【洋楽】 The Plateaux of Mirror - Harold Budd / Brian Eno

元ロキシー・ミュージックのブライアン・イーノが主催したアンビエント・シリーズの2作目にリリースされたアルバムです。邦題は以前は「鏡面界」というかっこいいのがついてたのに、今はこのタイトル止めてしまってるみたい。
現代音楽の作曲家でありピアニストでもあるハロルド・バッドとイーノのコラボ・アルバムの形を取ってます。
今音楽ジャンルのなかに「アンビエント」(日本語で云うと環境音楽)とあるのは、このシリーズが出てきたのがきっかけだったような記憶があります。

アンビエントは音楽の有り方を説明する言葉としては、今は随分と意味が拡散してしまってるけど、この頃はもうちょっと形のはっきりしたものだったように思います。
コンセプトの核はおそらくエリック・サティの「家具の音楽」。
環境のなかにただあるだけの音楽として、積極的に意識を集中して聴かないことを標榜してるような音楽で、実は考え方としては結構過激なんですよね。音楽を流しておいて「聴くな」と云ってるみたいなものだから。

☆ ☆ ☆

でもこのアンビエント・シリーズはそういうことを標榜していても、聴いてみれば実際は結構耳を掴みにくるようなところがあります。

特にこのアルバムのハロルド・バッドの弾くピアノは「無視できる音楽」というアンビエント・レーベルのコンセプトからは少し外れて、環境音楽的な空間の中にピアノ曲としても捉えられるような部分が多少は挟み込まれてるように聴こえてきます。
浮遊感があって霧が広がるみたいに空間に漂うその音がまた繊細で美しいとくるから、少なくともわたしはこれを環境音楽としては聴けないです。意識しなくても気がつけば普通に音楽を聴くように、耳を傾けて集中して聴いてます。

☆ ☆ ☆

この世界のどこにもない夢の中の場所を示すような地図を思わせるジャケット・デザインも、イメージ的に含むものが多くて、結構好きです。

Ambient 2: The Plateaux of MirrorAmbient 2: The Plateaux of Mirror
(2004/10/05)
Harold Budd & Brian Eno

商品詳細を見る


The Plateaux of Mirror - Harold Budd + Brian Eno


An arc of doves - Harold Budd + Brian Eno



応援ポチッとして頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ

スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
環境音楽はここから出てきたのですね。今回初めて「Harold Budd + Brian Eno」の2曲を聴かせて頂きましが、ホントいい感じですね♪
ブライアン・イーノですが、私にとっては70年代にデビッド・ボウイと共作したアルバム「ロウ」と「ヒーローズ」です。この2枚は半分以上がが丸々インストになっていて、まさにこちらに挙げられている「Harold Budd + Brian Eno」と同じ雰囲気の曲が連続しています。違うのはたまにボウイの呪文みたいなコーラスが入ってるところですね(笑;)。

ガツンと応援♪凸

umetramanさんへ

umetramanさん、こんにちは。
気に入ってもらえて良かったです。
わたしはこのシリーズではAmbient 3 - Day of Radianceも好きです。
ララージっていうハンマーダルシマー奏者が演奏したアルバムで、オークションでもほとんど手に入らない物凄いレア・アイテムのCDでした。
ところが昨日タワーレコード(京都では河原町通りのオーパというファッションビルの最上階にあります)に立ち寄ったら、新リリースものとして棚に普通に並んいて、レア・アイテムの座から滑り落ちてました。持ってるとちょっと優越感に浸れたのになぁ…。
「ロウ」ってオレンジの背景にダッフル・コートみたいなのを着たボウイが横顔で写ってるジャケットので良いんですよね。
あれなら聴いたことあります。そういえばあれにも、ちょっと重いけど、音響的なインストが入ってますね。
3年くらいの間なのかな、時期的にもあまり変わらない頃だから、イーノはこういうのにずっと傾倒してたんでしょうか。
>ボウイの呪文みたいなコーラス
云いえてますね(笑。

いつも応援有難う御座います。
非公開コメント