FC2ブログ

この、孤独で美しい場所へ

立ち木





池の道





林の中





湖面の杭





三頭の馬
2013 / 01 宝ヶ池
Holga 135 Pinhole
Ilford XP2 Super

前回のタイトルが妙に気に入ってしまって今回はそのタイトルにちょっと変化をつけて再登場。写真もモノクロと踏襲してるけど、今回のはピンホールカメラで撮った写真だ。と云っても撮ったのは随分と以前のこと。こうやって久しぶりに眺めてみるとまたピンホールで撮りたくなってきた。でもカメラはここぞとばかりにシンプル、原始的なのに、三脚必須と装備は物々しくなり気合が入らないとなかなか持ち出せない。カメラの操作も勘が頼りのシャッタースピードとかこれも結構気合を要求される。写真の写りはこれは全然よく写ってないと思う人もいるかもしれないけど、それは逆だ。何しろレンズを使わないで撮ってる写真だよ。これはよく写らなかった写真じゃなくて、レンズも使わない原始的な条件のもとで凄くよく写った写真といったほうが正しい。これだけシンプルで、それゆえに多彩な偶然に目一杯さらされる写真には当然予測不可能なものが一杯寄り集まってくる。自分が撮ろうとした意志とは別の場所で写真が成立していたりする。それを面白いとするかどうかで撮られたピンホール写真の幸福不幸が決まってくる。






家にはピンホールカメラは今回使ったこのホルガのものと学研のピンホールカメラ、ピンホールモードのついたダイアナがある。ピンホールとそこから入ってくる光を受け取る部分と光が入ってくる時間を調節する単純に開け閉めできるだけのシャッターがあれば、どんな形になっていてもみんな同じピンホールカメラだ。機種的に高価であってもそうでなくてもまったく変わりはない。一番手軽なのは紙でできてるものもあって、上の三つの条件が揃ってるなら紙製のカメラでもまるで問題なくピンホールカメラとして使える。Rubikon Pinhole Rebelなんてネットで検索してみるとペーパークラフトのとってもキュートなピンホールカメラが出てくる。






スポンサーサイト

コメント

No title

心にゆとりがなければ、到底ついていけない写真が続きました。
今回、「ピンホール写真」という単語から、”ピンホール写真とはなんぞや”から学習しました。(少し私の精神状態にもゆとりができたことを確認)

わかりましたよ、ピンホール写真
《レンズも使わない原始的な条件のもとで凄くよく写った写真》であることも確認しました。

写真も奥深く、いろんな楽しみ方があるのですね。
光を利用し訴えたいものを形にする(´ヘ`;) う~ん・・・
難しい話です。

No title

最後の写真はどうやって撮ったの?
凄い!!!

No title

孤独で美しい場所シリーズ(?)、滅茶苦茶イイですね。
何やろ、肝心なモノが見えそうで見えない感。
前回分もそうでしたが、ソレを見る人それぞれが、
頭の中で、見えそで見えない何かを補完してゆく。
そして、見る人の数だけ異なった補完があるハズ。
そんな空想を誘発する事もまた痛快で、面白いです。

和さんへ

こんばんは!
ちょっとゆとりが出来ましたか!ゆとりというか遊びの部分余剰の部分がないと動きが悪くなるところもあるから、色々と柔軟であるためにこういうのは大切ですよね。原理は小さな節穴から入った光が壁に像を結ぶのとまったく同じで、暗闇の壁に現れるぼんやりとした光景がそのまま写真になってるといってもいいんじゃないかと思います。幻想的でどこかこの世界とは遊離したような雰囲気の写真が出来上がることが多くてなかなか面白いです。レンズも使わないでただの針の穴でこんな写真が撮れるのは驚きでしょ。曖昧でぼんやりした夢のような光景を楽しめばいいと思います。わたしは偶然が介在して予想外のものが出来上がっていくっていうのが結構好きでそういうのを形にするにはピンホール写真は結構うってつけのメディアになるんじゃないかと思ってます。
ピンホール写真も突き詰めようによってはかなりはっきりとした写真も撮れるんだけど、きっちりしたカメラと同じものを追求しても仕方ないので、ここはやっぱりよく写ってるぼんやり写真を追求していったほうが絶対に楽しいはず。
久々にまた悠長なピンホールカメラを楽しんでみようかなぁ。

みゆきんさんへ

こんにちは!
普通に撮ってこんな感じです。カメラが通常考えられるようなのと違う構造のもので、何しろレンズがあるべき部分に針先ほどの穴が一つ空いた板があるだけ。だから普通に写るカメラとはまた違った写りになるんですよね。被写体は宝ヶ池の湖畔にある馬の彫像なんだけど、一見して即座に馬と判別できないようなところもあるかと思います。何だか別世界から送られてきたような雰囲気の写真になって面白いでしょ。

halさんへ

こんにちは!
孤独で美しい場所。結構気に入ってしまってシリーズ?なんて云われるとそれもいいかもとか思ってしまいそう。でもこのタイトルだとまず街中ではあまり撮れないだろうし、しょっちゅう山の中をさ迷い歩いてることになりそうで、それも嫌いじゃないけどちょっと困るかな。
あいまいで焦点が定まらないままに成り立ってるようなイメージ、こういうのは自ずと含みが多くなるような気がします。どういうものを内在させてるかはこちらが思ったことでない場合も多いんだけど、そのほうがわたしが持つある種の狭い枠組みを超えていくようなところもあるからあり方としては嫌いじゃないです。一応こういう感じという路線で写真を撮ってはいるけど、これを見せたという明確な何かに細かく焦点を合わせていないので、イメージの中にぶれたりずれたりする意味空間が必ず出現して、そういうのが見飽きない要素になってくれればいいなぁなんて思ってます。
それにしてもピンホール写真、面白いですよね。デジタルでも出来ると思うけどこんなに曖昧なものとして成り立つのかな、どうなんだろう。最近ホンマタカシがカメラ・オブスクラで写真撮ってたのを見ていい感じだなぁって思ったことがあったので、久しぶりにピンホールカメラを持ち出してみようかなと思ってます。

No title

どんどん年を取って目が悪くなったらいつかこんなぴほーるカメラみたいな風景になっちゃうのかな。そう思うとこの孤独で美しいというのはしみてくるな

sukunahikonaさんへ

こんにちは!
老眼はもっとはっきりと見えると思いますよ。遠景に限るけどむしろ感覚領域に落とし込めないような精緻な視線になったりして。思ったんだけどピンホール眼鏡とかあったら面白いんじゃないかな。まるで何も見えない眼鏡、あるいは世の中はっきり見たくない人向けの眼鏡。年取ると人間関係は希薄になってきますよ。だんだん世界が閉じていく感じになっていくかもしれない。ジェイコブス・ラダーのラスト近くの一室のように、この世界にはもはやその小さな部屋が一つあるだけで、部屋の外には虚無が広がってる気配しかない。でもそういう場所には必ずある種の美しさがあるんじゃないかと思ってます。一人で世界と対峙した時に見えてきそうな何か。半ばこの世から離脱しかかってるようなものかもしれないけど。

No title

これ、モノクロでもカラーでも素敵だと思う。
ピンホールカメラを上手く使いこなしてる。

なんというか写真よりも絵?
エッチングの版画みたいで素敵。

タイトルと写真を見ながら
アーサー王伝説を思ったよ

ROUGEさんへ

こんばんは!
イメージは陰影深いケルトの森と湖ってところなのかな。最後のが馬の彫像だからそういうイメージに拍車をかけてるのかも。宝ヶ池そのものはそんなに神秘的でもないんですけどね。この辺にピンホールのマジックがかかってるみたい。
ピンホールカメラはシンプルなんだけどシャッターを何秒開けばいいのかとかマニュアルめいたものがあまりなく、その辺は試行錯誤になってなかなか気軽に手を出せない印象もあります。やってみると適当でも何か写ってるしそんなに難しく考えることもないと分かるんだけどやっぱりちょっと敷居が高いかな。でも原始的なわりにというか原始的であるゆえに独特の、はっきり写るのが至上命題の今のカメラとはまったく別の世界を垣間見せてくれるから面白いんですよね。しかも撮影のちょっとした手順で変化自在にイメージの質感が変わってくるから結構奥が深い。
見事に細部が飛んでしまうからタッチはまさに絵画的ですよね。元々わたしは絵画志向だからこういう絵画的なイメージになるのはむしろ歓迎したいほうです。こういう方向での絵画的イメージじゃなくてもいつも写真に絵画的であることを見出そうとしてるところがあって、こういう好みはやっぱりわたしの本来的なものなんじゃないかと思います。
結構前に撮った写真でその後ピンホールカメラを持ち出すのが億劫になってたけど、深い森の中をまたピンホールで撮ってみようかな。久しぶりに自分の写真見てモチベーションが上がってきました。
こういうのをやる時にはモノクロは使いやすいんだけどカラーも違った感じになって面白そうですね。

No title

こんにちわ♪


ピンホールカメラで、これほど豊かに被写体が表現された写真を撮影できる薄荷グリーンさんの撮影技術は凄いですね。


そういえば、若い頃 教員研修で理科の学習指導における作業でピンホールカメラを製作したことがあります。

筐体は黒色の薄めのスチール素材でした。


子どもたちは、こういうモノづくり学習や体験学習を通して理科学習の面白さを味わったり、新たな発見に驚いたり・・
座学では得られない 生きた知識を学ぶことができるわけですが

諸外国と比べて、日本の子どもたちは相対的に見ると、理科学習が嫌いな傾向にあるようです。

そこは、小中学校段階で 理科の楽しさを子どもたちにどう感じさせるか 教師の力量が問われる部分でもあります。

最近は、理科学習用学習教材も豊富に用意されてて 楽しく製作できる工夫もされています。

ピンホールカメラ また作ってみたいですね。

ももPAPAさんへ

こんばんは!
結構かっこいい仕上がりになってるでしょ。モノクロの質感に助けられてるところもあるんだけど、他ではなかなか得られないイメージだと思います。もっともこの背後にとんでもないほどの失敗が積み重なってたりはするんだけど。露出に関しては完全に適当というか、試行錯誤が必要なので、こういうのが面倒臭いと嫌になってくるかもしれないです。
教材としてのピンホールカメラは面白いですよね。この面倒臭い試行錯誤からも結果を見るならば受け取れるものが一杯あるし。たったこれだけのことで本当は写真って撮れるんだと、そういう驚きも子供たちにとっては新鮮だと思います。実際空き缶を利用してピンホールカメラを作ってる人もいるし、そういう手作りの得体の知れない装置で撮れる写真は結構愛着心が生まれるかも。
世界を成り立たせてるものの不思議とか、子供の時でないと味わえないものもありそうで、そういう意味では理科に興味を示さない子供が増えてるとしたらこれはもったいないことだと思います。
数学にしろ何故か大人になってからその神秘さに惹かれたりするんだけど、学生の時にこういうものに惹かれていたらなぁなんて、今にして思います。子供たちにはいろんな世界に導いてくれる切っ掛けを一杯用意してあげるのが大人の責務なんじゃないかな。
非公開コメント