鉱石のまどろむ夢 + Sailors Tale - King Crimson

平城山の壁





湾曲灯





雪模様の壁



2017 / 01 / 平城山
2016 / 12 / 京都駅
2016 / 12 / 八条
写ルンです シンプルエース400 / Nikon Coolpix S9700




無機的で硬質の幻想、狙いどころはそんな感じ。元々あまり主観に拘泥するほうでもないし、ドロドロベタベタの粘液質の幻想はわたしの資質じゃない。
ちょっとね、最近は画像への加工に対するリミッターが外れ気味だ。フィルムで撮った写真への加工は気分的にかなりブレーキがかかっていたのに最近はそうでもない。今回のは一枚デジカメで撮ったのが混じっているんだけど、むしろ一番加工しなかったのがこのデジタルの一枚だったりする。
自分が思い描くようなものに近づけられるならば、フィルムであろうとなんであろうと加工してみる。フィルム使いがそういう行為を許容して、どう云う地平を眼にすることになるのかは今のところよく分からないんだけど、ただ今自分を捉えてる気分なら何か自分にとって意味があるんじゃないかと思うところもあって、あまりそういうことに抗わないほうがいいのかなと、そんなことを考えていたりする。
だったら元々ほとんどリミッターがかからないデジカメで撮ればという声も聞こえてきそうだけど、フィルムで撮るほうが次元が異なっているんじゃないかと思うくらい面白いんだよなぁ。

最後のが暗いアートアニメーションの背景にでも出てきそうだ。こういうのは常に既存の被写体を与えられる構造の写真ではなかなか難しい。演出写真は大嫌いだけれどそんな方向へ向かわなくても、こういう類のものを撮るならセットアップすることも考えたほうがいいのかもしれない。

モノクロのフィルムはずっと自分で現像しているけど、このところの寒さで水物を扱うのが億劫になって久しぶりにモノクロ現像をフォトハウスKに頼んできた。でも話によるとラボのほうが現像依頼のフィルムを回収に来る日を減らしてしまったために、仕上がるのが半月くらい先になるらしい。リバーサルやブローニーを頼んだ時とは違うラボの袋を取り出していたから、モノクロはまた別の現像所になっているようだった。
既に頼んでしまった後だからこれは仕方ないんだけど、半月先というのはちょっと酷いなぁ。やっぱりモノクロは億劫がらずに自分でやるべきだなと思った。自分でやると乾燥させる時間は必要だとしても、あれこれ薬液をとっかえひっかえしている現像作業そのものは30分もあれば終わってしまう。さらに使う薬品はほぼ考慮する必要もないほど極めて安価だ。
回収する日を減らしてしまうくらいモノクロ現像を頼む人が少なくなっているなら、ひょっとしたら現像代も爆上げになってる?なんて考えると仕上がりの日がちょっと恐ろしい。

☆ ☆ ☆

何だかまたPCのスイッチが入りにくくなっている。何回押せば電源が入るかで今日の運勢が占えそうだ。
一年くらい前に一度修理してもらってるのに、Dellのこの機種のスイッチには弱点のようなものがある感じだ。一応この記事、予約投稿の扱いにしているので、PCの状態がどうであろうと投稿はできるんだけど、その後音沙汰無しになっていたとしたら、まずこれが原因になっていると思う。
一応保守サービスは去年に一年延長して今年の5月くらいまでは期間内なので、あまりに酷い状態になってきたらまた修理を頼もうと思う。一回で通電する時はまるで問題なく動き出すわけで、こういう状態は修理が頼みにくいんだけど。
ちなみにDellのサポートの評判は、非日本人が出てきて日本語が微妙に通じないとか云われていて最悪だけど、プレミア版のサポートで契約しておくと日本人担当者が時間無制限で対応に出てくる。つまり対費用で扱いに恐ろしい差がある。でもサポート料金とか基本的には捨てる覚悟のお金になりがちだし、かなり考えて自分はプレミアのほうで契約してはいるけど、保障であまり高価なのは二の足を踏むことになるんだな。


☆ ☆ ☆


Sailors Tale - King Crimson


掛け声が入っていることでも分かるように、これはライブ音源だ。レコードの時は最後の「S」がなかったような記憶がある、アルバム「Islands」に入っていたスタジオ録音のとはそっくりなようで細部は随分と違う。元曲ではギターと絡み合いながら併走していくメル・コリンズのサックスがここでは無くなっているし、またメロトロンのオーケストラ的な陰影付けもない。多彩さが半ば姿を隠してしまっている分、攻撃的で不安定なギターの音が前面に出てきているせいなのか、どこか神経がむき出しのままになっているような、ヒリヒリする感じが伝わってくる。
ブルースなんか爪の先ほども影響を受けていないロバート・フリップのギターが、遠くへ旅立っていた船乗りの持ち帰った、聞いたこともない不思議な話を語りかけてくるようだ。


ちなみにこっちはアルバム「Islands」集録の初出バージョン。サックスとメロトロンが絡み合ってくる。














スポンサーサイト

コメント

No title

鈍い色彩が確かに鉱物めいてますね。
花崗岩→黒曜石→蛇紋岩、みたい。
デジカメは真ん中ですか?

このトコロ、我が家ではフィルムカメラが幅を利かせています。
フィルム6台(写ルンです含む(笑)に対してデジカメ1台。
撮影もほぼフィルムになっています。

そんな中での写ルンです、面白いですね。
晴れの日以外は相当ローファイな画像になりますし。
この時点でもかなり禍々しい雰囲気ですが、
画像加工の素材としてもナカナカ面白そうです。
そんな気分ですので、頻繁にLomoが欲しくなる今日この頃です。
多重露光、例の二眼レフ巻き忘れで偶然やってもた(笑、
みたいなことしかありませんでしたし、狙ってやってみたいな、とか。
まあ、デジカメでもできるみたいなんですけども。
フィルムならば、今撮った写真の上に重ねて撮らねばならない、
(一旦巻き戻して、ベロ残して巻き戻し、再び装填して重ねて撮る、
という方法もあるそうですが.....。)
というのは解りますけども、デジカメなんだから、
カードに入ってる写真を選んで、その上に重ねて撮る、
みたいなことがなんでできないのかなと不満だったりします(笑。

halさんへ

こんにちは!
低彩度のイメージも結構かっこいいでしょ。色相辺りも手を加えたりいろいろやってこんなイメージになってます。最初の写真は美容院の壁だったんだけど、真ん中少し右寄りの遠くにタオルが並べて干してあるのは、これ本当の色は青色だったんですよ。加工していって自分が想像していた形や、思いもしなかったけれどこういうのが好きだっていう形で立ち上がってくると、これはもう単純にわくわくしてしまいます。指摘の通り真ん中のがデジカメです。でも今回はデジカメの画像はほとんど手を加えてないです。

ローファイのイメージはそういうカメラを使うにつれて破綻している部分も許容する領域が増えてきている感じかな。以前だったら光量不足でコントラストがまるで出ていない画像なんかは失敗扱いしていたけど、最近はそういうのも面白いと思うようになってます。
フィルムを出発点にする加工は最初のフィルムであるということが結構最後まで方向付けてるような感じもして、要するにデジタル写真に似たような加工してもこんな風にはならないって云うところがあるような気がして、フィルムを使う意味合いは絶対にあると思ってます。加工の素材としてのフィルムはかなり有能ですよね。
最近わたしも久しぶりにロモのカメラを使ってやろうかななって思ってLC-Aを手にとってみたりしてました。わたしのLC-Aはロモの復刻版じゃなく昔のロシア製のほうで多重とか出来ないやつなんだけど、今は流行りも過ぎて使う人も減っていそうだから、ひょっとしたら使い時かも。
写ルンですは次に使うためのパッケージを手元においてるけど、最近はAnny-35のようなローファイの極みのようなカメラが手元にあるからそっちを使うことが多くて、一休みという感じになってます。でもこれは本当に面白いカメラですよね。使ってみて「写ルンです」なんていう名前に今さらの如く感心するというか、使いようによっては驚愕するような結果をはじき出す時があって侮れないです。
デジカメ、面白い失敗が出来るような余地があればいいんだけど、そういう方向は開発している側から見るとまるで真逆の方向を向いているんだろうなぁと思います。失敗しても端正な失敗にしかならないというかな。破綻、逸脱といった方向への道筋を残してるのはやっぱりローファイのほうになるんでしょうね。

No title

ひょえ~
今日の写真はまたまた幻想的
なんだろ
またまた懐かしい気持ちになっちゃった
彗星さんにはいつも心を穏やかにしてもらっちゃってるわ^^

みゆきんさんへ

こんばんは!
今回のは意図的に幻想的な雰囲気にしてます。突飛でもないけど見慣れているかといえばそんなに見慣れてもいないイメージになってるんじゃないかな。元々幻想的なものは好きだし、どんな写真にもそういう味付けはどこかにほどこしてはいるんだけど、今回のはそういうのを正面に持ってこようと思って細工してました。こういうのって出来合いのものを被写体にして写す写真にとってはあまり得意な領域じゃないと思うんだけど、そういう限定の中でどれだけできるかって言うのも加工している最中は面白い関心事になってました。
ちょっと記憶の中へと向かっていくような方向性があるからなのかなぁ。シュルレアリスム的には無意識の領域へと踏み込んでいくなんていってしまうと結構かっこよかったりするんだけど、そういう無意識領域に繋がっているような幻想を作ろうと思うから懐かしい感じが出てくるのかもしれないです。
シュルレアリスム的な幻想写真、特に今風のテーマでもないんだけど、こういう方向で写真を撮ってみたいです。リアリズムって云うのはわたしの性じゃないです。リアリズムに一番直結しているような写真を使ってそんなことを考えてるのもまた面白いところだと思います。

No title

彗星さん展覧会やって
凄い写真ばっかり
人に感動を与えるってわんだふぉ~
写真集も絶対に良いよ♪

みゆきんさんへ

こんばんは!
展覧会、面白そうだけど結構お金かかりそうですよ。
河原町の画廊に貼ってあった案内だと1週間くらいで6万だったかなぁ。
でもいつかやってみたいですよね。
写真集は今有名になってる写真家でも自費出版って云うのが割りとあるようで、おそらくほとんど売れてないんじゃないかな。かなり有名でも初版を売り切ったらそれでお終いって言うのがほとんどだし、過去に出た写真集が欲しくなった時にまるで手に入らないのが当たり前みたいな感じです。
ちょっとね、もっともっと知ってもらわないと何でもそうだけど話にならないし、積極的にうってでることでも考えたほうがいいのかもしれないと思ったりします。

No title

石なのかと思ったら違うんだ。
これが全部、石で出来ていたら重要文化財だね。
鉱物・・・結構好き。
長い年月をかけて出来たものだから
思いが宿っていても不思議じゃないし
そんな事を彷彿させてくれる写真だわ(*^_^*)

ROUGEさんへ

こんばんは!
鉱石なんてタイトルつけてるわりに、石の写真は一つもないんですよね。でも鉱石が夢を見るって云うのはそんなに不自然にも思えなかったでしょ。
眺めていたら硬質のイメージだなぁとそんな風に思って、こんな感じに纏めてみました。硬質なイメージって言う観念は一番最後のがきっかけになってます。雪の結晶だから、石じゃないけどイメージとしてはそういうのに近いです。

思い返してみるとキラキラ光る石とか、まぁアクセサリーに使っているようなものだけど結構好きだったりするし、その石の中に封じ込めたものを、覗き込む眼に輝きとして見せてくれる様子はロマンチックで大好き。無機的なロマンチシズムとでもいうかなぁ、ちょっと矛盾してるようで、でもそういうあまり媚びてこないようなロマンチシズムは目指すものの中では一番大きな領域を占めているものかもしれないです。

今回のは色の感じも結構気に入った雰囲気になって出てきてます。最初のがそういう感じ。ちょっとノスタルジックで、でも単純に古びてるようでもない質感というか、これも鉱石って云う観念で纏めてみると何だか鉱物的な色合いに見えてくるから不思議といえば不思議なところですよね。
非公開コメント