FC2ブログ

ワッフル





グラデーション






四角いリズムで






乾燥した水面





三連
2016 / 12 京都駅
2016 / 04 丹波口
2017 / 12 鴨川
2015 / 09 伏見桃山
Fuji Cardia Travel mini DUAL-P (1,2) / Olympus XA2 (3) / CONTAX T3 (4) / Olympus PEN F (5)
Kodak SG400 / Fuji 業務用400 / Kodak Gold 200

グラフィカルでポップでキュートでシュール、いつだって頭の中でこの呪文を唱えながらの撮影だ。この前の「○」に続いて今回は「□」に関する視覚的考察といったところか。とはいっても四角い形というのは街のいたるところに溢れかえって、あまりにもありふれて「○」ほどには感覚的には躍り上がらない。それにこれは四角の写真だと云ってしまうと、あぁなるほど四角いものの写真ですかと、それで適当な落としどころにあっさりと落ち着いてしまうところがあってこういうのもつまらない。確かに四角い形に拘って撮ってはいるんだけどそれに収まりきれない部分がないとやせ細ったイメージにしかならない。それは四角い形を扱っていても切り取り方の感覚によっては痩せ衰えたものにもなるし混沌としたものを含む得体の知れないものに変貌するものもあるということなんだろうと思う。大体これは何々を表現しましたなんて作った側が明言できるようなものなんか大抵は面白くもなんともないものとなってるし、どうせ撮るなら自分にも明言できない得体の知れない何かが寄り添ってる写真を撮りたいと思ってる。それにしてもこの呪文の中でシュールというのが一番扱いにくいかもしれない。なにしろ写真は与えられたものでしか構成できないから。その辺に飽き足らなくなってくると演出写真のような方向へ向かいがちになるんだろうけど、わたしは自我意識でべったりと塗りつぶしたような演出写真は嫌いだからなぁ。おまけに描かずに写し取るという写真の特質。この描かないということは写真を写真として成立させている最大の要因だろう。最近読み始めてちょっと面白がってる本。川上弘美の「椰子・椰子」得体の知れない非日常の要素が日常の中に平然と交じり合ってる不思議世界を語りだしてる内容で、作者自身が見た夢をコアにして実質は夢魔に近いような世界なんだけど、語り口がのほほんとしてるというかあっけらかんとしているというか、怪異譚という手触りとも違う、ちょっと体感したことがないようなユーモラスな幻想空間を味わわせてくれる。日記として書かれた一月の八日、曇りの日に松もとれたので冬眠に入り、二月の三日、晴れの日に冬眠を終える。その間一緒に冬眠させた子供が二倍の大きさにふくらんでいるのを湿度の関係だろうかと考え込む。文庫の解説を書いてる南伸坊が内田百閒を引き合いに出していて、確かに思い切り切り口の変わった内田百閒っていう感じだ。内田百閒好きとしてはいきなり波長が合ってしまい、続いて読むのに何冊か手元に置いておこうと思って他の著書を漁ってみたら、一体どれから手にすればいいんだと途方にくれるくらい、結構な数の本が出ていた。芥川賞作家なんだけど、それだけ人気がある作家なのかな。







Cibo Matto - Sugar Water

ビデオのほうは手抜きのミシェル・ゴンドリー風だけど、音は水底で流行るポップソングなんていう言葉が頭に浮かんで、その低体温っぽい感触がなかなかクールだ。






スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんわ

Cibo Matto

彼女たちの作り出すミュージックは、アシッドジャズ
ヒップホップなどの要素をクロスオーバーさせた 独特のグルーヴがあっていいですね♪

たゆたうようなゆったりとしたビートに乗って流れていく歌詞とサウンドはスローヒップホップとも表現できるような個性的なもので
心地いいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ももPAPAさんへ

こんにちは!
アシッドジャズとかカテゴライズされていると、思ってるジャズとは結構様子が異なってるので、これはジャズじゃないだろうと思うほうなんだけど、そういうカテゴリーを外して聴いてみるとそれなりに好きなタイプの音楽が多いです。どちらかというとダンサブルな今風のイージーリスニングという感じで聴いてるかな。これはとにかく流行ってるかっこいい音を一気に詰め込みましたという感じの音作りをしてるバンドみたいな印象です。ちょっと破綻がなさ過ぎる、きっちり決めすぎてるようなところもあるんだけど、嫌いじゃないですね。思い切り日本人の発音で面食らうけど、ニューヨークで活動してるバンドらしく、他のスタジオセッションのような動画を見てみるとこの発音で平気でやり取りして通じてるんですよね。なんかそれっぽく英語を発音できない人にはその会話の度胸のよさで福音になりそうなバンドでもあります。

鍵コメさんへ

こんにちは!
おきてがみがSSL化に対応していなかったりするので、ブログラム終了のあとは代わりにWEB拍手設置してるところが多くなってますね。他のブログに足跡を残してみてちょっと使い勝手に違和感があったり、他の似たようなサービスと較べてどれがいいのか判断つかなくて様子見してるんですけど、これが次のスタンダードになるのかな。おきてがみ、わたしのところのにも不具合出てますか。自分のブログで自分のブログのおきてがみをクリックしてもそういうことがないのでわからないんですよね。他の人のブログでおきてがみをクリックすると、たまにもう一度ブログのほうを読みこんでそこからおきてがみをもう一度クリックしてくれというようなメッセージが出ることがあって、その場合同じメッセージの堂々巡りになるのがほとんどなんだけど、こういうことがわたしのブログでも発生してるなら、ちょっとこのあたりはわたしの所も考慮してみたほうが良さそうです。Fc2ブログの人はFc2の履歴から辿ってるんだけど、それ以外はおきてがみ頼みなので、不具合が出てるならそのうちWeb拍手つけるかな。

No title

こんばんわ

そうですよね。

僕も音楽を型に嵌めむのは好きじゃないので、いい曲は理屈抜きにいいって感じで聴いてます。

あらためて自分のコメントを読んで あちゃ~ 堅苦しいこと書いてるよ~って顔が火照りました;^^

彼女たちもそんなの意識せずに、フィーリングで曲作って歌ってるんでしょうね。

それにしても、歌とリズムが絶妙にマッチしてて聞いてて心地いいです。

あ・・ それと 最初の写真は 見る角度によって形が変化していくのは錯視のメカニズムによるものですか

不思議な感覚で惹き込まれます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ももPAPAさんへ

こんばんは!
こういうカテゴライズしている言葉って、誰が考えるのか結構上手くつけてありますよね。ある音楽を聴いてさてこの感じを短い単語にしてみろといわれたら、わたしにはまるで歯が立たないと思うし、こういう風にカテゴリーを作ることでその音の正体のようなものの形が現れてくるから、これはこれで便利だと思います。ただわたしは未だに「ハウス」だけは何でこんな単語がついてるのかさっぱりわからないけど。これから自分はジャズをやる!とか、作ってる側はおそらくあまり考えてないだろうなぁとは思うので、こういうのは聞く側の都合ですよね。この曲は問答無用で気持ち良いし、その辺で感覚が通じ合えば、それだけでここに載せたわたしとしては楽しいと、そんな感じです。
一枚目のは四角というよりも三角の写真かな。この三角の陰を入れるように撮ろうと思うと斜めから撮るほかなくて、自然にパースペクティブがかかってるんですよね。同じものの繰り返しが遠近法にのっとって並んでるから、見ていてちょっとくらくらするところがありますね。整然と並んでる様を撮りたかったところもあるんだけど、こういうのも面白いです。
非公開コメント