笠置拾遺 / 荒木経惟 + 陽子 「東京は、秋」

笠置渓谷






銀の帯の廃墟風






笠置路地







笠置猫2






笠置商店2






笠置の波紋


2016 / 11
笠置
Nikon F100
Kodak SuperGold400 / Agfa Vista Plus 400

去年の秋の終わり頃に笠置に行って撮っていた写真からまだ載せていなかったものを何枚か。
それにしてもこの頃執拗に通って撮っていたのに紅葉が始まるくらいの頃から一気に足が遠のいた感じだ。理由は簡単でつぎに行ったらあの笠置山を登らないと気がすまないだろうなぁと、天辺に紅葉の公園があるらしいからこんな時期に行ってしまうとなおのことあの山登りをせざるを得ない気分に追い込まれるだろうなぁと、そんなことを考えたからだった。あの山道、利用しやすいハイキングコースのように案内されてるくせに結構きつい。ここのいくつかあるハイキングコースって、自然任せの何だか危険な臭いがぷんぷんするところがあって、そのうちの一つは落石の危険があるということでわたしが通っていた間中完全に閉鎖、また今回の二枚目の写真はそのコースの他の一つ、山の中腹でJRの線路脇を併走する銀の帯と命名された場所なんだけど、この森の中から忽然として現れた古代遺跡風のアーチのすぐ向こうをJRが走ってる。ここは金網がはってあるけど、途中は真横の線路との間にこんなに頑丈そうな柵がないところもあって、また反対側も足を滑らせればそのまま木津川渓谷にまっさかさまと、こんなところ本当に歩いていいのかと思うこと必至のコースだったりする。しかもわたしがここを歩いたのは雨が降った数日後だったから、山から流れてくる水がまだ途切れておらず、足元はぬかるんで滑りそう。誰とも出会わない奇妙な静けさのなかにいたことも相まって妙に怖かった。

この後笠置に至るJR沿線の駅や同じく南に延びる近鉄沿線の、普通だったら降りる用事もない一生縁のなかったに違いない駅に降りて撮影行の行動範囲を広げていった。紅葉を過ぎれば笠置山に登らなければという強迫観念も薄れるかも知れないので、再び冬の笠置に写真を撮りに立ち寄っても良かったはずだったんだけど、結局はそうはならずに京都の南、奈良の北側で歩き回ることに専念していた。
でもただの郊外の農地に立って、辺境の惑星にでも降り立ったような気分にふけるのも、なにしろ正直に云ってしまうとこちらがかなり能動的なフィルターでもかけて眺めないと、客観的には何もない退屈極まりない場所がほとんどだったりするから、さすがに飽きてきて、最近は嵯峨嵐山辺りに行く場所を変更してる。観光客の外国人がぞろぞろと歩いてるというのが、誰もいない農地の真ん中に立っていた者にとっては妙に新鮮だ。嵯峨野あたりで観光地的な雰囲気を排除して写真を撮る遊びのようなことをやってる。



☆ ☆ ☆

東京は、秋1

東京は秋2

東京は秋3



荒木経惟が東京を撮っていた写真を集めた写真集。荒木経惟の写真集って東京と名前がついてるのが山のようにある印象で、しかもタイトルに東京とついてなくても、どの本も大抵東京の写真でもあるから、どうにも区別がつきにくいところがある。で、この本はそんな区別のつきにくい写真集の中ではちょっと風変わりで、本の中に並んだ写真を今は亡き陽子夫人と一緒に眺め、その写真についてちょっとした会話を交わしているのを写真に並べて載せるという構成になってる。
その会話が写真を肴にして、思い出の場所であったりするものを仲の良さそうな雰囲気で喋ってるのが伝わってきてなかなか楽しい。そしてその会話は写真の素人とプロが会話しているといった教え教えられる堅苦しい関係のものとはかなり違う。
荒木経惟も、自分の撮った写真を前に、ここの、この電柱の並び方が良かったんだよとか、その場で目の前にあったものに対してどういう関心事でシャッターを切っていたのか、そういうことを日常会話として楽しそうに喋ってる。
荒木経惟の写真や言葉は私小説風を装ったりと、時に策略に満ちていてそのまま鵜呑みに出来ないところも多々あるようにわたしには思えるんだけど、この本ではそういうところはあまり感じられない。
また、写真に関する態度についてところどころで明かしているのも面白い。たとえば歩道橋を行く人の写真について、ぶれると物(ブツ)じゃなくなるから、自分はぶれるのが嫌いで、隅々までピントが合うように絞り込んで撮るとか、水溜りに落ちて吹き溜まったものの写真では、写真屋さんは町が表現しているものをそのままフレーミングしてくりゃいいんだよと云い、また、背中に太陽を背負って撮るのが一番面白い、なぜならのっぺりしたなにもない写真となって、そういう写真は見る人がそこに自由にドラマを組み立てやすくなるからという風に語る。
写真はちっとも真似をしようとは思わないんだけど、考え方は自分と近いものが一杯ある感じで共感するところが多かったりする。

荒木経惟って自分にとってはなんか妙な存在の写真家なんだな。真似したくなる写真でもないのに、機会があれば荒木経惟の写真を好んで眺めてる。言動を見れば共感する部分は多いのに気づくんだけど、それでも影響を受けてるのか受けてないのかよく分からない写真家だ。







最近再版されたみたい。本屋で中身を見てみると、こっちのほうがサイズも大きく、写真も大きく載ってるけど、その大きな写真を本の綴じ目を跨いで載せていた。1ページにつき写真一枚という形で載せてるわけでもないのは、いくら写真が大きくなったとはいえ賛否両論ありそうだ。


アグファもよく分からないなぁ。この会社、結構前に倒産したんじゃなかったか。フィルムは別の会社が名前を引き継いでどうのこうのっていうのはどこかで読んだことはあるけど、おそらく大手のOEMなんじゃないかな。
昔この名前で出ていたフィルムとはおそらく中身はまったくの別物だろう。




スポンサーサイト

コメント

No title

最初の写真の素敵な事
素晴らしい
引き込まれたわ
ほんで現実に引き戻される写真
そして再び夢の中
スゴイ凄い
このギャップがたまんな~い♪

No title

初夏に秋の写真に秋の写真集!
しかも、いかにもって紅葉じゃない秋の写真
何だかとっても新鮮です。
でも水面見ると冷たそう。

3枚目の写真のおうちは危うい雰囲気だけど
住んでる人は のほほんとしてるのかな??
ニャンコのと同じ場所なら尚更。

みゆきんさんへ

こんにちは!
最初のはこの世界の情景とは思えないような幻想的な雰囲気があるでしょ。でもこれわたしの写真の腕というよりもまさしくこの場所がこんなに現実離れしてるところだったということなんですよね。まぁその場所をこんな風に写したからこういう雰囲気になったというところもあるかもしれないけど、基本はその場所頼りになってます。そこから雰囲気なり何なりを引き出すというのが結局は写真の腕になるのかなぁ。どうなんだろう。
それにしてもここ、本当に現実離れしてました。巨石の上を伝ってある程度まで水の近くまで寄れるところもあって、異世界に迷い込んだ気分はかなり味わえますよ。
ほかのは現実的というか、実情はただの郊外の田舎町なので、こんな感じなんですよね。そういう風に見ると笠置は結構面白い場所だったのかもしれないなと思います。見所が一杯あるのに基本的には人通りもほとんどないような寂れた街でちっとも観光地のように見えてこないし、不思議なところです。
どちらかというと日常を撮るほうが難しいんじゃないかと思います。ただの田舎町を田舎町として撮るっていうのはうまく行けば面白そうだけど、見て楽しい写真にはなかなかなりそうにないです。

ROUGEさんへ

こんにちは!
言われて初めて気づきました。何にも考えずに今回はこの写真と写真集にしようと選んだだけ。初夏に秋の話題とかへそ曲がりにも程がある感じですよね。一応基本的にそういう性質の持ち主だから、意図的にならなくてもそういう性質が出たというところかもしれないです。紅葉も結局撮りにいかなかったし、そういうのって誰か他の人が撮ってるからそれで十分じゃないかと、人と同じことをやっても面白くないっていう精神がいろんなところでいろんな形で顔を出してます。まぁあまりこんなことを突出させると共感してもらえないところもたくさん出てきそうで、それでも思うままに突っ走るっていうのが才能なんだろうけど、わたしはちょっと共感もして欲しいと突っ走る手前で立ち止まってしまうようなところもあるんですよね。難しいですよね。
ここはそんなに斜面にはなってなかったけど、山裾に住んでるとか怖いだろうなぁって思います。ただ坂道が多いような場所に行ってみると自分の住んでるところとはもう全然違う視界なので、予想外に面白かったりはするんだけど、やっぱり住むのは嫌だなぁ。
ここも斜面の見慣れない空間だったから写真撮ったっていうところもありました。猫は全然違う場所です。こっちは平地の駅前の家の裏庭みたいなところ。この籠が住処なのかな。

No title

こんばんは
波紋のほっとした感じがいいですね
自分は家の裏のゴチャッとしたした自分の空間のくせに把握もできない、把握しようともしない制御できない状態かな。
写真撮る時ってすべて機械任せで勝手に吐き出すプリントを眺めておおーってなる。曲作る時は自分が機械のようになって制御できない音の入力に押し流されて出てきたものにやっぱりおおーってなる。夢見てるときに夢にあらがえなくってびっくりして起き上がって汗ふいておお-ってなる感じ。完全に制御できた作品を一度作ってみたいです。
写真集の話よりキューピーちゃんが気になりました。

sukunahikonaさんへ

おはようございます!
波紋の写真、こういうのに慣れてないから撮りにくかったです。魚が跳ねたからだったかな、波紋が広がっていくのを見てこれは写真に撮らないとと思ったものの、さてどのタイミングでシャッターを切るか、迷ってるうちに波紋はどんどん広がって、まぁ結局はここだというタイミングも分からずにシャッターを切った感じでした。意外と長い間水面に模様を作ってたのは予想外だったけど、刻々と姿を変えるものは撮るのが苦手。こういうのが一番写真的な被写体だとは思うんですけどね。
わたしは自分で制御できない部分があったほうが面白いほうかな。写真のもっとも面白いというか過激なところは修練しなくても誰にでも撮れることだと思うし、カメラに撮ってもらう部分があるというのは結構重要なポイントだと思ってます。誰にでも撮れるものだから、下手したら人がいなくても撮れたりもするものだから、従来的な絵画のように修練した技術で特別な人にしか出来ないと思わせてる分野にコンプレックスでもあるのか、技術の習得こそが第一とするような写真の撮り方をする人、そうやってアマとプロのような区分けをしたがるような人がいるけど、これは写真の面白さを随分とスポイルしてるんじゃないかと思ってます。従来的なコンテクストの中に埋め込んでしまうと理解しやすいんだけど、そこからはみ出た部分は写真独特のものだし、こっちを展開していくほうが、絵画的な写真を撮るよりもずっと面白いはずだと思ってます。全部制御できたとしても、そこから得られるのは満足ではあっても面白さとはちょっと違うような気がします。
キューピー、結構好きなんですよね。ペコちゃんほどじゃないけど。これ、ブックオフのおもちゃのコーナーで100円で売っていたキューピーでした。見つけたら絶対に買ってるのはキュージョンのキューピー。これにマヨネーズコスプレのものがあって、欲しいんだけどまだ出会った事がないです。安物臭いキューピーって自分で立てないものが多くて、これはそういう意味では置き方が安定して良いです。
キューピーもページを開いてこの写真集はどうですかとお手伝いしてくれてることだし、本文のほうも多少は気にしてもらえるとありがたいです。
非公開コメント