【洋楽】 Revolver - The Beatles

「FSOL」の記事でこのアルバムのことをちょっと出したので、これについても少し書いておきます。ちなみに、わたしはビートルズ好きです。

わたしのビートルズ・マップみたいなものを記してみると、初期の2枚のアルバムは両方とも傑作、そのあとの「ア・ハード・デイズ・ナイト」と「ヘルプ」の2枚は傑作の駄目押しみたいな扱いです。初期の2枚でとにかく曲の独創性、質の高さなど、その存在を強烈に印象付けた上に、その後で捨て曲無しのアルバムをさらにリリースできるパワーは文句なしに凄い。
「ア・ハード・デイズ・ナイト」と「ヘルプ」の間でクリスマス商戦にあわせるためにリリースされた「ビートルズ・フォー・セール」はこの2枚からはちょっと落ちる感じがするけど、コンサート活動などで疲れ果ててる時に仕上げたにしては、シンプルでもそれなりのレベルはきちんと維持してる印象があります。
落ちる感じなんて書いたけど収録曲の「No Reply」とか大好き。

「ラバー・ソウル」が個人的には駄目なほうのアルバムに入るかもしれません。今ではほとんど聴かなくなってます。このアルバムは迷いに迷ってる感じがする。
初期のビートルズ・タイプで続けていくにはいろいろ限界を感じてきて、でもだからと云って次のステップをどうするかも見えてこないという状態が音を聴いてるだけでも伝わってきそうな感じのアルバムです。「ミシェル」なんか「ヘルプ」収録の「イエスタデイ」の二番煎じ狙いだし、「ガール」で入ってくる、吸い込む息の装飾音もはっきり云って意味不明。あんな音入れなかったほうがずっと良かった。

初期のビートルズには明らかに音楽の神様が降りてきてたと思うんだけど、この辺りで初期タイプを導いてきた神様はどこかにお出掛けしてしまったような感じがします。
そしてこのアルバム、「リボルバー」。
「リボルバー」は音楽の神様が留守にしてしまった「音楽の荒野」を前にして、4人がそういう荒野を見据えながら、神様の手助け無しに自らの力を信じて作り上げたアルバムのような印象があります。
何よりも凄いのは、迷いに迷った「ラバー・ソウル」なんてもうどこにも引きずってない形で、なにかふっ切れたみたいに初期絶頂期とも全く違う音楽を組み上げてきたこと。
さらに「リボルバー」はサイケデリックという形で、時代をねじ伏せるような力まで備えてました。

☆ ☆ ☆

おそらくジャケットのイメージだとか封入されてる写真からのことだとは思うけど、わたしが「リボルバー」から受ける印象は色で云うなら「黒」なんですよね。続く「サージェント・ペパー」が極彩色ならこちらは反対にモノクロームのうちの「黒」。
でも何かを含み持つようなどろどろした黒じゃなくて、均一の綺麗な黒でその上に少し色味が入った白っぽいカラーで勢いのある絵を描いていってる様な印象があります。音のイメージはジャケットを白黒反転したような感じ。
ストイックな「タックスマン」も、がちゃがちゃ賑やかな「ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ」とか「トゥモロー・ネヴァー・ノウズ」も両方とも気に入ってるかな。バラードの「ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア」は「ミシェル」にあった二番煎じ感なんか全然無くなって「イエスタデイ」と並ぶくらいの独自の曲になっていて、これも好き。

☆ ☆ ☆

クラウス・フォアマンの手によるジャケットはビートルズのアルバムの中でも突出して出来が良いと思ってます。

リボルバーリボルバー
(1998/03/11)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る



Taxman - The Beatles

ポールのベースがかっこいい。ベースでほとんどメロディといっても云いくらいの旋律を弾いたのはポールが初めてだったのかどうかは知らないけど、ポールのベースはそういう弾き方が特徴でした。ポールのベースはうねるようなドライブ感があるんですよね。

Tomorrow Never Knows - The Beatles

催眠的なドラムがかっこいい。サイケデリックの幕開けの曲。

No Reply - The Beatles

「リボルバー」に入ってるわけじゃないんだけど、わたしの好きな曲。


応援ポチッとして頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ

☆ ☆ ☆

この写真は記事の内容とは直接的な関係はありません。この写真に関する詳細はコメントのほうへどうぞ。

グレコ VB

ストラト
トーン・コントロール、トレモロ・アーム等、取り外してあります。
ジャズ・ベース
スポンサーサイト

コメント

ビートルズについて

過去記事にコメントします。
びっくりしないで下さいv-391
実は僕も、ビートルズ好きなんです。
特に、この記事にも書いてあります、「リボルバー」や「ホワイトアルバム」
「アビー・ロード」といった後期の作品はホント好きですね。

ただ、もう最近はビートルズ聴いてないんです。
この記事を読ませていただいて、ちょっと懐かしくなりました。

せばすてぃあんさんへ

こんにちは!

せばすてぃあんさんはブログの感じから、こういう分野はあまり聴かれないのかなと思ってました。
「リボルバー」はわたしはビートルズの最高傑作じゃないかと思ってるんですよね。サージェント・ペッパー辺りはちょっとゴテゴテしすぎる感じで一般的な評価ほどは良いとは思えないところがあって。サイケデリックなテイストも「リボルバー」にあったものの方が好みに近いです。若干バンドサウンド寄りの音楽になってるホワイトアルバムはわたしも大好きです。

わたしもビートルズはそれほど頻繁に聴くって云う扱いのものじゃなくなってますが、たまに聴くと新鮮で良いですよ。

これからもよろしくお願いします。
コメント有難うございました ☆

No title

そうですね。
僕もこのサイケな雰囲気が好きでした!
「トゥモロー・ネバー・ノウズ」は、当時ビートルズの曲の中では、
一番好きでしたね。
「イヤァ・ブルース」(アルファベット覚えてません!)
とか、「カム・トゥゲザー」「ヘルター・スケルター」なども気持ちいいです。
「サージャント・ペッパー」のような、トータルでどう?というよりも、
1曲勝負の感じの方が好きですね^^
何度もすいません...^^;

せばすてぃあんさんへ

こんにちは!

何度でも大歓迎ですっ(*^-^*)

「トゥモロー・ネバー・ノウズ」は良いですね!わたしも大好き。
わたしは上に重なってくるいろんな操作された音もそうなんですけど、あの催眠的なドラムが好きなんですよね。「ヘルター・スケルター」なんかもお気に入りかな。結構尖がったことやってるのに、意外なほどスムーズに耳に入ってきて。

ビートルズの音で気に入ってるものの一つはポールのベースの使い方というか、旋律を弾いてるくらいの音の並べ方で、このベースが独特のドライブ感を出してるところ。
でもポールの音作りではごたごたと装飾的に懲りすぎるところがあって、そういうのがちょっとウザい感じに出てるのが「サージェント・ペッパー」って云うのがわたしの印象です。
トータルアルバムは考え方としては画期的ではあったんだけど、一曲で独立してる曲のほうがわたしも好きですね。

コメント有難うございました ☆

お言葉に甘えて...

ベースライン、こだわってますね^^
ポールのベースは、僕も好き。
いわゆる裏メロです!
ブリブリ言わして、かなり主張してますもんね!

「ザ・フー」や「レッド・ツェッペリン」なんかも、
ベース効いてますよね?
「ツエッペリン」はあんまり聴きませんが、
「ザ・フー」は好きだったなぁ...

ビートルズに関しては、
ジョン派とポール派に分かれたりしますが、
僕はどっちも好きでした。
あっ、ジョージの曲も結構いいですよね^^

sukunahikonaさんへ

こんばんは!
まぁ、誰も云ってくれないから、そういうことは自分で云ってしまおうと。規定することでそういう存在になりやすいところもあるような気がします。こう云うものに関する思考の出発点だったし、写真撮っていて今も全然古びた思想じゃないと再発見してみたりで、自分の中でのそういう部分を対象化してみたいっていう気になってる一つの表れかもしれないです。
奥さんが被写体って言うのはいいですよね。いつも好きなだけ撮れるし、他人を撮るよりは遠慮なくもっと踏み込んでいけるし。植田正治も奥さんを被写体にして奥さんは美人でした。やっぱり被写体が心底好きというのはもう根本的なところで勝てない部分がありそう。
ミロスラフ・ティッシーは本当に変な人でしょ。アウトサイダーアートのような括り方で名前を知られていったようなところがあるんだけど、アウトサイダーアートに含めるにはちょっと違うような気がします。
周囲の人には完全に変質者扱いされていたらしいけど、あの冗談みたいなカメラで本当に撮されているとは思われてなかったせいか、放置状態だったとか。
もうやってることは自分の欲望に忠実であれって云うことがすべてというようなもので、社会的な立場みたいなのがどうしても邪魔して普通はここまでなりふり構わず自分の欲望に忠実にはなれないから、そういう風に生きる気になれば、本当は不可能じゃないというのを知ると愕然とするんですよね。
ただ写真をはじめて見た時はその女性への偏執狂的な部分に辟易したんだけど、こういう人も居ないと世界は面白くないです。

ビートルズOKです!

ようするにビートルズは全員格好いい!!
それ納得ですv-398

僕は実は昔むかし、その昔、バンドマンでベースやったんです。
就職する前ですけどね...
参考にしてました。
ポールさんと「WHO」のジョン(エントウィッスル)さんも。
ジョン・レノンのソロ「ジョンの魂」の中の、
「I Found Out」って曲のベースも格好いいですv-411

ポールのベースは、ほんまリード楽器なんですよね!
歌を歌ってますし、バンドサウンドの中での
音の位置取りが抜群に良いんですよ!
乾いた音ではなく、ミドルとベースのバランスが良い様な...
そんな感じです!

「ZEP」にジェフ・ベック、渋いですね!
僕は「キンクス」とか、そっちかな!?

ほんとに何度もすいませんv-388

せばすてぃあんさんへ

こんばんは!

バンドやってらしたんですか。しかもベース!
ポールのベースは参考のし甲斐があったでしょうね。

ポールってもともとビートルズの中では一番ギターが上手かったらしいんですが、スチュアート・サトクリフのベースが抜けてその後ベースをやらされたっていう経緯だったと思います。元がギタリストのベースなんですよね。ギタリストがベースをやったら全部ああなるとはもちろん思わないんですが、ああいう歌うベースはギタリスト的な発想が元にあるんじゃないかと思います。
でもよくもまぁポールにベースをさせたものだと思いますね。ジョージやジョンがやっていたら、ここまで突出したバンドになったか結構疑問です。

わたしにはジミー・ペイジのほとんど太もも辺りまで下げたレス・ポールの構え方が凄くかっこよく見えてました。

コメント有難うございました ☆

ギターの位置

こんばんは!

度々、失礼しますv-410

ジミー・ペイジのギターの位置...
低すぎでしょう!!

僕は昔、「THE CLASH」というバンドのベーシスト、
ポール・シムノンにも憧れてまして。
ひざ上辺りまでベースを、ずり下げて弾いてた事がありますが。
弾き辛いのなんのって...

ハイポジションと言って、高い音のポジションまで指届かないです。
ハイ...
結果、股の上辺りまでベースを上げて、弾いてましたね。
外人と、日本人の違いを痛感しました...

また、音楽の記事も書いてくださいv-398
薄荷グリーンさんの記事は、情報多くて結構好きなんです。

よろしくお願いします!

せばすてぃあんさんへ

こんにちは!

ジミー・ペイジはあのギターの構え方でハイポジション弾いてたんだから、考えてみれば凄いですよね。
ひょっとして人よりも腕が長かったのかな(笑)

でもこういうのの構え方って本当にミュージシャンそれぞれですよね。逆に胸元くらいまで引き上げて弾く人もいるし。
見た目でアピールもしなきゃならないから、テクニック以前の、こういうところから色々と考えてるんでしょうね。

わたしの記事読んでくださって有難うございます。音楽の記事書きますよ。ただサンプルがYoutube頼りで、記事にしようと思ってるアルバム収録曲がなにひとつ見つからないっていうのもあって、途方にくれる場合も多いです。

コメント有難うございました ☆

ペイジとTube...

こんばんは!

ジミー・ペイジ、奴ぁ相当上手いです。
当たり前ですが...
そう考えると、どうやって練習してたんでしょうね!?(笑
でも、あれほどのミュージシャンになるには、
練習では補えない物が、備わっているかも重要でしょうね。
即興性、フレーズの発想や体格など、それこそもう色々。
残念ながら、僕にはそんな物はありませんでした。

音楽記事に関して、
YouTube頼り、って言うの良く分かります。
その経験、僕もありますし...
なかなか、難しいですよね!?
タイミングと言うか、運というか。
まぁ、僕の場合、関係なく突っ走った事、何度もありますけどv-388
でも、映像が無い場合、どうすりゃいいの!?って思います。
そん時は、やっぱ...
DIY精神で自分でやる!しか無いんですかね。

せばすてぃあんさんへ

こんばんは!

腕の長さが演奏スタイルのポイントになるとはジミー・ペイジ自身も予想しなかったでしょうね。
ジミー・ペイジがレス・ポールを胸元まで上げて演奏してたら、おそらくRed Zeppelinはあそこまで有名にならなかったんじゃないかと思います。

ポールが右利きでへフナーの向きがああいう感じじゃなかったら、ビートルズも人気が出るのにもっと時間がかかっていたかも。あの3人の楽器の向き、あれは視覚的に絶妙なバランスですよ。

Youtubeでサンプルが見つからなくて記事に出来ないアルバムがあります。せっかく記事にしたのに後で削除されてしまうものが多いのも頭が痛いです。ああいう共有サイトは良い宣伝になってると思うんですけどね。

コメント有難うございました ☆

ヘフナー!

ヘフナーのベース。
これは、ヤバイです。
持ってるだけで、ポールやん!って突っ込まれる代物...
勿論、ヴァイオリンベースの話ですが...

楽器って使ってるもので、誰の影響を受けたか分かりますよね。
良く、誰々が使っていたからって、購入理由にしていたなぁ。

ギブソン・レスポールなら、ペイジとか、
フェンダー・ストラトなら、クラプトンとか...
SGなら、AC/DC!?

まずは憧れで、買いますよねみんな。

せばすてぃあんさんへ

こんばんは!

実際にへフナーのヴァイオリン・ベース持ってたミュージシャンって、ビートルズのコピー・バンド以外にどれくらいいるんでしょう。
へフナーもこんな扱いになればかえって商売の邪魔になってるんじゃないかと。
ポールの真似に見えるからふつうはもう選べませんよね。
しかもあれ、ヘッドの方が重いから持ちにくいんですよ。ポールはよくもまぁあんなに苦もなく扱えてるなぁと思います。

ビートルズ関連は他の楽器も全部そんな感じですよ。リッケンバッカーもそうだし、エピフォンもそんな感じかな。この前楽器屋に行った時エピフォンのギター見てたんですけど、あれそんなに高価じゃないのでいいなぁと思う時があるけど、ビートルズが頭にあるとちょっと手が出ないです。

レス・ポールもジミー・ペイジ丸出しですね。
わたし、昔のグレコのレス・ポールもどき持ってます(笑)
思いっきり憧れで買いました。
今はレス・ポールはあまり良いとは思わなくなってますけど。

グレコといえば、最近フィギュアのギターシリーズ(そういうのがあるんです)、要するにミニチュアの楽器なんですが、レアものシリーズだったかそんな売り文句で出てきたもののなかに、ヴァイオリン・ベースがあったんですよね。一見してへフナーのミニチュアだと思って手にとってよく見たら、ヘッドにグレコの刻印がしてあるものでした。
ミニチュアとはいえグレコのへフナーもどきがレアもの扱いになってる。妙に時空が捻じ曲がったような印象を持ってしまいました。

ストラトはいいですね、ミュージシャンの大半がこれですし、わたしがストラトを持ちたいとすればジェフ・ベックなんですが、見た目からそんな思惑全然分かりませんものね。

コメント有難うございました ☆

おっ!

こんばんは!

薄荷グリーンさんは、楽器は現在進行形なんですか?

僕の場合、実家で眠ってます...(氷河期)
ベースですが。

ちなみに、使用していたのは、何本もあります。
最終的には、フェンダーの最初期型プレベ!
スティングが持ってるヤツです。
(スティングに影響を受けたわけではありませんよ)
1PUのものです。知ってます!?

エピフォンは、確かギブソンの安価用としてのメーカー、だったような気もします。
これのSGベース(EB-3)モデル、持ってました^^

ヘフナー、重いんですか?
知らなかったなぁ...
前に言った理由で、中々持つのを躊躇いました。
結構、コンパクトに見えるけど、やっぱバランスが悪いんでしょうね。

ミニチュア楽器版ヴァイオリンベースに「グレコ」の刻印...
ちょっと違うんでないかい!?って突っ込みたくなります。
グレコも出しちゃダメでしょう。

ストラトは、影響が分からないという意味で、無難ですが、
音の個性としては...
エフェクターとか、大変そうですよ。
でも外見は、いけてますよね!
僕も好きです。

レスポールは僕も「フェルナンデス」のバッタもんを持ってました^^
しかし、コレは重くて、しかも弾きにくくてギブしましたv-388

なんか楽器話楽しいなぁ...
すいません。

せばすてぃあんさんへ

こんばんは!

現在進行中の楽器はギターじゃなくてキーボードです。
3年ほど前にどうしても触りたくなって、とにかくキーボードが触れて練習くらいならできる程度のものが欲しくて15000円ほどのキーボードを買いました。
ヤマハので両端にスピーカーがついていて、Midi音源でいろんな楽器の音が出せるやつ。おもちゃみたいなものなんですけどキーボードに慣れるっていう意味では役立つかもと思って。
練習は…進んでません(笑)

ギター関連は同じく冬眠中ですね。冬眠中のくせにこの前のエピフォンみたいに見に行ったりはするんですけどね。
ベースは分からないです。申し訳ない。

グレコは会社潰れたのかな。もう存在しないメーカーなら、グレコがバッタもんメーカーだって知らない連中の間では幻の楽器扱いになっててもおかしくないって所もありそうですよ。
あのミニチュア、グレコ・マークだけど、ヴァイオリン・ベースのミニチュアって珍しいから、今度フィギュア・ショップ行った時にまだ売ってたら買っておこうかな…。

ストラトは友達でギター弾くのが何年か前にフェンダー・ジャパンのクラプトン・モデルの中古を買ったことがあります。直ぐに壊れたらしいです。

フェルナンデス(笑)
なんか「G」と「F」で始まる単語を考えるのにメーカーの人は必死になっていたようですね。でも上手く思いついたものです。

コメント有難うございました ☆

グレコが...凄い事に

キーボードですか!?
これは意外でした!
ギターかな?って想像してたもんで...
冬眠中とは、同志ですね^^

グレコはもう無いんですかね?
と、思って調べると、まだ現存してますよ。
しかも、21世紀になって再評価され、
昔のものはジャパニーズビンテージとして、プレミアだそうです!!
昔は、プリプリのギターの人が持ってる、と言うイメージのみでしたが、
ビックリですね...
ヘフナーも70年代からコピーしとったみたいですよ。
VBシリーズとして...
Vはヴァイオリン、Bがベースでしょうね(笑

こりゃぁ、ミニチュアは買いかも知れませんね!^^

せばすてぃあんさんへ

こんばんは!

キーボードは、オルガンのバンドとかが好きなので、キーボードも面白そうだなと思って買ってみました。
ジャズ・ギターのバンドなんかに結構ハモンド・オルガンが入ってたりして、オルガンとギターって相性が良いです。

グレコ凄いですね。わたしも完全に予想外でした。
それではわたしの持ってるレス・ポールもどきもプレミアがついてる可能性があるってことですよね。

あまりおろそかに扱えませんね。

でも嬉しがってグレコを持ってる今の人にグレコの正体をばらしてしまうとどうなるのか、ちょっと試したくなりませんか(笑)

今度フィギュア・ショップにいってまだ有ったら買って来ます。いずれにしろヴァイオリン・ベースのミニチュアって珍しそうだし。
でもこういうときに限って買いにいってみれば全部売り切れっていうパターンが多いんですよね、わたしの場合は。

コメント有難うございました ☆

こんばんは

いざ、買いに行こうと思って、行ったら無かった。

よくあることですよ!
何度、食らって後悔したか...
やっぱ気になったら、その場で決断!
出来るかどうかが、肝心ですよね...(笑

しかし、薄荷グリーンさんの「グレコ」
ホンマにプレミアついてるかも知れませんね...
楽器屋に鑑定してもらってはどうですか?
僕は三木楽器に何本か売りに行った事あります!

意外と、臨時収入になるかも!?

ジャズにオルガン、僕も好きです^^
ベタですが、ジミー・スミス、最高です!
意外とエレピも好きですけど...
この場合、ハービー・ハンコックが好きですね。

せばすてぃあんさんへ

こんにちは!

いつもだったら絶対に買いそびれるパターンだったんですが、今回はありました。
これへフナーの刻印が入ってたら、もっと早くに売り切れてたと思うんですが、一流扱いされるようになっても所詮はグレコってことなのかな。
このミニチュア・ギター・シリーズは箱に入って中身が分からない状態で売られてます。ガシャポンみたいに開けてみるまで自分が何を手に入れたのかが分からない。
そこでフィギュア・ショップでは箱を開いて中身が分かる状態にして、その分値段を通常よりも上乗せした形で売ってる所があります。
目当てのものが手に入るまで買い続ける代わりに、割り増し料金を払って欲しいものを選んで買うわけです。

これは通常は5~600円だったと思いますが、中身分かる状態で980円で売ってました。ケースは別売でこれも通常の売り方は当て物形式になってるんですが、中身を出して同じように900円ほどの値段で売ってました。

一応写真を撮ったので記事のほうに貼っておきます。トーン・コントロールのつまみとかはまだ取り付けてない状態でスナップ。写真に入れてないけど、ストラップや通常に立てかけておくギター・スタントも付属してます。
金属部品の仕上げは結構甘いし質感ももう一つなんですが、弦を張ってあるのは値打ちもので、量産品にどうやってこんな弦をつけていったのか、こんな細工をして500円程度でよく売りに出せたものだと感心してしまいます。


わたしの冬眠中のギター、手入れもしてないのできっとがたがただと思いますよ。もとからグレコのなかでもそんなに高い品物でもなかったし。
フェンダーが意外と安いのに気づいて、一番安いので良いから本物が欲しいなぁと、最近はそんなことも考えてます。
あとね、ジャズ・ギタリストが持ってるセミアコのものも良いなぁと、でもこれは高いですよね。大概ギブソンのものになるんですが30万くらいは平気で値段付けしてますものね。

わたしもジミー・スミス好きです。CD結構持ってますよ。もっと汗水飛び散るような演奏が多いのかと思ったら、意外とリラックスした演奏が多いっていう印象があります。

鍵盤楽器はオルガンを離れると純正のピアノが好みになったりして、わたしの場合は結構両極端なんですよね。

コメント有難うございました ☆

おぉ、ヘフナー。

こんばんは!

ありましたか!フィギュア。
結構、精巧に見えますよ。ケースと併せて1,800円の値段は、
妥当かなと、感じます。
スタンドも付いてるし、弦も張ってるんですよね。
でも、やっぱりヘッドのロゴが「ヘフナー」ではなく、「グレコ」
と言うのは、ちょっと残念ですね。
でも、いい物見せてもらいました^^
ありがとうございます!

ギター、購入ですか!?
フェンダーは、ジャパンとUSAとありまして、(知ってますよね^^;)
この二つには明らかな差があります。
今はどうか知りませんが、僕がバンドマンだった頃は、
やはり、USAが基本でした。
鳴らしたら分かりますが、手応えが違いますよ^^

セミアコギター、良いですね!
ギブソンが有名ですが、ギルドがお勧めです!
アメリカのメーカーですが、中古で15万くらい...
ちょっと、高いですよね?
ここの、セミアコベース持ってたんです。
でも、リッケンバッカーと交換してしまったんですよね。
今じゃ、ちょっと後悔してます...

ジミースミス!!好きですか!?
僕は、「ROOT DOWN Live」でやられました!ファンキーな頃ですよね!?ウィルトン・フェルダーのベース格好良かったんですよ!
その後に「ザ・キャット」なんか聴いて、意外と、落ち着いてるのね?
と、認識したんです。
でも、オルガンとなると彼ですね、僕は。

僕の場合、生ピアノだと、やはりクラシックだなぁ。

せばすてぃあんさんへ

こんばんは!

結構本物っぽいでしょ。
ここは定期的にギター・シリーズ出していて、ミニチュア・ストラトとかも持ってます。
その時々のテーマみたいなのも多少ある形で出てきて、今回のはジャパン・ヴィンテージ・ギター・シリーズみたいなテーマでした。
以前ストラトのヴィンテージ・モデルシリーズなんていうのが出たときは、ヴィンテージに興味なかったら全く区別がつかない同じようなストラトばかりが出てきて、おそらくあの時のシリーズはあまり売れなかったかと思います。

ギター購入って訳じゃなくて、結構安かったのでそのうち欲しいなという話です(笑)
友人が買った中古のフェンダー・ジャパンは直ぐに壊れて、やっぱ駄目だわと云ってたので、安くても本物が良いとおもってます。
基本モデルは10万そこそこか10万してないのもありますよね。指板はメイプルが好きなんですが、胴体はジェフ・ベックみたいな白っぽいのか、カラフルな赤とかが良いなと。黒なんで持つといかにもクラプトンみたいになりそう。

セミアコはもう完全にジャズ・ギタリストを見て欲しいなと思ってるんですよね。フルアコはちょっとでかすぎっていうのと結構吉本の歌謡ショーみたいなイメージも引きずってますのでこれはちょっと。
ギルドって始めて聞きました。中古で15万…やっぱ高いですね(笑)

オルガン弾きにスミスって多いですよ。ロニー・スミスっていうのがいます。しかも2人。わたしも今一区別がつかないんですが、「アフロディシア」とか、この辺のアルバムで真っ黒なオルガン弾いてます。もう暑苦しいというかなんと云うか。

せばすてぃあんさんは生ピアノとなると、やっぱりクラシックですか。
わたしはオーソドックスなところでキース・ジャレットとか好きなんですが、演奏してるのを見て吃驚しました。
まるでピアノの前で悶絶するように弾いてるんですよね。あんなに異様な、笑わせにかかってるような弾き方をする人だとは思いませんでした。
コンサート行ってたら、わたしだったら絶対に笑ってます。

コメント有難うございました ☆

ピアニスト

こんばんは!

ミニチュア・ギターって、シリーズ物なんですね!?
フェンダーのやつ、見てみたいなぁ...

フェンダーなら、白・赤ですか。
良いですね!
黒なら、クラプトンさんですよね、やっぱり。
僕なら、ついでにナチュラルも候補ですかね。
ピックガードだけ白で!

セミアコは大きいから、女性は大変かもって思いますが、
それをバリバリ弾いてる女性を見たら、「格好良い!」
って、間違いなく思いますね(笑)

暑苦しい、オルガニスト、「ロニー・スミス」
インプットしました!
キース・ジャレット(こちらは、名前は知ってます!)
と併せて、今度YouTubeでチェックしてみます^^

一応、僕からもお勧めピアニストを...
シブリアン・カツァリスというピアニストです。
クラシックの人ですが、変人です(笑)
しかし、メチャ上手い!
カーネギーホールで、ショパンのピアノソナタ3番を弾いている
画像がYouTubeにアップされてるんですが、面白いです^^
とにかくこの人、女好き...目線とか、やらしすぎて、
一度、気が向いたら見てみてください!

せばすてぃあんさんへ

こんばんは!

フェンダーのミニチュア、写真アップしておきました。
もう一つはベース、これは詳しくないです。ジャズ・ベース?

ストラトは、でもジャズ・ギタリストは持ちませんよね。
わたしがなぜかCDを結構持ってしまってるヘタウマジャズ・ファンク・ギタリスト、グラント・グリーンがストラトを持ってポーズ取ってる写真は見たことあるんですが、ロック以外の人はほとんど持たないです。別に持ってたって良いと思うんですが。

セミアコ持ってる女性ジャズ・ギタリストで直ぐに頭に思い浮かんだのはエミリー・レムラーでした。
でもこの人ドラッグで若くして亡くなってるんで、知ってる人ってどのくらいいるんだろう。
ジャズ・ギターとしては正統派のスタイルを持ってる人でした。

ロニー・スミスは2人いて、本人たちが辟易してるのか片方がドクター・ロニー・スミス、もう片方がロニー・リストン・スミスって名乗ってます。ドクターのほうがオルガン・プレーヤーで公式サイトがこれです。
http://www.drlonniesmith.com/
ターバン巻いて変な人なんですけどね。いつからこんな風体で演奏し始めたんだろう。
実は最近ブログのどこかに書いたと思うんですけど、以前この人のCDでわたしが持ってるのが特価ワゴン300円でたたき売りされてるのを見てげっそりしたことがあります。

シブリアン・カツァリス、憶えておきます♪

コメント有難うございました ☆

こんにちは

おぉー、
ジャズベですね(笑
ストラトも良く出来てます。
アップありがとうございます^^

今、実家にあるプレベを買った経緯...
ジャズベを買おうと楽器屋に行ったのに、プレベを買ってしまった事を、思い出しましたよ。

グラント・グリーン知ってます(笑
確か、CD持ってたような気がする。
なんだったか思い出せません...
でも、ストラトでも格好いいと思うんですけど、コレばっかりは好みですからね。
僕の場合と同じで、買おうと思ったものが、違うものになるかも知れませんよ!

キーズ・ジャレット
バッハも弾くんですね!
かなり良い感じでした。クラシック聴く人でも、この人を聴いてる人多いみたいです。
ウィーンのホールで初めて独奏の即興演奏会をしたりもしたそうです。
いやぁ、どうもありがとうございました!
非公開コメント