FC2ブログ

知覚の地図Ⅲ かっこいいブーツ! 今年もお終い。

茫洋とした希望





彼方にある展望

コンセプトによる写真はそのコンセプトを理解すれば写真も分かりやすくなる。云うならばその写真の繰り出す答えは割り切れる。対し直感による写真はおそらく割り切れない。来年はちょっとそういう直感による写真を撮ってみたい。つまりは撮った本人にもそれが何なのか分からないような写真。どこかで見たような洒落た雰囲気のかっこいい写真をまねて撮るようなことは極力避けよう。そんなのを撮るくらいなら、誰も撮る気を起こさない、まるでちっともかっこよくない写真を撮るほうがずっとましだ。

少し前の記事を読み直していて、涼しくなったらブーツを買うというようなことを書いていたのを思い出した。実際にこの冬ブーツを買ったからブーツを履いてやろうという野望は夏の始まりの頃から持っていたということだ。
きっかけは雑誌というかムックで見たこの写真。おぉ、かっこいい。一歩間違うと路上生活者だけどもちろんそっち方向へはまるで踏み込んでいない。定型を嫌い、漂泊、流浪なんていうロマンチシズムとどこか通底しているところがある、なんていうとちょっと云いすぎか。どう見てもゴージャスという出で立ちでもなく、つげ義春の「貧困旅行記」なんていうのを愛読している、わたしの無産者的な感性ともひょっとしたら近いところがあるのかもしれない。
この写真が載っていたムックは「FASHION PORTRAIT LONDON」というタイトル。エイ出版社から出版されている。

かっこいいブーツ

まぁロンドンでブーツといえばパンク御用達のドクター・マーチンの8アイ・ブーツ辺りが代表格だろうし、これも最初見た時はそうだろうと思ったんだけど、よく見るとパンキッシュでもなくトレッキングシューズのブーツバージョンといったところか。ちょっと探してみたけどオールレザーのエロチックな質感のトレッキングシューズというのはあまり数多くもなく、しかもある程度のロングブーツでかっこいいとなるとほとんど見つからない。そんなこんなで目当てのブーツが見つからないまま、あまり費用をかけたくないということも相まって結局買ったのは一気に理想も下がって中国製の、レザーと表記にあるものの本当かどうか分からないようなドクター・マーチンもどきといった代物になってしまった。どんなものかためしに一度履いてみるという意味ならまぁこれでもいいか。それにしてもこの写真のブーツはどこのブランドのものなんだろう?
そっくりマーチンを履いて歩いてみると、これはまるで足首にギプスでもしているような感じで最初の日は普通にトラブルが出そうなかかととかじゃなく履き口の辺りが痛くなった。足首の部分がほとんど思うように曲がらないからしゃがむのも一苦労。履き口も足の動きにスムーズについてこないからこの痛さなんだろう。この手のブーツがこんなに不自由な履き心地だとは予想もしていなかったけど、何回か履いているうちに履き口の痛さはほとんど感じられなくなり、足のほうがブーツとはこういう感覚のものだから仕方ないとでも諦めてしまったような状態となった。最初のこのギプス的な感覚はなにも中国製偽物マーチンだからということでもなく、本来的にこの形の靴はこういうものなんだろうと思う。
でも決して履き心地がいいわけでもないのにやっぱりこの見た目は気を引かれる。足首辺りに現れる革のしわの入り具合がいつもフェティッシュな美しいものとして見えてくる。
それにしてもアマゾンにはマーチン・ブーツというカテゴリーで怪しい靴がいっぱい並んでいる。

ライトグレーのグレンチェックだけど似たようなツィードのチェスターコートも持っているし、胸に留める四角いバッジまでも手元にある。一夏探して迷彩のパーカーというか、これはコートの類になるのか、中に着ているものは似たものさえも見つけられなかったのが今のところ残念だがコート・オン・コートのような過剰感は何らかの形で身に纏いたい。ボロボロのジーンズは趣味じゃないのでこれはコーデとしてはあまり採用したくないといった感じで、ブーツを元に組み立てるファッションというスタイルになると思うけど、これが今年の冬の服装に関する関心事となっている。

年末になって身内に不幸があった。
気分的に結構まいってしまってしばらくブログから離れようかとも思ったけど、こういうことを続けるのも気晴らしになるかもと考え直して、とりあえずは続けてみることにした。もともと一月に一度なんていう更新頻度だし、休みながらだったとしても見た目は大して変わらないかもしれない。
ということでしばらくはたまにしか出て来られないかもしれないけど、来年もよろしく。
そして今年も一年ありがとう。



伝統と破壊が同居しせめぎ合うようなイギリスの文化は音楽だけじゃなくてファッションにおいても面白い。ことにメンズのファッションは基本が規範でありルールであるにもかかわらず、その不自由さをものともせずにみんな好き勝手に服を楽しんでいる様子がよく分かる、そんな写真が一杯掲載されている。
服装で自由になるって本当に難しいんだよ。


一応本物らしいドクター・マーチンの1460 8アイ・ブーツ。それにしても今回通販で靴を買ってみたけど、これは本当に冒険だった。レビューを参考にしようとも普段サイズで十分という人と大きいという人と小さいという人が入り乱れてまるで判断の材料にならない。まぁサイズ交換できる場合が多いとはいえ手続きは面倒だし、注文ボタンを押すにはちょっとした勢いが必要だった。当然試着後でも交換可能と表記されている靴を選ぶのがベストで、結果としてサイズがぴったり合うなら、アイテム数が桁外れに多い分、通販で靴を買うというのは結構ありかもしれない。





スポンサーサイト



コメント

No title

私も30年以上も前のリーバイスのブーツを持っています。
山や田(草取りなど)に利用しました。

この靴を履くとぐうっと気合が入って、
足元に何かが来ても怖くないような気になりました。
今は、たまにウォーキングで履きます。

来年も、体に気を付けて頑張りましょう。
どうぞ~良いお年を。


No title

身内に不幸があったり、自分が病気になったりしたら弱気になるって言うか・・・
その気持ちが分かるわ
私も何度もブログに挫折したもの
けど、まだまだ宜しくね^^

和さんへ

こんにちは!
三十年以上前の靴ですか。今でも履けるというのは凄いです。手入れし続けて、愛着もあるんでしょうね。しっかりとしたお気に入りの靴があれば手入れもしようと思うかもしれないけど、なにしろこのところのわたしは履き潰すのが前提の靴選びで、手入れとなるとまず面倒というのが頭の中に上ってきたりしてました。それでもいい靴を買うと基本靴好きなので丁寧に扱うし、今回は久しぶりに革の、手入れし甲斐のある靴だったので、手入れを始めたら結構熱中してしまいそうです。リーバイスのブーツ、大切に扱ってあげてくださいね。
靴は結構全体の服装を決めてしまう要素になりますよ。それほど存在感がある。気合が入るっていうのも分かります。特にブーツは脱ぎ着も大変だし思い切り気合が入ってしまう靴でしょうね。わたしは最近出歩いていると確かに気分も高揚してます。
難病持ちになってしまったので、健康関係のことはすべてに慎重に、写真や思考活動はすべてにおいて大胆にと、こんな感じでやっていければいいかな。お互いにいい年になるようがんばっていきたいですね。
和さんもよいお年を。

みゆきんさんへ

こんばんは!
今年終了の間際に家族を失ったり、一年通じて決して治ることがない難病に取り付かれたままだったり、そのせいで撮れたフィルムは一年通じてたったの二本だけだったり、考えてみれば今年は最悪の年になってしまってます。年賀状を書いている途中での知らせだったりして、そういうことも全部無駄になったし。
もうこんな年早く終わって全部新しくさらっぴんの状態になって欲しいです。
しばらくはあまり顔を出さないかもしれないけど、一応ブログは続けるつもりではいるので、また来年もよろしくお願いしますね。

No title

Drマーチンは昔、定番だったな~
どんな時もマーティン。
でも脱ぐような所に行くの面倒になるのよね。
最近は専ら普段着はムートンブーツ。

お洒落な時は、マーティンよりエレガントで
値段も同じようなイタリアの編み上げブーツ。
横がファスナーになっていて
お値段もそれなりだけど
20年は使ってるので元は取れてると思う(^^;

通販、ムートンブーツやスリッポンなど
サイズがいい加減なので結構買います

ROUGEさんへ

こんばんは!
ロッカー御用達のブーツだから、音楽好きには馴染みがありますよね。でも一応今回わたしが本当に欲しかったのは写真のトレッキングブーツだったりして。最近GUの靴を見たらこのタイプのブーツが結構置いてありました。意外とはやりになってきてるのかな。ドクターマーチンだとブーツはもちろんだけど3ホールの短靴で黒のエナメルのもお気に入り。これに生成り、ベージュ系の華奢なソックスを合わせたりするのが好みです。レースアップのブーツは靴を脱がないと分かっている場所でないと履いていけないですね。特に病院は絶対に無理。最近一番よく行く場所なのにここに履いていけない。
結構靴好きなのにカメラ持って歩き回って履きつぶすような使い方しかしてないから最近は安いスニーカーばかりでした。でも久しぶりに革靴を買ってこの靴好き魂にちょっと火がついた感じになってます。
好みはわたしは両極端でピンクハウスで売っているコンビの靴とかも大好きなんだけど、一方では無骨な作業靴のようなイメージのものも大好きなんですよね。ブーツはどちらかと言うとこの無骨なほうに入るタイプが好きなんだと思います。
20年も履いていたら愛着がわいてきて捨てるに捨てられなくなりそう。わたしはそれほど愛着のある靴は持っていないから、そういうものと出会う時があればいいなぁと思います。
通販の靴、昨日もサイズ違いのを返品して買い直す形にしました。交換できるところで買うのがやっぱり一番いいかな。靴はサイズが合わないとなんだか居心地が悪い感じがしそうだなぁ。
ともあれ今まではちょっと怖くて手が出せなかったんだけど通販でも靴は買えると判断できたので、これから結構買ってしまいそうな感じです。

No title

今年も色々お世話になりました。
どうもありがとうございます。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。

ROUGEさんへ

こちらこそ色々とありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。

No title

喪中なんですね。
私の方は例年通り年賀状の仕分けでお年始気分ではありません。種まきの季節まで新年が来ないと思い頑張ってます。

ほとんどブーツですね。なんか強くなった気がします。高校生の頃から安全靴wレッドウイングのポストマンシューズ二度履き潰しました。今は安価の長靴が定番です。

服装で自由、ビジネスの時はなるべく地味に行けって教えてました。ネクタイで仕事するんじゃない、着飾れば飾るほど客の前で君の個性は死んでゆくぞと。
いまでは、違う意味で自由を見つけています。TPOをわきまえないwどんなとこでもニッカボッカ、鳶八分の土方姿でヘアバンド〆て出ていきます。打合せだろうが、バイト面接だろうがwだって、これ俺の正装だもんってw

久々にパンクな格好で歩きたいのですが、4日に川崎に行くから考えてみようかな。
でもやっぱり鳶の格好のほうが新年だし、よっぽどパンクのような気がします。

No title

新年あけましておめでとうございます。
今年も素敵な年にしましょうね♪
どうぞよろしくお願いいたします。

Sukunahikona Parthasarathyさんへ

こんばんは!
喪中です。年賀状を半分ほど書いたところでの出来事だったので、せっかく書いたのも無駄になってしまって手元においてあります。
最近はあまり聞かなくなったけど以前は服装の自由化とか話題になってたことがありました。そういう話題の時にいつも思ったのが、結局はみんなが着ている流行の服に替えただけで、それも結局は新しい制服じゃないかということでした。服装が自分の所属する組織なんかの証になる、社会的な存在である以上それは仕方のないことなのかもしれないけど、もうちょっと自分で着たいものを着てもいいんじゃないかとも思ってました。人生は思っている以上に短い。他人にどう見られるかなんていうこととはまったく別の原理による服飾のほうがその短い人生のある部分は確実に楽しくなるんじゃないかなぁ。
ブーツは今のところわたしの快楽と結びついている感じです。身につけていると気分が高揚する。フェティッシュな感じがあるのも好みにあってます。快楽と結びつく服飾と、そういう感じのがいい。まぁ制服もある意味暗い快楽と結びついているのかもしれないけど。
パンクな格好、かっこいいじゃないですか。そういうのにドクターマーチンは外せないと思います。

あんじゅさんへ

こんばんは!
せっかく新年の挨拶を貰ったのに申し訳ないです。
それ用の新しい告知記事を出しておかなかったのがわたしの配慮不足だったんだけど、実は今わたし、喪中でして、新年の挨拶は遠慮させて頂いてます。
でもコメントを書いてもらったのは嬉しかったです。
そういう事情はまぁ別にして、新年の挨拶というのじゃないかたちで、これからもよろしくお願いしますね。
このくらいは書いてもかまわないかな。

潰瘍性大腸炎の状態も比較的安定してきているので、初詣くらいは行きたかったし、去年のお守りの紐が切れてしまって新しいのを手に入れたかったのに、それも出来ず。元旦は退屈でした。

今年もよろしくお願いします。

ご無沙汰しています。
私もブログがスローになってきてまして、、
なかなか訪問することが出来なくなっちゃっいました。

ブーツ、わたしは、UGGが手放せなくて。
素足でもはけてラクチンなので、もう紐とか結べません。笑

どんどん楽コースに流されてしまいます。
今年は、もうちょい自分に引き締めていきたいかな。(;'∀')

ちょくちょくですが、今年も どうぞよろしくお願いいます。

Satomiさんへ

こんばんは!
お久しぶりです。
なんだかもう随分と前から一ヶ月放置でブログにあらわれる広告を回避するのが更新のタイミングのようになってしまって。振り返ってみると一年で12回しか記事かいてないって言う結果なんだけど、こういう風に書いてみるといかにも少ない感じがします。でもまぁこれがわたしのリズムなんだろうと思うことにして、そういうリズムには逆らわないほうが気が楽だったりもします。
ブーツ、履き出してみると癖になるというか、形は編み上げが好きなんだけど脱いだりするのがもう大変って云うのはまったく同じです。脱ぐシチュエーションがないような場所にしか履いていけないです。病院なんかもってのほか。でも冬にしか楽しめないファッションだと思うとちょっと気合入れてはいてみようなんて思ってます。基本ものぐさなのに、こういうところは面倒だけど絶対に編み上げ!なんていう風に妙に拘ってみたりするところがあるんですよね。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。

No title

置手紙の不調でこの数日入れませんでした。
申し訳ございません。

ユーアイネットショップ店長うちまるさんへ

こんばんは!
わたしも入れなくてどうしようかと思いました。しばらく待っていればつながるので、何とかトラブルはやり過ごしてますけど、でもあまり調子は良くないみたいですね。なんだか置手紙自体放置気味の印象だし、ほかのものに乗り換えたほうがいいのかなぁ。と言って代わりになるようなので使い勝手の良さそうなのは見つからないんだけど。
非公開コメント