【洋楽】 Big Band Bossa Nova - Quincy Jones

1曲目の「Soul Bossa Nova」は一般的には映画「オースティン・パワーズ」と結びついてるけど、関西人にとってはO坂モード学園(確かこれだったと思う)のCMのほうが馴染みのある曲だと思います。この曲の素性がクインシー・ジョーンズのこのアルバムだって知らない人もわりといそうに思うんだけど、どうでしょうか。
私自身はそんな感じでした。クインシー・ジョーンズって「愛のコリーダ」の印象が強かったりして、あまり趣味じゃないなぁと、名前は知ってたもののずっと食わず嫌いのミュージシャンでした。何かのきっかけで、何が作用したのかは憶えてないだけどこのアルバムを聴いてみて、1曲目がこの良く知ってる曲だったので「あぁ。これだったのか」と妙に感心したことがあります。
CMみたいに流し聴きしていると、全身全霊とことん能天気な曲という印象が強く、「オースティン・パワーズ」が加わって尚のことそんな感じになってます。
でも、その気になって聴いてみると、これ意外とかっこいいんですよ。

驚くのは録音されたのが40年近く前だってこと。曲は古びた感じになんて全然なってないし、リマスターのせいかCDに記録された音は最近録音された音源みたいにクリアな状態で聴こえてきます。

収録曲では「On The Street Where You Live」辺りが気に入ってるんですが、とにかく1曲目が知られすぎてるので、このアルバムといえば「Soul Bossa Nova」となってしまっているようで、YouTubeを探してみても「Soul Bossa Nova」ばかり。
こうなると1曲目だけの印象が強いのもこのアルバムの不幸じゃないかと思います。

Big Band Bossa NovaBig Band Bossa Nova
(2005/10/24)
Quincy Jones

商品詳細を見る


Soul Bossa Nova - Quincy Jones




応援ポチッとして頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント