新京極 眼鏡研究社へ眼鏡を取りに行く。

眼鏡が出来てると連絡があったので、眼鏡研究社に寄って来ました。

店に到着した時には先客が居て、店員はそちらを接客中。こちらの相手をしてもらうまで少々待ち時間が生じてしまって、暇なのでその間に店内に並んでる眼鏡のスナップを撮ってみました。

眼鏡研究社2

眼鏡研究社3

眼鏡研究社4

眼鏡研究社5

丸眼鏡がいっぱい!他にはセル・フレームも置いてあります。

出来上がったわたしの眼鏡は、オーバル・タイプのメタル・フレーム、鼻パットの無い一山(いちやま)、ストレート・テンプルという仕様で注文したので、まるで針金細工のようにシンプルな仕上がりになってました。

ここの眼鏡は素材にサンプラチナを使っています。眼鏡には昔から使われている素材。錆びない、アレルギーを起こさないという特徴があって歯科で使う素材でもあるそうです。
ちなみに今回作ったのはトータルで4万円くらいでした。

店内に飾ってあった眼鏡に、跳ね上げるんじゃなくて着脱出来るサングラスのアタッチメント(?)がついてるのがあって、度の入ってない丸眼鏡サングラスは日常的に使っているし、今回のもサングラスにもなったほうが便利だろうと思って、追加で注文してみたら、買ったオーバル・フレームからその場で型取りして作ってもらえました。30分ほど待っていれば、それで出来上がり。早かった。


2018 / 02 追記。
10年の時をさかのぼって書き込んでみる。こんなことを書いてたんだと、それにしても懐かしい。
で、わざわざ10年前の記事に何を書きに来たかというと、この眼鏡研究社、残念なことに今年2018年の2月一杯で閉店なんだそうだ。昔から続いていた店だっただけに閉店はまったくの予想外だった。
この時作った眼鏡は今でも使ってる。でもこうやってあらためてさかのぼってみるともう10年も使ってることに今さらの如く気づいて、閉店なんていうことになってしまうならその前に新しい眼鏡を作っておきたいところなんだけど、今金欠なんだなぁ。
閉店までに最後の調整でもしてもらおうかな。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント