骨と鶏がらと醤油って何だか凄い豪華ですね。
一乗寺って云えば叡電に乗って行くんですよね。わたしは北白川の辺りはよく行くんですけど一乗寺の辺まで足を伸ばした事はあまりないです。お洒落な店が集まってそうな印象があるんですが、ラーメン屋さんもカフェっぽい感じだとするとやっぱりお洒落な店なんでしょうね。

豚骨のラーメンにから揚げって凄く食欲をそそるんですけど油も多そうな感じだからもたれるのかな。
苦しいくらいにもたれてしまうなら夜中に食べない方が無難だとは思っても、でもラーメンってやっぱり深夜に食べてこそ美味しそうです。

今頃か!

記事は読ませてもらってましたが。。
お誕生日、おめでとうございます。
言い訳しますとw
会社の決算と役員会までの間、みなさんのブログは読み逃げでしたww
5月末になって、やっと気分もゆっくりになってきました。

BAL
懐かしいですねw
私もちょくちょく通いました。
月に2回以上は映画館に通った10代後半でしたので、
新京極あたりはとっても思い出がいっぱい。
ですが。。今では様子が変わりましたね。
四半世紀前ですから当たり前といえば、当たり前ですけど。。

また、京都に行って、北賀茂辺りの鴨川を歩いてみたいものですww

修一さんへ

こんばんは!
誕生日のお祝いのコメント有難うございました☆
半月ほど時間をさかのぼってちょっとだけ若返ったような気分です♪

BALはわたしはデザイナー・ブランドが主流だった頃贔屓のブランドが入ってたので買い物によく行ってたことがあります。でも店がなくなったりすると行かなくなるので斑があるんですよね。今はジュンク堂が入ってるのでまたよく通うようになりました。
随分と長い間中身を変えては持ちこたえてますね。隣のビルなんか何度模様替えしても全然流行らなくてとうとうビル自体無くなってしまったのに。

新京極辺りには結構映画館あったんですけどね、三条河原町の東宝公楽が去年だったかな、潰れた時点でほとんど無くなってしまいました。
新京極シネラリーベ、昔の弥生座が残ってる程度。美松も京極東宝もスカラ座も松竹座も八千代館も(八千代館は行く用事はなかったですけど)全部消えてしまいました。もう二度と出会えない風景なんだから消える前に全部写真とって置けばよかったです。

No title

こんにちは^^
アリスの本の事を考えていた後のうさぎさんとの遭遇、
不思議の国に通じる回路、私もそんなふうに思ったかもしれません。
何かが起こりそうな予感が。。。^^*

Kaomiさんへ

こんばんは!
コメント有難うございました☆

きっとあの時間帯の六角通りとわたしとの間にシンクロ二シティが働いてたんだと思います。これはもう絶対にそうに違いないです。
犬とか猫とかそういうありきたりのものでもあんな形で出会うのはおそらくそんなに大きな確率じゃないと思います。当たり前の存在である犬や猫でもそうなんですから。うさぎさんとなると、しかもアリスの本を物色した直後で出会う確率なんてほとんど無いに等しいものじゃないでしょうか。しかもあの時わたしが中古ショップに立ち寄ろうと思わなければ六角通りを通らなかったわけで、ものすごい偶然が重なってアリスとうさぎさんがわたしのフィールドを仲介して連携してたわけです。
これは本当に不思議の国への回路が開くかもしれないですね。残念ながらわたしは巻き毛でエプロンドレスの幼い少女じゃないですけど、それでもうさぎさんは連れて行ってくれるかなぁ。

No title

( p_q)エ-ン
美味しいのを見てしまった
夜食に突入です
責任とってーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ

みゆきママちゃんへ

こんばんは!
コメント有難うございました☆

お腹減ってる時に見たんですか?
それともこの写真見てお腹が減ってきたとか。
写真見て食欲が頭をもたげてきたのなら、これは食べ物の写真としては最高の褒め言葉じゃないですか。
どうもありがとうございます。

でも夜食は体重が増える危険性があるのでほどほどにしておいてくださいね。
非公開コメント