【洋楽】暑中お見舞い申し上げます。+ひょっとしたら涼やかな風とともに酷暑の夏を乗り切れるかもしれない曲をいくつか。

プリンパフェ♪

暑中お見舞い申し上げます。

とびっきりの猛暑で始まることとなった今年の夏を皆様はいかがお過ごしでしょうか。

それにしても暑いですね。梅雨が明けたとたん、いきなりここまで暑くなって、しかもそれが連続して続くなんてわたしは全く予想してませんでした。もう暑い暑いと何回云ったり書いたりしたか勘定も出来ないくらいなんですけど、まだまだ全然云い足りない気分でいます。熱中症なんかもいままでは結構他人事でしたけど、この夏のスタート具合はそういうことも本気でわが身のこととして考えさせてくれるようです。
皆様も外出の時などは水分補給はまめに行って熱中症には気をつけてくださいね。
まだ夏は始まったばかりです。お互いに栄養を十分に取って夏ばてしないように過ごしていきましょう。

本来的にわたしは夏は嫌いじゃないです。冬よりもよっぽど好きな季節。冬は一杯洋服着て肩がこるし、寒いと何だかいつも体中に力が入って緊張してるような感じであまり気分良く過ごせません。反対に軽装ですむ夏は体の力も抜けて開放的でいいです。
とは云うものの夏は大好きなんですけど、暑いのは苦手なんですよね。今の状態がちょうどそんな感じ。開放的な気分で外に出かけたくなって飛び出しても、あまりの暑さで予定の半ばでうんざりして帰ってきてしまうような感じというか。結局わたしの好きな夏って云うのは木陰で涼みながらソーダ水飲んでたりするようなイメージで、太陽の下を走り回るようなものとは違うのかもしれないなぁって思ったりしてます。基本的に活動的なタイプじゃないです。

☆ ☆ ☆

この記事を書くのに何か相応しい写真でも撮ってこようと出かけてきました。
暑中見舞いの記事に入れる画像ってやっぱり涼しげな絵柄の方がいいのかなぁとは思うものの、さてそれでは涼しいイメージって何があるかと考えると、意外と限定されてるんですね。冷たい食べ物とか水飛沫とか浴衣とかそんなのしか思い浮かびません。
涼しくてユニークなイメージって案外思いつかないものだなぁって、そんなことを考えてるうちに風鈴なんかどうかなって思いつきました。風鈴だってありきたりといえばありきたりなんですけど、風鈴から派生してガラスのきらきらしたイメージのものが一面を覆ってるような画像は涼しげなんじゃないかとかいろいろと思いつきました。
それで一応ガラスのきらきらしたイメージを念頭にカメラ片手に出かけたわけです。
結論から言うとそんな都合のいいものはどこにも見つけることは出来ませんでした。大体風鈴ってどこに売ってるのかということからさえ知らなかったし、風鈴が一杯ぶら下がってるようなのだとわたしは屋台のイメージになるんですけど、そんな屋台も都合よく見つかりませんでした。
暑い中歩いてるうちにげんなりしてきて、カメラ構えて写すものといったら暑さで茹だってるようなものばかり。それも夏の光景だからいっそのことこういう茹ったものを集めて暑苦しい暑中見舞いにしてみようかとも開き直りかけましたが、それはまぁなんとか押さえ込んで、でもこれといったイメージも見つからずに程なく気力を使い果たしたあげく、この日の行動はお終いとなりました。

歩いてるうちにガラス食器の店というか雑貨屋さんがあって、赤や青のガラス製品が並んでるところを見つけたことは見つけたんですが、買いもしないのに写真なんか撮ってたら追い出されると思い、店の人がいなくなった隙に画面も確認せずにあわててシャッター押したので、これはもう見事に手ぶれしてました。
大失敗です。

色ガラスがいたるところに

一応こういう写真でした。失敗だと思ってるので控えめに提示です(^^;

☆ ☆ ☆

もう本気で休憩したくなって、なんか冷たいものでも食べたくなってたから、ほとんど去年と一緒だけど今年のもそういう冷たい食べ物の写真で良いかなと、歩き回って唯一見つけたガラス食器雑貨屋で手ぶれ写真を撮った後は、そういう風にしか思考が向かないようになってました。
この際暑中見舞い用の写真を撮るなら食べるのはカキ氷なんかが一番相応しいんじゃないかと思ったものの、わたしはカキ氷ってあまり好きじゃないんですね。そこで普段なら食べようと発想もしなかったものを、いい切っ掛けだから食べてみようじゃないかと思い立って、プリンパフェを注文してみることにしました。一応アイスクリームが入ってるし、上に一杯いろんな物が乗ってるから写真にしても豪華だろうと、そういう考えでの選択でした。
注文したパフェはミニパフェというものでパフェ以外に飲み物もセットについたもの。本当に注文したことなくて珍しいものだから写真撮ってからちょっと観察してみました。
写真には入らなかったけど旗が立ってます。こういう旗は持って帰ってもいいものなの?まぁ持って帰ったとしても始末に困りそうですけど。
プリンと生クリームとフルーツの下にアイスクリームとコーンフレークのようなものとクリームのようなものが重ねてあって中々美味しかったです。ミニパフェって云うことで結構あっという間に食べてしまったんですけど、これなら大きい本式のものを注文したほうがよかったかなとちょっとだけ思いました。

写真を撮ったカメラはビスタクエストのVQ5090。この前の記事でビスケットカメラのことを書きましたが、実はあの記事を書いてる最中に何だか面白くなってきて、他にもトイカメラの衝動買いをしてます。これはそのうちの一つ。
写した結果は見事にパフェはピンボケになってました。パンフォーカスでマクロとの切り替えくらいしかピントあわせができないカメラなんですけど、テーブルの上にあるものをその前のイスに腰掛けて撮る、パンフォーカスのカメラってこのくらいの距離が一番苦手みたいな感じなのかな。まぁトイカメラっぽいといえばとイカメラっぽいんですけどね。

☆ ☆ ☆

暑い夏ということで、ひょっとしたらこんな過酷な夏であっても涼やかな風に乗るように過ごせるかもしれない曲を暑中見舞いとしていくつか置いておきます。

Astrud Gilberto - Who Can I Turn To


アストラッド・ジルベルトが歌ったスタンダードナンバー。曲自体は1964年のものらしいので、スタンダードといってもそんなに古い曲でもないです。トニー・ベネットが歌ったのが有名かな。わたしはこのアストラッド・ジルベルト版のアレンジが好きです。
アストラッド・ジルベルトははっきり云って歌は下手です。ヘタウマっていう感じでもなくて、本気で下手。でもこういうコケティッシュな感じって云うのはこの声、この歌い方でしか出せないのもまた確かで、そういう意味では唯一無比の歌手なんだろうと思います。ある種ボサノヴァの歌い方って云うのを決定付けてしまったようなところもあります。
この曲はセカンド・アルバム「Shadow of Your Smile」国内盤タイトル「いそしぎ」に収録されてます。

Nelson Riddle - Lamento


ジョビンの曲をネルソン・リドルが自らのオーケストラで演奏したもの。これもわたしはアレンジが好きです。ネルソン・リドルというと映画音楽のスコアも書いてますけど、ポピュラー音楽、ジャズシンガーの曲などのアレンジャーとして活躍した人って云うイメージです。今だとラウンジ系の音楽として聴ける感じなのかな。
もとは「CHANGING COLORS」というアルバムに入ってますけど、わたしが最初に聴いたのは「Mood Mosaic Vol.1」というコンピレーション・アルバムのなかの一曲でした。このコンピレーション・アルバム、60年代頃のジャズ、フレンチ、ブラジルなどのラウンジっぽい音楽を集めたもので、とにかく怪しげでかなり面白いものでした。特にルイス・エンリケスが歌ってるビザールな「マシュ・ケ・ナダ」。奇怪としか言いようのないアレンジで肝をつぶすのは間違いなし。Youtubeで見つけたらこの曲だけで記事書いてもいいくらいです。聴いてしまったら、こんなとんでもないものがこの世の中にはあったのかと人に言いふらさずにはいられなくなると思います。

Ari Barroso Aquarela do Brasil


この曲はわたしは本当に大好き。事あるごとに取り上げたくなって、ザビア・クガート楽団の演奏のものを最近Mixpodに置いてますけど、また別のアレンジで。こっちはボーカルものです。歌ってるのはJoao Gilberto, Caetano Velosoなどでものすごく豪華。Joao Gilberto, Gilberto Gil, Caetano Veloso e Maria Bethania - Brazilって云うアルバムに収録。国内版は「海の奇蹟」というタイトルでCDになってます。でも残念なことに入手不可。

Oscar Peterson - When summer comes


黒人だけどブルースとかいった黒っぽい部分がほとんどないという印象のピアニスト。ロマンティックな曲で猛暑で打ちひしがれる今のイメージじゃないけど。どうも冬のカナダで夏を思いながら作曲したとか。わたしが聴いたのは「A Night in Vienna」のなかにあったもの、ウルフ・ワケーニウスのギターが素晴らしかったです。

夏は來ぬ


唱歌ですね。最近は学校でこういう歌を教えないとか。個人的には学校でしか接する機会がないような音楽こそ教えるべきだと思います。ビートルズなんて学校で教えなくても聴く気になればいくらでも機会があるし。
夏の唱歌だと「夏の思い出」よりもこちらのほうが好きです。

☆ ☆ ☆

一応取り上げた曲のアルバムの情報です。
いそしぎいそしぎ
(2010/05/12)
アストラッド・ジルベルト

商品詳細を見る



Changing ColorsChanging Colors
(2004/08/09)
Nelson Riddle

商品詳細を見る


Mood Mosaic Vol 1: the...Mood Mosaic Vol 1: the...
(1997/11/24)
Various

商品詳細を見る


A Night in ViennaA Night in Vienna
(2004/09/20)
Oscar Peterson

商品詳細を見る



8月9日追記

Amoroso & BrasilAmoroso & Brasil
(1993/09/14)
Joao Gilberto

商品詳細を見る


ジョアン・ジルベルトの「海の奇蹟」は現在入手不可能なんですが、同じものが別のアルバム「AMOROSO(イマージュの部屋)」とカップリングされたCDが輸入盤ですけど入手可能です。2枚のアルバム収録ということでこちらの方が得。


☆ ☆ ☆



おまけ

ダンスするオウム
以前にテレビでも紹介されたそうですけど、わたしは知らなかったです。




最後まで読んでいただいて有難うございました。

なんだかんだ言ってもやっぱり夏は輝きに満ちた季節。猛暑なんか跳ね飛ばしてその生命感あふれる季節を楽しんでいきましょう♪


スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんはv-85

暑中お見舞い申し上げます♪

それにしても、薄荷ちゃんの世界観を垣間見せられるかのような選曲ですね~♪
まさに、「木陰で涼みながらソーダ水を飲む夏」という感じです。
(ソーダ水より、アイスコーヒーの方が似合うかな?^^)

わたくしが気に入ったのは、2曲目の「Lamento」と、4曲目の「When summer comes」。
薄荷ちゃんも「Lamento」のアレンジが好きって言ってるけど、わたくしもこういう感じ好きですね!
まさにラウンジ系!午後のコーヒー・タイムには持って来いの一曲だと思います!
このアルバム、まだ売ってるのかなぁ~?
売ってたら、即、買いですね!^^
「When summer comes」は、どちらかと言えば夏の終わりに聴きたい感じ。
ちょっと感傷的なサウンドが、夕暮れ時にピッタリな気がします。

薄荷ちゃんおすすめの「Ari Barroso Aquarela do Brasil」も初めて聴いたけど、雰囲気があっていいわね~♪
コレはアレなの?「「Ari Barrosoさん」の「Aquarela do Brasil」って事なの?(笑)
他の曲も聴いてみたいけど、入手不可との事で残念です。
ぜひ、youtubeにアップして欲しいですね!

この一連の選曲で思った事は、どの曲も「古い洋画」のバックで流れていそうな曲だという事。
そういえば、いつも薄荷ちゃんの記事からは「モノクロのフランス映画」のような匂いがするもの^^
そういう感じ、とっても好きですね♪

ところで・・・このオウムのリズム感には驚かされましたが・・・
所々で、間違いなく「アメマ~!」って言ってるよね!(爆

No title

暑中お見舞い申し上げます。

オウム、良いノリしてますね。縦ノリしてます(笑)
PCから音が出なくなってしまったので、無音のダンスを見ました。

こんにちは(^^)

プリンパフェの写真、レトロな感じに写っていて遊び心が感じられますね(^^)
私もかき氷は、お店では滅多に食べないですね~。
冷房の効いた場所では全部食べきることができないんですよね。
久しぶりにパフェが食べたくなりました^^
赤や青のガラスの写真、クリックで大きくしてみようかと思いましたが、大きくならずに残念。
でも、お店の商品をうつす時の気まずい気持ち、よくわかります。
焦る薄荷グリーンさんの様子がうかがえる1枚ですね^^

「夏は來ぬ」、歌詞が本当にきれいな日本語ですよね。
娘と一緒に聴きましたが、はじめて聴いたと言っていました。
小学校では教えないですからね~。
いい歌を聴かせてあげないと、と思いました。

オウムちゃん、ノリノリですね^^
リーゼントのような頭がロックな感じを強調していて笑えました(^^)

ともさんへ

こんばんはv-484
コメント有難うございました☆

わたしの好みが濃厚に出た選曲になってますか。何か気がついたらいつもこういう類の音楽に耳を傾けてます。
実際に飲んでるのはアイスコーヒーの類なんですけど、イメージとしてはソーダ水に近いんですよね。透明感のあるエメラルドグリーンのソーダ水に木漏れ日の光が混ざり合ってるようなイメージ。はぜる炭酸のかすかな飛沫が頬に当たるような感覚。こういうのがわたしの夏のイメージです。実際に今体験してる夏は暑くて辟易してるんですけど、記憶の中の夏って全然暑いイメージにならなくて、こういう透明感のある空間として頭の中に残ってます。

「Lamento」のアレンジ、耳に気持ち良いでしょ。わたしはボッサのリズムと伸びやかなオーケストラが凄く気に入った曲でした。
これは今でも売ってるのかなぁ。わたしがここで取り上げる曲ってもう売ってないものも多いんですよね。あまり売れる類のものでもなさそうで、そういうところはちょっと残念です。
「When summer comes」はやっぱり盛夏って云うイメージじゃないですよね。さっきの言い方を借りるならわたしには記憶の中の夏に結びつきそうな音楽って云うところかな。この中だと一番辛気臭い音楽かなと思ってたので、気に入ってもらえて凄く楽しいです♪

Ari Barrosoっていうのはこの曲の作曲者です。ブラジルのスタンダード曲を多く作った有名な作曲家。アリ・バローソじゃなくてアリ・バホーゾって発音するらしいです。これはYoutubeにアップした人がうたってる人の名前全部書くのが面倒だったので作曲者で代用したんじゃないかと思います。
このバージョンは本当に聴き応えがあると思います。ジョアン・ジルベルトとか、何か低血圧で今にも倒れそうな歌い方してるのに、ギターのストロークなんかは結構力強いんですよね。この曲も繊細さと力強さが両立して曲の中にある感じがして、しかもかなり表情豊かなアレンジで組み上げていくので、淡々と始まった割りに聴き応えのある展開になっていきます。このアルバム、ブラジル音楽を代表する傑作という評価が与えられる場合が多いです。

映画音楽的なものとして聴いてる部分は確かにあるかもしれないです。でも実際にモノクロ時代のフランス映画ってほとんど見たことないし、見てるのって大概ハリウッドの娯楽映画なんですけどね。イメージとして結び付けてもらえるのは光栄ですけど、実際にモノクロのフランス映画みたら寝てしまってる可能性も大きそうです。

オウム、アメマ~って云ってますね(笑)わたしはダンスに気を取られていて云われるまで気づかなかったです。人間でもここまで乗ってるのがわかるダンスってなかなか出来なさそうで、このオウムはやっぱり凄いです。

なかなか素敵です☆

薄荷さん、こんばんは!
ホント暑い毎日が続いていますねーε-(>.<;;
あたしも薄荷さんと同じで、夏の感じは大好きなんだけれど、
暑いのが苦手で。。
暑さでうんざりになりますね。。(^ω^;)(;^ω^)

パフェの写真、いい感じですよー☆
でも、あたしはガラスの写真が気に入りました♪(^ω^)
手ブレしているのかもしれませんが、こういう感じが逆に味があって
あたしは大好きです☆(^ω^)
ライトの滲む感じや光を通すガラス、透けるガラス、反射するガラス
トイカメで撮影するとなかなか良い雰囲気になりますね♪

とのさんへ

こんばんは!
コメント有難うございました☆

オウムのダンス音なしでご覧になったんですか。音が出てる状態で観るとちょっと吃驚するかもしれないですよ。
本当に音楽のグルーブ感にぴったりと合わせて踊ってますから、ノリの悪い人間だったら負けてるんじゃないかって思うくらい。

途中で頭振ったり体の動きにも変化つけたりの大熱演、本当に音楽を楽しんでる感じが伝わってくるようでこっちまで楽しくなってきます。
最後に拍手に答えての首振りも見事決まってました。これやっぱり教えたのかなぁ。

りい子☆さんへ

こんばんは!
コメント有難うございました☆

プリンパフェの写真も結構甘めのピント合わせになっていたんですけど、柔らかいイメージとパフェって結構良く合ってそうで、わたしもこれはこれで雰囲気出てると思いました。
カキ氷って最初の一口二口くらいは美味しいんですけど、何か直ぐに飽きてくるんですよね。冷たい味付きの水を延々と口に運んでるような感触になってくるって云うか。冷たさも冷たすぎて頭痛くなることもあるし、もう一つ美味しいって云う感覚に結びついてくれないところがあります。

パフェ美味しかったですよ。今度はミニパフェじゃなくて大きいもの食べようって、もう次も食べる気でいますもの。種類も4種類くらいありました。
ぜひりい子☆さんも食べてみてください。久しぶりだと結構感動するかもしれないですよ。

ガラスの方の写真は特別なことは何もしてないので、クリックすると元の大きな画像が出てくると思うんですけど、なぜ見られなかったのかなぁ。
割と雑然としてまとまりのない絵になってますけど、色とりどりの感じは出てるかもしれません。ちょっと強烈な色のガラス食器が並んでる店でした。
写真撮る承諾を貰えば良いんですけどね。何か気後れしてしまって、こそこそと撮ってました(笑)

唱歌はやっぱり学校では教えてないんですね。今の教育だと教えた場合でも歌詞が難しいとか云って現代語訳みたいなものに改悪しそうな感じ。そんなことやらないで欲しいですね。この綺麗な日本語でこういう歌を子供たちに受け渡していって欲しいです。

オウムも面白かったでしょ。下手な人間よりもノリがいいんだもの。頭振ったり体揺らしたりして見事に本格的なダンスしてるのを見て大笑いしました。
最後の拍手に答えて首振り挨拶するのも見事に決まってました。あんなオウムがいたら絶対に一日中一緒になって遊んでると思います。

No title

暑中お見舞い申し上げます

京都は盆地なので尚さら熱いでしょうね(>_<)
福岡も朝,すがすがしい目覚めではなく
セミの大音量でうだるような暑さで目が覚めます(´・ω・`)
早起きしてウォーキングが日課にしていますが
昨年の酷暑から全くしていません。。。

この暑さなので,私も出掛けても予定の半分行くか行かないかくらいで
気持ちが砕けて帰ってきています(;´・ω・)
うちのハムずたちもエアコンを入れるまでは完全に伸びきっています。

家の中に居ても熱中症になるので
お互い気をつけましょうね(>_<)

No title

夏が好きって意外でした(笑)
私は寒くても冬が好きかなぁ・・・
体中ホカロン貼り付けて(爆)

何より汗をかくのが嫌いなんですよ~
虫も多いし・・・

夏のイメージって言うと海とか・・・そういう開放的なイメージもダメ(^^;
・・・なんて土いじりしながらなんて説得力がありませんね(笑)

音楽も夏はあまり聴きたくなくなるんです。
以前硝子のオルゴールのCDにはまった事や
民族音楽にはまった時期はあるのですが
やっぱり音自体が暑く感じるのです。

冷たいパフェを食べながら静かな所で風の音や水の音を聞きながら
読書・・・が理想かしら?(笑)



うへぇ。
暑いですね。
今日は土用の丑の日だそうで、ウナギ屋さんがお店の前で売り出ししていました。
そんな写真も暑苦しいけど季節感があって、暑中見舞いにいいかもしれませんね!

お互い夏バテに気をつけて頑張りましょう!
と言いながら、既に夏バテ気味ですよ・・・

No title

暑中お見舞い申し上げます。

こんばんは。
プリンパフェ美味しそうです。
いくら美味しそうでも、男の場合こういうの注文するのは躊躇してしまうもんなんですよね。
ましてや旗が立ってたのですか!・・・旗の立ってる食べ物、思い切り食べてみたいです(笑)

やはり、夏には、内省的な感じのするブラジリアンな曲がいい感じです。
(内省的とはいっても、どれもリズミカルであることには違いなく、そこがまたいい感じなんですけど・・・)
ブラジルって不思議なんですけど、リオのカーニバルのような熱いサンバみたいなのが代表的な反面、内省的なものにも、素晴らしい演奏が多いですよね。
表面と内側のこの温度差は、何なんだって気がします。
究極のバカと究極の知性が混在しているような・・・
もちろん、あの大きな国を治めるには、ただノリノリ・サンバだけでは、そりゃ無理なんだろうとは思いますが。
で、アストラッド・ジルベルトの妖しい感じの歌が良かったんですけど、そうですか、あの、囁くようでいて不安定な歌い方は、この人が決定付けたようなところがあるのですか。私が知ってるところでは、マイケル・フランクスなんかまさにそんな感じなんですけど。

「When summer comes」は、私の持っているオスカー・ピーターソンのイメージじゃなくてちょっと意外な感じでした。
速い曲を正確なタッチの粒の揃った綺麗な音で弾くのがこの人のイメージです。
でも、ホント叙情的な感じで、暑くても、部屋で落ち着いてやり過ごせそうです。

私は、人間以外に、リズムを意識できて、反応する生物はいないんじゃないかと思ってたのですが・・・
(鳥だけに)トリックでなければいいのですが・・・^^

Mihoさんへ

こんばんは!
コメント有難うございました☆

夏の持ってる様々なイメージが好きって云う感じなんでしょうね。実際の体感してる夏は汗びっしょりで辟易してますから。あるいはエアコンが効いてるような部屋で過ごす夏が好きとか。小さい時は別にしても、今真夏の太陽の下で海で遊びたいとかあまり思わないです。
でも軽装ですむのは本当に気に入ってますよ。これは夏の最大の利点だと思います。

パフェ、美味しそうでしたか?普段コーヒーなんか注文するタイプだからなかなかこういうのって目に入らないんですけど、今回は夏の写真が必要ということで注文してみました。トイカメラの写真はやっぱりちょっと独特のテイストで味付けされてるようになりますね。

あのガラス雑貨の店、そこへ行くまでに全然目的のものに出会えなかったものだから、撮ってる時ちょっと舞い上がってました。全体の雑然とした感じなんんかはひょっとしたらそういう舞い上がりぶりも反映されてるのかもしれません。
普通のカメラで撮ったら食器が並んでるだけの写真になったのかなぁ、なんてことも思わせる何か雰囲気的なものをトイカメラが追加してる感じはありますよね。
失敗作にする必要もなかったかなと、今ちょっと大胆に考え直したりしてます(^^;

ひなこさんへ

こんばんは!
コメント有難うございました☆

盆地ってやっぱり熱気の逃げ場がないってことなのか、暑くなりますね。今年の夏の暑さはそういうのにさらに嫌がらせのように暑さが追加されてる感じでちょっと耐えがたいです。陽射しも暑いじゃなくて痛いって云う感じになって降り注いできます。

あぁ、せみの鳴き声はわたしのところではまだあまり聞かれないというか、これ考えてみればちょっと不思議です。でもそのうち鳴き出すのは確実。夏の風物詩ですけど一斉に鳴きだすと暑苦しいですよね。音楽聴いてたりしたら腹立ってくるかも。

それに生き物を飼ってられるところは管理が大変なんだ。ハムちゃんたち夏バテしないで乗り切れれば良いですね。

家の中で熱中症ですか。何かみっともなさそうなのでそんなことにならないように気をつけますね。ひなこさんも気をつけてくださいね。

ROUGEさんへ

こんばんは!
コメント有難うございました☆

人見知りで部屋の中で本読んだり音楽聴いたりするのが好きで、映画館に人が多いとなかなか行けないようなタイプなんですけど、何故か夏は好きなんですよね。
でもやっぱり実際の夏はROUGEさんと同じで、汗まみれになってものすごく不快だから、イメージ的な夏が好きという事だと思います。
イメージの中の夏ってソーダ水を筆頭にわたしにとっては意外と涼しい印象のものが多いです。今ふと思い出したんですけど夏枕のい草の香りとか肌さわりも典型的な夏のイメージかな。みんな暑いっていうのと直接的に結びついてない感じ。
実際の生活では本格的に夏の真っ只中で生活するよりも、エアコンの効いたところで生活するような夏が好きなのかもしれません。ちょっと横着かな。

冬は服着るのが面倒で。かじかんでしまうのも苦手ですね。一杯着るのが嫌なので雪降ってるような時でも割りと薄着で通してしまうんですけど、だから余計に寒くて嫌なのかもしれません。

音楽はそういえば今年は夏に入ってから一度もiPodを持って出てないです。聴かないって事はないけど炎天下でどうしても聴きたいって云う気分にもならないみたいです。ボサノヴァやサンバは季節と結びついてるようなところがあるからわたしはあまり重くはならずに聴けるんですけど、音楽自体が重いって云う感じは何となく分かるような気がします。

>冷たいパフェを食べながら静かな所で風の音や水の音を聞きながら 読書
これはわたしも夏のあり方としては理想です。なんだか貴船辺りに涼みに行きたくなってきました。

No title

こんばんは

暑中お見舞い申し上げます

このところの暑さはまるで一日中茹でられているようです。ゆでタコになりそうです。
普段は食べないのですが、久しぶりに宇治ミルク白玉やチュコレートバナナパフェとか食べたいです^^

ボサノヴァって暑いんだけど涼しげな感じがするんですよ。
そのうえで、まったりとゆっくりとした時間が流れているみたいな。

最近、オスカー・ピーターソン・トリオのWe Get Requestsをよく聴きながら商談に行ったりしているんですよ。
この人の陽気で軽快で美しいタッチを聴いていると暑さでのイライラが解消され、幸せな気分にさせてくれるんですよね!
When summer comesでのこの人のしっとりとした和やかな演奏は、不思議と郷愁を誘いますが、どちらかと言えば夏の終わりに聞きたいですね。
このアルバム今度買います。

このオウム、めちゃタテノリですね!
AC/DCの曲でも十分にのれますね(笑)

まだまだ暑さが続きます。どうかご自愛ください。

こちくんへ

こんばんは!
コメント有難うございました☆

土用の丑の日、すっかり忘れてました。食べればよかったなぁ。
パフェの写真取りに行った日だったかな、鰻屋の前も通ったんですよ。でも煙もくもくだして美味しそうな匂いではあったんですけど、その時はパフェを食べた後、炎天下の煙に吸い寄せられる気分じゃなかったです。暑苦しい暑中見舞いを書く時にはぜひ候補に入れておくべき場所ですよね。その時のためにメモしておきますね。

お互いに栄養のあるもの食べてこの酷い夏を乗り切っていきましょう♪

ジオヤーさんへ

こんばんは!
コメント有難うございました☆

一度注文してしまえば意外と簡単に障壁は崩れ去ると思いますよ。こういうのを食べずに生きていくのは、生きる楽しみの一部を確実に知らないままに通り過ぎてしまうことになりかねません。だから思い切って注文してみましょう。確実に夏の楽しみが一つ増えると思いますよ。
でも食べ物に旗立てるって誰が考えたんでしょうね。一体何の意味があるんだか。確かに見た目は楽しくなりますけど。

確かに狂騒と内省の二つが入り混じってるような感じですよね。わたしはジョアン・ジルベルトを聴いた時貧血で倒れそうな人をイメージしたんですけど、
そんなアマチュアリズム全開の弱弱しい歌なのにその歌を乗せるギターの刻むリズムが結構力強かったりするのに気づいて意外な感じを受けたことがあります。ここにアップしたものだとブラジルなんかまさにそんな感じですよね。
ジオヤーさんがいうように思索的なものでもリズミカルなところは決して崩そうとはしないし、ボサノヴァって特徴はリズムの刻み方にあったりするから、やっぱりブラジル音楽はどんなに内省的に視線が内を向いていても、特徴はリズムなんじゃないかと思います。そしてそういうのにサウダ-ジって云う独特の郷愁感を乗せていくと。

ボサノヴァの誕生の場所に居た人のうちの一人で一応ボサノヴァの女王の称号を得てる人なので、アストラッド・ジルベルトの歌が方向性をつけてるような所はあると思います。感情が入ってるのか入ってないのかよく分からないような歌い方。でもこれはボサノヴァのフォーマットみたいな感じでブラジル音楽全部がこういう歌い方になってるわけでもなくて、世界としては閉じてる感じがします。

オスカー・ピーターソンのは晩年に近い頃のもののはずで、もう指があまり動かないのか、華麗なテクニックを披露するっていうタイプの曲じゃないですね。そういうポイントで聴いてるとちょっと物足りないかもしれないなぁとは思います。でも今年の夏の暑さではこの曲だと押し切られて仕舞いそうな感じもします。

オウムは教えたのかなぁ?自然にリズムとってあんなふうになってるなら本当に吃驚ですけど、案外教え込まれてる可能性もありそうですね。それにしても見事。人でもこれだけノリのあるリズム感で踊れない人一杯いそうです。

こんばんわ^^

暑中お見舞い申し上げます。

25日から出張に行っていて、昨日の夜遅くやっと帰ってきました。
日本中、どこに行っても暑いですよね~!

涼しげな写真というか、涼しげな色って言うのが
ポイントかな?と、一人で思っています。
やっぱり、海やヨット、白いレースのカーテンなんて
白とスカイブルーやペパーミントブルーなんかが
明るいけれど爽やかって感じですよね~♪
単に私の好きな色って事でもあるのですけど^^

あと、色でも音楽でも透明感が涼しさを運んでくれますよね~♪
目に優しい、打ち水なども、日本人の生活の知恵ですよね^^b
私の独り言でした、アハ^^

桃太郎さんへ

こんばんは!
コメント有難うございました☆

本気で暑いですね。なんだかもうエアコンの効いた部屋に入ったら健康に悪かろうがどうであろうがずっと居続けてたいという思いしか頭に上ってこないです。今回パフェなんて食べてどうも病みつきになりそうな気配なんですが、暑さに後押しされて調子にのって食べてたら後が怖いでしょうね。
桃太郎さんはチョコレートバナナパフェが好物なんですか。チョコも美味しそう。今度はチョコのパフェ食べてみようかな。

わたしはボサノヴァっていうと夏のイメージが強いです。暑い夏の表現じゃなくて暑い夏に涼んでるイメージ。
時間の感覚は独特ですよね。それこそボサノヴァでした体感できないような時間を体験させてくれるところはすごくあると思います。ゆっくりと漂ってるような時間の体験は心地いいです。
こういうのを聴いて涼しくなるかどうかは別にしても涼んでる時のBGMには最適なんじゃないかと思います。

オスカー・ピーターソンはお聴きになるんですか。アルバムに関しては病気以来左手が少し不自由になっていて、ミスタッチもあるし華麗なテクニックを見せるというのでもないんですけど、この曲はそれでも歌心があって良いでしょ。
曲調からいくと夏の盛りに身を置いてるようなものではなくて、やっぱり夏の思い出の曲なんでしょうね。わたしは聴いたことがないんですけどエルビス・コステロに作詞を依頼して、80歳の記念イベントの時にダイアナ・クラークがこの曲を歌ったそうです。ダイアナ・クラークって何かおっさん臭くてあまり好きじゃないんですけど、これはちょっと聴いてみたいです。

人よりも絶対にのりがいいと思いますよ、このオオム。それこそロックコンサートにでも連れて行けば狂喜するかもしれないです。
オウムとかインコとか意外に芸達者ですよね。

桃太郎さんも体調管理に気をつけてお過ごしください。

たえさんへ

こんばんは!
コメント有難うございました☆

出張お疲れ様でした。暑いですよね。もう云っても仕方ないかもしれないけど本当に暑いです。暑さ対策を万全にして乗り切っていくしかしかたないですね。
たえさんの涼しいものコレクションですね。
確かに色って云うのは重要な要素かも。赤ってどう転んでも涼しい色に見えないし、灼熱の夏って云うのを表現するならまだしも涼しい色の範疇には入ってこないですよね。
反対に青は夏の色ですね。空の色。考えてみれば夏の青い空って暑さも表現してるし開放感やさわやかさも表現してるんですよね。凄く許容範囲が広い色って云う感じ。白い雲の浮かぶ空の写真も夏っぽくて良いですね。
それと、レースはわたしは思い浮かびませんでした。確かにイメージとしては涼しいという他ないです。

打ち水も涼感を誘いますね。日常生活の中にそういうちょっとしたことが季節感を裏打ちしてるようなものがあって、そういうのを発見していくのも何か面白そうな気がしました。

探してみると涼しさへ誘うようなものって直ぐに気づかないだけで身の回りに結構ありそうですね。

残暑お見舞い申し上げます★

ワハハ、踊るオウム最高でした!

いやしかし暑いですね!
京都はいかがでしょうか。
今日の東京は37.2℃でした。
…ほとんど体温で何もしてなくても汗が滝の様になってます。
しかし日本はいつの間にハワイやマニラより暑い国になってしまったのでしょうか!?

さてもう夜があけてしまうのでクーラーの設定温度を高めにして
薄荷グリーンさんお薦めの音楽郡で涼をとって寝るとします。

ではではまたお邪魔しま~す!

Bennyさんへ

こんばんは!
コメント有難うございました☆

残暑お見舞い申し上げます。

タテノリが凄いでしょ。わたしもこれ観た時は吃驚して大笑いでした。体の揺らせ方頭の振り方までいかにもリズムに乗ってダンスしてる動きだし。教えたとしてもここまでノリノリでやってくれるものなのかって凄い感心しました。

本当に暑いですよね。なんか関西以西がことのほか暑くなってるそうで、その中に入ってる京都もものすごいです。昨日街中を歩いていて温度表示がしてあるところを通ったんですけど、もうそろそろ夕方になるような頃合なのに37度っていう表示が出てましたよ。
わたしも汗だすことだけで体が疲れ果ててしまうような感じになってます。
ハワイ、マニラは行ったことないですけど、おそらくそれに匹敵する暑さだとは容易に想像できます。もう日本もほとんど熱帯ですね。
京都では、観光の外人さんが真っ赤になって歩いてますよ。

この音楽が暑さしのぎの役に立つならアップした甲斐もありますけど、どうですか?緊張をほぐすような役に立ってますか?次の記事でもまたちょっとおまけで音楽アップするつもりですけど、そちらの方も気に入ってもらえたら嬉しいです。
非公開コメント