ごろりん猫と、どぎまぎ写真 + The Modern Jazz Quartet - I Should Care

まずは目の前に登場
まずはのっそりと目の前に登場。
ここでこの時メインで撮ってたカメラのフィルム終了で、もう一台持ち出していた別のカメラと慌てて交換する。

2013 / 05 / OLYMPUS μ ZOOM 140 / ILFORD XP2 SUPER



ごろごろ開始
こちらを向いて道端のコンクリートの窪んだところでごろりん開始。




我に返る
ひとしきりのごろりんが終わったら、やおら我にかえったように、じっとこちらを見つめ始める。何か期待されてる予感・・・

2013 / 05 / Konica Bigmini F / ILFORD XP2 SUPER

☆ ☆ ☆

よく拝見させてもらってるラサさんの写真ブログ、「彼岸にて。
日常の視線を丹念に拾い集めて、エッジの効いたスタイリッシュな写真へと繊細に組み上げていったり、また遠い地へと誘う旅行写真なども掲載されていたりと、色々と守備範囲の広い写真が楽しめるブログで、なおかつラサさんがフィルムの使い手なのも個人的には心強い。そのラサさんのブログで先日ごろごろする猫の写真がアップされて、これをみた時にそういえばわたしもごろごろする猫の写真を撮って、撮ってはみたもののここには出しそびれて、そのままになっていたなぁと思い出して、ちょっと便乗させてもらおうと思った。
ということで以前に撮ったフォルダから引っ張り出してきたのが今回の写真となる。

2013年の頃に中書島辺りで出会った猫。脇のアパートの影からのっそりと出てきて、目の前まで来てからごろりんし始めた。
わぁ、一体何が始まったんだと思いながら目を見張ってると、急に起き上がってじっとこちらを見つめ始める。今でこそある種の親愛の情だとか遊んでくれって云うようなサインらしいというのは薄々分かるけど、この時はまるでこの猫に何が起こってるのか見当もつかずに、暫く睨みあいして動くことも出来ないうちに、猫のほうから興味を失ったかのように視線をそらすと、またのっそりとどこかへ歩いていった。
こちらといえばまるで初対面の人を前にしてどうしていいのか分からずに立ち尽くしてしまったような状態だった。猫とか飼ったことがないから、向こうからアクションを起こされても事情がさっぱり分からなくて、猫相手に愛想笑いでもしてしまいそうなくらい緊張する。

☆ ☆ ☆

ゴロゴロ猫2





あぁ何だかつまらない
ごろりんしてみたけれど、何だかつまらない。

2014 / 02 / CANON AUTOBOY FXL / Lomography Colornegative 400

☆ ☆ ☆

こっちは伏見稲荷大社にいる猫。わたしは裏参道と呼んでるけど、どうも裏参道と云うのはわたしが思ってるここのことじゃないような気もする。まぁそれはともかく稲荷山へ登る鳥居の参道から分かれてる道で、住宅地の中を通って鳥居の参道とは別ルートで、伏見稲荷大社に繋がってる。住宅地の中にもかかわらず、伏見稲荷の管轄じゃない神社が鈴なりになってる面白い坂道で、ここには結構野良猫が住み着いていたりする。これを撮ってたのは2014年のことで、でもメンバーは変わってるかもしれないけど、今でも野良猫は結構眼にすることが出来るんじゃないかな。人を見てもみんな急いで逃げないくらいは人に慣れてる。
この頃気のすむまで写真撮ってからは撮影場所を変えてしまったから、それ以降稲荷大社へはほとんど行ってないけど、眼力社とかまた参拝しに行きたいな。でも久しぶりに眼力社のある稲荷山の中腹くらいまで登るのは結構大変そうだ。


☆ ☆ ☆


The Modern Jazz Quartet - I Should Care


Youtubeにあったのは、オーディオの性能を見せる動画のようだ。このレコードは録音の良さでも知られてるから、サンプルにはちょうど良かったのかな。
MJQはスーツ着てジャズを演奏してるイメージで、優等生的な感じがもう一つ馴染めず、このレコードしか聴いたことはない。
ただそのたった一枚聴いたレコードにお気に入りの演奏が収録されていた。
ミルト・ジャクソンには悪いけど、ヴァイブの演奏はあまり感覚にはヒットせずに、ただもうひたすらジョン・ルイスのピアノが好きな曲だ。
歩くくらいのテンポで体のリズムに寄り添って進むような曲に自在のタイム感を織り交ぜて、シングルトーンのキラキラしたピアノの音が輝きながら降りてくる。
中盤から始まるピアノのソロはスケールの中の音を適当に拾って手癖で弾いてるようなのとは大違いで、本当に良く歌う。歌心にあふれたフレーズを紡ぎだしてくる。



ヨーロピアン・コンサートというタイトルのレコードだった。わたしはこの曲が入ってるレコードばかり聴いてたから忘れてたけど、二枚組のレコードとなってる。
収録されてるもので、他には「I Remember Clifford」も良く聴いてた。まぁかなり似た演奏だったんだけど、ミディアムテンポでシングルトーンのピアノが歌う、こういう曲調の音楽が好きなのかも知れない。

ちなみに「I Should Care」はセロニアス・モンクのソロピアノにも独特のリリシズムに満ちた演奏があって、こっちも好きだ。



スポンサーサイト

コメント

No title

表情豊か!
こういうのも好きです。
何考えてるんだろ?なんて思いながら見るの、楽しい。
あとは、、あなたがこの猫と向かい合いながらどんな顔してたんだろ?とか想像するのも楽しい。

さよさんへ

おはようございます!
最初の猫の2枚目の表情とか面白いですよね。もっと近寄って撮ればよかった。と今では多少余裕持っていえるけど、近寄ったら絶対に逃げると思い込んでるから、慣れないとこの辺が限度でした。この後急にまじめな顔になってこちらを見つめ始めた時はもう本当にタイトルどおりドギマギしてしまいました。
言葉で喋ってくれないから本当に何考えてるんだろうなぁって想像しますよね。まぁそんなに難しいことは考えてなくて、大抵は御飯頂戴かいっしょに遊ぼうくらいだと思うんだけど。
二番目の猫の時は慣れたというよりも向こうから積極的に近づいてきて、もう状況の流れるままに身を任せてたという感じでした。この距離まで自分で近づくとなると、これは今でも緊張すると思います。

わたしの表情ですか(笑)猫との間に何が起こってるのか理解できなくて、どうすればいいんだよ!と絶対に緊張で強張ってたと思います。その癖気まぐれな猫の気分で、もう飽きたとばかりに足元から去っていかれると、もっとここにいて!と未練がましい気分になったりするんですよね。猫相手に嵐の海に出た小船のような感情揺れ具合で、疲れます。

No title

あははっ
彗星さんに気づくのが遅すぎ
ハッとしたら“あら居たの?”な顔に爆笑
たまに動く被写体も面白いね♪

みゆきんさんへ

こんばんは!
そういえば二枚目の写真とか、かなりプライベートな時間で好きなようにリラックスしてるような感じですよね。そして、プライベートだと思ってたのに、気がつけばわたしがカメラ持って凝視していて、ハッとしてるのが三枚目という感じ。いろいろ状況を読み取れそうでなかなか面白いです。一枚だけで完結してる写真だとこういう見方はなかなか出来ないから、組み写真みたいにして複数の写真で何かを作るというのも楽しいかもしれないですね。
それにしても改めて見てみると結構表情豊かな猫だなぁって思います。思い出したんだけど、この状況を撮ったのと別の日にまたこの猫に会えるかなと思って同じ場所に行ってみたんだけど、結局会えなかったです。
動く被写体も面白いですよね。良い瞬間を撮るのは無茶苦茶難しいけど。デジは残り枚数を気にしないで連射できるから、動きのあるものを撮るのは適してるようだけど、フィルムはかなり難しいです。でもデジのない頃はフィルムで決定的瞬間を撮っていたんだから、出来ないことはないはずで、そのうちまた動きのあるものに挑戦してみようかな。

No title

こんばんは~
これですね!
一枚目の、のっそり感好きだなぁ。
二枚目のなんとも言えない表情もいいですね。
三枚目、縮まない距離感が愛おしいです。
猫撮る人にはわかる感覚。

カラーのにゃんこはコレでもかってほどかわいいですね( *´艸`)
お腹さわって~遊んで~ってところでしょうか。

あ、私のブログを素敵に紹介してくださってありがとうございます!
恥じないようにいい写真載せていけたらなと思います(*^^*)

ラサさんへ

こんばんは!
これなんです♪わたしのほうにしてみれば何だか今回の写真を表に出すきっかけを貰ったような感じでした。
最初のは撮った時はそうでもなかったのに、今回続きもののような感じで出そうと思って眺めて見たら、猫の姿勢というか動きの形が結構綺麗に決まってるなぁと再認した感じでした。動きの質感が出てる絵になってるように思います。
次のはやっぱりこの表情ですよね。これはもうちょっと近くで撮りたかった。
猫と対峙した時の距離感とか、ちょっと真剣勝負してる時の間合いの計り方のようなところがありそうです。この一歩を踏み出すと猫がどう動くかとか、考え出すとなかなか動けなくなるというか、飼い猫でこんな間合いとか考えるはずもないので、野良猫相手の感覚で、でもこの間合いの計り方で四苦八苦するのもある種の猫との会話になってるのかも知れないですよね。

二匹目のは猫のほうが随分と積極的でした。向こうから足元に擦り寄ってきた感じ。その前にやっぱり見つめあって立ち尽くす時間があったんだけど、この猫のほうがわたしを受け入れる判断をしてくれたようでした。
人馴れしてたのかな。でもまた行ってももう憶えてくれてないだろうなぁ。

ちょっと紹介したくなって、こういう記事にしてみました。
わたしも良い写真を撮っていきたいです。撮ってる時の楽しさが伝わってくるような写真とか撮ってみたいですよね。

No title

猫の表情に危機感がないですね~仲間だと思ったんじゃない?つまり~優しんだ!

和さんへ

おはようございます!
基本的にはまず逃げられてるんですけど、たまに動じないか向こうから近づいてくる猫がいるんですよね。仲間と思われてるなら楽しいんだけど、何だか無害なやつ程度に思われてるだけなんじゃないかな。
近づいてきてくれるのはいいんだけど、こっちはそれからがどうしていいのか分からないので、暫くしたらつまらん!とでも絶対に思ってる様子でどこかに去って行ったりします。懐いてくれた分お返ししたいんだけど、その思いはどの猫に対しても未だに返せてないです。
屈託なく犬猫の写真が撮れる人は、これはある種の才能なんじゃないかなと、自分で撮ってみて痛感します。撮るうちにコミュニケーションも上手くなっていくかな。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

こんばんは
明日来客があるのでキッチンから部屋から掃除してたらそのうち窓まで拭き始めて収拾がつかなくなってきました。明日は野良仕事はさぼりということで今夜は徹夜かな。
ちょっと休憩でパソコン開いたら二番目の猫の写真で噴出して和みました

さて、またおっぱじめよっと

sukunahikonaさんへ

こんばんは!
やりだすと徹底的にやらないと気がすまない時ってありますよね。それが掃除の時にやってくるとはちょっとした災難のような気がします。わたしは眼に見えてるところだけ体裁を取り繕ってお終いというのが多いけど。
というか徹底的にやりたいと思ったとしてもこの2,3日の急激な酷暑化だとわたしの場合は気力がそがれてお手上げになるかな。
とにかく湿度80パーセント気温32~3度なんていうのに見舞われて、早くもへたってます。
二匹目の猫は写真の並べ方でちょっとコントみたいになってるからかな。この猫、すごい人懐っこい猫で、目が合った後ほとんど時間を置かずにわたしの足元まで近づいてきました。今でも憶えてくれてるとは思わないけど、また遭遇してみたい猫です。
でも猫の写真とか全部猫に持っていかれるというか、どんな撮り方をしてもさまになるから、被写体としてはあまりよくないんじゃないかとも思ってます。ここは猫の存在じゃなく写真の存在で視線を虜にしてみたいかな。
非公開コメント