化水幻戯

疎水 伏見付近1





反射する





水の影





水門





忘れ物



2016 / 12 / 墨染 (1)
2016 / 05 / 墨染 (2)
2016 / 12 / 墨染 (3)(4)
2016 / 03 / 墨染 (5)
Nikon Coolpix S9700 / 写ルンです シンプルエース400 / Olympus Pen S3.5
Kodak SuperGold 400


忍法の技の名前みたいなタイトルだ。とは云っても山田風太郎じゃなくて、元は江戸川乱歩から拝借してきた。山田風太郎は甲賀忍法帖のような有名なものもいいけど、わたし的には風来忍法帖が面白い。

京阪の線路と併走している疎水の、墨染を通り過ぎて伏見へとカーブしていくところ、関西電力墨染発電所のある辺りなんだけど、耳鼻科の通院後にたまに墨染から疎水沿いを歩くことがあって、これはそんな時に撮った写真となる。水門だとかの構築物はこの墨染発電所のものだ。実のところもっと水門や機械類を絡めて撮りたいんだけど、当然のことながら発電所には柵があって中に入れないようになっている。最後のは水は写っていないけど、この疎水と変電所の脇にある小さな公園のベンチに置き忘れられていたオブジェだ。
こういうのを見ると各オブジェを配置しなおしたくなる場合がある。以前紅葉のシーズンに地面に落ちたもみじの葉っぱを拾ってきては思うように並べて写真を撮っていた人を見たことがあった。そういうことにあまり抵抗がない人もいるようでも、わたしはちょっと抵抗がある。あまり自分色に染めてしまわない、目の前の空間をそのまま把握するって云う関わり方だから、目の前にこういう配置で存在したものはその配置にも何らかの蓋然性があると考えるほうで、この写真の場合もサングラスや、これはシャボン玉製造機なのか、奇妙なおもちゃの位置が多少バランスを崩していてもそのままにして撮っている。

水は被写体としては面白いね。水そのものは指の隙間から零れ落ちていくほど存在としての確固としたものがないにもかかわらず、反射、透過、屈折、波紋、揺らぎなどの層を通して様々の表情を見せてくれる。日常の当たり前に見るものから神秘的な印象まで、あるいはわたしにとってはさらに恐怖の対象としてまで、刻一刻と変化するその様相は見ていて飽きない。
たった100度程度の範囲で固体から液体さらに気体にまでその存在形態を変える物質は実はかなり特異な存在らしく、これ無しには生命は誕生し得なかったことも考え合わせると、水はある意味奇跡的な物質だ。水道の蛇口から毎日奇跡が迸り出てるんだと思うとなかなか楽しくなる。








スポンサーサイト

コメント

No title

確かにね~
日本は特に水が綺麗だから
逆に有り難味も薄いのかも知れないけど
何処よりも水が作る景色や恩恵を受けていると思うわ。

一枚目の写真はタイトルにピッタリ。
2枚目は説明無しに綺麗と思える。
好きなのは3枚目かな。
枯れ木が写り込んでいるのかな?
何となくホラーを彷彿させる(笑)

ROUGEさんへ

こんばんは!
川の畔とか結構好きなんですよね。意外と京都は川が流れていて、水辺で写真撮ってることがそれなりに多いです。去年の秋通っていた笠置も木津川が流れていたし。
当たり前にあるものとしては予想外なほど表情豊かで、フォトジェニックな対象だと思ってます。確かに当たり前にありすぎて有難みがないんだけど、その気になって眺めてみれば、色々と語りかけてくるものに気づくんじゃないかと思います。川でも海でもプールでも、何の写真を撮ろうかなと迷った時の頼もしい存在だったりするんですよね。
水の写真といえばこれだけは駄目だというのがあって、それはどういうのかというと、ソーメンみたいに糸を引いて流れ落ちてくるような写し方をしている水。これは水の写真としてはオーソドックスな写し方なんだけど、わたしが水として認識しているものはまるであんなイメージのものじゃなかったりして。

今回の写真は全部色の出方で細工してます。ニュアンスのある色味になっていると思うんだけど、どうかな。こういう色の感触の写真は相当の好みなんですよね。
三枚目のは発電所の何かの突起物と木立のはず。ここの並木は桜だから、春に桜が咲いているのを見に来てもいいと思います。おそらく完璧な穴場だと思いますよ。
波紋で分かると思うけどこの時水面を遊泳している加茂は二羽いて、二羽がフレームに入ってくれるのを相当粘ったんだけど、左のほうにいるのがどうしても思い通りの行動をしてくれませんでした。動くものがベストの位置に来るって云うの、わたしの場合はほとんどないです。こういう動くものを撮る時の幸運がもうちょっと欲しいです。
ちょっとモノクロっぽい印象になったから、ホラー物の世界の雰囲気が出てきたのかも。このまま視線を上げて黒々とした荒れた洋館でも出てきたりしたら、雰囲気満点ですよね。

No title

お久しぶりで~す^^
今年も宜しくねん!!
ところで彗星さんトコは初夏?

みゆきんさんへ

こんばんは!
本当にお久しぶりですね。今年になって初めてですよね。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。
それにしても元気にしてました?
わたしはまぁ寒さであまり動きたくなる時があるくらいで、基本的には元気なんでしょう。
で、寒くて外に出るのが嫌になる時があるくらいだから、当然の如く初夏じゃないんだけど、みゆきん産のところは初夏なんですか?

No title

早速水写真!
二枚目、とてもいいなぁ。
写真って不思議と自分の記憶と重なることがありますね。
その記憶が水の揺らめきとともに脳裏を揺らぎます。
水って本当に奇跡の塊。
その大事さは水を失えば誰しもがすぐに気づきますが、
日本のようにいつでも水が出るところだと、希薄になりがちですね。

ラサさんへ

こんばんは!
水辺とか結構好きなんですよね。京都は意外と川なんかがあって、川に沿って歩きながら写真撮ったりしてます。これ、ちょうど記事にしようと思って用意してました。
二枚目のは反射してる光が綺麗で撮ったものでした。撮った時は水面全体が眩しくてどんな写りになってるのか予測もできないままにシャッター切ったんだけど、反射はそれなりにいい分量で入ってる感じになってました。もっとギラギラしてるかと思ってたけど。
水の色もわりといい感じのニュアンスのある色になってるかなぁ。水の色も写真にしてみると本当に豊かに様々な色合いを見せてくれるんですよね。それとこれ、思い出したんだけど発電所の金網にカメラ押し付けて撮ったんだ。確かあまりファインダーを覗いて撮ってません。ということでこの結果はほとんど写ルンですが底力を発揮してくれたせいというのかな。このカメラ本当に侮れないです。

写真は個別の感覚に頼って撮るけれど、みんなが持っているかもしれない共通の記憶のようなものに繋がる時があって、そういう接点を持てるとそこからいろんな側面を予想外に広がってくれるところがありますよね。水はみんなの生活に密着している代表的なものだから、様々な豊かな記憶へとリンクしていくんでしょう。そういうみんなの記憶のようなものへ様々にリンクしていけるように写真が撮れるなら絶対面白い写真になると思います。

水は本当に奇跡の物質だと思ってます。宇宙的な規模で見ると水が液体でいられる温度の範囲は砂漠の中の針先のようにわずかな領域であり、その極微の温度帯域にいられるような位置に地球が存在するのもこれまた奇跡的な出来事だと何かで聞いたことがあります。それを知った時に水を取り巻く出来事すべてに奇跡が生じていると思ったことがありました。
あまりにも当たり前に周囲にありすぎてすぎて、これが物凄く貴重なものだとか、気にもしないんですけどね。
非公開コメント