FC2ブログ

知覚の地図Ⅰ

解ける螺旋





窓辺の幾何





黄色いサイン

2019 / 4~10 宇治
CONTAX T3 / CANON DEMI EE17
Lomography Colornegative 400

たとえば、何でもいいんだけど、宇治の平等院と天ヶ瀬ダムと目の前の真新しい電子炊飯ジャーは等価である。平等院と天ヶ瀬ダムと目の前の真新しい電子炊飯ジャーを撮る時の態度には何も変わるところがない。それは対象に特別な意味を認めないということであり、対象に意味を求めないのなら、写真はそのほとんどすべてが私的な感覚に帰結するのかもしれない。意識であれ無意識であれ、あらゆる知覚を巻き込んで流動していくその広い、あるいは狭い、流れ、渦巻きの中で、棹差す如く突き出た杭に引っかかり、流れが滞っている場所ではその淀む流れに沈殿していくように、写真のあらゆる光、陰、暈、滲み、粒子、エッジ、コーナー、曲線、色面が寄り添い集まってくる。その流れの中の散在する特異点に呼び寄せられ堆積していく写真の、そのあらゆる断片、要素が、その配置によって意識、無意識、そして意識無意識でもない何か、云うならば流動する茫漠とした全知覚領域の上へ極私的な地図を作っていく。とまぁちょっと思いついてこんなことを書いてみると、いつも近代的な自我なんて相対化する対象だとか、個性なんてまるで信じないなんていう言い方をしているわりに、写真はむしろ私小説的なものじゃないかと、自分はそういう風に把握してるところもあるのかもしれないと思い至って我ながらちょっと吃驚する。写真は極私的である。社会性とは無縁の場所で成立し、他者にとって理解不能で一向に差支えがない。個的な知覚を普遍化させようなんて意図もなく、その知覚の個的地図の中で固有の文様を作って立ち尽くすだけという孤独な存在、わたしが写真に夢想するものはそういうものなのか。藤枝静男は私小説に特化する道筋で幻影への地平を開いた。こんな書物を紐解いていると私小説的なものは幻影への扉を開く可能性を持っているとの確信へと導かれる。写真においてもそういうことは可能なんだろうか。

今回の写真はなかなか撮りきれないと書いていたCONTAX T3に入れていたフィルムから。そう、このフィルム、ようやく撮り終えることができて先日現像に出してきた。フォトハウスKの店長さんもわたしのことは忘れずにいてくれて一安心。一応病気になってあまり来れないかもしれないけどまたよろしくと近況を伝えておく。久しぶりの仕上がった写真を眺めていて、何か病気とはまるで関係ない場所から撮っているような感じがする。病気の影響は写真を撮りに出かけられないという形で出ているだけで、内容に関してはあまり露にはなっていないようだ。たまに体調がよくてカメラを持って出かける気になったら、そういうことが出来る喜びのほうが写真に出て、病気だからといって陰鬱なものとなるよりも、むしろ明るい写真が撮れそうな気もする。能天気なほど陽気な病んだ写真というのも存在としてはなかなかひねくれていて、撮れるなら面白そうではある。

先日胃カメラをやってきた。初体験ではないものの以前に検査したのは10年以上前、最近胸焼けや痛みを覚えることがあるので潰瘍性大腸炎の診察のついでに云ってみると、逆流性食道炎だと思うけどしばらく検査していないなら、一度胃カメラしておくか?と提案されての結果だった。検査中に見た目変なところがあったらしく生検もとられて、検査直後の診断では画像を見て結構酷い逆流性食道炎だなぁと云われ、あとは生検の結果待ち。そして2週間後に生検の結果を聞きにいくと、結構酷い状態だと云われたのに反して、これは特に問題なしということだった。結局わたしの胃は酷い有り様だけど大層な事態に見舞われているいるわけでもないという状況で、胃酸を制限する薬が出ただけで一件落着だった。それとは別に今回の検査は今までの胃カメラにはなかった不思議な体験が出来て、これがちょっと面白かった。なにしろあとで振り返ってみればげろげろした状態になったという記憶がすっぽりと抜け落ちていた。それだけじゃなくこれもあとで気がついたんだけど胃カメラが喉に入ってくる瞬間もまるで記憶にない。大体喉の麻酔なんぞかけてもそんなのまるで役に立たずにげろげろ状態を回避できるわけでもないというのが今までの胃カメラ体験だったのに、今回に関してはこの苦痛の時間がまるでなかったというのがあとで思い返すとなんとも異様な印象だった。これ、端的に云うと鎮静剤の結果だ。この鎮静剤の動きの不思議だったのは、喉に胃カメラが入ってきた瞬間を覚えてないとか、げろげろした記憶がないというのに、そのあいだ眠らされていてたわけじゃなく、検査中に覚醒していた記憶は確実にあり、ここ、変になっているから生検を取っておこうなんて呟いてる検査医師の声も聞こえていて、変なところって一体何?と思ったことも覚えていた。なのに、あとで思い返すと、あれ?そう云えば一体何時胃カメラのチューブが喉を通っていったんだと、そういうところだけはさみで切り取ったように完全に記憶から脱落してしまっていた。げろげろ状態は奇跡的に上手く麻酔が効いて体験しなかった可能性もあるけど、検査をやっておいて胃カメラが喉を通っていかなかったことなんてありえないわけで、眠ってもいないのにこの挿入そのものの記憶がないというのはまるで理にかなっていない。診察後に渡された検査の明細に、使用した鎮静剤はミダゾラムとあった。検索してみると、この鎮静剤には前向性健忘効果があるとされている。前向性健忘というのは発症以降の記憶を保持できなくなるということらしくて、この場合の発症というのは鎮静剤の投入時のことになるんだろう。体験的にいうなら、何らかの障害というか苦痛というか、そういうのが発生した時点のみを選択的に記憶から除去しているような感じで、なんとも都合の良いというか不思議な効果の薬剤ではある。わたしが潰瘍性大腸炎で診てもらっているこの病院で、これまで大腸内視鏡とこの検査をやってみて、両方ともまるで苦痛を感じなかったのは振り返ってみれば驚きだ。大腸のほうも空気を入れるから普通は検査後も空気が排出されるまで結構長い間腹痛が続くんだけど、空気を入れなかったんじゃないかと思うくらい検査後は普通だった。ここだけ特別なやり方でもしてるんじゃないか。今回の胃カメラにしてもよく鼻から入れるほうが苦痛が少ないなんていう提案をするところもあるのが、まったく無意味になるような検査体験だった。

数日前にGYAOで無料配信されている映画、というより映画未満、映画もどきのとんでもないものを見てしまう。無人島に数人のランジェリー姿の女が漂着して何かいろいろやってるという内容らしいんだけど、基本的になにが云いたいのかまるで不明。さらに無人島といいながら遠くに見える海岸線には明らかに街並みが見えているし、浜辺で格闘しているランジェリー女の背後の海ではジェットスキーで遊ぶ人が堂々と横切っていったりするとんでもない代物だった。これでお金を取ろうとした製作者の根性がもう理解不能。こんなもののクレジットに名前を載せられて平気だった人の感覚も信じられない。こんな映画もどきの作り手として名を名乗り人目にさらして恥ずかしくなかったんだろうか。見てしまうといっても最初の3分もたたないうちに耐え切れなくなって、あとのほうは細切れに飛ばして確認した程度だった。おそらくこの見るということだけで体感できる苦痛をはねのけながら全部見てしまったら、時間の大切さについて今さらの如く身を切るような認識を強いられることになっていたと思う。ちょっと今GYAOに戻ってタイトルを確認してきたら「無人島ランジェリーロワイアル」だった。酷く、さもしいタイトルだ。無人島はおそらく物語的世界を構築するだけの能力も予算もないというところからの、想像力を必要とするようなことは何もしなくてすむという意味合いの設定だろうし、あとは下着姿での殺しあいみたいなのをイメージさせて男どもを釣ろうという魂胆だったのだろう。心底くだらなそうなタイトルと、その酷評で溢れているレビューからどれだけ酷いものなのか怖いもの見たさの好奇心が発動した結果覗いてみただけだったんだけど、好奇心は猫をも殺すの実証となったかもしれない。無料配信は12月12日まで。随分と長い。そしてその間にどれだけの人が時間の大切さについて思いを馳せることになるのだろうか。というか最初からこんなの見ようと思う人もほとんどいないか。






スポンサーサイト



コメント

No title

新築だね
新築住宅だぞー

住めば中古( *´艸`)

都会の新築住宅はこんなんだよ
注文住宅って素敵でしょ
ドアが言ってるように見える☆彡

No title

逆流性食道炎、放置していたら
以前、耳とかまで炎症起こったので
それが解っただけ良かったんじゃないかな?(^^;
でも胃カメラは嫌だな~

記憶にないって事は麻酔がよく効いてたのかな?
近所の胃腸科は麻酔が甘くて
エグエグしながら撮るから余計に嫌だな~

デジタルな写真は別なんだろうけど
フィルム写真に関しては
私は撮る人の目だと思ってる。

例えば「赤」
美容院でいつも担当の美容師さんと揉める(笑)
「赤」の色合いが私と彼と違うの。
以前「色の認識は人それぞれ」って聞いたことがあるけど
本当にその通りで「トマトの赤」とか言っても
違ったりするので、面白いなぁと。
モノクロだと少し違うんだけどね。

写真のドアは個人宅かしら?不思議な感じ

みゆきんさんへ

こんばんは!
なんだかみんな簡単に家建ててますね。この家建て始めた当初から観察して写真撮ってました。これは完成する本当に直前くらいだったかな。写真撮るのに夢中になっていたら近所の人にここに越してこられる人ですか?なんて声をかけられました。新しい家、住んでみたいけどね。陰の出方と出っ張りの組み合わせが面白くて撮った写真。
確かに住みだした瞬間から中古住宅の道まっしぐら、痛んでいく一方の運命を辿っていくんですよね。そう思うとまだ誰もが住んでいない住宅の写真とか、失われるのが約束されている稀有な一瞬を捉えた写真ともいえるわけで、そういう住宅の写真ばかり集めてみるのも面白そう。

ROUGEさんへ

こんにちは!
薬貰ったら飲んだ翌日くらいから早くも食べ物が沁みたりすることがなくなりました。梅干食べても通過する時に刺激があったのに、それも綺麗に消えてあっさりと症状から解放されてます。よく効く薬でした。胃カメラは次ぎはカメラが通過する時のことを意図的に覚えておこうとすると思うので、なんだかちょっと楽しみ。まぁ大腸ほどにはやらないとは思うけど。
麻酔じゃなくてやっぱり鎮静剤の効果だと思います。喉の麻酔もやってたけど、これだけだとあんなに苦痛なくやれてるとは到底思えないです。でも鎮静剤も使用するには書類にサインしなければならなかったし、それなりに何か副作用でも出る可能性もあるんだと思います。それでも一度体験してみるともう鎮静剤無しではやれないかな。
色に関しては認識論的には面白いテーマになりますよね。確かにわたしが見ている赤と他人が見ている赤が同一の色だとは誰も証明ができないし、確かめようもない。極めて個人的な感覚の中に閉じこもってます。色以外でこういうのってあまりないのかも。髪の色に関してはわたしは美容師に伝えるのはほとんど諦め気味。一応シルバーベージュって指定はするけど、結果どういうニュアンスの色になるかはもう結果をそのまま受け入れるだけって云う感じになってます。基本的にはちょっとくすんだような色が好きかなぁ。
新築のまだ住人もいない家の玄関。生活臭もないしたまたま影の具合が面白い感じになっていたので撮ってみた写真でした。生活臭がないというのがわたしの写真のポイントなのかも。体温が高いわけでも低いわけでもない写真。意図しなくてもそういうのに惹かれてるんじゃないかと思います。

No title

昨日、ジモティー見てたら
「要らないフィルム下さい」ってあって
期限の切れたフィルムを10本、今日、差し上げたの。
高校生位の可愛い女の子が取りに来て
「最近、フィルムカメラにはまってるんですけど
売ってないし、高いので」って
喜んでいたわ~

ROUGEさんへ

こんばんは!
フィルム使いの高校生とか頼もしすぎる。わたしも撮りに出かけられないものだからストックしておいたフィルムが使えずに続々と期限切れ。フィルム売り場にも行く用事がなくなって、でもそんな状態でも久しぶりに行ってみたら売り場がまたまた縮小されてました。売ってないといいたくなるのも分かります。ネットでは結構販売しているから、それもヨーロッパ系のなんだかかっこいいのとかロモの手軽でポップなのとか、実店舗よりもそういうところで確保していけばいいと思うんだけど。高いっていうのはわたしも痛感します。ロモが低価格でがんばってくれてるけどその他のフィルムは数が少ないくせに一本1000円以上なんていうのがもう当たり前。これは高校生にはかなりきついだろうし、わたしも続けるには頭が痛いです。でもせっかくフィルムの面白さに気づいたのならそんなことで躓かないで欲しいなぁって思いますね。
この前のROUGEさんのコメントから思いついて、今書いている次の記事の中にフィルムを通した眼でしか見えないものがあるなんていう一文を滑り込ませてる最中で、わたし自身はやっぱりフィルムに夢中というのは変わらないです。
でも今からフィルムカメラ使うとすると、状態のいいのってもうあまり出回ってなかったりしないのかな。何しろ新しいフィルムカメラはほとんど作られていないのと同じだし、昔に作られたものは月日が経つごとに確実に状態は悪くなっていくはず。そう思うと自分の持ってるカメラも大事に使わなければなんて思います。

No title

お久しぶりでございます。
今回の写真は最高の構図と暗示的タイトルと、現象学的な考察と肉体と精神、記憶と原体験、私小説とフィクションの間に交錯する視線と対象、それぞれの立ち位置を説明するためのそれを結んだ視線の交点の集約するエリアをどう私の、否、私たちの共同幻想として体現化していくのかという過程を、他者から切り離された純粋な個人として説明することが可能なのかということへの考察を、苦しむ産声を聞きながら、否、季節外れの毒虫に刺されたおしりのしこりに爪を立てながら書き連ねていこう遠むのです。しかし!そんな矢先に、なんとあなたは唐突にも、きっと私が知り得る限りの人類史上最高の名作、『無人島ランジェリーロワイヤル』というフィルムをもって、私たちに芸術の何たるかを、最後の通牒を、それはソクラテスの仰いだ毒杯のように突如として私たちに突きつけるではないですか。
今、私の思考は停止し、現実は妄想と化し、私の理想は瓦解する。
私たちはあなたの言葉の中で困惑し、迷走し、麻酔のように混とんとする意識は自己をつなぎとめる鎖を見失い、地平を離れていく自分の影を追いかけながら恐れおののくその最中、未だかつて予想もしなかったこと、あなたの過ちを、初めて見るあなたの理論のほころびを私は見出すことについに成功したのです。

それは

『無人島バトルロワイヤル』は映画未満、映画もどきでは決してない!
あの名作はAV未満、AVもどきである‼‼



結構この見る側の立ち位置の違いって作品を楽しむうえで大きな要素になると思います。この作品のようした30分余りを私は至高の時間としてとらえられたからです。このフィルムは映画を期待した人にとっては映画以下に。AVを期待した人にはAV以下に。それこそアイドル映像としてはもってのほか、どんな作品をも凌駕した期待外れの企画なのです。キャスティングも絶妙?で、セクシー場面を期待してる殿方に対しても一体視聴者ターゲットは誰なの?俗っぽい表現でいえばシュールそのもの、観覧していた30分(もちろん早送りしたさ!)は私にとって全く無駄ではない!腹のよじれるほど笑いましたとさw
彼女たちの絶妙なセリフ回しに、何故か失笑と共にけなげな少女たちに寄り添う暖かな気持ちでいる私がいる。撮影中虫に刺されないのかな?蛇が出ないといいな、変な男に騙されないといいな、といらぬ心配をしている私がいる。映画の本題、無人島脱出に向けて心から応援している私がいる。「頑張ろう!」という陳腐なセリフの多さに困惑するwきっとかなりの視聴者がこの作品を楽しめると断言することができるのです。映画未満であり、AV未満であり、セクシーショットからは程遠い謎の作品。見るものすべてを裏切るこの構成に誰もが感動を覚えることは間違いのない事実だと感じるのです。(この間のインド映画の撮影状況と比するにそれほど変わりはありません。成り行きで出演した私 - なおかつ物語の重要な役 - この作品と共にそれを思い出すととても心がうじゅうじゅします)
マンゴーが最大の予算計上だった幻の名作。冒頭のダイジェスト部分でみんながマン〇!マン〇!と連呼しているのにはびっくりしました。ちなみに私はレモン色のランジェリー、MIOちゃんを応援します。

すくなひこなさんへ

お久しぶりです。
基本的に社会性皆無の人間だし、特に他者に対してどうしても発信しなくてはならないと思うようなこともないので、そうであっても写真を撮り続けるって一体どういうことなんだろうと、これはたまに考えたりすることだったりします。いつもこういう面倒くさいことを考えてシャッター切っているわけでもないので、あくまでもたまに、ここに書くことを思いつかなかったような時に。しかも最近往々にして書くことを思いつかない。
興味があるとすれば事物の属性じゃなくてオブジェ性のようなものかも知れず、ならばすべてはオブジェであることにおいては同一であるという考えから撮る態度を変えないようにしているんだけど、これが考えようによっては極めて私的な感覚にも直結していくと気づいてみると、書いている本人もちょっと混乱気味になったりして。
写真はオブジェであることを顕現しながらも極私的に極私的な文様を描いて孤独に立ち尽くすのみと、こういうヴィジョンはわたしにとっては結構美しいもののように見えてるんだけど、写真としてそれが成立しているかは写真を撮り続けることでしか、その知覚の地図を描き続けることでしか確認のしようがないというところだと思います。それにしても理解されることも必要じゃないと書いてみると、あらためて思うんだけど、これ、最強ですよね。
ちなみに今回の写真はみんなエッジの効いたイメージになっていて久しぶりに自分でも気に入った仕上がりになっていました。
あの映画もどき、ファンなんですか。30分近く付き合えるっていうのはよほど波長があったということなのかな。わたしはものの数分しか持たなかったです。しかもクレジットに恥ずかしげもなく名前をさらしてどうのこうのって書いているけど、クレジットが出てくる最後まで見てないから、最後に製作者の名前が出てくるのかどうかも本当のところ知りません。
で、こういうスキップ視聴だけでも、この映画に期待されたものに対して、どれにも満足を与えないだろうというのはわたしも痛いほど理解は出来て、これは考えようによってはすごいことじゃないかと思えないこともないです。誰のどのような理解も寄せ付けない難攻不落の要塞のような有様とか、本来ならこういうのはわたしの興味をひいておかしくないはずなのにね。これはやっぱり波長がまるで合わなかったとそれに尽きるんでしょう。無人島なのに背後でジェットスキーで遊んでいる人が堂々と写っている。これを笑えて楽しめるかどうか。まぁあえて見る選択をしまっていることからでも分かるように、くだらないものも結構好きなほうなんだけど、もう一度見てもおそらく数分で陥落すると思います。。
このコメントを書いていて、さっき「スピード視聴」と打ち込んで変換してみたら、最初に「スピード市長」と出てきました。スピード市長、どんな市長なんだろう。

鍵コメさんへ

こんばんは!
徐々に寒くなるというより、いきなり寒くなる感じですよね。実は先週見事に風邪をひいてしまって、一週間ほど気分が優れませんでした。まぁあまり酷くならすに治まったからよかったけど、持病に悪影響が出る可能性もあるので風邪と云っても侮れません。風邪には気をつけてくださいね。
わたしもほとんどカメラ任せです。一眼レフのような大きなカメラ持って出るのが億劫になって最近は持って出るとしたらコンパクトカメラばかり。ぴしゃっとしなかった写真は載せてないだけだったりして。気に入った写真って撮った写真のうちでもほんのわずかだし、気に入った写真を撮るには数を撮るっていうのは正論かもしれないです。
非公開コメント