村時雨 + Melt-Banana - Free The Bee

·村時雨
2016 / 08 / Kodak Pony 135 / Kodak Super Gold 400





レジの光景
2016 / 08 / Kodak Pony 135 / Kodak Super Gold 400





かき氷とわらび餅
2016 / 08 / Kodak Pony 135 / Kodak Super Gold 400


ある日京阪の祇園四条で電車を降りて地表に出ようとしたら、地上は土砂降りの雨の真っ最中。これはその時地下から外に出る階段の途中で雨宿りしてる人を撮ったものだ。京阪が地下に入り込む東福寺の辺りは雨なんか降ってなかったのに、歩いてでも行けるくらい近距離の駅三つ分離れてるだけで、やかましいほどの音を立てて降る雨に取り囲まれていた。
まぁ、通り雨だと分かっていたから大人しくここで雨宿りしてたけど、思ったとおり程なく雲が切れ始めて、鴨川を眺める場所まで傘無しで出てこられるようになった。

夏のイメージは輝きに満ちた青空だとか、その青空で引き立つ入道雲だとか、降り注ぐ光の中で版画のようにくっきりとした影が作る超現実的な様相だとか、そういうのが頭に上ってくるものの、実際はあまり天気がよくない日のほうが多いんじゃないかと、冷静に見渡してみるとそんなことに気づき始めたりする。
湿った空気で大気が不安定だとか、そのせいで午後を少し過ぎた辺りから必ず薄曇の空になったり、この時のようにいきなり暗雲立ち込めて大雨が降り出したり、台風がきたりとか毎日そんなのばかりで、一面の輝きに満ちた青空なんてどこが夏の代表的なイメージなんだよと云いたくなってくる。誰に向かってなのか自分でも分からないけど、ともあれ一言云ってみたくなる。
カメラ持って出歩いてると、こういうことにはかなり注意深くなっていたりするんだな。

三枚目のは祇園白川の路地なんだけど、路地の向こうの出口のフレームの中を誰か横切らないかなと、いかにもベタなイメージを作ってみようとカメラ構えて待ち構えていたのに、こんなに観光客がたむろしてる中で、なぜか誰も通ってくれなくて、もういいやとシャッターを切ってしまったものだ。

☆ ☆ ☆

使ったのはコダックのポニーというカメラ。
kodak pony
軍艦部のミント系の配色と素材感が、どこかデボネアを思い起こさせて、トイカメラっぽい印象もある。見た目はちょっとチャーミングでまぁ確かに幾分かはトイカメラ的な部分もあるにはあるけど、一応きちんと作られた大衆カメラの一つといったところだろうと思う。昔のコダックのカメラで、当然コダックのフィルムの販促用途という目的を背負ったカメラだったので、写りに関しては見かけのトイカメラ風によらず結構しっかりとしている。といっても特徴があるかというとそれほど印象に残る絵を作ってくれるわけでもなく、味のある線を描けないけどそっくりに描くのは上手い絵描きが描いた絵のような感じか。最近家のスキャナーの調子が最低状態なので、フォトハウスKで現像してもらう時に一緒にデータ化したCDを作ってもらってる。そのデータ化してもらった結果の写真と、宥めすかしながら使ってみた家のスキャナでの結果の写真の印象が随分と違っていた。線を描く訓練が不十分な絵描き風の仕上がりはデータ化してもらったほうで、ここに上げてるのは家のスキャナーによるものなんだけど、こっちはそんなに新米の絵描き風でもなくて、どちらがよりフィルムに定着したものに近いんだろう?

うちのポニー135にはシャッターに若干難があって、バルブ以外4種類ある速度のうち最高速はまぁまともに動いてはくれるんだけど、それに続く中間速2種はたまに閉じるのがかなり遅くなる時があり、最低速はまず開いたきりで閉じてくれない。このたまに設定どおりに閉じてくれないというのが曲者で、最低速のように絶対にまともに動かないなら使わないんだけど、ほとんどは動いてくれるものだから排除することも出来ずに、この中間速のシャッタースピードを使う時はロシアンルーレットのようにスリリングな体験となる。
あと使いにくいというほどではないものの距離の表示がメートルじゃなくてフィートの表示になってる。これは1フィート約30センチとみなしてると、3フィートで約1メートルと、距離の目測に利用する程度のメートルへの換算はそんなに難しいわけでもなくて、すぐに慣れてしまうから、フィート表示のクラシックカメラもそれで敬遠するのは結構もったいないんじゃないかと思う。

こんなことを書いたから、予想できる通り、ポニーは目測のカメラだ。
子供用のトイカメラといい、こういう一般的な大衆カメラといい、プロカメラマンを相手にしているわけでもないカメラで、被写体までの距離を決めるのに目測が使われていたのが今もってどうも不思議で、昔の人は苦手意識もなく当たり前のように平気で、あの柱までは4メートルだなとか目測していたんだろうか。目測とかもうほとんど特殊能力で、なんだか一番難しい方法のようにも思えるんだけどなぁ。
もう一つ、ポニーのレンズは50mmで、こういう類のカメラではちょっと珍しい画角となってる。これが結構使いやすい。もっとも被写界深度を利用した目測となると、標準のレンズを使ったために広角のレンズほどには簡単ではなくなるところはあるんだけど。

☆ ☆ ☆

オークションを利用し始めてから、やたらとカメラが増えてきている。それも安いカメラばかり。出品されてるのは中古屋からさらに投げ出されてきたものとか、大抵ろくでもないものだと分かってるんだけど、使ってみたいと思っていても、そう思ったちょうどその時にその目的のカメラがリアル中古カメラ屋に都合よくおいてある可能性もほとんどない状況で、そういうものが出品されてるのを見ると、オーバーホール前提の代物だと分かっていてもやっぱり興味を引く。
一応ね、そんなにカメラを増やしてどうするんだとも思うところもある。何しろいくらカメラを持っていてもシャッターを押す指は一本しかないわけだし。
でも次にフィルムを入れるのはどのカメラにしようかと迷うのは結構楽しかったりするんだな。持ってるカメラが一台しかなかったら迷うわけにも行かないから、この迷うためにだけ数を増やしていると云ってもいいかもしれない。


☆ ☆ ☆


Melt-Banana - Free The Bee

意外と多彩な音を出してるノイズ・ギターと発狂した鶏のようなボーカルがかっこいい。特にボーカルはまるで声量がないんだけど、その声量のなさを逆手に取ってるような歌いっぷりが浮き足立ったようなドライブ感を生み出して面白いと思う。
ギターの人はこのマスクと帽子はやめたほうがいいと思うんだけどなぁ。あまり音楽にあってないような気もするし、顔を隠すにしてももっとケレン味のあるスタイルにしないと、それ普段着だろうと云いたくなるほど、あまりに華がない感じがする。

で、写真でこういう感じのものを撮るとするならどんな感じの写真になるんだろうかと思う。我が志向の一部は確実にこういう方向に向いているし、ゆるくてふわふわしたものよりもこういう世界のほうが居心地がいいところもあるんだな。







スポンサーサイト

コメント

No title

雨宿りだったのね
地下まで行列が出来てるなんてどんな店?って思っちゃった
雑誌に出てくる一コマって感じ
路地って昭和まんまで素敵だな^^

みゆきんさんへ

こんばんは!
凄い雨でした。カメラ持ってるから雨が降ると絶望的な気分になるんですよね。カメラとかほとんどが外で使うんだから基本的に防水にしておけばいいのに、説明書にはちょっとでも水に濡れると故障するようなことが書いてあってユーザーに恐怖心を与えて止まない感じがします。
この時は選択肢はもう一度電車に乗って帰ってしまうか、止むまでこの場所で持ってるかのどちらかでした。一応こういうときも写真に出来るだろうなと思って、帰らずに写真撮りながら雨宿りしてたっていうわけです。これ、雨の写真なのに、あえて雨そのものは写してないんですよね。ちょっとひねくれた撮り方をしてます。あとフレームの中にもう一つフレームを作るやり方だけど、イメージ的にはわりと上手くいったんじゃないかと思います。大胆に場面を占める黒い天井と蛍光灯の直線は結構かっこいいでしょ。
といいつつ店に並んでる人にも見えますよね。もうちょっと雨の要素を暗示的に入れておいたほうが良かったかな。
二枚目は確かに雑誌なんかに出てきそう。ゆるい感じの優しい写真を撮ろうと思って撮った一枚だから、意図は上手く盛り込めたということなのかな。
この辺りは観光地の一角だから路地もいかにも京都っていう感じの雰囲気になってますよ。店も出てるんだけど、昔から住んでる人の生活の空間って言う雰囲気もあるし、細い路地とかビルとビルの合間の路地とか歩き回るのは面白いです。

No title

ここでは、勝手にドラマを作りたくなるのですね~
私も偶然みゆきんさんと同じ思いでした。
新しい古いカメラは多くのドラマを秘めて、グリーンさんと出会い、また新しいドラマを作る。

このカメラさんは、グリーンさんと新しい仲間(他のカメラ)との出会いをきっと喜んでいるでしょう。

和さんへ

こんばんは!
写真もたった一つのイメージに過ぎないものだけど、含むものが多い時があって、色々な角度で眺められ、それなりに異なった印象で把握できるものになることがあるんですよね。そういうことを意図して写真を撮るわけじゃないんだけど、結果としてそういうものが出来上がる時があって、そういうのは撮った本人にも新鮮に見えたりすることがあります。自分で撮っておきながら、そして自分の写真として成立させようと思いながらも、自分の思惑よりも広がったものが出来上がる。それはわたしの場合は面白がれるし、むしろ自分の存在のようなものをもっと透明化していくほうが写真としては面白いものが出来るんじゃないかとも思ったりしてます。
新しい古いカメラ!なんだか面白い表現!
こういうのも確かに出会いだしドラマチックでさえありますよね。以前半世紀ほど前に作られた国産の二眼レフの話を書いた時、遠い昔に諏訪のどこかで生まれたカメラは今この時代にわたしの手元に辿りつくなんて思いもしなかっただろうなぁって。諏訪で生まれてからわたしの所にやってくるまでどんなものを見てきたんだろうか、ちょっとカメラに聞いてみたい気がします。
このカメラは50年ほど前のアメリカ生まれだから、わたしのところへやってくるまでの旅路はもし知ることが出来たら結構な冒険物語のようになるんじゃないかなと想像しては楽しんだりできそうですよね。

No title

カメラで雨の空を撮ったら素敵綺麗かも
けどカメラが壊れる?

みゆきんさんへ

こんばんは!
実のところ雨そのものは以前撮れるかどうかやって見たことがあったんだけど、上手く写りませんでした。
土砂降りの雨の時にフラッシュを当てて撮ってみたけど、落ちる雨そのものを写すのはまるで駄目。夜に空から落ちてくる雪はフラッシュを使うと結構面白い写り方をするので、雨でもいけるかと思ったんですけどね。
水溜りの波紋だとか行きかう人がさす傘だとか、間接的に写すほうが上手くいきます。
そうは簡単には壊れないと思うけど、やっぱりカメラが濡れるのはかなり怖いです。かといって傘さしてカメラ構えるのも腹が立ってくるほどやりにくいし、完全防水のカメラに全身雨合羽、これでようやく雨の日にカメラ持ち出せる状態になるんだけど、雨そのものが上手く写らないのを体感してるから、そんな大層な出で立ちで写真撮りに出かける気にはならないです。後のカメラのケアも大変。
でも雨の街とかは風情があるんですけどね。

No title

カメラ増えてきたんですね^^たしかにオークションだとお店にはないものも多いしお店にないようなものをグリーンさんは掌握してるんでなおさらほしくなるかんじでしょうか?

カメラが増えて今日はどれを使おうか迷ったときは2台くらいは持参していくんですか?まあ2台だと荷物になりますもね。

私は最近はリュックでお出掛けすること多いですよ。
リュックだと少々重くなっても楽なんでオススメです。かなりデカいリュックなんでカメラも何台も入りそうです。まあカメラ専用ではないんでカメラ同士がぶつかってしまうこともありそうですが。

オーバーホールには業者に頼んでるんですか?

えにぜんさんへ

こんばんは!
他の買い物でもネットだと種類が圧倒的に多いんですよね。気がつけばオークションだけじゃなくて他の買い物でも実店舗に行って買い物するよりもネットで調達するほうが多いです。実際の小売店はネット相手では勝負にならないんじゃないかな。
クラシックなカメラなんかだと欲しいものが実際の店に現れるって相当の幸運がないと無理だし、実はいくつか欲しいカメラはオークションでもあまり出てこなかったりしてます。イギリスのコロネットって言うカメラ、これ使ってみたいんだけど未だにオークションでもみたことがないです。
安いカメラ限定で増えてますよ。ローライだとかライカだとか外国の高級ブランドのカメラはオークションでも結局高価で、実物も見ないでそんな高価なものを買う気にはならないです。でもオークションのものが本当に安いかというと結局競り合いになったりしてあまり安価で落札できないのが多いです。
結構高いし、数を増やすのはセーブしないとと思ってます。ちょっと使ってみたい程度で買ってたらきりがないですよね。

2台くらいは必ず持って出てますよ。メインのものとサブのものっていう感じ。一つはコンパクトカメラにしてるから荷物はそんなに多くはならないです。いろんなレンズをつけた形で複数の一眼レフを首にかけてる人も見たことあるけど、ああいうのはちょっと異様な感じだしそれこそ重たすぎて嫌になるだろうからやらないです。レンズは交換レンズを一本くらいは持って出るときがあるかな。でも出かけた際につけてるレンズで撮りきる形にしてるほうが多いかも。身軽にしてたほうがフットワークのいい写真が撮れそうだし。

実はカメラ用のバッグとかいいと思うのがほとんどなくて使ったことがないんですよね。最低財布と傘くらいは入って欲しいのに、ガメラを入れることしか考えてないようなバッグばかりで買う気にならないです、おまけにカメラをバッグに入れるのって雨に降られた時とかだけで、動き回ってる時は外に出してるし。
だからわたしも普通のファッションブランドで売ってるようなリュックを使ってます。でもインナーボックスというのか、カメラ屋さんに売ってるカメラを入れるためのクッションはリュックの中に入れてますよ。これは使ったほうがいいかも。

オーバーホールは今のところやらなくてすんでるんだけど、そのうち必要になってくるだろうなぁって思ってます。古いカメラばかり使ってるから、本当はきちんと整備したらみんな凄い使い勝手が良くなるんだろうなと思いはするものの、やっぱり結構費用がかかるから多少おかしな部分があっても写真撮るのに不都合でなければそのまま使ってるのが多いです。
多少変なところがあるほうが変な写真が撮れたりして。

そろそろ涼しくなってきたら、トイカメラの類じゃなくて普通のカメラを持ち出してみようかなと思ってます。これだけ暑いと首にかけてるだけでも嫌になってくるから、早く汗をかかない季節になって欲しいなぁ。
それと夜に撮りに行きたい場所があるんですよね。ここは近々挑戦してみるかも。
非公開コメント