Street of Dreams

彼方へ繋がる道





ラブホ





高架下駐車場





割れたガラスの向こうに

2017 / 03
2017 / 01
2017 / 01
2015 / 03
高の原 / 新大宮 / 近所
Olympus XA2 / Nikon F100 / Olympus μ2
Kodak SuperGold 400 / Fuji Provia 100F / Ilford XP2 Super


最近は意図的にこういう感じの写真を撮っていることがある。ちょっと引き目で空間を大きく撮ったようなイメージ。自分のもっている距離感覚はもうちょっと寄り気味だと思うんだけど、そこはあえてこういう形になるように立ち位置を意識してカメラを構えている。
ざっと目の前の空間そのものを取り込みたかった。神宿る細部をフィルムの上に残したかった。あえて言葉にするとそんな感じなのかな。細部に関しては以前ブログで書いたけど、クローズアップは細部の普遍化であって、かならずしも神が宿る細部を取り込めるものではないと思っている。神が宿るならその細部はパンフォーカスのイメージに現れる。
で、目の前の空間を細部の集積としてざっと取り込みイメージ化するとしても、単純に目の前に広がるものが写っているだけの写真になるのがほとんど。それでもいいのかもしれないけれど、わたしは今のところそこまで開き直れない。ほとんど意図も感じさせない、カメラの眼に任せたようなイメージにたじろいで、どこかに見栄えの良い絵にしようと自我でカバーする部分が出てくる。
そのせめぎあいの中で写真を撮っているのかもしれないと思う。
ただ意図的に際立つイメージにするための企てを盛り込むにしても、それが目立ってしまうとわたしとしては、これはもう駄目だと思うほかなくなってしまう。
一見まるで無頓着にシャッターを切ったように見えて、実はほとんど気づかれないように自我を潜り込ませる、撮れるならばそんな写真を撮るのが今の気分かもしれない。

写真は街路を撮っていたものを集めてみた。タイトルが頭にあってそれにあわせて選んでいたようなところもあるんだけど、実際にこのタイトルで二枚目のラブホ街の写真なんかを並べると、タイトルの意味合いが随分と矮小化してしまうなぁ。
最後のは結構以前に撮ったもの。このところ若干撮影のスタンスを変えているというこれだけのことで、最近ではあまり撮らない結構雰囲気の違う写真になっている。これは窓ガラスが割れたまま放置されていた廃車の、その窓からカメラを差し入れて、ひび割れが走っていたリアウィンドウ越しに外を撮ったもの。こういうことをすると、見咎められた時に泥棒扱いされる可能性もあって結構スリリングだ。なんだか最近カメラ構えてると、非難までは行かなくても、そこで何してるんですかぁ?とか何か御用でも?と、なにやら胡散臭げに言葉をかけられることが多くなってる。誰もいないと思っていても意外といろんなところから見られてるというのを実感する今日この頃だったりする。

この4枚目の写真を撮ったオリンパスのμ2は去年電池ボックスの蓋の爪が折れてしまって、まぁ蓋をビニールテープで止めたりすれば使えるんだけど、最近は出番がなくなっている。それにしてもカメラの本体が壊れるんじゃなくて、こんなところが取れて使いにくくなるとは思わなかった。



Count Basie & Shirley Scott Street of Dreams


Street of Dreamsといえば、わたしはこれかグラント・グリーンのものが頭に思い浮かぶ。で、この演奏は以前にも載せているんだけど、グラント・グリーンのよりもこっちのほうが好きなので、今回は再登場となる。
曲そのものは古いジャズのスタンダードなんだけど、元歌のほうはなんだか陰気臭くてあまり好きじゃない。オルガン好きということもあって、こういう演奏のほうが好きだ。





スポンサーサイト

コメント

No title

一枚目の写真、外国かと思った。
色合いとか雲の感じとか空間の取り方とかで
普通の住宅街がこんなに違うんだって感動~
いつか私の家も撮って欲しい位。
お城みたいに撮って貰えそう(笑)

最後の写真は個人的に好き。
専門の人が見たらどうか解らないけど
窓から?枠っぽくなってるのがいいなぁ
こういう偶然みたいな写真が写真の良い所よね。

No title

細部に宿る神、僕も同感です。
クローズアップによって見えてくるもの、では断じてなく、
視野に入る全体から立ち上がってくるもの、だと思います。
以前、グルスキーの巨大な写真に触発され、
神は細部に宿りて、と称して縦位置で大きく扱い、
細部までよく見えるようにする、というのをやってたんですが、
現状、所持するレンズの全てが周辺が流れるようなボケ玉ばかり(笑、
諦めておったのですが、最近デジタル用の標準ズームを購入しまして、
もう一度やってみようと考えていたトコロでした。
神を立ち上がらせようとする視点で街を行く、のは楽しいですものね。

僕もたいがいカメラ持って歩いてますが、何か言われることがまるでありません。
二眼レフやらライカやら、その辺をぶら下げてるせいもあるのかしら。
掛けられる声は好意的なものですね(^^。

そして、前回のお写真も非常にかっこいいなと思っていたんですが、
ちょっと混乱してしまいましてね、イヤリングあたりで(笑。
偏見かも知れませんが、
カメラ屋のジャンクかごからコンパクトカメラ救出なんて、
物好きな男のやることだという先入観がありまして.....。
失礼しました。
とはいえこの文脈では、物好きな、というのを否定してませんけども(笑。

No title

今日の写真は何気ない風景なのに引き込まれたわ
言葉にならない言葉って言うのかな?
胸キュン
何だろ
少女時代の胸キュン
特に3枚目の写真
高校時代に彼氏と待ち合わせた場所に似てて
タイムワープしたわ^^

ROUGEさんへ

こんばんは!
一枚目のがいいでしょ。ちょっと色あせたような鄙びたような色合いに、彼方まで続くようなドラマチックな雲。郊外には広大な砂漠が広がってるに違いない街の昔のひとコマって云う感じかなと、自分でも思ってました。よく見ると普通の住宅街が写ってるだけなのに、とてもそうは思えない雰囲気のほうが先に目に入ってきますよね。
でもこれちょっと色合いは手を加えていてフィルムそのものの色でもなかったんですよね。コダックのフィルムなのに全体に青被りしてるような出来上がりになっていて、手を加えてお気に入りのイメージになりました。
小さく写ってる自動車も雰囲気を添えてるんじゃないかと思います。
手前の下段に川が流れていて、その川岸から上の道路に出てきたところで、広々とした空間とやたらと絵になってる雲が目に入って、もうその場で夢中でシャッター切った写真でした。そういう衝動を引き起こした何かも一緒に写ってるかもしれないですね。
でもお城風に撮ってといわれると、とたんに途方にくれそうです。ほとんどその場の感覚の揺らぎを元にして撮っているだけなので、意図はあってもまるで計算できてなかったりするから。

見るも撮るも専門とか考えなくても良いと思いますよ。自由に見て感じてシャッターを切ればいいと思ってます。撮る場合で云うとこういう風に撮りたかったけどどうすればいいのか分からなかったというようなことはあるかもしれないけど、そんなの些細な問題で気にするほどのことでもないです。
これはまったく全部偶然の産物で、割れたガラス越しに撮るっていうコンセプトだけはあったんだけど、あとはファインダーも見ずにシャッターを切っただけでした。窓枠の入り具合とかファインダーを覗いてたらむしろこんな風には撮れなかったんじゃないかなぁ。こういうのは撮った本人もあとで楽しめるんですよね。シュルレアリストとしては偶然を上手く取り入れるというのは写真を絶対に面白くしてくれると信じてます。


halさんへ

こんばんは!
グルスキー、良いですよね。何年か前に大阪で展覧会をやっていた時、見に行ってうきうきしながら会場を歩き回ってました。
グルスキーのはあまり混沌とはしていなかったけど、混沌だとかびっしりと詰まっているとか、そういうイメージは結構好きで、そういうもののなかに結局は神様を見出そうとしてるんじゃないかと思っています。
周囲をボカして被写体を浮かび上がらせるとか、マクロで微細なものを大きく撮るとか、あまり自分ではやろうと思わないのは、猫も杓子もボケがどうのこうのというような風潮にへそ曲がり根性を呼び起こされてるところもあるんだけど、基本的には細部に関する関心が強いからなんじゃないかと思ってます。主体と客体があるんじゃなくて、すべてが主体であり客体であるような世界、自分には周囲はそういう風に見えているし、そういう世界を、見るに耐える写真にしてみたいんですよね。
街の見方も千差万別、面白い視点を確保できればまた街の写真も面白い相貌を見せ始めてくれると思います。

わたしは最近よく声かけられるんですよね。忍者みたいに気配消して行動できるタイプだと思っていたのに。最近ちょっと過熱気味にアクセサリージャラジャラつけてるからなのかな。でも声をかけられなくても、見られてるのは本当に予想をはるかに超えていろんなところから見られてますよ。この辺はカメラもって出歩いてなければ気づいてないところかも。

混乱しましたか。一応中性狙いのキャラクター作りのつもりが、わたしの文章ってよほど男っぽいのか、文章では霍乱作戦は失敗してるような気がしないでもないです。ジャンクカメラもなかなか中性狙いで展開できない話題みたいですね。
結局のところ性別関係なく面白そうなものには手を出して見るって云うことなんだと自分では思ってます。男だからこういうことはやらないとか女だからこうでなければならないとか、そういうのにあまり縛られたくないというか、そんな決意めいたものほど大層な感じでもなくて、興味があるものを身の回りにおいているだけっていう感じなのかな。
好奇心は人一倍あるほうなので、物好きというのは当たってますけど。

みゆきんさんへ

こんばんは!
見慣れているような街角をあまり特殊な形でなく、でもどこかちょっと引き立つような感じで撮ってみる、そんな写真を最近は撮ろうと試みるとか多いです。直接的には行ったこともない空間だけど、見てみるとどこかかつてそこに立ったような親密な雰囲気のある場所というかな。そういう雰囲気が写真に乗って届いてれば良いなぁと思います。
特殊なものを撮るのも画面が引き立っていいんだけど、そうそう特殊なものなんて見つからないし、あまりそういうことに拘ってると写真を撮れなくなってしまいそうなんて思ってます。
こういう高架下と言うか、こんな雰囲気の場所で待ち合わせしてたんだ。あまり人目にはつかなさそうだし、高架下って言うのもちょっと特殊な雰囲気があって、意外と待ち合わせにはいいところかもしれないですね。
こういうところで待ち合わせって何だか映画に出てくるシーンみたい。そういえば映画のシーンとかも写真のヒントになりそうなものが一杯ありそうに思えます。
非公開コメント