暑中お見舞い申し上げます

2017暑中見舞い





2017祇園祭1





2017祇園祭2






2017祇園祭3





2017祇園祭4






2017祇園祭6

2017 / 07
祇園祭 室町通
Olympus Pen E-P5

祇園祭でも撮ってこようと思って夕方に出かけた時のもの。ちなみに前回書いた長刀鉾の粽を全力確保する決意のことだけど、決意が結実したのか今年は無事に手中に収めることが出来た。
それにしても暑すぎる毎日に、まだ夏は始まったばかりというのに早くも気力は加速度的に減退して、カメラ持って出かける気になかなかなれなくなってる。ここへ行けばきっと面白い写真が撮れるなんていう予感めいたものがまったく頭に上ってこなくて、ここへ行ってもどうせ大した物も見つからないだろうという思いのほうが先に来る。
今回の写真を撮りにいったのは夕方だったんだけど、撮り歩いてるうちに思ったのは太陽が頭上にある時よりもやっぱり多少は過ごしやすくなってるなっていうことだった。この感じだと昼間は壊滅状態になってる気力が、夜だとなんとか蘇って来る可能性もある。そんなこんなで夏の間は夜の撮影に徹するかなぁなんて思い始めた。実のところフィルムは夜の撮影に弱くて、というか撮れる人には撮れるんだろうけど、自分はとっても苦手で、今までほとんど撮ったことが無い。今回のもフィルムじゃ無理だと、もう最初からデジカメ持参の撮影だった。
でも夜にフィルムも使ってみたいんだなぁ。そういえばこういうことを書いてみて思い出したけど、この室町通を歩いてる時に、二眼レフを構えてる若者を一人見かけた。こんなに暗いところで昼間でも見難いウエストレベルファインダーを覗いていたけど、その有様を見ていて夜の空間をフィルムでも撮れるんだと思った。まぁ本当に撮れたかどうかはあの人に結果を聞いて見なければ分からないけど。
夜をフィルムで撮る、これは今後のちょっとした課題になるかも。

今回の写真はブロドヴィッチ先生に怒られそう。祇園祭を新鮮なイメージで撮る方法を誰かに伝授してもらいたいところだ。










スポンサーサイト

コメント

No title

祭りの季節だね
今までとは、うって変わって凄い色彩豊かな写真
躍動感が伝わってきました
心が暖かくなったわ^^

No title

十分に綺麗だし、暑中見舞いにピッタリ。
雅な雰囲気が伝わって来ます。
普通の視点とも違うから新鮮。

夜の写真は難しいですよね。
でも思ったのと違っても
偶然の産物で思いがけない写真が撮れそうで
私は結構、日暮れを狙って撮っていた時期がありました。

祇園祭、一度行ってみたいです。

みゆきんさんへ

こんばんは!
夏祭って言うと祭りの躍動的な雰囲気が一気に頭の中に浮かんできますよね。冬祭とか言葉そのものが見慣れないし、やっぱりお祭りは夏が似合ってるということなんでしょう。
最近モノクロに近いような低彩度の写真を中心にアップしてたから、豪華な色彩はことのほか目につくのかも。祇園祭の鉾も凄い派手だし、鉾そのものよりもその豪華な色彩を中心に撮るのが面白かったんじゃないかと思います。夜店や巫女さんも雰囲気盛り上げてるでしょ。それにやっぱり夜っていうのがお祭りの雰囲気をさらに盛り上げますよね。心が温かくなるのは暗闇に浮かぶ夜店の明かりとかが誘ってるんじゃないかな。ちょっと郷愁的なところもあるし夜店の明かりは結構好きです。
とりあえず、祭りは夜に撮る。これは今回の発見かもしれないです。

ROUGEさんへ

こんばんは!
祇園祭のことは何だかこの時期になると一番身近に感じるから、暑中見舞いの絶好のモチーフになるんですよね。結構派手で見栄えがするし、京都っぽい雰囲気もあるし京都の夏のイメージを代表するような感じです。結構迷って撮ってたんだけど、それなりに決まった感じで撮れてますか。斬新な視点とかやりすぎるとあざといし、普通に見えてどこか違うっていう感じが狙い目かなぁ。そういうのが好きだし自分なりの感覚でそういうのを撮ってみたいと思ってます。
日暮れも雰囲気があって良いですよね。薄明の世界は異界を見てみたいと思うならうってつけの時間帯だと思います。このくらいの時間帯ならフィルムでもかろうじて大丈夫だと思うけど、夜は本当に未知の世界でフィルムだとどんな風になるか確認するためだけでも撮ってみたいです。
祇園祭の頃は京都は暑いですよ。まっかっかの顔して歩いてる外人さんなんか見てると、もうちょっと過ごしやすい時にやってくれば良いのにって思ったりします。でも夏の暑い京都もこの時期にしか体験できない京都だから、あえて暑い中やってくる値打ちもあるのかな。祇園祭は暑いさなかのお祭りだけど華があって京都のお祭りの中でも好きなほうです。
非公開コメント