秋の空を滑空するか、眼差。

枯葉
枯葉のステップ
2015 / 11 / Golden Half + 22mm Lens / Fuji SUPERIA PREMIUM 400





壁が奏でる
壁が奏でる。
2015 / 11 / Golden Half + 22mm Lens / Fuji SUPERIA PREMIUM 400






秋の空を滑空するか眼差
秋の空を滑空するか、眼差。
2015 / 11 / Golden Half + 22mm Lens / Fuji SUPERIA PREMIUM 400


とは云っても、見上げてはいるものの視界は壁に遮られて、空に通じてるのは一枚だけだけど。
写真は全部、この秋にサブカメラの一つとして持ち歩いてるトイカメラのゴールデンハーフで撮ったもの。ハーフサイズのアスペクト比はライカ判のものより、縦位置にした時に横幅が若干広いのが、わたし的には結構使いやすかったりする。ライカ判も悪くはないけど、たまに細長いなぁって思うことがあるから。重いというよりも持ち運ぶ時の馴染まなさが半端じゃなくて、あまり持って出かけないMamiya RZ67 Pro IIのフレームに、まだちょっと細長いけど近いかな。ゴールデンハーフは一番安価で手軽に使える6×7に近いフレームっていうところか。

元々フィルムの面白さに気づくことになったきっかけがトイカメラだった。だから、トイカメラは今でも大好きだし、普通のカメラに少し倦んだ時なんかには使いたくて心がざわめくこともある。夏頃からトイカメラの叩き売りで重宝してる、京都ヨドバシのヴィレッジヴァンガードのアウトレット。その店で豪快に放出されてる様子からしても、既にトイカメラなんて流行でもなんでもなくなってるけど、トイカメラ好きとしてはそのほうが気分的には使いやすい。
でも、好んで使ってるからといって、こういうのが個性的だとはほとんど思わない。かなり以前に、これはフィルムじゃなくてトイデジのビスケットカメラについて書いたことは今でも考え方としては変っていなくて、むしろ類型的なものの典型なんじゃないかと思う。

☆ ☆ ☆

今回の写真はいつにも増して主観的というか情緒的な写し方になってるかなぁ。
純粋に客観的かどうかという観点なら、そちらの方向を向いて、ある特定の範囲をわたしという個人的な視線で切り取ってる段階から既に客観的ではなくなって、主観的なイメージになってる。カメラ任せに撮っていて情緒的というのも考えてみれば妙な話なんだけど、ピントリングさえついてないような曖昧なフォーカスや、現実の色からはどこか傾斜してるような色合い、安定しない光の入りかたといったものが、そういう風に見えるサインを含んでいるんだろう。本来的にはもうちょっとドライな撮り方が性にあってるような気がするんだけど、こういう類型的な逸脱、情緒的に見えることもあるちょっと胡散臭い揺らぎのようなものもなかなか楽しい。それに、すぐに凝り固まってしまう感覚に、本格的逸脱への未踏の道に気づかせてくれるかもしれない可能性だってある。

☆ ☆ ☆

最初のは東福寺辺りの鴨川の、堤防の壁面に降り積もっていた枯葉。撮っていた時は東福寺では紅葉の真っ盛りで、駅周辺でさえも、しまった来るんじゃなかったと思うほど人が多かったんだけど、撮りに行こうとしていた場所は東福寺とは正反対の方角だったので、一気に人の気配は途絶えて、それほど辟易することもなかった。
一番下のも同じく東九条辺りで撮ったもので、遠くに京都タワーがぼんやりと見えてたりする。ちなみに東九条は映画「パッチギ」の舞台になったところで、映画は無知を下敷きにして平気な政治的プロパガンダに辟易するものの、そういうのを無視できるなら、不良学生がひたすら喧嘩に明け暮れる娯楽映画としては楽しめる。少し前の、でも今となってはもう見ることも出来ない京都の町も懐かしい。俳優は主役じゃなかったけど桐谷健太が面白いんだなぁ。沢尻エリカも可愛らしかった。

真ん中のは藤ノ森の高架下。右下の縦に細いグレーの出っ張りと下の白っぽいラインと暗号めいた文字がポイントだ。





調節は出来ないけど、フラッシュがつけられるホットシューを装備してるのが、この類のトイカメラとしてはかなりの利点となってる。
写りは実は意外なほどまともで、しっかりと撮れるカメラ。普通によく撮れるのでトイカメラっぽさを期待するとちょっとがっかりするかも。



スポンサーサイト

コメント

No title

一枚目の写真はブロックの窪み?に
良い感じに落ち葉が入り込んで
何となくカフェのワンプレートランチを思わせました(笑)

2枚目、3枚目はトイカメラの良さが最大限に出てる感じ。
写真というより絵本の挿絵みたいで
ファンタジックなイメージがします(*^_^*)

>薔薇の世話、確かに気晴らしになると思うけど
何しろ関東、お天気が悪くてね~
もう半分、木立薔薇は諦めているのだけど
ツルバラだけは誘引しないと近所迷惑になるので悩む所です(^^;

ROUGEさんへ

おはようございます!
確かにプレートに盛り付けた料理みたい(笑)
紅葉を造形的に盛り付けて作品にするのも面白いかもしれないですね。
ここは堤防の斜面だったので、上の遊歩道沿いの並木から落ちてきた紅葉が穴に引っかかって、こんな風な配置になってました。後になって雨の切れ間にちょっと歩いてきたんだけど、既に雨と風に流されたのか、こんな様子はもうどこに行っても見られなくなってました。こんな些細なことでもタイミングのようなものがあるって事なんでしょう。
近くに紅葉の超有名処があったんだけど、みんなと一緒に同じ方向に向けてカメラを構えるのがどうも気が乗らなくて、ひとつには紅葉の写真といってもそんなに際立ったものが撮れるという気もしなかったこともあって、結局今年の紅葉はこのプレートランチ紅葉で済ませてしまいそう。同じ場所で同じ時に階段に降り積もる紅葉も撮ったけど、これは割りと誰でも撮ってそうです。

普通の写真とトイカメラの写真の中間くらいの写り方をするから、基本はトイカメラの写り方そのものなんだけどあまり押し付けがましくないところもあるのが扱いやすいカメラかな。ゴールデンハープはわりと気に入ってます。ヴィレッジヴァンガードだと2000円もしてなかったから、予備にまた買っておこうかなぁ。
絵画的なイメージに仕上げるというのはあまり意識してなかったけど、自分が狙ってる写真の撮り方を言葉にしてみるとまさしくそんな感じだと思いました。元々美術の領域の感覚の持ち主で写真のフィールドにはフィルムに興味を持ち始めるまではあまり関心がなかったから、今でもいかにも写真っぽい写真というのを撮る方向にはあまり興味が行かないって感じ。

こっちも天気悪いですよ。連休の頃から気がついたら連日の雨。4時頃にはもう真っ暗になるほど陰鬱な雲が空一杯に広がって陰気な気分になります。
パーフェクトにやろうとするとちょっとストレスになるところも出てきそうだから、負担がかからない程度に薔薇園作りを楽しめればいいと思います。嫌な気分はちょっと脇に置いておけるかもしれないし、気分って体の調子には結構影響を与えてそうだから。でも薔薇そのものの事情じゃなくて、他の事情でいくつかは諦めなければならないって云うのは、仕方ないにしても感情的にはあまり納得いかなさそうです。

No title

いいねいいね
道路脇とかにある凹み壁
枯れ葉だったり春は桜の花びらだったりが積もるよね
何とも風流だわ♪

みゆきんさんへ

こんばんは!
ちょっと面白いところを見つけたでしょ。
枯葉が溜まってなければこのくぼみ自体ほとんど注意を払わないと思うから、枯葉が気づかせてくれたって云う感じになるのかな。
まぁ気づかなくても何も不都合はないんだけど、自分の周囲の世界について、こういうことでも一つ理解したということになるんでしょう。
何だか自分はこの窪みに入る!とか決めて壁に収まってるようで、あぁ写真になりそうだと思いました。
桜も風情あるでしょうね。残念ながらここの並木は桜じゃなさそうだったけど。
結局紅葉は、気分的にはこれで終了したって云う感じです。どうも人の集まるところに行く気になれなくて、今年は何だか一段とそういう気分が強いみたい。

No title

その気持ちが分かるわ
私は冬は閉じこもりよ
お店してた時は、何処にでも出没してたけど
今はすっかり静かな暮らし

彗星さんの写真は、どれも昔の無垢な自分だった時代を振り返るわ
何て言うか、雪を純粋に綺麗って思えた時代
今は雪=雪掻きで嫌いの違いみたいな(。▰´▵`▰。)

みゆきんさんへ

こんばんは!
カメラ持ち出してからはいろいろと動き回ってはいるけど、基本的には本読んだりするのが好きなインドア派だから、そういう気質が、この紅葉の時期にちょっと顔を出してるという感じもあるかもしれないです。
北国は冬の間は外出するとなると相当の覚悟が必要なんじゃないですか?

何だか記憶の隅を刺激するような感じなのかな。
あまり生々しい現実を撮ろうという感じでもないから、自然にそんな形になってるのかもしれないです。
目の前のものしか写ってないはずなのに、そういう思いを呼び起こすものも一緒に重なって写ってるというのは写真の面白いところなんでしょうね。

No title

置手紙が不調だね((+_+))
今日は小春日和なの
最高♪
ポカポカ陽気で嬉しいな♪

No title

はじめましてこんにちは。

トイカメラは何も考えたくない時、疲れてる時…
でも写真は撮りたいって時に最適ですね。
出来上がった写真は、なんじゃこりゃが多いですけど。

前回の記事に載ってたカメラうさぎ!
色々なバージョンがあるのは知ってましたがこれは知らなかったです。
かわいいなー、欲しいなーとネットで探していたらメルカリで見つかりました。
即購入、到着待ちです。
手に入れるきっかけになった薄荷グリーンさんに感謝です。

みゆきんさんへ

こんばんは!
おきてがみ、繋がらないんですよね。昨日の夜中に気づいたんだけど、いつからこんな状態になってるのかな。
今これを書いてる時もまだ復旧してないし、おきてがみで足跡をつけてくれてる人のところに訪問できなくて困ってます。
おきてがみそのものも何だかもう何年も動きらしい動きもないし、ひょっとして廃止する前段階じゃないかって思ったりしてます。
あし@が廃止になった後はそれなりに重宝してるんだけど。

こっちも暖かい一日でした。空は雲ひとつない青空。かえって写真にすると面白くない空でした。
やっぱり冬よりも暖かいほうがいいですよね。春が、だから気分的にも一番好き。

今日は八条辺りを歩き回ってたんだけど、何だか異様に警官の姿を見ました。道路の要所要所だけでなく脇道に入っても巡回してる警官に出会ってばかり。むこうは「こんにちは♪」なんて声をかけてきてくれるけど、こっちはいつ撮った写真を見せろと言われるか、云われたってフィルムだから見せられないんだけど、ドキドキして歩いてました。今日はあの辺りで何かあったのかな。

atushiさんへ

はじめまして、こんばんは!
コメント有難うございました。

トイカメラ、気分転換にはいいですよね。使ってみると、ただのおもちゃみたいなカメラなのに、どんな写真が撮れるかって云う楽しみは意外と大きかったりするし。
トイカメラを毛嫌いする人に言わせるとPCなり使えばトイカメラ風の写真はいくらでも出来るということなんだけど、確かに周辺光量落ちだとか、似た写真にはなるけど、そういう加工をやってみてもワクワクしないしちっとも面白くないんですよね。
わたしもなんじゃこりゃの写真、量産してます。単純なカメラだからそれなりに見られる写真を撮ろうとすると逆に難しいところもあって、何しろこの明るさだと暗くて写らないって云うことさえシンプルすぎるカメラは教えてくれないから、この辺の判断はある程度カメラ使ってないとなかなか難しいところだと思います。

カメラうさぎ、記事ではホワイトと書いたけど、正確にはカラフルですね。
それはともかくカメラの確保、おめでとうございます。手に入って良かったですね。
わたしのはいつものヴィレッジ・ヴァンガードだったんだけど、店においてあったのは二台で、そのうちの一つを私が確保、残りの一つもそんなに間をおかずに店頭から消えてました。それ以降店で見ることもないし、アマゾンでも品切れ状態のままだから、手に入れるのは結構難しかったんじゃないかと思います。カメラうさぎでも他のは単色のカメラでこんな多色の配色になってないから、カラフルのはちょっと特別な印象ですよね。
気に入ったカメラを持ってると、気分も明るくなって、いい写真が一杯撮れるかも。






No title

ここの写真、どれも好きです。
いつも不思議な気持ちになるんだけど、今回のはどれも高校生だったころのマラソン道で見た景色に似てるの。
・・・って、わからないですよね。ごめんね。
や、でも、ほんと、タイムスリップする。

あなたの写真は、見る人を別のところへ連れてってくれる。
万華鏡みたいに、ひとつの破片がたくさんの鏡に反射して、別の景色を見せてくれるような。

さよさんへ

こんばんは!
マラソンやってたんですか。わたしは運動はからっきし駄目で、マラソンとかテレビで見たりした時はいつも、よくもまぁあんな距離を走れるものだと感心するばかりです。しかも普通にかなり早く走ってるようなスピードだから、息が上がらないのが本当に不思議です。

写真のほうは何か伝わっていくものがあったようでよかったです。わたしには意味があるんだけど、他の人はどうなんだろうと、ブログに載せるたびに思ってるから。
体験としては個別のものとして彩られたはいるけどみんながどこかに持ってるもの、そういうものに繋がって行く感じなのかな。感覚的な作業はどれもこれも孤独なものだと思ってるんですけど、そういう行為でもどこかで孤独な枠を超えて共鳴するものが出来上がってくる、こういうのが写真撮ったりすることの意味なのかななんて思いました。

実のところわたしの撮るような形の写真は一枚一枚はそんなに力があるものでもないし、テーマを背負った際立つものでもないと思ってます、だからよくこういうテーマで撮ってみてくださいなんて提案されたりすると、とたんに困ってしまうんですよね。一枚にある種完結したような内容を乗せて写真を撮れないから。
一枚一枚は本当に断片的なイメージだけど、複数の写真が集まって何かが形を成してくるっていうような撮り方だと自分では思ってるから、破片が反射しながら別のものを見せるって言うのは、わたしが自分の撮る写真についていつも考えてることを的確に表してるって思いました。どうも有り難う。
とても詩的なイメージの文章で、わたしの写真にも詩的なイメージが追加されそう。、
破片が鏡を通して反射させて見せる光景が一体どんなものなのか、撮った本人も予想できなかったりするので、実は自分でも楽しみだったりします。
非公開コメント