FC2ブログ

1/B1 ☆ 映画「プリデスティネーション」

1/B1





包囲されたバイク







柵と色

2017 / 08
大津京 / 浜大津
Fuji Natura Classica / Olympus Pen E-P3
Fuji Natura 1600

まだまだ続く大津写真♡
なにしろ7月くらいから今に至るまでここでしか写真撮ってないし。今年の夏はカメラ持ったらとにかくJRで10分ほどの京都にとっては手頃なリゾート地に足繁く通ってた。大吉おみくじの東が良いよという吉方のお告げに従っての場所選択だったけど、本当に琵琶湖湖岸は吉方だったのか、東でももっと違う方向だったんじゃないかと、とにかくここで撮った写真ばかりを前にして変化に富んだ選択をできるかと頭を悩ましながら思ってる。それに夏の開始を皮切りに頭の中に琵琶湖湖岸が勢いよく流れ込んできてスイッチが切り替わったために、ここに通いだす直前に撮っていた写真がかなり綺麗に頭から弾き飛ばされてしまってる。先日そういえば琵琶湖に来る前に何撮ってたんだかと見直してみて初めて、ああこういうのを撮ってたんだと思い出す始末。この頃、嵯峨野で写真撮っていた後のおそらく梅雨の間とその直前くらいに撮っていたものはほとんどブログには出してない。涼しくなってきたらこの弾き飛ばされた方面にちょっと接続しなおしたほうが良いかななんて思ったりしてる。

1/B1なんてタイトルに書いてみて、要するにこれはあるものとあるものの狭間のことだと思い至ると、境界域だとか現実世界に開く異界の入り口だとか、見えるものと見えないものの接線だとか、こういうのって写真に撮ってみたいもののひとつだし、なんだか写真のタイトルにもぴったりなんじゃないかと思えてきた。
今回のは歪な感じっていうのかな。最後のは自分では特にそんな感じがする。おそらく構図的にはもっとおさまりの良い位置があるのかもしれないけど、構図的に収まりきったイメージとかあまり面白いと思わないほうで、どこか崩れて不安定なほうが見ていて落ち着かなくて面白い。大体構図とか結局のところ他律であって、他人が良いと判断したものの総計にしか過ぎない。そんなもので絵を作って面白いのか。この写真は構図が良いですねなんて云われたら、あなたの感覚で組み立てたところなんてどこにもないと言われてるようなもので、本当は怒らなければならないんじゃないかなんてことも思ったりする。


☆ ☆ ☆

Predestination トレーラー


またまた映画の話。
ロバート・A・ハインラインの小説「輪廻の蛇」が原作と知って、よくもまぁこんな小説を映画にしようと思ったものだと興味がわいた映画だった。
元の小説はタイムトラベルを扱った結構短い短編小説で、タイムパラドックスの思考実験のような話。原因から結果へと流れていくこの世界の理の関節をすべて脱臼させてみたらどういう世界が出現するかといった内容で、出口のない迷路に入り込んでしまったような袋小路の論理が生み出していく悪夢の世界を体験できるお話だった。わたしが読んだのは大昔の話で「輪廻の蛇」は長い間絶版になっていたようだ。それがこの映画のリリースが切っ掛けで再版されたらしくて、これは映画の好影響の一つだったと思う。

理詰めの部分を全部放棄して、理由は分からないけどこんなに奇妙な世界が出現するって言うポイントだけで作ればかなりの妄想映画になったかもしれない。でもここではそういう方向をとらずにあくまでも迷宮を彷徨う論理の筋道を辿って映画の世界を作ってる。この脱臼した論理の世界を頭の中で考えてみると何だか脳みその表面がチリチリとざわめいてくるような感じがして止むことがなく、そういう感覚はこの映画の作り方のほうが上手く表現できていたんじゃないかと思う。

で、この映画、こんな事情で映画の表面的なストーリーでさえも書けるようなものじゃない。一応連続爆弾魔の犯行を防ぐために時間を縦横無尽に駆け巡るって云うストーリーにはなってるんだけど、爆弾魔の話って結局のところタイムトラベルを発生させパラドックスを生起させるための切っ掛けに使われてるに過ぎなくて、あくまでも映画の目的は、一体どこが始まりなんだ、一体どこが終わりなんだと、この脳みそがざわめく感覚を生み出すことだったと思う。
しかも物語の中盤手前くらいまでほとんど登場人物二人の会話劇のような様相を帯びてるのも意表をついて面白い。
時空エージェントであるイーサン・ホークが70年代のとあるバーでバーテンに身をやつしてる時、バーにやってきたしょぼくれた中年男に面白い話を聞かせてくれたらビールをおごるという約束で二人の会話が始まる。中年男は自分がまだ少女だった頃、と前置いて身の上話を始める。
もうこの、自分が少女だった頃なんていうフレーズだけで、その会話劇に引き込まれること間違いなしだと思う。

ハインラインには「夏への扉」っていうタイムトラベルテーマの、こちらは長編の小説がある。「輪廻の蛇」のように異様な話じゃなくてもっと読みやすいし、なによりもこの小説には本筋とはあまり関わらないのがちょっと残念だけど、家の扉のどれかが夏に通じてると信じて、冬になると夏への扉を探し始める愛すべき猫ピートが出てくる。映画にするにはこっちのほうがずっと相応しいように思うのに、ハインラインの小説は「輪廻の蛇」以外に「宇宙の戦士」が「スターシップ・トゥルーパーズ」なんて云うのに姿を変えて映画になったのが一般的に目につくくらいで、これはなぜか今までに一度も映画になったことがない。












スポンサーサイト



コメント

No title

あの地下一階ってまた同じ繰り返しなんでしょうかね。光が差さないとまた違った空間なんでしょうね。色のないところにきれいな色を放り込むとバランスの崩れがスイカの塩加減みたいに甘みが増します。
音楽もそうで、言葉って疑問形はどこの国でも同じ音程、基音から外れた投げっぱなしの言葉は人を不安にさせ、同時に不思議の国へいざなってくれる。桑田佳祐の毒のない音の塊って雑音でしかないんですよね。

No title

中間の空間
いつもながら目の付けどころが最高
バイクの写真にジ――――ッ
最初、バイクに見えず1分程眺めてた
どうしてそんなトコにって感じ
時空警官はずっと前に見たわ
ラストは衝撃だったわ
やっぱり趣味が一緒だね^^

すくなひこなさんへ

こんにちは!
窓から光が差し込んでいたのは確かここだけだったんじゃないかな。入り口から入ってすぐのところだったんだけど、妙に目についてシャッターを切った写真です。階層表示は最初から意外と被写体候補として目の中に入ってきてました。この表示だけで切り取ってみようかなとも思ったんだけど、となりの間接光の雰囲気にも惹かれてしまって、みんなフレームに入れてやろうなんていう写真になってます。
逸脱したものとか結構好きで写真にももっとノイズを混ぜ込んでみたいんだけど、どうもその方向が見出せないっていうところがあります。外界を写すっていう写真の土台から崩していっても良いんじゃないかということまで思っても、意外とこういう部分は強固な感じがするというかな。不協和で不安にさせる写真なんて見てみたいし撮ってもみたいけど、ありそうであまりないですよ。
調和的なものからはみ出すような要素を組み入れるにしてもその扱い方のセンスの違いは歴然とあって、こういうノイジーなものの扱いが上手い人っていうの感覚は結構羨ましいですね。
桑田佳祐はどうなのか、あまり聴かないからよく分からないけど、極端なことをやっていそうに見えてまるで毒のない感じだというのは何となく分かる気がします。だから売れたんだろうと思うけど。

みゆきんさんへ

こんにちは!
中間の空間、つまりはどっちつかずの曖昧な場所ですね。何か主張してそうで実は何も主張してない、何も主張してなさそうででも何かの囁くような声が聞こえる、そんな感じの空間とその写真。曖昧っていうのがキーワードになってるかな。そういうのってこれはこういうことだと言い切ってるものよりも色々と想像が働くでしょ。
このバイク不思議な写真でしょ。中古バイク屋の在庫を並べてある空き地に、一台だけカバーをかけてないのが混じって並べてあったんですよね。一面カバーのグレーの波の中にポツンと裸のバイクが突っ立ってる。こんな面白いものみたら絶対にシャッター切ります。こういうのだって偶々カバーをかけてない一台が混じっていた時というので決定的瞬間の一つなんじゃないかと思います。

映画、面白かったでしょ。全体の伏線とか回収できると納得してしまってそれでおしまいって言うところはあるんだけど、少なくともそれまでは頭悩ませながら楽しめますよね。奇矯なイメージを満載しての映画だったら何回も見られる映画になるとは思うんだけど、これはこれでよく出来た映画だと思います。
あのラスト、最初のうちに読めたっていうレビューをしてる人がいるけど本当かなぁって思います。わたしはそういう見方はあまりしないから騙されまくりだけど、そのほうが映画見るには楽しそう。
タイムマシン物ってすごい好き。手のひらから零れ落ちた懐かしいものがもう二度と手に入らないっていうのを痛感してるから、こういう話に惹かれるんじゃないかと思います。
SFとかホラーとか、面白いですよね。
非公開コメント