路上 / 稲越功一写真集 「PARIS 1989」

反射の洪水





壁の領土





奥の暗がりへ





三角が空間を歪める






崩壊する反射

2017 / 03
2017 / 01
2017 / 04
2016 / 04
2016 / 09
長池 / 新大宮 / 近所
Nikon F100 / Fuji NaturaClassica / Fuji 写ルンです シンプルエース / Nikon CoolPix S9700
Lomography ColorNegative 100 / Kodak SuperGold 400

最近の街路写真と以前に撮った得体の知れない写真のロートレアモン形式。

今回はどうにもタイトルを思いつかなかった。そのうち考えるのが面倒になってケルアックばりに路上と名づけてみるも、要するに今までの写真の大半を路上で撮っているわけだから、この命名は何も云っていないのに等しい。
何も云っていないといえば、最近は写真について説明なんかしないほうがいいんじゃないかと、これは以前から思ってはいたことだけど、この所ことのほかそういう風に考えたりする。とにかく撮った、そしてそれを見たと、これだけで十分で、そこに何が生まれようと、あるいは何も生まれるものがなくともそれがすべてでいいんだと思う。生まれたものがあったとしても、それが正解であるかどうかなんてどうでもいいし、そういう場所を生成するのに、この写真の意図はこういうものだとか、こういう風にして撮ったなんていう言葉はノイズにしかならないと思う。

☆ ☆ ☆

最近はデジタルで加工することに対してリミッターが外れ気味と以前に書いたことがある。で、加工することに抵抗がなくなってきてるなら、せっかくフィルムを使ってるんだからデジタル処理なんていう始めると意外と夢中になるも振り返れば大して面白くもないものに手間ひまかけるよりも、ここはサラ・ムーンを見習って、フィルムという物質に対していろんなアプローチを考えたほうが面白いんじゃないかと思えてきた。これこそフィルムでしか出来ないことだろうと思う。ただ、こういうことをやってしまうと絶対にもとに戻すことは出来ないわけで、その辺りは物凄く勇気がいる。サラ・ムーンなんかが持っているこういう思い切りの良さ、強さみたいなもの、元に戻せなくても一向に平気、むしろすべてが解体した先にあるものが見てみたいなんていう志向、欲望は結構すごいものだと思うし、わたしもそういう思い切りのいい強さのようなものが欲しい。なにしろすぐにまとまりのある、見栄えのいい収まった形にしてしまおうなんていうところがあるから。

☆ ☆ ☆

さっきネットでロバート・フランクがカメラ構えてる写真を見たんだけど、わたしと同じく写真家としては不自由な左目が効き目の構え方をしてるそのカメラは、どう見てもオリンパスのコンパクトカメラ、μシリーズのどれかだった。ロバート・フランクもこういう類のカメラの愛好者なんだ。ロバート・フランクの写真はスナップショットのお手本のように扱われてる初期の「The Americans」よりも、近年の曖昧で揺らぎの中にある詩的な写真のほうが好きなんだけど、この揺らぎの写真をμで撮っていたって云うことなのか。こんなものを目にしてしまえば、しまいこんであるμのどれかをまた引っ張り出さないと気がすまなくなりそうだ。


☆ ☆ ☆

パリを撮った稲越功一の写真集を紹介してみる。
レビューといえば最近はここで使っているのとは別の名前で、アマゾンで買ったものにレビューを書いてる。書いてみて初めて分かったんだけど、いちいちアマゾンから御礼のメールが来るのね。当社並びに Amazon でショッピングする数百万人というお客様方が大変喜んでおりますなんていう内容のメール。なんかね、根が単純なものだからそんなことを云われると、実利もないのにちょっといい気になりそうになるな。
ちなみにこの写真集についてはアマゾンで買ったものでもないしまだ何も書いてない。そのうち書くかもしれないけど、その時はここで書いたのと似たようなことを書いてしまいそうだ。
稲越パリ1

稲越パリ2

稲越功一は矢沢永吉など、タレントやアイドルを撮った、広告やポートレートの写真家として知られてる部分が多い。このせいでなのか、アート系の写真誌とかではこの写真家の名前はほとんど目にすることがない。でもわたしはこの人の撮った写真が大好き。数年前に亡くなってしまったのが本当に惜しまれる。
何で読んだかは忘れてしまったけれど、一緒に写真を撮りに行ってその場で同じものを見ていたはずなのにこの人だけはみんなと違った印象の写真を撮っていたという証言があった。云うならば普段何気なく見ている周囲の世界を独特の視線で切り取るのが上手かった写真家だ。それもわたしはこれだけ他の人とは違う感性を持っているのだ!なんていう押しつけがましく嫌味ったらしい部分もなく、本当に何気なく撮ってかっこいいという稀有な作家だった。
ちょっとね、この人の写真を見ていると秘密を知りたくなってくる。どうしてこんなに際立つ印象で写真が撮れるんだろう?一体他の際立たない写真とどこが違うんだろう?って、見て楽しむ以上に気がつくと考え込んでしまっていたりする。

この写真集はそういう小粋な感性を持った写真家がパリという手垢にまみれた古い都市を撮った写真集になっている。いとも軽々とこの歴史の積み重なった街を横断して、捉われ勝ちになるものから解き放たれてシャッターを切っている。ヴィム・ヴェンダースが解説で云っているように、既視感で満ち溢れたパリのイメージを解体し、見過ごしてきたパリのイメージを光の屈折と反射の中に再構築しているというのがよく伝わってくる。

アート系の写真家としてあまり扱われていないのが幸いしているのか、初期の手に入らなくなっている写真集を除いて、ほとんどの本が手に入れやすい価格で流通しているのも助かる。わたしはフォトエッセイの類の本を何冊かと、今では手に入れにくい大型のものを含む写真集を何冊か手元に持っている。ただフォトエッセイのように文章を織り交ぜての本となると、正直愛読するというところまでいったのは今のところほとんどない。この辺は写真よりも文章のほうが饒舌なんじゃないかと思わせる金村修のほうが、まぁ写真も書く文章もまるでタイプが違うんだけど、圧倒的に刺激的で読ませてしまう。
あと、稲越功一は写真家でも扱う対象に得手不得手があるんだなぁって云うのを明確に感じる写真家でもある。花を撮ったり、工場地帯を撮ったりしている写真もあるんだけど、この辺りのテーマで撮った写真は矢沢永吉の写真同様にわたしにはまるでピンと来ない。この気に入った写真家の写真だからみんな良いという方向には向かわない。工場や廃墟じみた被写体、金属属性の被写体なんかわりとどんな撮り方でも関心を引き寄せられたりするのに、まぁ関心を引き寄せられたからこそその手の物を被写体にした稲越功一の本も手元に置いてはいるんだけど、そういう本は一度目を通したきりで、積んだままになっていたりする。









スポンサーサイト

コメント

No title

最初のガラス越しのは、良い効果が出ているね~
2枚目は塀が異様!
何となく「進撃の巨人」を思い出してしまった。

私が好きなのは3枚目。
我が家に似ている・・・というのは置いておいて(^^;
これ、普通に明るいと何でもない裏庭なんでしょうけど
写真で良い感じに怪しさを醸し出しているわ。

フィルムで遊ぶの、いいと思う。
カラーだと現像が大変そうだけど
モノクロだといじり幅が広がりそう。
せっかくフィルムで撮っているのだもの。
その特色を生かさない手はないと思うわ。

No title

ガラス越しに写真撮ると不思議空間
そしてホラーの世界の裏庭?
良く見つけるわって感心しちゃった
童心に戻って探検したくなっちゃったわ

No title

3枚目の写真がなんか好きです。

白い建物は工場か何かでしょうかね?


木々も結構生い茂っていて昼間でも結構暗そうな雰囲気が感じられます。

こういう雰囲気好きです。


建物にもよくみたらスダレのように植物がぶら下がってますね。

真夏でも案外涼しげな感じにも見えます。

ROUGEさんへ

こんばんは!
最初のは電車から見えた空き家の店舗で、がらんとした空間に窓から光が差し込んでるのがかっこよく見えて、それを撮りに電車を降りていってみたんですよね。近くまで行ってみると壁面のガラスが全反射してるのに気づいて、室内のがらんとした空間は撮れなかったんだけど、結果として結構複雑に見える反射のイメージが撮れていたのでこれはこれでいいかなと。何かが目を捉えてそれを確認するために電車を降りるって最近よくしてます。結果その目的のもの以外も色々と発見があったりして意外と面白いですよ。
二枚目のは巨人に突破された壁って言うところかな。やっぱりちょっと異様に見えます?唯の壁だからこういう感覚は伝わるかなと思ってたんだけど、伝わってよかったです。
三枚目のなんかは写真が導き出して始めて目に出来る雰囲気っていう感じですよね。色の感じとか明暗のつき方とかで雰囲気に纏まってると思うんだけど、実際はこんなに意味ありげな場所じゃなかったです。多少気配的なものがあってそれでシャッターを切ってはいても、写真になって初めて出てきた雰囲気のほうが大きいです。
対象のほうを加工するわけには行かないから、際立つイメージになるとするなら、写真が成立する場所においてということになるんだけど、これは半ば運任せかなぁ。こういうのを隅々までコントロールできるほうがいいという人もいるだろうけど、わたしは運任せにコントロールできないほうが、撮った本人も面白いからいいかななんて思います。
それにしてもこれは妖しい雰囲気になって我ながらいいなぁと思ってます。撮ったのは写ルンですだったけど、高いカメラを使ってもきっと撮れなかったイメージだったんじゃないかと思います。

フィルムはやっぱり遊びどころがある感じですよね。教科書的な処理なんかだけで完結させておくのはもったいないというのかなぁ、遊べる余地はまだまだ残ってるんじゃないかと思うので、そういうあえて逸脱するようなこともやってみたいと思ってます。
ただ記事にも書いたけどかなり思い切りの良さのようなものを要求されそうで、こっちもテンションをあげておかないといけなさそうだけど。それにしてもサラ・ムーンとかでもかなり試行錯誤してるんだろうなぁ。こっちの想像を軽く超えていろんなことをやってそうで、そういう秘密を垣間見てみたいんだけど、まぁ企業秘密だろうから教えてはくれないでしょうね。

みゆきんさんへ

こんばんは!
ガラスの反射のはガラスが壁そのものの大きさだったから、スケール感であまり見たことないような反射像になってるんだと思います。窓枠の一つでも入ると、あぁ窓のガラスの反射だと分かってイメージは整理されてしまうけど、この写真はすぐにはすっきりと整理されるイメージじゃなかったと思います。
三枚目のでしょ。ホラーっぽい世界の写真。向こうのほうに消えていく細い道と待ち構えている暗闇の茂み。もういかにもこの先に何かありそうな雰囲気満載の場所のように見えて、ホラー好きには舞い上がりそうなもので満ち溢れてるイメージになってます。
ちょっと私道のような雰囲気だったのでこれ以上先に進むのを躊躇ってしまったんだけど、でもあまり人が通ってなさそうな脇道とかふらふらっと入り込んでしまうから、意外とこういう場所を見つける嗅覚は備えてるかもしれないです。
こういう雰囲気の写真は自分でも結構好きです。脇道に入っていくといろんな空間が目の前に現れて、本当に私道でその家の人しか使ってないような道に入ったら、そのうち咎められるんじゃないかと思うけれど、それでもやっぱりこんな脇道を見つけたらふらふらと迷い込むだろうなぁ。
写真撮るって、そういう咎められたりした時にめげない強さみたいなのが必須の条件みたいです。気が弱いと続かない。

えにぜんさんへ

こんばんは!
三枚目の雰囲気が独特で面白いでしょ。何だか本当に入っていってもいいのかなと思いながらも恐る恐る踏み込んでいった場所だったんだけど、そういう明らかに普通の脇道とは違う雰囲気だったのが上手く出てくれたのかな。色の感じとか陰影のつき方がこの場所にいた時の何だか妖しい雰囲気を上手く伝えてくれる感じで写真になってるように思います。
道の向こう、木の茂みの中に淀んでる暗闇の中に何かがありそうって云う雰囲気がいい。実際には何もないんだけど、いかにも何かありそうって云うのがやっぱり目を引く要素になっているんだと思います。
おそらく何かの工場か、何にしろ仕事場の裏側なのは確かで、こんなところ従業員しかやってこないんじゃないかな。しかもここで働いてる人にとってはただの仕事場の妖しくも何もない裏側なんですよね。見る人によって随分と違う印象になってるというのも面白いです。

暗い木の茂みとか建物を伝う植物とか、植物が絡んでくると色々と表情豊かなイメージになりそう。そういう場所で空気が淀んでそうなところは妖しい写真が撮れそうなので、これからはちょっと意図的に探してみようかなぁ。
あと、通りすがりの人はまず入らないって言うようなところも入ってみると面白いんですよね。ただこれは咎められるのを覚悟の上ということになるけど。
写真撮るのも気が強くないと出来なさそうです。
非公開コメント