さらば夏の光たち

出町の夏空
2016 / 09 / Olympus Pen S 3.5 / Kodak SuperGold 400





夏草のベンチ
2016 / 07 / Konica C35 EF / Lomography Colornegative 400





夏の校舎
2016 / 07 / Konica C35 EF / Lomography Colornegative 400


語尾がちょっと違う吉田喜重の映画のタイトルやね。吉田喜重の映画はもう凝りに凝ったスタイリッシュな映像の集積物と云ってもいいような映画なので大好き。これは単純にタイトルとして思い浮かんだだけだったけど、思いついたついでに、映画のほうもまたちょっと見てみようかな。何だか内容よりもその内容を形にしている構造や形式のほうに反応しがちなわたしの性癖がよく出ている映画の好みのような気がする。

最初のは出町柳の辺りの鴨川、夏草のベンチと夏休みの校舎は藤森神社の近くで撮った。
出町柳は加茂大橋から鴨川デルタを望むようなロケーションを良く見るけど、わたしはむしろ鴨川デルタに降りて、出町橋のほうを向いた空間のほうが好き。以前大阪の大川を源流までさかのぼって写真を撮り続けていたことがあったけど、出来上がったのを見た時にその頃のことを思い出した。あの時は川と橋をうんと下に配置して空が圧倒的な分量で画面を占めるような撮り方を意図的にやってたんだけど、今回のはちょっと大人しめかな。9月に入ったというのに、この夏こんな夏っぽい空が広がったのを始めてみた。
ハーフカメラで撮るような対象でもないなぁと思ったものの、普通の一コマの半分しかフィルムを使わない細部の解像感のなさが、むしろちょっとした雰囲気を付け加えているかもしれない。

ついでに書いておくけど、ペンS3.5は今回も単体の露出計を持たないで使っていた。露出計のついてないカメラを使う時単体の露出計があるともちろん露出値はどうなんだと迷うことはない。でも実際はそんな細かいことを考えなくてもあるパターンを覚えておくとそんなに失敗もせずに写真を撮ることができる。
考え方は太陽の光線は場所によって色々と強くなったり弱くなったりといった風に異なるわけではなく、どこにいても光量は一緒、というのが元になっていて、感度分の16というのが有名だけど、わたしは「千八(せんぱち)」のほうを使ってる。
感度分の16は晴天の時に感度400のフィルムを使った場合、絞りを16、シャッタースピードを1/400にすると適正露出になるというもの、感度100のフィルムを使った場合は絞り16、SS1/100となる。一方「せんぱち」のほうは感度400のフィルムを使って晴天の時に絞りを8、シャッタースピードを1/1000秒にすることで適正露出になるという設定方法だ。感度分の16は自分でやってみた感じだとアンダー気味になるように思えて、ネガを使う分には、こっちは逆に若干オーバー気味になるんだけど「せんぱち」のほうが破綻してない絵に仕上がる感じがする。フィルムは露出オーバーの方向での許容量はかなり広いから、失敗も少なくなると思う。ちなみにわたしの持っているニコンF3の露出計は「せんぱち」のほうの値に近い結果を示す。
で、晴天の時の露出設定、感度400のフィルムを使って絞り8、SS1/1000を基準にして、曇り、日陰はそこから二段開く、さらに夕方はその基準から三段、実は眼で見てるよりも意外と暗い室内で五段、夜は八段、逆光時はこの基本パターンにプラスしてさらに一~二段、それぞれ開く、とこれだけのパターンが頭に入ってるだけで、大抵の状況で本当に写真が撮れる。日がさしている場所と木陰のような場所が半々くらいで混在してる時は一段程度開くなんていう風にパターンを増やしていくと結構ニュアンスも拾い上げるような撮り方さえできたりする。
露出計のついてないクラシックカメラを使おうと思うなら、高い単体露出計に手を出す前にこういう方法を試してみるのも一興。こんな厳密性に欠けたやり方でも、意外にまともに撮れるから、結果に吃驚するかも。

面白いんだよなぁ。この簡単なパターンでも、知らないと昔のカメラは登攀不能な絶壁が立ちふさがってる如く、まるで何も撮らせてくれようとしないのに、こんな単純なパターンを知ってるだけで魔法のように写真を撮ることができるようになる。この違いの僅差が生み出す結果の格段の差。本当にこれは魔法の呪文なのかもしれない。


☆ ☆ ☆



いつの間にやら写ルンですの30周年記念バージョンの第二弾が出ていた。当然封入されてる記念グッズも第一弾のものとは違うようだ。
今回は違うカメラで撮った写真だけど、今使ってる写ルンですはあと5枚ほどで撮りきるので、撮り終えていいのかあったらまたここに載せてみるつもりだ。オークションで落としたカメラの試し撮りなんかしてたから、写ルンですは持って出てはいたけど、撮っていたのは単発的で、そんな使い方の結果として夏の始め頃からの季節一つ分の写真が詰まってるはず。正直何を写したかあまり憶えてないから、残り数枚早めに撮りきって現像に出すのが自分でも楽しみだ。



スポンサーサイト

コメント

No title

いやほんと、露出計に頼らなくても撮れますね。
というかむしろ、露出を測る、という一手間が、
観る&撮る=意思の強度、を大幅に削ぐように思います。
僕の場合古いライカやローライでしたので、
ASA400で晴れならF11•1/500、快晴でF16。
曇ればF5.6•1/250、影になれば1/100。
雨の日はF4•1/100とかで充分撮れますよね。
何よりも、露出計持たないってだけで気持ちが軽いです。

で、ジョーカー経過報告ですが、まだ見つけてません。
目星付けてた所には居らず.....中心部はみっちり捜索完了ですので、
次回は周縁部を絨毯爆撃的に攻めてみます♪(笑
でもおかげさまで、知らなかった物件を撮る、という余禄がありました。
おもしろミッション、おおきにです(^^。

halさんへ

こんばんは!
記事の説明でああいう風に言葉で説明してるとちょっと見にはややこしそうに見えるんだけど、実際にやってみると物凄く簡単なんですよね。慣れてくると本当に露出計がいらなくなってくるくらい自在に設定できるようになってきます。ここは一段開けるか二段開けるかと迷ったらとりあえずオーバーのほうを選んでおいたらまず失敗しないし。失敗したら失敗した時のこと、そういう時もあるわなぁ、なんてお気楽に構えてたらいいんじゃないかな。露出計があると安心は安心なんだけど、たまに確認する程度の使い方でも十分な気がします。
光を読んでるような気分になるのもなかなか楽しいし、そうやって撮った写真が上手く写ってたら、これまた結構な達成感もあったりして。
ASA400で晴れならF11•1/500、ってまさにせんぱちですよね。本当に魔法の呪文って感じ。
でもこれ開放マニアの人はちょっと戸惑うところがあるかもしれないですね。それとデジタルオンリーの人がこの話題を目にしたら、何をいらないことに労力をかけてるんだと思うかもしれないというところもあるかな。

わたしはアメリカ村を歩き回っていたけど、どこが中心部だったのかも分からずに歩いてました。今も中心がどこか分からないです。でもジョーカーに行き当たる時はあっけなく行き当たると思いますよ。第一そんなに入り組んだところじゃなかったもの。普段歩く時の癖のようなのがあってどうのこうのと記事に書いたけど、そんなのがジョーカーの近くまできては違う方向へ導いていってるんじゃないかな。
ともあれ歩き回ってると何かの発見はあるもののようで、新しい場所を見つけられて良かったです。見慣れた場所が多くなってくるとなかなか新鮮に写真撮れなくなってくる時があるから、そういう発見はありがたいですよね。

No title

上手だわ
夏の終わりと同時に青春の終わりも一緒
タイムワープしたらこんな感じだろうな
タイムマシンてやっぱり夢かな・・・?

みゆきんさんへ

こんばんは!
きっちり夏の終わりの感じが出てましたか。最初の写真なんかはいかにも夏らしい空なんだけど、でも元気一杯という感じでもなく何だかちょっとセンチメンタルなところも感じ取れるようなイメージだったんじゃないかと思います。学校も閑散として、確かに誰もいない、次元の狭間に置き忘れてきたような学校にタイムワープした感じですよね。くっきりと日の当たった向こう側とか木陰の自転車とか陰に沈む教室の気配とか、しんとしたちょっと非現実な印象の空間を作っているのが自分としては気に入ってます。
夏の終わりはやっぱり特別というか、生命感にあふれた季節だったからなのか何かが終了するっていう印象が強いですよね。いっそのこと卒業式もこの時期にやってしまうと意外とマッチしてるかもなんて思いました。
わたしもタイムマシンの話は結構好きで、色々と本読んでます。因果律を崩壊させるのが基本にあるから、頭が混乱するような話も作れたり、また過去へさかのぼる、実際には出来ないゆえにおそらく万人が持ってる願望を実現しようとする話に共感したりして、のめりこむ度合いはかなり強いです。
タイムマシン、本当に誰か作れないのかな。子供の頃に遊んでいた空間へともう一度行ってみたいです。
非公開コメント