【洋楽】 GOING BACK HOME - Ginger Baker Trio

あの、クラプトンを擁した「クリーム」のドラマー、ジンジャー・ベイカーのリーダー・アルバムです。ギターが異端派のビル・フリゼールでベースがチャーリー・へイデン。それぞれ自分がリーダーのCDを出してるようなメンバーが集まってます。
これはジンジャー・ベイカーのアルバムなんだけど、このアルバムに手を出したのは実はジンジャー・ベイカーしゃなくて、ギターのビル・フリゼールが目当てでした。

ドラマー名義のアルバムって、存在位置が今一よく分からないところがあります。
ドラマーが主役になって、ドラム・ソロが延々と続くアルバムになる?全曲がドラム・ソロのアルバムって、聴きたいと思う人、どれだけいるんだろう。
やはり旋律楽器が中心になって、リズム楽器はそれを裏から支えるというのが分かりやすい曲の組み立てかただし、でもそうなると、旋律楽器のアルバムになって、ドラマーのアルバムじゃなくなってしまう。

ドラマー名義のアルバムというのが、全体的な音楽性の方向をドラマーが決めてるということだとは薄々分かってるんですが、手にするたびにやはり曖昧なアルバムという印象は蘇ったりします。

☆ ☆ ☆

フリゼールは文字通りユニーク、唯一無比のギタリストで、こういう演奏をする人は他で見たこと無いです。基本はメロディアスな演奏に、ジャズ系の音楽から出てきた人とは思えないくらいディレイなどのエフェクターを積極的に使って、一人多重演奏みたいなのをやったりします。
音楽的にもジャンルの境目が曖昧になったような演奏が特徴。ション・ゾーンの「ネイキッド・シティ」に参加して、これはジャンルとしては完全なフリー・ジャズになると思うんですが、フリー系の音楽を過激にやる人かと思えば、カントリーのアルバムを出したりもしてます。こちらでは、なんとバンジョーと共演!
複数のジャンルを横断するようなスタイルを成立させるためなのか、フリゼールの出す音はかなり曖昧模糊というかファジーなものになってます。

そういうメロディアスでファジーなギターに、ジンジャー・ベイカーのドタドタしたドラムが絡んでいくと、このアルバムの出来上がり。
ジンジャー・ベイカーから見ればかなりジャズ寄り、ビル・フリゼール側から見ればかなりロック寄りの、ジャズ・ロック風のアルバムです。

Going Back HomeGoing Back Home
(1994/09/20)
Ginger Baker

商品詳細を見る


Ginger's Blues - Ginger Baker Trio

この演奏はミスしてるところがあるので、いまいちなんだけど。

Shenandoah - Bill Frisell

ジンジャー・ベイカー・トリオの動画が上の、あまりいいとは思えないものしかなかったので、「GOING BACK HOME」とは別にもう一つ。
「Shenandoah」はアルバム「East / West 」のWestサイド(CD-1)に収録されてるのが好きなんだけど、これはそれとは別の演奏となってます。どのアルバムに入ってるんだろう?

ギターはテレキャスターを使ってる。このギターはフェンダー社の作ってるギターで、テレキャスターって云います。
これ、ジャズ系統のギタリストが使うとしたら物凄く珍しい。


スポンサーサイト

コメント

こんにちは♪

こんにちは♪

あしあとから遊びにきました。
またきますね。

3つまとめて応援ポチ☆

エンタメさんへ

エンタメさん、始めまして。
ご訪問、感謝します。
また気軽に覗いてみてください。
今後ともよろしくお願いします。
応援ポチ☆有難うございました。
非公開コメント