【洋画】 耳に残るは君の歌声

ロシアの貧しい村に住むユダヤの一家の少女フィゲレ(クリスティーナ・リッチ)が、アメリカに出稼ぎに行ったまま音信が途絶えた父親(オレグ・ヤンコフスキー)を追って、大戦前夜のヨーロッパからアメリカへ旅をする話です。
政情不安やユダヤ人迫害など外的な要因で動く他ない場合もあるものの、父親はフィゲレが行動を続ける最大の動機になってます。

ところが映画ではこの父親は、幼少時代のフィゲレと共に暮らし、美しい声で子守唄を聴かせているような生活を写すプロローグと、最後の数分にしか登場しません。
原題の「The Man Who Cried」のThe Manが誰を指すのかということだって、この映画の主要男性登場人物の他の2人、パリ時代の恋人チェーザー(ジョニー・デップ)とパリのオペラ歌手ダンテ(ジョン・タートゥーロ)を合わせても父親以外にないと思うのに、映画のタイトルになっていながらこの出番の少なさ。

フィゲレにも、ロシアから追われるようにしてイギリスに渡り、そこからパリの劇団の踊り子になるくらいまではまだ幼少時の父親の記憶を携え、父の面影を追っているようなところがあるものの、パリの劇団でチェーザーに出会ってからは、チェーザーに熱を上げて、チェーザーの話が中心になっていきます。パリ時代のフィゲレにははっきり云って父親の歌なんかちっとも耳に残ってません。

代わりに中心的になったチェーザーの話も、ナチのパリ入場に合わせて切り捨てられて、この時点でパリにいるのが危険となって、ようやくアメリカに渡る筋道に戻ってきます。ところがアメリカに渡ってからの展開は、二、三回聞き込みをした程度で簡単に父親の居場所がわかって、そのまま再開シーンになだれ込み。
アメリカに渡ってからの話はそこで何かが展開するというよりも、全部がまるでエピローグのようで、パリ時代の話から見ればもう完全に付け足しとしか思えないような扱いになっていました。こんなに早く簡単に見つかるなら、パリでジョニー・デップと恋愛してないで、さっさとアメリカへ渡ればよかったのに。
父を追って旅をするテーマから見ればパリの劇団での話は全くの寄り道で、映画は途中で完全に主題を見失っています。

演出の不足というか、説明の不足というか、そういう部分がいろんなところにある映画でした。
わたし自身が歴史にそれほど詳しくないということを棚に上げても、やはり映画内で起こってる出来事の素性がよく分からない。
フィゲレが村を出るきっかけになる暴動、村の焼き討ちも「あいつらがやってくる」程度の一言でしか説明してくれない。あいつらって誰?
イギリスへ船で渡る時、一緒に行動していた年長の少年たちだけ関門で止められて船に乗れないんですが、何故止められたのか説明してくれない。
フィゲレはイギリスに着いたとたん、おそらく孤児だけを並ばせてるんだろうけど、その列に並ばされて「スージー」という名札をかけられ、今日から「スージー」だと云われる。並ばせて名札をかけているのが何の組織かも分からないし、何故「スージー」という名札が用意されていたのかも説明がないし、フィゲレがその名札を身につけなければならない理由も分からない。
全てを語るのはこれもまた冴えない演出だと思うものの、ここまで省略した演出だと、理解さえできない状態になってしまいます。

☆ ☆ ☆

パリの踊り子時代に出てくる踊り子仲間のローラ(ケイト・ブランシェット)、このケイト・ブランシェットが八面六臂の活躍でなかなか良かった。同じロシア出身ということでフィゲレと同居したりするくらい仲良くなるんだけど、自分に利益になることとかはフィゲレを差し置いても結構したたかであったり、かといって友達を利用するだけじゃなくて、多少は自分の利益にかなってる部分も含んで打算的ではあっても親身になって付き合ったり。おまけに陽気で華やかで、あの時代の写真とかで見る女性のイメージや雰囲気を全身で体現してるようなキャラクターでした。あっけない最後が可哀想だったんだけど。

クリスティーナ・リッチは本当に特異な雰囲気を持っていて、一歩間違えばフリーキーなイメージになってしまいそうなところがユニークで面白い。踊り子のフルメイクで画面に出てる時は、もうまるでほとんどブライス・ドール。
あと子役がよくもまぁこんなに似てる子供を見つけてきたと思えるくらいそっくりでした。とても可愛らしかった。

パリの劇団の団長はハリー・ディーン・スタントン、「パリ、テキサス」のトラヴィスです。さらに云うと「エイリアン」で猫のジョーンジィを追っていって最初にエイリアンの餌食になるクルーでもあります。こうやって見ると随分と年食ってます。

☆ ☆ ☆

元々監督が目論んでいたように、この映画は音楽映画です。残念ながら映画としては空中分解してますが、音楽映画としての見所はかなりあります。クロノス・カルテットとフレッド・フリスのスコアが映画全体に敷き詰められるし、ビゼーのオペラ「真珠採り」の楽曲「耳に残るは君の歌声」は画面上のジョン・タートゥーロ演じるオペラ歌手ダンテを通して聴こえてくる他に、音楽の形態を変えながら幾度も繰り替えされます。
何よりも特筆すべきなのは、ジプシー楽団タラフ・ドゥ・ハイドゥークスが劇中でロマ・ミュージックを披露してくれることです。これは、実際に演奏してるのを観ながら聴く機会なんてあまりないだろうから、単純に面白い。

☆ ☆ ☆

物語のラストはまるで斧でぶった切ったような終わり方をします。一般的にはこの終わり方は不評なんだろうけど、わたしは結構好き。
それまですべてがある速度で進んでたのに画像の方だけいきなりその場で止まってしまったために、一緒に進んでた情感だけが勢い余ってさらにその先にちょっとだけ足を踏み出したような形になって、映画から受けたその感情の形が、勇み足で飛び出した分だけよく見えるような終わり方だと思ったから。
終わり方としては盛り上げるようなシーンをごたごたと続けるよりもむしろ余情をもって潔いと思いました。

耳に残るは君の歌声耳に残るは君の歌声
(2005/11/25)
クリスティーナ・リッチジョニー・デップ

商品詳細を見る


耳に残るは君の歌声 トレーラー



原題 The Man Who Cried
監督 サリー・ポッター(本当です)
公開 2000年


応援ポチッとして頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

スポンサーサイト

コメント

この映画一応観たんですけど、ジョニー・デップが白馬に乗っていた所しか記憶に残っていません・・・。題名とは反対に、耳にも目にも残らない映画だと感じました--; 薄荷グリーンさんの様に音楽映画として観れば、また違った感想を持てたかもしれませんね。

あと、薄荷グリーンさんのブログをリンクに追加させていただきました。よろしくお願いしますm(__)m

わたしも同じ。もっと大河ドラマ風の波乱万丈の映画かと思ってたので拍子抜けしました。原題とも関係のない邦題が一番浪漫的だったと。ジョニデの絵に描いたような白馬の王子様。ある意味とても凄いです。

リンク有難うございます。こちらもリンクを貼らさせてもらいます。
非公開コメント