薄明

西の空に明けの明星が輝く頃





スタンド





闇の工場





光の車





屋上



2017 / 01 / 奈良 新大宮
NIKON F100 / OLYMPUS PEN E-P5 / FUJI CARDIA Travel Mini DP
Kodak SuperGold 400


今日、半月前に頼んだモノクロフィルムの現像が上がっていたので取りにいってきた。フィルムを入れてあった袋にはKJイメージングという会社名とKJ浦和なんていうスタンプ文字が見える。浦和ってひょっとして関東?関西では聞いたことがない地名だけど、関東まで持って行ってたのなら、それは遅くなるだろうなぁ。恐れていた現像代は800円ほどだった。カラーネガよりも若干高いか。自分でやれば30分もかからないし、やっぱりモノクロは面倒臭がらずに自分で現像しよう。

☆ ☆ ☆

前回の続きのような、暗闇の中にまぎれて撮っていた写真から。

最初の写真を眺めながら、西の空に明けの明星が輝く頃、なんていうタイトルをつけてウルトラセブン最終話を気取ってみようと思ったものの、残念ながらこれは朝の空じゃなくて夕闇が迫る頃に撮ったものだ。
セブンのナレーションに関しては、明けの明星は東の空だろうというつっこみが最終話放送の昔からあったそうだけど、ただこれは西の空という言葉もあえて使って、意図的に朝と夕方をごちゃ混ぜにしたイメージにしようとしてのことだったのかもしれない。

パラボラアンテナが並んでいる光景がかっこよくて撮った写真だった。でも何だか画面がせせこましい。一杯並んでいるのが面白かったのに、それがいまひとつ生きてこない。バックにある鉄柵も余計だったかなぁ。薄明の空もアンテナと同じくらいポイントだったのに、アンテナに気を取られて空を大きく取れなかったのもその場の思い違いだったんだろうと思う。
あるいはその何かを見て直感的にイメージしたものを具体化しようとしても、その直感を得た対象そのものがそこから発想し具体化しようとするイメージにいまひとつそぐわなかったと、そんな場合もあるかもしれない。

で、薄明といいながらそれっぽいのは最初の二枚だけ。パラボラアンテナの写真を眺めて思いついただけなのでそんな感じに収まってるんだけど、薄明というキーワードを思いついたのならそのキーワードに沿って、今度は意図的に写真を撮ってみるというのは良いかもしれない。思いついたものは何でも、そこから派生的に展開できる道筋が見えるかどうか確認してみたほうがいいと思う。
ウルトラセブンがごちゃ混ぜにしたような、何時の時間帯とも知れない薄明の広がる世界で写真を撮るのは面白そうだ。マジックアワーなんていう手垢のついたものへ寄りかからずにやろうとするなら、一気に難易度は跳ね上がりそうだけど。

闇に向かう写真中心に乗せているので、今回の締めは明るいものにしてみる。次もまた闇に向かうかもしれないし。
それにしても今年の冬はこんなに一点の曇りもない青空とか、本当に数えるほどしか目にしなかったなぁ。

スポンサーサイト

コメント

No title

浦和は埼玉だから関東よ~
そんなに現像するところ、少ないのか。

薄明かり・・・良い雰囲気です。
明け方もいいのだけど
たそがれ時は遭魔が時って言うから
何となく夕日の方が色々考えてしまいますね。

闇の中、それはそれで素敵なので
続いても大歓迎(*^_^*)

ROUGEさんへ

こんばんは!
やっぱりどう見ても関東ですよね。カラーネガは頼んでるところでやってくれて1時間ほどで仕上がるんだけど、ポジとモノクロはその店が契約している専門のラボに出す形になるんですよね。ポジのほうは4,5日くらいで仕上がるから、これと似たようなものだと思ってたら、半月待たされることになりました。コダックとフジでもどうもラボを分けてるようで、ポジはフジのを使っているからひょっとしたらフジのほうだと4,5日で出来上がっていたかもしれないです。
モノクロフィルムを使う人ってあまりいないのか、みんな自分で現像してるのか、あまり現像を依頼する人はいないのかも。わたしの場合はまだやってもらえるところがあるけど、地方だと普通の現像を頼める店自体が近場でなかなか見つからないって云う場合もありそうで、そういう場合はネット経由で頼んだりしてるみたいです。手間かかるしこれで嫌になってフィルム遣うのを止める人もいるんでしょうね。
今回のは出来上がり見てみたら全部大した写真でもなかったので、全然気分的に盛り上がってないです。

薄明るい世界、いいでしょ。何だか音さえもまだ動き始めていないような静謐な空間と時間って云う感じが、もうそれだけで日常から少し足が浮かんでいるような特別な世界を作っているような気がします。
ただわたしの場合は朝が物凄く苦手で、朝の薄明のころに無理やり起きてみてもおそらく頭はまるで動いていないような状態になっていると思います。朝の洗いざらしたような陽の光は特別なものとして好きだしそういう時間帯に写真撮ってみたいという気はあるんだけど体がついてきてくれないです。
だから薄明と云ってもおそらく夕方オンリーになると思います。逢魔が刻はこの世界と異界の境界が崩れる一瞬、両方が混在する稀有な時間帯だから凄い好きです。朝の光のように健康的でもない感じが色々と想像力を刺激してくれるようなところもありますよね。

闇の世界、乞うご期待です。といっても意図的に暗闇で撮り出したのは今年に入ってからだからそんなに数ある程でもないんだけど。フィルムカメラ持って出かけてると暗くなってくるともう気分は店じまいになってしまうし、デジカメもって出てる時限定になってます。フィルムで夜を撮ることも試行錯誤してみたいです。

No title

春を通り越して初夏の空
清々しい青空
この時期に撮れるなんて素敵すぎーーーーーーーっ

みゆきんさんへ

こんばんは!
2枚目のと最後の青空ですよね。
こっちでもこれほど晴れ渡った空って季節としてはありえないクリアさでした。
本当に文字通り雲ひとつなかったもの。特に今年の冬は関西でも普通に雪が降ったし、何時になったら晴れるんだと思うくらい曇りや雨の日が続いたりしてました。晴れても分厚い雲間から太陽がもったいぶって顔を出してはすぐに引っ込むなんていうのばかり。
ただ写真撮るとなるとあまりにも晴れすぎていて、空の表情も何もあったものじゃないって云う感じになりがちではあったけど。
でも晴れてくれると少なくとも写真を撮りにいこうって云う気分を呼び起こしてくれるところがあるから、晴れの日はうきうきします。
北国のほうは今もまだ雪や曇りの日が多いのかなぁ。こんな空の青を見るとやっぱり待ち焦がれますよね。

春を呼ぶ

そこまで、春がやってきましたね。
現像まで自分でされる人はもう少なくなっているでしょうね。
折角のスキルを大切に保持してくださいナ。
良いものをグッと深めて~

「面倒ナ」は、ばぁちゃんのワタシノセリフです。(⌒∇⌒)

和さんへ

こんにちは!
暖かくなりだすと一気に気温が上がっていきそうで、最近は今までよりも着ているものを一枚減らしてみたりしてます。上着も裏地にボアなんてついてたらもう気が遠くなるくらい暑いんだけど、さっき天気予報を見ていたらまたちょっと冬型の気候になるとか云っていたし、まだちょっと春物に変えるのは早いかなと躊躇ってます。毎年今頃から桜が咲く頃辺りまで何を着るか悩みの種になってます。
現像は思ってるほど難しくはないというか、フィルムを入れたタンクに薬液を入れたり捨てたりするだけの作業なので、やってみると無茶苦茶簡単なんですよね。わたしは自分でやってみようと思いついてから実際にやるまでに1年以上、本当に自分で出来るのかと躊躇っていたんだけど、こんな躊躇は時間の無駄でした。難しそうとか思って手が出ない人もいるかもしれないけれど、フィルム使ってる人はぜひ体験して欲しいですね。一度モノクロ現像について何か書こうと思ってはいるんだけど、かなり特殊な内容なので、関心を持ってもらえるのはごく一部の人だけだろうなぁと思うと、なかなか書けないです。

イレギュラーな方向性も自在に操れるように、サラ・ムーンのモノクロのような結果を出せると面白いんですけどね、なかなかどうして手強いというか、作業は誰にでもできる簡単なことなんだけど、何らかの際立った結果を出そうとすると奥が深いです。

今回の半月かかったのは寒くて水を触るのが嫌だったから自分ではやりませんでした。でも暖かくなってきたら自分でやってみたいです。
非公開コメント