【写真】私的京都駅ークリスマス +【音楽】クリスマス・キャロル Annie Lennox In The Bleak Midwinter

クリスマスランドのアリス


クリスマスツリーの写真だけど、肝心のツリーは大半がフレームの外。
京都駅の地下街ポルタの、ガラス天井から京都タワーを望める広場に設置してあります。
テーマが不思議の国のアリスということで、物語にちなんだキャラクターやアイテムがちりばめられたクリスマス・ツリーになってました。

京都駅は今、このツリーのほかにも大階段のふもとに巨大なのが立っていたりして、クリスマス・モード全開になってます。

フィルムが入っていた4台の写真機のうちコンタックスのを全部撮り終えて、早速久しぶりにフォトハウスKに持っていって現像。この写真は怪我で中断していたものを早く最後まで撮り終わろうとして撮っていたそのフィルムのなかの一枚でした。
他にはLC-Aに入れていたのもあれから残りを全部撮り終えて、これを書いてる時点では、ポパイカメラのほうでクロス現像を頼んでる最中。
腕が何とか動かせるようになってきたら、淀んでいた時間は急激に動き始めたようです。


CONTAX T3 +Sonnar F2.8 / 35mm

☆ ☆ ☆


クリスマス・キャロルですけど、いつか書いたように好きな歌を集めるという方針ではクリスマスの記事を毎年新しい歌で書き連ねていくのは、何しろ好きなクリスマスの歌なんて毎年増えるわけでもないので、かなり難しくなってきてるという状況は全く変らず。
かといって好きでもない歌を載せるのもつまらないし。

ということでここは開き直って、今までにピックアップした好きなクリスマス・キャロルのアレンジ違いのものを取り上げることにしようと方針転換してみました。

Annie Lennox In The Bleak Midwinter( I Den Kolde Vinter) 2010



ホルスト作曲の讃美歌で以前Gloucester Cathedral Choirのものやシゼルのものを取り上げたことがあります。どちらかというと聖歌隊が歌うような静かなのが雰囲気だと思ってたけど、今回のはとても力強くてソウルフル。でもこういうのも結構聴かせる雰囲気があったのが意外でした。歌ってるのは元ユーリズミックスのボーカリスト。
このPV見てたら雪景色の写真、撮ってみたくなる。去年というか今年初めの頃に雪が降る光景が撮りたくて宝が池に通っていたことを思い出しました。結局寒いだけで一度も雪なんか降らなかったけど。



Christmas Cornucopia (Digipak)Christmas Cornucopia (Digipak)
(2010/11/11)
Annie Lennox

商品詳細を見る






スポンサーサイト